いけしゃあしゃあと。 「いけしゃあしゃあ」とは?意味や使い方を解説します!

「いけしゃあしゃあ」と「ぬけしゃあしゃあ」はどちらが正しいの?

いけしゃあしゃあと

普段なんとなしに使っている言葉が、実はまったく別の意味だったり、ちょっとズレた意味合いの言葉として使ってしまって、うわー!恥ずかしい!って経験、ありませんか? 日本語は世界中にあまたある言語の中でも難しいことで有名な言葉です。 それでも日本も含め世界中で言語は毎年毎年増幅され、辞書は分厚くなっていきます。 そんな中で昔からある言葉は身体になじみ、定着し、全く疑いも無く使っていたのに、 ある日突然、「その使い方間違っているよ」などと言われたら穴を掘って埋まりたくなってしまいます。 今回は「いけしゃあしゃあ」という言葉についてその成り立ちを理解すべく調べてみました! いけ-しゃあしゃあ まず、この 「いけしゃあしゃあ」は「いけ」と「しゃあしゃあ」という二つの語から成り立っています。 「いけ」は「接頭語」といい、語の上、頭の部分に付く強調の類の語だと思っていただければ良いでしょう。 「いけ」が付く言葉にはそのほかに「いけ好かない」や「いけしつこい」などがあり、 そもそも「いけ」そのもので憎悪や卑しみ、苛立ちや非難などを意味する部分があります。 「しゃあしゃあ」とは図々しいや、厚かましいなどを意味します。 二つあわせてみると、 「憎らしく厚かましいさま」や「憎らしいほど恥ずかしげも無いさま」などという意味になってきます。 Twitterを見ると実際このように使われていました。 なんでいつも上から目線なんでしょうね 技術も装備も弱いくせにいけしゃあしゃあと良く言えたものですよ 財布に20円しかないのにいけしゃあしゃあとランチしてやったぜ!!ホントすいません。 なによ、あの態度!人に濡れ衣着せといていけしゃあしゃあと!フン。 でも、私たちを怒らせたのがあいつの運のつきだったわね。 憎らしいことや、恥知らずなこと、自分を下げて自虐するときなどにも様々に使われていますね。 ただ、 あまり響きのよい言葉で無いことは確かなので、正常なシーンで使うにしても冗談が通じる相手であるか、本当に罵ってしまいたいかのいずれで無い限り 使うのは難しい言葉になってきますので注意が必要です。 youtube. 漢字として記録されているものはなく、 ひらがなでの表記が正式です。 いけ、と、しゃあしゃあから作られた合成語であり、 どちらかといえば庶民の間に広く普及したことばなので日常会話の中ではぐくまれた言葉と言っていいでしょう。 また「いけしゃあしゃあ」は関東方言であるともいえます。 そもそも江戸に生まれた言葉ですし、 「いけ」という接頭語が既に関東特有のものなのです。 足利方言とも吾妻語とも呼ばれ、 南に南下すれば南下するほど、それこそ九州などに行くと言葉が通じなくなってしまう場所もあります。 テレビやネットの普及により、意味は知っているし、話すのに問題は無いけれど、そう使わない言葉として認識されているようです。

