パソコン アプリ を デスクトップ に 出す 方法。 デスクトップの下のツールバーにアイコンを置きたい・・・

Windows10でワードやエクセルをデスクトップにショートカットを置く方法

パソコン アプリ を デスクトップ に 出す 方法

ファイル/フォルダーのアイコン さまざまなアプリケーションソフト アプリ で作成したデータや、デジタルカメラで撮影した写真などは、 ファイルとして保存することができます。 そのファイルを分類して保管するための場所が フォルダーです。 ファイルアイコンとフォルダーアイコン 最も右側 ファイルやフォルダーのアイコンをデスクトップ上に追加する ファイルやフォルダーのアイコンをデスクトップ上に追加するには、次の2つの方法があります。 作成済みのファイル/フォルダーをデスクトップ上にコピー/移動させる• 手順 移動したいファイルを ドラッグ・アンド・ドロップすると、デスクトップ上にアイコンが追加されます。 ドラッグ・アンド・ドロップとは、移動させたいアイコンなどの上でマウスのボタンを押したまま移動させ ドラッグ 、目的の場所でボタンを離す ドロップ 操作です。 新規作成ファイルのアイコンを追加する手順 例えば、「メモ帳」で新規作成したファイルをデスクトップに保存すると、 デスクトップ上にメモ帳 テキストファイル のアイコンが追加されます。 新規作成フォルダーのアイコンを追加する手順 デスクトップ上の何もないところで右クリックします。 [新規作成]をクリックします。 [フォルダー]をクリックします。 以上で、デスクトップ上にフォルダーのアイコンが追加されます。 ショートカットアイコン ショートカットとは、 近道という意味です。 ショートカットアイコンを作成すると、 よく使うファイルやフォルダをすばやく開くことができます。 ショートカットアイコンをデスクトップ上に追加する 手順 ショートカットアイコンを作成したいファイルなどを右クリックします。 [送る]をクリックします。 [デスクトップ(ショートカットを作成 ]をクリックします。 デスクトップ上にショートカットアイコンが追加されました。 アプリのショートカットアイコンを追加する方法 スタートメニューのアプリのアイコンをデスクトップにドラッグ・アンド・ドロップすると、アプリのショートカットアイコンを追加することができます。 デスクトップアイコン Windows 10では、下記の5つをデスクトップアイコンとして表示することができます。 コンピューター• ごみ箱• ユーザーのファイル• コントロールパネル• ネットワーク デスクトップアイコンの表示方法 デスクトップアイコンは、下記の手順で表示することができます。 手順1 デスクトップ上の何もないところで右クリックします。 [個人用設定]をクリックします。 手順2 画面左側メニューの[テーマ]をクリックします。 手順3 関連設定にある[デスクトップ アイコンの設定]をクリックします。 手順4 表示したい項目にチェックを入れます。 OKをクリックします。 デスクトップに、アイコンが表示されました。 アイコンをデスクトップ上から削除する デスクトップ上のファイル/フォルダーのアイコン、ショートカットアイコン、デスクトップアイコンは、以下の手順で削除できます。 手順 削除したいアイコンを右クリックします。 [削除]をクリックします。

次の

【デスクトップ版アプリをリリース】よりスムーズでスピーディな起動が可能に

パソコン アプリ を デスクトップ に 出す 方法

ストアアプリのショートカットをデスクトップに出す方法のご紹介です。 Windows10のストアアプリは、スタートメニューのアイコンを右クリックしてもタスクバーかスタートにピン留めすることしかできません。 どうしてもデスクトップショートカットを出しておきたい需要もあるでしょう。 先日、東芝のノートPCにプリインストールされている筆ぐるめがストアアプリ版になっていたり、iTunesをダウンロードしようとしたらストアアプリ版になっていたりして、なんだかストアアプリ化が進んでいるようです。 PCの初期セットアップのご依頼を頂いたときに、デスクトップにショートカットアイコンを出しておいた方が、ちゃんと設定してます感を出すことが出来ます。 アイコンが不要ならば削除してもらえばいいのですから。 出す方法も一度覚えればわりと簡単です。 スポンサーリンク Applicationsを開く ファイル名を指定して実行(キーボード +R)もしくは、エクスプローラーのアドレスバーに、 shell:appsfolder と入力して Applications フォルダーを開きます。 Cドライブを辿って行って開くことができない特殊フォルダーです。 すると、 ここにショートカットは作成できないので、デスクトップ上に作成しますか?と聞かれるので「はい」を選ぶと、デスクトップショートカットの作成が完了です。 アイコンを右クリックしてショートカットの作成 デスクトップにショートカットを作成になります (追記)スタートからドラッグ&ドロップ コメントでもっと簡単な方法を教えて頂きました。 スタートにピン留めされているタイルアイコンをデスクトップにドラッグ&ドロップするだけで、ショートカットアイコンをデスクトップに出せました。 スタートのすべてのプログラム一覧のところからも可能です。 私は、Cortanaで検索して出てきたアイコンをどうにかショートカットにしようとしていたので、そんな簡単な方法があることに気付きませんでした。 最近のコメント• に hrk より• に 松井防災電機工業 より• に より• に より• に マキムラ より アーカイブ• カテゴリー• 124•

