水疱瘡うつる。 赤ちゃんの水疱瘡に注意!乳幼児の水疱瘡の初期症状と3つの注意点

水痘(水ぼうそう)とは

水疱瘡うつる

スポンサードリンク 水疱瘡は小さい子供がよくなる病気というイメージがあります。 その原因は、大人で水疱瘡になったとあまり聞かないからでしょうか。 大人も水疱瘡になることはありますが、発症する年齢は10歳未満が多数を占めるそうです。 ママ友たちからも『水疱瘡に気を付けたほうがいい』と言われたりしましたが、お恥ずかしい話、最近まで『水疱瘡』という病気について赤いブツブツが身体に出るぐらいしか知りませんでした。 それから数か月経ったある冬の日、甥っ子が水疱瘡になりました。 そして、私の息子と遊ぶ予定だったけれど、感染する可能性があるから会わないほうがいいと言われたのです。 「そうか水疱瘡は感染病なのか」とその時に知り、そしていったいどんな病気なのかも詳しく知ることになりました。 同時に、子供がなりやすい病気についてしっかりと知っておいがほうがいいと考えるきっかけになったのでした。 この記事では、水疱瘡について知っておきたいポイントを紹介します。 ポイントは全部で6つです。 水疱瘡っていったいどんな病気?• 初期の段階で見極めるコツは?• 水疱瘡はうつる?お風呂は?外出は?3つの注意点• 何科にかかればいい?小児科?皮膚科?• 水疱瘡はどうやって治療するの?• 水疱瘡の予防ワクチン接種を忘れずに。 この記事を最後まで読んでいただければ、水疱瘡に我が子がなった時に慌てずに済むはずです。 ぜひ参考にしてくださいね。 水疱瘡っていったいどんな病気? 幼少期によくみられる病気のひとつです。 主に4歳ぐらいまでに感染することがほとんどで、患者数は10歳以下の子供が約9割を占めます。 その後水ぶくれが破けてかさぶたになっていき、一週間ほどで治るのが大半です。 水疱瘡の流行時期は冬から初夏までと長期間であり、感染率がとても高いのが特徴。 保育園や幼稚園で流行すると、瞬く間に感染が園児たちへと広がり、クラスの半数以上が休んでしまうことがしばしば起こるようです。 感染力の強さから、『子供は水疱瘡に必ず1度はなる』と言われているほど、子供の病気としてポピュラーなものですが、 悪化すると、命を落とす人もいるので、早期発見早期治療が求められます。 初期の段階で見極めるコツは? お腹や頭に赤いボツボツが出てきたら、水疱瘡を疑ってもいいでしょう。 虫刺されの場合もありますが、他にこんな特徴がないかその時は確かめてください。 赤いボツボツの中心が白くなっている場合(水ぶくれ)、水疱瘡の可能性が高くなります。 1日ほどで全身にブツブツが広がるので、ここまで来ると水疱瘡だとママたちでも容易にわかるようになるでしょう。 発熱した後に赤い発疹が現われましたら、水疱瘡の可能性がありますので早めに病院を受診しましょう。 ウイルス感染してから、発熱や発疹などの症状が出るまで、2週間かかるということになります。 風邪と同じく空気感染・飛沫感染・接触感染なので、患者と同じ空間に居ると感染。 しゃみや咳でも感染。 ウイルスのついた手や身体に触っても感染。 と、その感染力は強大です。 水疱瘡になったお友達がいましたら、2週間ほどは遊ぶのをやめたほうがいいでしょう。 幼稚園や保育園で流行していたら、子供の皮膚の様子を注意深く見守ってください。 水疱瘡になったら幼稚園や保育園はお休みすることになります。 登園許可がおりるのは、水疱瘡がかさぶたになった時で、だいたい一週間ぐらいお休みすることになると考えたほうがいいでしょう。 赤いブツブツ(水ぶくれ)があるときは湯船に入るのはやめて、シャワーだけにしたほうが、細菌などの感染の懸念がなく安心です。 患部を清潔にしておきたいので、ブツブツがあるからシャワーも浴びないのはよくありません。 具合がとても悪いとかそういった理由がないかぎりは、毎日シャワーで身体を洗ったほうがいいですね。 その際、使ったタオルなどは他の家族とは共有はしないでください。 感染の可能性があります。 お湯が熱いとかゆみが増しますので、少しぬるめのシャワーにすると皮膚に優しいです。 外出は感染の恐れがなくなる『水ぶくれがかさぶた』になるまで待ちましょう。 どうしても外出が必要な場合は、水疱瘡のお子様を家族にみてもらうか、ベビーシッターサービス・ファミリーサポートサービスなどの利用を検討してみてください。 何科にかかればいい?小児科?皮膚科? 水疱瘡は子供がなりやすい病気なので、小児科に行くのが一番です。 子供特有の病気(水疱瘡の他にヘルパンギーナや手足口病など)のスペシャリストに診てもらったほうがよいでしょう。 小児科を受診したのち、皮膚科を案内される場合がありますので、そのときは医師の指示に従ってくださいね。 上のポイントでお伝えしたように、水疱瘡はとても感染力が強い病気です。 病院に行く前に『水疱瘡の可能性がある』ことを伝えてから行くようにしましょう。 水疱瘡はどうやって治療するの? 水疱瘡はインフルエンザと同じように、発症から48時間以内に抗ウイルス薬を処方するのが一番です。 発疹には、かゆみ止めの軟膏や細菌感染を防ぐために抗生物質を使い、完治に導いていきます。 水ぶくれがかゆくて子供がかいてしまわないように、ミトンなどで手を覆うなどして対処をしてあげてください。 もし引っ掻いてしまってもばい菌などが入らないように、爪は短く切り、手は常に清潔な状態にしておくことが大切です。 水疱瘡の予防ワクチン接種を忘れずに。 予防のワクチンを打っておくと、もし水疱瘡になったとしても軽く済む場合が多いので、忘れずに受けてください。 水疱瘡のワクチンは1歳から受けられ、費用も無料なので、必ず2回、打つようにしましょう。 水疱瘡は初期に発見、治療することが大事です。 記事でお伝えしたように、48時間以内に水疱瘡への治療を行うことによって、かゆみなどの症状がだいぶ変わってきます。 感染拡大が予想される季節や流行の兆しがきましたら、水疱瘡になる可能性があると頭の片隅に入れておくと、初期の段階で感染に気付くことが出来るはずです。 赤いブツブツの水ぶくれ。 想像しただけで手や足がかゆくなってきます。 全身が常にかゆい状態は想像を絶するほどの辛さだと思いますので、我が子がそんなことにならないように、早め早めに治療を行い、症状を少しでも軽く、そして早く完治へと導いてあげてくださいね。 水疱瘡は、年齢が大きくなるほど重症化しやすくなります。 小さいころのうちになっておいたほうがいいと言われるのはこのためです。 極端な例ですが、早く水疱瘡になってもらいたいからと、上の子がなったときに下の子にわざとうつしたというママもいるとか。 しかし、現在では予防接種が定期化されているので接種を忘れないようにしましょう。 『子供なら一度はなる病気』だと言われる水疱瘡の特徴を知っておき、感染したときにどう対処するか覚えておくのがベストですね。