次の

「いけしゃあしゃあ」と「ぬけぬけ」は同じ意味ですか

いけしゃあしゃあと

「ぬけしゃあしゃあ」をグーグルで検索すると274件ひっかかりました。 が、そのうち二割か三割は「ぬけぬけしゃあしゃあ」か言い間違いとして指摘するものでした。 もちろん「ぬけぬけしゃあしゃあ」は擬態語を二つ重ねたものとして容認できます。 「うずうずわくわく」とかいくらでも例はあるでしょう。 「ぬけしゃあしゃあ」のネット上における使用例は実質的には200件余というところでしょう。 問題はこの数をどう評価するか、です。 いきなりですが「スムーズム」をグーグルで検索すると、255件ヒットしました。 スムーズムとはもちろん、スムーズの間違いです。 こんなありえない思い違いをしている人が世の中にはこんなに大勢いるんですね。 (ちなみに四ヶ月前には159件だったんですが…。 えらく増殖してるな…。 ) 方言として存在する可能性は否定しきれませんが、たとえば富山弁の擬態語に「きときと」というのがありますが、これなんかはグーグルでは50900件もヒットしました。 判断材料になさってください。 また「いけ」は接頭語として「いけしゃあしゃあ」以外にも「いけすかない」「いけずうずうしい」「いけぞんざい」などの形で使われます。 「ぬけ」がこのように複数の用例を持つか否か、興味のあるところです。 とりあえず私は「ぬけしゃあしゃあ」は誤用と断定してよいものと考えます。 A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。 こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。 結論を言うと、「Can you celebrate? 」は微妙なところだと思います。 「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。 でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。 聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。 賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。 慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という... A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? ただ、両者の間には使用法における若干のニュアンスの違いのようなものがあるようです。 大阪では「~はる」は基本的に尊敬表現であり、相手への敬意を示す最も一般的な言い方です。 一方、京都でも「~はる」は基本的に尊敬表現ではありますが、その使われ方が大阪に比べるとやや複雑なようです。 京都で最も敬意の程度が高いとされている表現方法は、現実に日常生活の中で使うか使わないかは別としても、「おいでやす」、「おくれやす」などに見られる「お~やす」で、これは純粋に相手への敬意を表した尊敬表現です。 「~はる」は「お~やす」に比べると敬意度が低く、また、京都では自分の側、つまり自分の身内に対して「~はる」を付ける言い方も存在し、この場合はその身内に対して敬意を表していると言うよりも、話し手が聞き手に対して自分とその身内との親密さ、親近感を伝えている表現という方が適切なようです。 ただ、話している本人としてはあまりそういったことを意識せずに使っている場合が多いようです。 また、tawdaさんがおっしゃっているように第3者に関することを話し手が聞き手に意見を求めているような場合に使われる「~はる」は、やや皮肉混じりの意味合いで使われることが多いようです。 また、人間以外の物や動物などに使われることもあり、その場合も話し手が聞き手に対してその物への愛着を示したり、あるいは意見を求める、その物への注意を促す時などに使われるようです。 このことは恐らく大阪と京都が歩んできたそれぞれの歴史や文化の成立過程の差で現れてきた違いだろうと思います。 大阪と京都のことばに共通していることは、相手に対する「気配り」の表現方法が豊富であり、全体的にYES、NOをはっきりさせるような言い方を好まず、曖昧にぼかしたり、単刀直入に表現することを避けたりして、相手を傷つけないでおこうとする柔らかさがあります。 その一方、ことばの中に多くの意味が含まれていて、後でゆっくりじんわりとこたえてくるというところがあります。 肝心なところをぼかしながらも、実は事の本質をついているのです。 大阪のことばは歴史的、文化的に商人気質の色が強い庶民的な言葉なので、相手に細かく対応して、相手の機嫌を損ねないように微妙に使い分けをしながらも、相手に対して分かりやすいことばが好まれてきたために、「~はる」の使い方もほぼ尊敬表現の一本で通されているものと思われます。 一方、京都では一口に京都のことばと言っても、もともと御所ことばと町方ことばの差別化があり、また町方ことばも室町商家のことば、西陣の職人ことば、祇園花街のことばなどの複雑な区別があったため、「~はる」の使い方も大阪に比べるとより複雑な人間関係の中で多様性を持つに至ったと思われます。 「~はる」という表現方法は大阪、京都でともに敬意を表す尊敬表現として使われているようです。 ただ、両者の間には使用法における若干のニュアンスの違いのようなものがあるようです。 大阪では「~はる」は基本的に尊敬表現であり、相手への敬意を示す最も一般的な言い方です。 一方、京都でも「~はる」は基本的に尊敬表現ではありますが、その使われ方が大阪に比べるとやや複雑なようです。 京都で最も敬意の程度が高いとされている表現方法は、現実に日常生活の中で使うか使わないかは別としても、「... Q 皆様、こんにちは。 最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 「喪」というのは、『人の死後、その近親の者が、一定の期間、外出や社交的な行動を避けて身を慎むこと。 』で、その際の「死者を弔う」の儀式を「葬式・葬儀」といいます。 この場合の「服す」というのは、『従う』ことを指します。 ですから、「喪に服す」というのは、『人の死後、その近親の者が、一定の期間、外出や社交的な行動を避けて身を慎むという風習に従うこと』を指します。 実際には、亡くなってから「忌明け」(宗教・宗派によって異なります。 一般的な仏教の場合は七七日=49日間とされていることが多いです)までの『服忌期間』と、それ以降で喪に服している期間の『服喪期間』に分かれます。 亡くなってすぐ家の玄関には「忌中」という貼り紙を出しますし、年賀状を出せません-という年賀欠礼状に「喪中につき」などという言葉が遣われているのをご覧になったこともあるかと思います。 いずれにせよ、近親者が亡くなった場合、遺族はいろいろと行動を慎みます。 何をするか-というよりも、こんなことはしない・控える-というカンジです。 こちらのサイトなどにも書かれていますので、ご覧ください。 ocn. oriaca. if-u. html なお、服喪期間については、諸説様々あります。 3か月、半年、1年、いや血縁の近さによって違う、同居・非同居で違う、家単位で考える、個人で考える…などなど。 「一般的」という言葉がこれほど通用しない世界もないと思います。 現在では、葬儀が終わるまでと法要の際に喪服を着る程度ですが、昔は服喪期間中はずっと喪服を着ていたようです。 喪服から衣装を改めることを「除服(ぶくぬぎ)」といい、源氏物語などにもその記述があります。 xiangs. shtml 「喪」というのは、『人の死後、その近親の者が、一定の期間、外出や社交的な行動を避けて身を慎むこと。 』で、その際の「死者を弔う」の儀式を「葬式・葬儀」といいます。 この場合の「服す」というのは、『従う』ことを指します。 ですから、「喪に服す」というのは、『人の死後、その近親の者が、一定の期間、外出や社交的な行動を避けて身を慎むという風習に従うこと』を指します。 実際には、亡くなってから「忌明け」(宗教・宗派によって異なります。 一般的な仏教の場合は七七日=49日間とされてい...

