イレーナ センド ラー。 イレーナ・センドラー

第2次大戦時、ナチスから2500人の子どもを救った女性

イレーナ センド ラー

Contents• Part1 1 イレーナ・センドラーは、多くの人々にとってはなじみの薄い名前かもしれませんが、彼女は第二次世界大戦中、ナチスに立ち向かい、およそ2500人のユダヤ人の子どもたちの命を救った英雄でした。 2 ドイツ人は、1942年までに約50万人のユダヤ人を、ワルシャワの約3. 4平方キロメートルの区域のゲットー(ユダヤ人強制居住地区)に押し込めていました。 イレーナは、その都市に住むポーランド人のソーシャルワーカー(民生委員)でした。 看護師の制服を着て、彼女と彼女の同僚たちは、人々を助けるために食べ物や服、薬を持ってゲットーに入っていきました。 しかし、ゲットーにいる多くのユダヤ人たちの最終目的地は死の収容所だということが、すぐに明らかになりました。 イレーナのグループは、できる限り多くの子どもたちを救うことを決意しました。 Part2 3 彼女たちは、子どもたちを手放すように親たちに言うことがとてもつらい仕事だということに気づきました。 晩年、イレーナは、子どもたちから離れなければならないユダヤ人の母親たちの悲しい顔を覚えていました。 「私たちは悲惨な光景を目の当たりにしました。 時折、父親は同意したものの母親が同意しなかったことがありました。 私たちは、彼女たちから子どもたちを引き取ることなく、そういった不運な家族を残していかなければなりませんでした。 翌日私がそこへ戻ると、みんなが死の収容所へ連れていかれてしまった後だったということがよくありました。 」 4 幸運な子どもたちは、ジャガイモを入れる袋や棺に入れて運び出されました。 商品の中に隠された子どもたちもいました。 そういった子どもたちは、両親から引き離されて新たな名前を与えられ、手助けや命の危険を冒すことをいとわない家族や宗教団体へと引き取られていきました。 より年長の子どもたちは、彼らのユダヤの出自が気づかれないように、キリスト教の祈りのことばを教えられました。 5 子どもたちの家族の記録を失いたくなかったので、イレーナは、彼女が救ったすべての子どもたちの名前をリストにしました。 彼女は、いつか彼らを家族と再会させられることを望んでいたのです。 Part3 6 1943年のある夜、イレーナの家がドイツ警察に襲われました。 彼女はリストを窓から外に投げ出したいと思いましたが、不可能でした。 家中がドイツ人に包囲されていたので、彼女はそれを同僚に投げて扉を開けました。 兵士は11人いて、彼らはもう少しで家じゅうを粉々に壊すところでした。 イレーナの同僚が、それを自分の下着の中に隠したおかげで、名前のリストは守られました。 7 ナチスはイレーナを監獄に連行し、彼女を拷問しました。 彼女はひどいけがを負いましたが、協力者や彼女が救った子どもたちについて彼らに話すのを拒みました。 最終的に、彼女は死刑を宣告されました。 8 危ないところで、彼女の仲間が看守にわいろを渡し、彼女はかろうじて逃げることができ友人たちと落ち合いました。 彼女は名前のリストを取り戻すと、それらを友人の家の庭に生えているリンゴの木の下に、瓶に入れて埋めたのでした。 Part4 9 リストにはおよそ2500人の名前が書かれており、終戦後、彼女は子どもたちと彼らの家族とを再会させようとしました。 しかし、親のほとんどは、死の収容所で毒ガスによって殺されていました。 10 彼女の人生や仕事については、長いあいだ知られていませんでした。 しかし、カンザス州に住むアメリカの女子生徒たちのグループが彼女の存在について偶然知り、2000年に「瓶の中の命」と呼ばれる劇を書きました。 それは、アメリカやそのほか多くの国々で、200回以上も公演されました。 11 2003年には、彼女はノーベル平和賞に推薦されたが、結局それはアル・ゴアに贈られました。 2005年に、イレーナはこう言いました。 「私たちは英雄などではありません。 その表現を聞くと、とても腹立たしく感じます。 真実は逆なのです。 私は、ほんのわずかなことしかできなかったことを後悔し続けています。 もっと多くのことができたかもしれないのに。 この後悔は死ぬまで私について回るでしょう。

