かけぬけ 青春 ス パーキング。 検索結果書誌詳細:蔵書検索システム

Aikoとコーヒーブレイク

かけぬけ 青春 ス パーキング

主人公、遠野遊は風見学園の二年生。 思春期まっただ中、青春まっただ中のお年頃。 俺はバイトで忙しいんだよ」 彼は青春をバイトにささげる、超リアリストだったのだ。 学業を器用にこなし、日々バイトに明け暮れて金を稼ぐ。 趣味は預金通帳の残高をチェックすることだ。 そんな遊を見かねた幼馴染みの響と、遊を師匠と仰ぐクラスメイトの理々は、 彼をとある部に入れて更生させようとする。 響が勧めてきたのは、「学園でもっと青春して楽しく行動しよう!」がスローガンの にぎやか系女子で構成された「行動部」、通称「アクティ部」。 理々が勧めてきたのは、「貴重な青春を世の中を良くするために費やそう」がスローガンの 真面目系女子で更生された「ボランティア部」、通称「ネガティ部」。 どちらの部も執拗に遊を誘ってくる。 「どっちも興味ねーし。 「そんなの決まってるじゃないっスか」 「覚悟して、先輩もそろそろせーしゅんするっス!」 はたして、遠野遊にはいったいどんな-青春-が待っているのか!?.

次の

検索結果書誌詳細:蔵書検索システム

かけぬけ 青春 ス パーキング

主人公、遠野遊は風見学園の二年生。 思春期まっただ中、青春まっただ中のお年頃。 俺はバイトで忙しいんだよ」 彼は青春をバイトにささげる、超リアリストだったのだ。 学業を器用にこなし、日々バイトに明け暮れて金を稼ぐ。 趣味は預金通帳の残高をチェックすることだ。 そんな遊を見かねた幼馴染みの響と、遊を師匠と仰ぐクラスメイトの理々は、 彼をとある部に入れて更生させようとする。 響が勧めてきたのは、「学園でもっと青春して楽しく行動しよう!」がスローガンの にぎやか系女子で構成された「行動部」、通称「アクティ部」。 理々が勧めてきたのは、「貴重な青春を世の中を良くするために費やそう」がスローガンの 真面目系女子で更生された「ボランティア部」、通称「ネガティ部」。 どちらの部も執拗に遊を誘ってくる。 「どっちも興味ねーし。 「そんなの決まってるじゃないっスか」 「覚悟して、先輩もそろそろせーしゅんするっス!」 はたして、遠野遊にはいったいどんな-青春-が待っているのか!?.

