ペーパーマリオ 新作。 ペーパーマリオスイッチ新作|評価・感想(レビュー)・あらすじまとめ【ペーパーマリオオリガミキング】

【緊急爆報】ペーパーマリオRPG新作、突然発表

ペーパーマリオ 新作

が、彼らの欲求はもうすぐ解消されるかもしれない。 なぜなら、この巨大ソフトの発売が間もなくに迫っているとの情報が飛び出してきたからだ。 これは以前から任天堂の内部情報に詳しいSabiという人物が明かしたもので彼はやや失望的なニュースを伝えながらも、マリオカートの発売を示唆していた。 無論、これはまだ噂の域を出るものではない。 だが、この男は今年のスイッチはタイヤが特徴のある人気作が登場すると匂わせておりこれがマリオカートを示す可能性は非常に高いはずである。 それに今年このシリーズの新作が出るのは時期的にも最良なものとなるだろう。 少なくとも漏洩者がデイトナの新作を示唆しているとは思えない。 またSabiは過去に、正式発表される前にゼルダの伝説:ブレスオブザワイルド2を言い当てた実績もある。 ただ彼は今作の発売について当初予想されたものより時間がかかっていると述べると完成はおそらく来年ではないかとも説明していた。 これが本当ならば、任天堂がゼルダの代わりにマリオカートの発売に踏み切るというのは理にかなった判断でありその点で見ても彼の予測の真実味は増してくるだろう。 なお、この人物は他にもワンダフル101がスイッチで発売されるとも告げていた。 多くの者が次に登場するWii Uのゲームはスーパーマリオ3Dワールドではないかと予想しているが プラチナゲームズが手掛けたスーパーヒーロー狂想曲だとしても、それはそれで望ましい結果になるはずである。 ・リークした人物の発言 「何人かの信頼できる筋からペーパーマリオに対する良い情報を受け取った。 この点について、私はまったく疑いを抱いていない。 あまり多くを語らないが、他にも一つ大きな情報を得ている」 「ブレスオブザワイルド2は開発に時間が必要なようで、今年の年末発売はないだろう。 ただ任天堂はその代りとして、より大きなタイトルを用意している。 発売が予想されるソフトはいずれもまだ噂に過ぎないが、しかし最も有望なものについて一言いえば『タイヤ』である」.