次の

【解決】PC版「LINE」のみをデスクトップ画面に表示されない場合の対処設定方法

パソコン アプリ を デスクトップ に 出す 方法

シンプルなオフィススイートを探している人には「Googleドライブアプリ」がおススメです。 ドキュメント、スプレッドシート、スライドなどのオフィスアプリがそろっています。 Googleドライブは無料で操作もシンプル、共同作業にも使えます。 とはいえ、Microsoft Officeなどのデスクトップアプリに慣れている人は、少しとっつきにくく感じるかも。 今回は、 Googleドライブをデスクトップアプリみたいに使う方法を紹介します。 なぜGoogleドライブか? 仕事でデスクワークをする人や、特別な機能を多用する人には、フル機能のオフィススイートが向いています。 『』などのデスクトップアプリは、無料でMicrosoft Officeと同等の機能を備えています。 とはいえ大半の一般ユーザーには、Microsoft Officeのような何千何百もの機能は必要ないでしょう。 機能が多くなれば、それだけプログラムも複雑になります。 たしかにMicrosoftの『Word』は素晴らしいソフトですが、気軽に使うには重くて難解。 また、実際のところ、Googleドライブはデスクトップのオフィススイートよりも使いやすいと言えます。 インターネット環境さえあれば、どこからでも、どんなデバイスからでも自分のすべてのドキュメントにアクセスが可能。 機能はパワフルではありませんが、補って余りあるユーザビリティを備えています。 とはいえ、Googleドライブには、オフィススイートに必須の機能がいくつか欠落しているのも事実。 必要な機能がないときは、アドオンをインストールしてください。 Googleドライブの基本 、オフィスアプリは『ドキュメント』『スプレッドシート』『スライド』の3つです。 以下、Googleドライブの基本機能を確認しましょう。 GoogleドライブはMicrosoft Officeのドキュメントを閲覧、編集できる。 Googleドライブは30日間の変更履歴を保存しており、過去のドキュメントを閲覧できる。 また、何か作業ミスをしても、過去の変更履歴からドキュメントを復旧できる。 GoogleドライブはOfficeと同じくに対応している(履歴書、予算計画書、シラバスなど)。 Googleドライブはコラボレーションツールやコメント機能を備えている。 ただし、Wordの変更履歴機能に近いことをするにはアドオンが必要。 GoogleドライブもOfficeと同じく、をインストールして機能追加が可能。 Googleドキュメントののおかげで、メモや研究資料の保管が容易に。 Googleドライブのファイルすべては、Googleドライブアカウントに自動保存される。 つまり、あらゆるPC、スマートフォン、タブレットからいつでもファイルにアクセス可能。 Googleスプレッドシートは、基本的なフォーマット機能や、、、表計算機能、を備えている。 Googleスライドには、Powerpointのように。 逆に、シンプルなおかげで、誰でも短時間に良質のプレゼンテーションを作成できる。 が、デスクトップのオフィススイートと共通する機能はだいたい以上です。 以下、スモールビジネスや、ライター、学生、そのほかデスクトップのオフィスソフトから離れたいすべての人に、便利なGoogleドライブの使い方を紹介します。 Googleドライブをオフラインで使う Googleドライブはオンライン専用に見えるかもしれません。 結局ウェブアプリなんでしょ... ? いえいえ。 少し設定すれば、Googleドライブアプリはデスクトップアプリのようにオフラインでも使えます。 設定に必要なのはだけ。 手順は以下:• Chromeでにアクセスする。 「展開」をクリックし、「オフライン」を選択。 「アプリを取得」ボタンをクリックして、Chromeウェブストアを開き、Googleドライブアプリをダウンロードする。 アプリがインストールできたら、ドライブのアイコンをクリック、「オフラインを有効にする」ボタンを押す。 この機能を最大限活用するために、作業を行うすべてのPCで「 オフラインモード」を有効にしておきましょう。 オフライン設定が済めば、ファイルはすべてGoogleドライブに同期され、インターネット環境がなくてもオフラインで作業を進めらます。 PCのローカルフォルダやローカルファイルにアクセスする場合も、をデスクトップで起動すると便利です。 Googleドキュメントでアドオンを使う GoogleドキュメントはMicrosoft Wordのように多機能ではありません。 たいていはそれで十分ですが、特定の機能を使いたいときは、 最近導入された「アドオン」機能を使いましょう。 シンプルかつ無料です。 以下、おススメのアドオンを紹介します:• :このアドオンは基本的な「目次」機能を提供します。 Wordの目次と同じく、テキストやセクションを追加するたびにダイナミックに目次を作成してくれます。 Wordほど強力でもないし、博士論文の執筆には物足りないでしょうが、ドキュメントの好きな場所へ一瞬でアクセスできて便利です。 :参考文献一覧を作成するのは面倒です。 