次の

SAGA PLANETS新作『かけぬけ★青春スパーキング!』が公開。夏だ!海だ!水着だ!かけぬけるように青春を謳歌する学園アドベンチャー

かけぬけ 青春 ス パーキング

あの震災から二年 そして福島の原発がメルトダウンして二年。 どうしても原発はなくしてほしいという思いは強く今年も集会に参加し 鹿児島のメイン通りを歩いてきました。 一時は日本中がというほど 原発の怖さに直面し安全神話に惑わされていた自分たちを反省したかにみえたのにまた再稼働しようという虫がもぞもぞと蠢き始めています。 福島の村々のコミュニティをこわし 家族をこわし 危険な状態はいまだに何も解決したわけではないのにまた動かそうとしているひとたち。 冷却のための汚染水はたまるばかりで置き場所がないというし 除染した水も川にながしたり人間ばかりでなく私達の大事な自然をどれだけいためればいいのか そんな事実に眼をつむるかのようにまだ原発に頼ろうとする人達 それに対してノーと私は言い続けようと思っています。 集会の中で有機農法にたずさわる若い青年Hさん( 実は彼が生まれた頃をしっているので時の流れを感じました)の言葉が印象的でした。 昨年の選挙結果そして今の政治の動きになんだか無力感にとらわれている人もい ると思います。 ある人が話してくれました。 「しってる?世の中を変える種まき がされていること。 いろんな人がいろんなところで小さな種、世の中こうじゃい けないよねという種まきをしてるんだよ。 そしてぼくたちもいろんなところへそ んな小さな種を蒔き続けないとね、」と。 あきらめずに僕も種をまきます。 畑だ けじゃなく人々の中へ。 集会にもパレードにもたくさんの人の顔があつまりました。 懐かしい顔にもであったり声をかけられたり、でも出会うはずの友に出会えず、ず〜と前からしっているけれどそんなにゆっくり話したことがない0さんと一緒に歩きながらいろんな話をしていました。 福島の有機農業に携わる人達の苦しみ、安全なもの自然なものを追求していた彼らが一番被害を受けている話、そしてその野菜を利用していた人達はそういう問題に敏感な人達だから 彼らの苦しみはわかっていてもやはり離れて行くというつらい話。 彼女はもともと陸前高田の出身で同級生が15人もなくなったとか。 家族の話からフェムニズムの話までいろいろ話しましたね。 別れる時「今日こんな話ができるとは思いませんでした。 」...私も、と。 またの再会を楽しみに別れたのでした。 骨折後はじめての長距離ウォーキング。 バンドの乗ってる車とか牛さんとかあひるさんとかも荷台にのって参加してる楽しいパレードでした。 この数日フランスでも ベルギーでも 台湾でも ドイツでも原発はいらないデモンストレーションが大規模におこなわれたようです。 日本のメディアにはのらないのですがフェイズブックではそんな写真もたくさんみれました。 報告です。 私の足のことですが ギブスがとれて2週間ぶりに診察にいきレントゲンの結果 先生から「きれいについてるようだし、もうこれでいいでしょう。 そろそろ山も許可していいかな?診察も今日まででいいですよ。 」との言葉をいただきました。 やった〜!!!! 全快です。 いつか先生に尋ねた時「う〜ん 6週間かな?」といわれたのですが ほぼそんな感じです。 歩く時にももう何の違和感も感じずにあるけるようになりました。 右足と左足を交互に同じようにだして歩くことの快感。 人間のからだってほんとによく出来ていて それのどこかがだめになると不便でふだんできてたことができなかったり 壊してみてはじめて日頃感じないそれぞれの身体の部品の大切さを痛感するものですよね。 はじめての骨折をしギブスをつけての生活でしたが 不幸中の幸いだったこと。 あまりの便利に便利にと開発される時代のありかたに日頃から疑問を 抱いていたのですが 車のことにしてもこれも文明の発達に感謝したものです。 今もまだ包帯まいてサポーターしてるのでたすかってること。 靴下もダ イエーでパーキングのスタンプのためにあわててかったもので、はくとのびすぎる ので 滑ってあぶないと私から嫌われてた靴下、それが今回とても役立ちました。 特にまだ痛い時 包帯の上からはくのにこのゆるさがよかった〜(笑) 何がやくにたちかわかりません。 それにしてもこの間自分のまわりのひとたちのあたたかさに包まれました。 暖かいメイルや電話で応援してくれたり、あまり動けないときはすぐ食べれるものをいろいろ持ってきてくれたり、送ってくれたり、退屈してるのではとDVDや本をおくってくれたり、コカリナのグループは教室から我が家に向かって応援の音色をとばしてくれたり うれしいことがたくさんでした。 私はひとの困った時それほどの応援やヘルプをしてあげただろうか とひそかに自分のありかたをみつめなおしたりしたものです。 みなさんの応援のおかげで思ったよりも早くもとの生活にもどれたようです。 みなさんほんとにありがとうございました。 いろいろ反省したり学んだりいい経験になりました。 若かりし頃こいこがれたジェラールフィリップに会うことが出来ました。 昨年がジェラールフィリップの生誕90年ということで 記念の特別映画祭が昨年からくまれています。 デジタルリマスター版で古い映画も鮮明によみがえったというわけです。 この『パルムの僧院』は1947年のフランス映画もちろん白黒映画で3時間の大作。 監督はクリスチャン・ジャック 原作はあのスタンダールです。 私達の若い頃はたいていの家に世界名作全集や日本名作全集があって トルストイやドフトエフスキースタンダールなどよく読んだもの。 カタカナの名前がややこしくて人間関係がわからなくなったりこの人だれだったかなと何度も人物紹介のページをめくっては読み返していたのを思い出します。 