次の

「いけしゃあしゃあ」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

いけしゃあしゃあと

先日、こんな質問がありました。 「よく、 憎らしいほど平然としている様子を『いけしゃあしゃあ』って言うけど、 なんで『いけしゃあしゃあ』って言うんだろう?」 言われてみればよく使う言葉ですが、その絶妙な語感に納得していたのか、語源にまで思いを至らせたことがありませんでした。 そこで今回は、この「いけしゃあしゃあ」について、興味の湧いたが吉日、とその語源を調べてみました。 さっそく「いけしゃあしゃあ」について調べた結果を、簡単にまとめます。 使われ始めたのは江戸時代から。 余談ながら入髪(いれがみ)とはウィッグのことで、中の町とは地名(現:東京都港区赤坂)です。 「いけ+しゃあしゃあ」で構成される。 「いけ好かない」「いけ図々しい」と同じで、「非常に『しゃあしゃあ』としている」という意味で用いられます。 「いけ」は、人や物事について激しくディする(卑下の強調)目的で用いられる接頭語。 「いけ」は「厳(いか)めしい」を語源とする「いかい」の関東訛り「いけえ」の短縮形で、若者が物事について、「(良くも悪くも)すごい」というニュアンスで「いかちぃ(厳つい)」と表現する感覚に通じます。

次の