次の

【医師監修】子どもの水疱瘡|うつる?外出OK?潜伏期間や治療、予防接種|cozre[コズレ]子育てマガジン

水疱瘡うつる

水疱瘡と帯状疱疹の違いはなにか、うつる可能性はあるのか? 水疱瘡と帯状疱疹は原因となるウイルスが同じですが、水疱瘡は初めて水痘帯状疱疹ウイルスに感染した時に出てくる症状のことで、帯状疱疹は水疱瘡になった時に感染し治っても体の中に残り続けた水痘帯状疱疹ウイルスが、何かの拍子で目覚めて悪さをしだすことで発症する病気となっています。 また、それ以外にも症状が多少異なり、水疱瘡の場合は痛みは発生しませんが帯状疱疹の場合は痛みが発生し後遺症も残る可能性が高いです。 そして、最も異なっているのが感染の仕方で、帯状疱疹は他の人からうつされるものではなく、体内に潜んでいたウイルスが活発化して発症するものですが、水疱瘡は水疱瘡患者や帯状疱疹患者から感染してしまうことがあるのです。 つまり、大人が帯状疱疹を発症した場合は水疱瘡に発症していない子供がそばにいるならうつる可能性があり、逆に水疱瘡患者が原因で大人が帯状疱疹になることはないということです。 そのため、一人でも患者がいるなら学校や保育園という集団行動がある場所から集団感染へと繋がる危険性があるのです。 しかし、同じウイルスが再発して起こる帯状疱疹ではそこまでの感染力はないため、空気感染する可能性はかなり低く、くしゃみや咳からウイルスが排出されるわけではないので飛沫感染の危険性もありません。 ただ、この例外として、免疫不全で全身性になってしまった帯状疱疹の場合は播種性帯状疱疹と呼ばれ、水疱瘡と同じく空気感染するようになるので注意してください。 つまり結論は、水疱瘡は空気感染を含めたすべての感染経路に気を付ける必要があるけど、通常の帯状疱疹の場合は主に接触感染に気を付けるだけで済むということになります。 スポンサーリンク 水疱瘡と帯状疱疹の対処法は? 水疱瘡と帯状疱疹の対処法は共通していて、発症してからすぐに病院に行って治療を受けることと、発症及び重症化しないように予防接種を行うことです。 なぜかというと、水疱瘡や帯状疱疹には専用の治療薬が用意されているのですが、それらの最も効果的なタイミングは発症してから早ければ早いほど良いものとなっているので、おかしいと感じたら素早く治療を受ける必要がでてきます。 ちなみに、水疱瘡の場合はアシクロビルや塩酸バラシクロビルなどの抗ウイルス薬を用いてウイルスの増殖を抑え、フェノール亜鉛華リニメントなどの軟膏をかゆみ止めとして水ぶくれを潰さないように塗っていきます。 一方、帯状疱疹の場合は同じくアシクロビルや塩酸バラシクロビルなどの抗ウイルス薬を用いてウイルスの増殖を抑え、皮膚がただれていたり炎症がひどかった場合は塗り薬としてアズノール軟膏やデルモゾールG軟膏を塗ることがあります。 そして、予防接種を行っていれば感染したとしても発症しないで済むか、発症したとしても軽症で済むことが多いので、子供なら水疱瘡の予防のために、大人なら帯状疱疹を予防するために予防接種を行うようにしましょう。 また、二つとも水ぶくれが発生するようになりますが、それをつぶしてしまうと跡が残ってしまうので、かゆみがあったとしても、潰してしまうのはNGとなります。 そのため、医師から処方された塗り薬をきちんと塗ってかゆみを抑えつつ、水ぶくれをつぶしたりかさぶたを取ったりしないようにしましょうね。 最後に、水疱瘡も帯状疱疹も免疫力が高まれば回復しやすくなるので可能な限り安静にすることも忘れないでください。 まとめ 以上、いかがだったでしょうか? 今回は、今回は水疱瘡と帯状疱疹の違いと相互にうつる可能性、また、対処法についてもお伝えしました。 まず、水疱瘡や帯状疱疹は発症する方法や症状が異なり、感染の仕方も異なっていることが分かりましたね。 そして、水疱瘡は水疱瘡患者や帯状疱疹患者からうつされる危険性があるけれど、帯状疱疹はうつされて発症するものではないということでした。 さらに、水疱瘡は空気感染する可能性がありますが、帯状疱疹は空気感染しないので水疱瘡が発症していない子供に対して帯状疱疹患者は接触感染に気を付ければよいということでしたね。 また、水疱瘡と帯状疱疹の対処法は早期発見、及び早期治療と、予防接種を受けることが大切であるということでした。 最後に、帯状疱疹は発症しないように努める必要がありますが、水疱瘡の場合は感染しないように努めることが大切になるので、流行の時期や感染予防の方法をしっかりと理解して、二次感染や二度目の感染を防ぐようにしましょう。