スタンダールも赤と黒は読んだ覚えがあるのですが『パルムの僧院』は読まなかったかも。 舞台は19世紀初頭、一人の青年ファブリスの波瀾万丈の人生を描いたものです。 ワーテルローの戦いが終わり、聖職者になるための勉学を終えたファブリスは故郷パルムに戻ります。 パルムはその頃横暴わがままな大公に支配統括されいた時代。 もどってきたファブリスは宮廷の陰謀と恋の嵐にまきこまれるというもの。 甥のフェブリスに対する未亡人(サンセヴェリーナ公爵夫人)の愛、ファブリスと将軍の娘クレリアとの恋愛を軸に陰謀、策略などがおりこまれ、パルムの政情もはいり なかなかの見応えある構成でしたね。 原作がいいのか脚本がいいのか ジェラールフィリップをみるだけでいいくらいの気持ちでいったのですが 三時間が気にならないくらいひきこまれてなんだか得した気分です。 マリア・カザレス、ルネ・フォールらの女優陣もなかなかの美しさでしたがジェラールフィリップの美しさは格別でしたね。 一般に昔の俳優たちの方が普通人とはちがうオーラで輝いていた気がします。 ジェラールフィリップのあの素敵なマント姿。 恋する人クレリアを幽閉された城塞の窓から慕って見る眼、たまりません。 遠い昔高校時代わたしにジェラールフィリップを教えてくれた親友はみたかな?二人で盛り上がってた青春時代を思い出してしまいました。 うっとりと酔いしれた3時間、満足でした。 当然私みたいなファンがみにきてて 終わってライトがつくと 思わず「きれいでしたね〜 やっぱり素敵でしたね〜」のため息まじりの声があがって ハッハッハでした。 これも小さな映画館ならではのものでしょう。 この特別映画祭。 五本の作品がきてるのですが全部みたいけれど(Tさんのお母さんは五本全部みるといってるとか)それは無理かな でも 来週もう一本みるつもりです。 やっと映画館にでかけて映画をみれるようになりました。 久しぶりのガーデンズシネマでみたのは、あの『イル/ポスティーノ』を作ったマイケル・ラドフォード監督の『情熱のピアニズム』です。 凄まじい生涯をかかえながら天才的なジャズピアニストになったミシェル・ペトルチアーニのドキュメンタリーです。 1962年南フランスの音楽一家にうまれたミシェルは全身の骨が折れた状態の先天性骨形成不全症という障害を持ってうまれました。 小さい頃は自分で歩くことも出来ず大人になっても身長は1mあまりです。 小さい頃からお父さんのひくジャズ.音楽を聴いて育った彼はピアノに対して特別な才能をもち瞬く間に天才ジャズピアニストへの道へとすすむことになるのです。 ガラスのようなこわれやすい骨を持つ病気の代わりに与えられたものは素晴らしい珠玉の音楽の才能でした。 映画は ミシェル自身そして彼をよく知る友人、音楽仲間そして愛された女たち、家族からのインンタビューで構成されているのですが そこからあぶりだされてくるのは彼の驚くほどの才能とその人となり、好奇心旺盛で ポジティブで たくさんの女性を愛し愛され そして典型的な快楽主義者だったということ。 彼の演奏風景はいわずもがなですが その驚くような演奏は圧巻です。 身体と不釣り合いなほど大きな手からほとばしるきらめく星のような音音音。 演奏中に何度も骨を折ることもあったらしくそれでも演奏をやめなかったといいます。 元妻や恋人たちの言葉も自然体で人間としてのミシェルのすばらしさが伝わってくるものでした。 それにしてもなくなったのは36歳という若さに驚きます。 『僕は自分以外のものになりたくない」といっていたミシェル。 彼はまるで自分の命の短さを知っていたかのごとく劇的に、濃密に、100%以上充分に自分の人生を生きてかけぬけていったのかもしれません。 音楽と愛のあふれた贅沢なドキュメンタリーでした。 最初はたしか妹がチョコをおくってくれたのがこのJIMネットを知ったはじまりでした。 それいらい私も小さなサポーターとして参加してるのですが 今年は案内はきてたのに注文するのを忘れてました。 もう締め切りすぎたしなんて思ってたら鎌田実さんのブログで まだ残ってることをしりあわてて注文したのです。 その後すぐ完売になったようでギリギリ間に合ってよかったです。 今年もかわいいイラクの子供たちの絵がついた缶入りのチョコが届きました。 (中のチョコレートは北海道の六花亭のおいしいチョコです) このJIMネットとは医師の鎌田実さんが代表で活動してるボランティア団体です。 2005年頃湾岸戦争で使われた劣化ウラン弾がこどもたちの白血病の増加を招いていることを知った医師たちが、不足している医療器具などの手助けして少しでもこどもたちを救いたいとはじまった運動です。 『どんな薬が足りなくて困っているかがわかりました。 どんな医療機器が緊急 に必要なのかもわかりました。 世界から支援がほとんど入っていません。 支 援はタイミングが大切です。 死に掛けている子供も、その家族も、治療して いる医師たちも、今が一番つらいと言っています。 今、救いの手が欲しいの です。 子どもたちの命は待ってくれません。 』(鎌田実) 昨年から福島のこどもたちをささえるためにもつかわれるようになりました。 今年はなんと16万個のチョコがうれたということです。 このお金はイラクの子供たち、福島のこどもたち、シリア難民の妊婦さんとこどもたちのために使われるということ。 私の小さな力が(気持ちは大きいのですが)そんなこどもたちのなんらかの助けになれば こんな嬉しいことはありません。 妹から私へと運動がつながったみたいに このチョコをうけとったひとの誰かがまた ちょこっとつながってくれればさらにうれしいなぁと思っています。

次の