次の

ビンの中の命 / Irena Sendler (Fuji TV)

イレーナ センド ラー

今回は一挙3冊のご紹介です。 いずれも児童向けの伝記です。 スウェーデンのワレンバーグ、ポーランドのセンドラー、ドイツのヴァイトの三氏は、第二次世界大戦下、ドイツのユダヤ人絶滅計画(ホロコースト)に抵抗し、危険を冒して多くの人々を支援した人物です。 彼らに関して手軽に入手できる日本語の書籍はほとんどありません。 それゆえ今回ご紹介する3冊は貴重な情報源です。 迫害されるユダヤ人を助けた同時期の人物としては、杉原千畝や、映画「シンドラーのリスト」のオスカー・シンドラーが有名です。 彼らも注目されるようになったのは1990年代ごろからですが、いまでは映画や書籍などを通して広く知られています。 杉原千畝は、日本の小中高校の社会や道徳の教科書にも登場しています。 しかし、杉原やシンドラーのほかにも、身の危険を顧みず、ユダヤの人びとを助けた人がたくさんいました。 イスラエルの国立機関ヤド・ヴァシェムは、そのような人々を精緻に調査したうえで「諸国民の中の正義の人」として顕彰しています。 彼ら一人一人の勇気ある行動は、多くの人が大きな力に追随するなかで、人として取るべき道をとった人も確かにいたのだということを教えてくれます。 仕方なかった、みんなそうだったというような責任回避の姿勢を見直すきっかけになると思います。 児童書には、この3冊に限らず、一般向け書籍ではほとんど取り上げていない人物や事柄を扱った優れた作品があります。 子どもにもわかるようていねいに練られた文章は大人にも読みやすく、また編集が行き届いていて写真や図などの資料も豊富なことが多いです。 子ども向けだからといってあなどれません。 以下、出版年順に紹介します。 オットー・ヴァイト(1883-1943)は、ドイツのベルリンで、福祉作業所を経営した人物です。 彼自身、ものの輪郭がわかる程度の視力しかありませんでしたが、ブラシ製造という表の商売以外に、裏の商売として物資の調達などを精力的にこなしました。 彼は、ナチが抹殺の標的にした盲人やろう者やユダヤ人を自身の経営するブラシ工場に雇用し、保護しました。 迫害がいよいよ激しくなると、ユダヤ人一家を隠れ家に匿ったり、連行された従業員をゲシュタポから連れ戻したり、強制収容所に連れていかれた従業員たちには物資を送ったりして支援を続けました。 著者のドイチュクローンさんは、ヴァイト氏に救われたユダヤ人のひとりで、ご存命です。 戦後はジャーナリストとして、ヴァイト氏の功績を後世に伝え残すため精力的に活動されてきました。 ワレンバーグ ナチスの大虐殺から10万人のユダヤ人を救った、スウェーデンの外交官 M. ニコルソン 著 , D. 出典: イレーナ・センドラー ホロコーストの子ども達の母 平井 美帆 著 汐文社 2008 二〇〇八年五月十二日。 やさしい目をしたひとりのポーランド人女性が九八歳で亡くなりました。 その人の名前は、イレーナ・センドラー。 第二次世界大戦中、ドイツ軍に占領されていたポーランドで、ゲットー ユダヤ人居住区 から、二千五百人のユダヤ人の子どもたちを救った女性です。 当時、ホロコースト ユダヤ人大虐殺 が行われていたポーランドでは、ユダヤ人を助けることは死刑に値する罪でした。 それでも、イレーナは自分の命の危険をかえりみず、ひとりでも多くの子どもを救おうと活動を続けました。 その勇敢な人生をのぞいてみましょう。 出典: 私を救ったオットー・ヴァイト ナチスとたたかった真実の記録 インゲ ドイチュクローン 著 汐文社 2016 第二次世界大戦中のドイツは、ナチスという独裁政党によって支配され、ユダヤ人はユダヤ人というだけで激しく迫害されていました。 これは、ヴァイトに命を救われたユダヤ人の作者が伝える、恐怖と勇気にみちた真実の記録です。 出典:.