一般的なオフィススイートなら参考文献一覧を簡単に作成する機能を備えているもの。 Googleドキュメントなら『EasyBib』が使えます。 :Wordのコラボレーション機能の中で一番の優れものは「変更履歴」機能です。 このアドオンは、Googleドキュメントに変更履歴機能を追加します。 :GoogleドキュメントにはWordみたいにヘッダー、フッターを簡単に管理する機能がありません。 このアドオンがあれば、ほかのドキュメントからヘッダーとフッターを簡単にインポートできます。 :Wordの整合性チェッカーは、枚数の多いドキュメントで書式の一貫性を保つのを助けてくれます。 このアドオンは、Googleドキュメントに整合性チャッカーを導入します。 :Wordの「文書のマージ」機能は、ほかのアプリにはめったにないパワフルな機能です。 このアドンはGoogleドキュメントで文書のマージを実現してくれます。 :類義語を探すためにウェブ検索を繰り返したくなかったら、このアドオンです。 Googleドキュメントに類義語辞典を導入してくれます。 Googleスプレッドシートでアドオンを使う Googleドキュメントと同じく、Googleスプレッドシートでもたくさんのアドオンが使えます。 Excelほどのパワフルさは望めませんが、、十分な機能強化が計れます。 :白黒のボックスが並んでいるだけのスプレッドシートに飽きたら、Excel並みのスタイリング能力をこのアドオンで導入しましょう。 :まさかですが、Googleスプレッドシートには、表計算の代表機能である「値のマージ」がありません。 このアドオンを使ってください。 :Googleスプレッドシートにもシンプルな検索置換機能がありますが、このアドオンはExcelみたいに強力な検索置換機能を追加してくれます。 :名前のとおり、このアドオンはGoogleスプレッドシートのフォントライブラリーを増やしてくれます。 :初心者にはテンプレートがあると便利です。 Googleスプレッドシートにもいくつかテンプレートがありますが、このアドオンは、膨大なテンプレートを追加してくれます。 ビジネスの現場で、Googleスプレッドシートがデスクトップの表計算ソフトを置き換えるには、まだ時間がかかるでしょう。 とはいえ、支出管理や、メーリングリストの管理、生活情報の記録に使う程度なら、Googleスプレッドシートで十分です。 スクリプトでカスタム機能を追加する Googleドライブの基本機能とアドオンで、十分にすばらしい作業環境を構築できますが、さらに先へ行きたいなら、「」に挑戦してみましょう。 これらのスクリプトを使えば、思いつく限りの機能をGoogleドキュメントやスプレッドシートに追加できます。 Google Appsスクリプトは、と少し似ています。 マクロのようなシンプルな処理から、GoogleドキュメントをMarkdownに変換するような複雑な処理まで、さまざまな機能を追加できます。 自分でプログラミングを学ばなくても、使うことができます。 以下、オススメのスクリプトを紹介します:• :なぜこのような基本的な機能がGoogleスプレッドシートに無いのかはわかりませんが、このスクリプトは「複数行の削除」機能をスプレッドシートに追加してくれます。 :このスクリプトはスプレッドシートに小さなリマインダーを組み込みます。 :表計算処理が終わった? このスクリプトはGoogleスプレッドシートをGoogleドキュメントやPDFに統合してくれます。 :Googleスプレッドシートでこのスクリプトを使えば、Gmailメールをスケジュール送信できます。 :このスクリプトは、Googleスプレッドシートの中で、Excelのような素晴らしい変換機能を実現してくれます。 もし、あなたがExcelなどのデスクトップアプリを使っている理由が、GoogleスプレッドシートやGoogleドキュメントに機能が足りないからなら、もうその必要はありませんね。 Google Appsスクリプトがほとんどを解決してくれるでしょう。 Googleスライドを使いこなす GoogleスライドはGoogleドライブ内で使えるプレゼンテーションソフトウェアです。 Googleドキュメントやスプレッドシートとは違い、拡張性はあまりありません(今のところは)。 とはいえ、のに比べて、Googleスライドは優れたプレゼンテーションを作るのに必要十分な機能を備えています。 Googleスライドを使いこなすコツは、に習熟することと、を覚えることです。 完成したプレゼンテーションは好きな形式で出力できます。 パワーポイント形式だって可能。 外出先のどんなコンピューターでもプレゼンテーションを実行できます(することも)。 はたくさんありますが、大半の人にとってはGoogleスライドで十分です。 オフィススイートに何を求めているかをじっくり検討すれば、ほとんどの人にとってGoogleドライブで十分なのがわかるでしょう。 フル機能のパッケージを買うのではなく、必要に合わせてアドオンを追加して使えば、使い勝手が良く軽快なオフィス環境を構築できますよ。 Thorin Klosowski(/訳:伊藤貴之) Photos by , , and.

次の