次の

ペーパーマリオ新作に「伏線」? 「前フリだったのか」との声一部で: J

ペーパーマリオ 新作

概要 [ ] ペーパーマリオシリーズは、文字通りのようにペラペラなが、敵を倒し、時に仲間の力も借りながら謎を解いて冒険をするゲームシリーズ。 ジャンルは、および。 「ペーパーマリオ」というシリーズ名は、シリーズ第一作『』の日本国外版タイトルである『Paper Mario』から来ている。 当初はで発売された『』の続編として企画・開発されていただった。 後に独自色が強くなり、RPGでいう「経験値」の概念が無くなるなど、アクションアドベンチャーにゲームジャンルそのものがシフトしていき、タイトルからも「RPG」の文字が外れる。 なお開発元は異なるが、マリオRPGとしての路線は同じく『スーパーマリオRPG』から分化した『』シリーズにも引き継がれている。 シリーズ一覧 [ ] 数値は全て日本のもの。 タイトル 発売日 ハード ジャンル 売上本数 (英題:Paper Mario) アクションRPG 54万本 アクションRPG 43万本 アクションアドベンチャー 59万本 シールバトルアドベンチャー 50万本 アクションアドベンチャー 7万本 予定 アドベンチャー 未定 上記の他、関連作品としてとのコラボレーション作品『』が存在する。 特徴 [ ] やペーパークラフトのような世界観(実際にの中の話という設定)に紙のようにペラペラなキャラクターたちが活躍する点が、シリーズの主な特徴。 仕掛けを作動させると、本の1ページをめくったように階段が移動したり、パラパラ漫画のように橋が完成したりと、独特の演出が多くみられる。 また、戦闘中の背景も絵本のような演出がされている。 作品ごとに大きくゲームシステムが変更されているのも特徴で、1作目の『マリオストーリー』2作目の『ペーパーマリオRPG』では多数の仲間と冒険するRPGの形式であったが、3作目の『スーパーペーパーマリオ』以降はアクションアドベンチャー形式となっている。 しかし、基本的に主人公のマリオを操作してフィールドを冒険し、敵を倒したり謎を解いたりしてゲームを進めていく点は変わらない。 また、ほかのマリオシリーズに比べると、小ネタややりこみ要素が多い。 このほか、舞台となる街の背景や一部の住民の言動などに、マリオシリーズらしからぬな要素や、現代社会の事情や若者言葉などが多く含まれており、独特の世界観を構築しているのも特徴的である。 この点については、2作目『ペーパーマリオRPG』から顕著になってきたものである。 共通点 [ ] シリーズを通しての共通点も多い。 ゲームのストーリーは全て本の中の話となっている。 」と語り始め、2作目以降からは画面に本が映っている。 作品ごとの本の名前は、『星へのねがい』(マリオストーリー)『スターストーンと魔法の地図』(ペーパーマリオRPG)『ふういんのヨゲン書』(スーパーペーパーマリオ)となっている。 いずれも作者、およびそれらの本を読んでいる人物は不明。 「デアール」「ミステール」「サンデール」「コブロン」というキャラクターが『ペーパーマリオ スーパーシール』以外の全ての作品に登場している。 ただし、同じ姿・名前の別人とされていて、コブロン以外の3人については作品ごとに若干の設定は違うものの、魔法が使える点と言動や姿は共通している(ただし、「サンデールについては2作目まで英語混じりな喋り方だったが、3作目では普通の口調となっている)。 なお、デアール達は本シリーズの原型となった『』に登場した「スペール」という魔法使いの敵キャラクター達が元となっている。 仲間のが全員違うものとなっている。 シリーズ中の仲間の能力には同じ効果があるものが多い。 ゲームデータ一覧の下には、集めるべきものが今何個なのかが一目で分かるように、そのためのくぼみの表示がある。 作品によってはアイテムを調理してほかのアイテムに変える「料理キャラ」が存在し、いずれも「シー」で終わる4文字の名前である。 ゲーム中にしばしば「クイズ」(イベントではなく必ずクリアする必要があるもの)のイベントが登場するが、イベント内で表記される「開催された回数」は共有されており、1作目では「64回」(と掛けている)、2作目では「65回」、3作目では「66回」となっている。 こぼれ話 [ ]• 「クリスチーヌ」という仲間が登場したのは2作目だが、1作目のハテナ虫のクイズの1問目の選択肢の中に「クリスチーヌ」があった。 さらに、2作目の仲間の一人の「ノコタロウ」もハテナ虫のクイズの19問目の選択肢の中に同じ「ノコタロウ」があった。 「スターストーン」という宝物は2作目に登場したが、1作目にも同名のアイテム(分類は「だいじなもの」であり、用途も全く違う)が存在していた。 ちなみに、2作目ではシナリオに深く関わる最重要キーアイテムだったが、1作目では『クリスターしんでん』というへの道を開けるアイテムだった。 ストーリーとさほど関係のないおつかいイベントでは、作中では事細かに明言されない「曰くつきのアイテム」がよく登場する。 1作目は・、2作目は、3作目は「れいのもの」とよばれるDVD。 2作目では1作目の「パレッタ」がオープニングに、「レサレサ」がクリア後に登場する。 ただし、仲間にすることはできない(パレッタの場合は話すことすらできない)。 レサレサは、初代より肌の色が少々薄くなっている。 3作目では異次元の世界が舞台ということもあり、住民が特異な姿をしている(角張っている、関節が分離しているなど)。 3作目では(少し見づらいが)マリオの家に2作目、1作目の仲間の写真が、「カメレゴン城」のある部屋にレサレサとセバスチャンのポスターがある。 1作目ではいわゆる「」という存在は居なかったが、2作目には1体(ゾンババ)、3作目には2体(ザンババ、カゲ)と、数が増している。 脚注 [ ].