次の

強制収容所での死の運命から2,500名のユダヤ人の子供達を救ったポーランドの活動家

イレーナ センド ラー

Contents• イレーナ・センドラーとは 1910年2月、ポーランドのワルシャワで生まれたイレーナ・センドラー。 宗教や身分の区別なく他人に愛情を向ける両親を持ち、 イレーナ自身も恵まれない環境の人に衣食を提供するソーシャルワーカーとして活動します。 第二次世界大戦中も、ユダヤ人を支援し続け、劣悪な環境にあったユダヤ人隔離地域 ゲットー から脱出する手助けをします。 そして 2500人以上の子供たちを救出し、里親や児童養護施設に預けます。 彼女の行動に気づいたナチスは、イレーナを監獄に送り、協力者や救出した子供たちの情報を得るために手足を折るなどの拷問を行います。 しかしイレーナは最後まで拷問を耐え、一切の情報を漏らしませんでした。 ついには死刑宣告されますが、別の支援者が兵士に賄賂を渡し、寸前のところで解放されました。 その後もイレーナは人々への支援活動を続け、2007年にはノーベル平和賞候補に選ばれます。 そしてその1年後、多くの人を救い続けたその人生の幕を閉じました。 ネタバレやあらすじ 事実に基づいた歴史ドラマとして制作されるとのこと。 現時点では、どこまで彼女の人生を描くかまでは明かされていませんが、 おそらくゲットーからユダヤ人の子供たちを救い出す活動をメインに描かれることになると思います。 ガル・ギャドットは今後プロデューサー業にも挑戦する見込みのとのことで、 自身の製作会社の第1作目として力を入れて制作することは間違いなさそうです。 第二次世界大戦中のナチスやユダヤ人を描いた作品として、『シンドラーのリスト』や『戦場のピアニスト』などの歴史ドラマ映画が有名です。 それらに近しい雰囲気のシリアスな作品になりそうですね。 兵役経験がアクションにも活かされています。 その後も『ワイルド・スピード』シリーズに参戦、惜しくも途中退場することになりますが、 2016年には『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』にて海外で人気の女性ヒーロー、ワンダーウーマンを熱演します。 終盤に差し掛かってからの登場にも関わらず、圧倒的な存在感と美貌で、文字通りバットマンとスーパーマンの間に割って入り観客を魅了しました。 終盤登場するワンダーウーマンが主役2人よりカッコ良すぎてシビれた! — ゲバカ GameBaka65535 2017年に同役で 主演の映画『ワンダーウーマン』が公開され、世界的な大ヒットとなります。 『ワンダーウーマン』の続編の公開も控える人気俳優です。 他人のために献身し、自らの危険さえ厭わないイレーナの役のイメージに合うのでしょうか? これまでアクション大作での活躍が中心だったので、 本作は新境地開拓と言えるかもしれません。 とは言え、ガル・ギャドットは業界では人柄の良さで有名らしく、映画の中でも、 強さと優しさを併せ持つワンダーウーマンをこれ以上適任はいないというほどに演じています。 『ワイルド・スピード』シリーズでも自らの命を犠牲に人を守る役をかっこよく演じています。 そう考えると、 強く優しい女性であるイレーナ・センドラーは合っていると考えることもできますね! おそらく本作では得意のアクションは封印することになるはず。 その高い身長や美貌がどう左右するかは未知数ですがガル・ギャドットが、どんな演技をみせてくれるのか。 どんなイレーナ・センドラーになるのか。 期待したいですね! 世界で最も美しい顔2位のガルガドットの美しさが2時間半止まらなかった! 見てこの優しい表情。 彼女が主演とプロデューサーを兼任する映画『イレーナ・センドラー』は、ユダヤ人の子供たちを救った実在の女性を描いた作品です。 ガル・ギャドットはこれまで『ワンダーウーマン』や『ワイルド・スピード』シリーズなどで、強さと優しさを兼ね備える戦う女性を演じてきました。 本作では、戦い方をこれまでと少し変え、 新しい演技を見せてくれるのではないでしょうか。 これから制作になるとのこと、 続報を期待して待ちたいですね! Sponsored Links•

次の