次の

水疱瘡に子供がかかった時大人にうつるのか?親は仕事に行っていい?

水疱瘡うつる

水疱瘡は非常に 感染力が強いため、 水疱瘡の人に接触をすればうつる可能性は非常に高いのですが、 水疱瘡は発症する前から人に うつす危険があります。 ac-illust. 水疱瘡の潜伏期間中で人にうつす危険のあるのは いつから? 学校や幼稚園で水疱瘡になった子がいたらできることは? 家族 の誰かが水疱瘡になったらできることは? 潜伏期間中は普通に生活しているだけにいつうつされるかわかりません。 けれど水疱瘡にうつることは困るという方のために、 水疱瘡にうつらない予防法についてお話します。 ac-illust. けれど、水疱瘡の潜伏期間である 発症の前日は、 すでに他の人にうつす感染力が非常に高くなっています。 水疱瘡の初期症状である微熱やだるさなどは 発症前日には 初期症状として出ていることもありますが、 子どもは初期症状が出ても軽いことも多いため気が付かないことも多いです。 ですから、元気に登園、または登校をしていた子どもが、 次の日に突然 水疱瘡を発症し、 引き続いてその後にまた違う子どもが水疱瘡を発症するなどして、 集団感染が起こります。 SPONSORED LINK 学校や幼稚園で水疱瘡になった子がいたらできることは? 学校や幼稚園にはたくさんの子どもがいますから、 どこに 潜伏期間中の子どもがいるかはわかりません。 しかし、どこかのクラスに集団感染が起きたとしたら、 学校や幼稚園側からお手紙が出る、 または集会などで 説明があるはずです。 子どもたちに、そのような話があったら、 すぐに知らせるようにと話しておきましょう。 ac-illust. 予防としてできる一番のことは マスクです。 マスクをしていれば空気感染の可能性をかなり低くすることが可能です。 まだクラスの仲の良い友達や隣の席の子などが水疱瘡になったわけではなくても、 安全のためには 早めのマスクが効果を発揮しますよ。 また風邪の予防と同じですが、 うがいや手洗いも効果的です。 寒くなってくると水疱瘡は増えてきますから、 特に注意して毎日必ずうがいや手洗いをするようにしてください。 家族の誰かが水疱瘡になったらできることは? 水疱瘡になった場合、 一番身近にいる家族は 非常に感染しやすいです。 誰かが発症した時には、 すでに家族のほかの人に感染してしまっているかもしれません。 そんなときにおすすめなものは 予防接種です。 上の子どもが学校や幼稚園からもらってきてしまって水疱瘡を発症した場合、 家にいる時はいつも一緒にいる下の子は 感染しています。 上の子を病院に連れて行く時に、 一緒に下の子も病院に連れて行って、 下の子には予 防接種ができないか、 病院で相談してください。 周りに水疱瘡が流行していて どこに潜伏期間中の子どもがいるかわからないからといって、 まったく外出せずに家にいるということはできません。 空気感染を防ぐために、 出かけるときは マスク、 そして うがいや手洗いは必ず行うようにしてください。

次の