次の

【噂】任天堂、『マリオカート9』とSwitch版『ワンダフル101』、『ペーパーマリオ』新作を近々発表か。

ペーパーマリオ 新作

個人的な感想! まず第1印象のお話を… 任天堂の新作は、最近は ニンテンドーダイレクトで発表されることが 多かったため、 ツイッターで唐突にしれっと この作品が発表されたのには驚きました。 目が点になる…とはまさにこのことな感じで笑 しかも発売日まで決まってましたし、 予約もすぐに始まりましたし、びっくりしました (おそらく、新型コロナとかの影響で、 直前まで新作の発表を控えているのだとは思いますが なんとなくニンテンドーダイレクトがまだなかったころの 感じを思い出しました!) 私は、ペーパーマリオシリーズを 初代のマリオストーリーから遊んでいて、 特にゲームキューブの「ペーパーマリオRPG」と Wiiの「スーパーペーパーマリオ」はかなり好きな 作品なので、今回も迷わず予約しました。 PVなどを見る限りでは、良い感じに見えますが、 どうでしょうか。 (まだ発売前なので、今書いたらエア感想になってしまうので…) 既に、予約済みなので、発売日からプレイする予定です。 以前の作風?それとも最近の作風? ペーパーマリオシリーズを遊んでいる人に 気になるかもしれないポイントの一つが 「マリオストーリー、ペーパーマリオRPG、スーパーペーパーマリオ」の 作風なのか、「スーパーシール、カラースプラッシュ」の作風なのか、 ということかと思います。 前者と後者では、同じシリーズですが だいぶ雰囲気が違いますよね。 私は前者の方が好きですが…。 今の時点ではPVから情報を読み取ることしかできませんが 一応、RPGっぽい雰囲気のバトルはありそうです。 ただ、公式サイトにはアクションXパズルバトルと書かれていることから RPGではないのかもしれません。 スーパーペーパーマリオほどではなさそうですが アクションアドベンチャータイプになるのかもしれませんね。 ただ、ストーリーに関しては「クッパが味方」で 「クッパ以外の敵がいる」ということで、この点は スーパーペーパーマリオやペーパーマリオRPG形式に 近い印象を受けます。 (最近のペーパーマリオはどちらかと言うと ストーリー性が弱くなってました) あとは今後の情報と実際にプレイしてみてから、 というところでしょうか。 プレイ後に詳しく追記していきます。 初週の売上を予想していきます。 まず、前作の「カラースプラッシュ」は 集計により異なりますが、初週2~3万本しか 売れていません。 悲惨な数字です。 その理由として、カラースプラッシュが発売された WiiUは、本体自体の売上がかなり厳しく、 ペーパーマリオ以外にも、売上に大きな影響が 出てしまったシリーズがたくさんあります。 今回は、絶好調のスイッチでの発売。 WiiUの時とは違い、ハードの寿命もまだ中間ぐらいでしょう。 なので、売上的には上がると思われます。 時期も7月、と良い感じですし、 予想としては、12万本前後(初週)の売上に なるのではないかと予想します。 売上結果は? 「ペーパーマリオ オリガミキング」の初週売上結果を こちらでご紹介していきます。 ラスボスは誰?ネタバレ予想! 現時点では不明です。 購入後、プレイしたら追記します。 (予想) ペーパーマリオシリーズでクッパ以外の敵が 出ている歴代作品を考えると 「敵のリーダー」がそのままラスボスだったことは 現時点ではありません。 ペーパーマリオRPGでは敵の総統・バツガルフではなく カゲの女王がラスボス、 スーパーペーパーマリオでは敵のリーダー・ノワール伯爵ではなく 部下のディメーンが裏切り、スーパーディメーンとなって ラスボスでした。 今回は、オリー王という敵がいますが、 オリー王がそのままラスボス…という感じではなく まだ未発表の別の何かが ラスボスになりそうな…そんな気がします。 オリー王の妹とかも、怪しい感じですし、 ピーチ姫が、ペーパーマリオRPGの時のように 敵になったりする可能性もあるような気も… もちろん、クッパが裏切る可能性もありますし… 難しいですね(汗).

次の