よしや どら 焼き。 大塚店|店舗案内

【重要】営業時間のご案内

よしや どら 焼き

東京・銀座には有名店や老舗が数多く存在する。 そのなかには、手土産で知られるお店も少なくない。 たとえば、は、ビーフヘレカツサンドの専門店で、持ち帰って編集部メンバーに食べてみてもらったところ、全員が大絶賛した。 そこで今回はやはり銀座の老舗和菓子店「木挽町よしや」に行き、ここのどら焼きを持ち帰ってみたところ……。 またしても、全員大絶賛。 ここのどら焼きは手土産として鉄板といって良いだろう。 ・路地裏のお店 お店は歌舞伎座近くの路地裏にある。 創業1922年の老舗で、どら焼きのほかに創作和菓子で知られている。 初めて訪ねると、お店の場所がわからないかもしれない。 目印になるものが、「よしや この先23m」しかなく、うっかりすると入るべき路地を過ぎてしまうのだ。 通り過ぎないように注意しつつ、アプリで地図をたしかめてみると、どうやらこの先にあるらしい。 ・人気店なのでフル稼働 路地裏の奥まった場所にあるだけでなく、このお店はもうひとつ変わったところがある。 それは入り口を入ったすぐのところでどら焼きを作っているところだ。 おそらく私(佐藤)が訪ねた日は、予約注文が多く、お店フル稼働でどら焼きを作っていたと思われる。 作ったそばから売れて行く状態が続き、作り置きがなくなってしまったのだろう。 私が店に入ると、「20分ほどお待ち頂ければ、用意しておきます」とのことだったので、一旦店を離れた。 再び店に行くとちゃんと用意されていた。 お願いした5個入り(1個120円)を購入して帰ったのである。 ・桜の刻印 どら焼きは生地を半折りにしたタイプで、そのなかにつぶあんがしっかりと詰まっている。 表には今の時期にふさわしく桜の刻印。 見た目からして何とも上品。 ・お茶うけに相応しい逸品 食べてみると、生地は柔らかくふわりとした食感。 餡子は甘さが抑えられており、和の甘味が持つクドさが一切感じられない。 品よく、お茶うけに相応しい一品である。 ちなみに今日(4月4日)はどら焼きの日。 ドラえもんが実在したら、ここのどら焼きを食べさせてあげたい。 ・今回訪問した店舗の情報 店名 木挽町よしや 住所 東京都中央区銀座3-12-9 営業時間 10:00~18:00 定休日 日・祭日 (土曜不定休) Report: Photo:Rocketnews24.

次の

銀座「木挽町 よしや」の名物どら焼き、イベント中止などで千個キャンセル

よしや どら 焼き

銀座の路地にこんなものを売るお店を見つけましたよ。 ウサギ年のうさぎだし。 歌舞伎座の裏手、銀座の細い路地。 実はかなり以前(ここでランチを頂いたころ?)から気になっていたの。 ですが。 一度は排他的?ともいえる雰囲気に気圧されて入店できず。 なかなか近づけないでいたお店なのです。 平日の昼下がり。 勇気を出して近づいていくと、狭い店内はなんとなーくまったりムード。 若い男子がまるで機械のようにテンポよく、皮で餡をまいていらっしゃいました。 それ自体ものすごい数なのだけれど、よくよく見ると上戸彩だのExileだの、森久美子だの。 その面子がとにかくすごいんだよねー こちらでそのこての様子が公開されていますが、今やこんな大人しい感じじゃないのですよ。 あまった?こてはトレーに入れられてケースで保管されたりもしていました。 小ぶりなどら焼きは一枚の皮を半分におり、その間につぶし餡を挟んでおります。 粘性は低いものの香り高く、とはいえ吸い付くような馴染み感のある皮。 そして色合い淡く、つぶれた餡の皮がきしきしときしむような、そして味わいにはミネラル感のある餡子。 もっと美味しいお店はいくらでも・いくつでもあると思うのだけれど。 これはこれでヴァリューなお店だと思います。

次の

よしや

よしや どら 焼き

[広告] 店主は、先代が90年ほど前から構えていたという和菓子工房から数えて2代目となる中村良章さん(61)。 大学では機械科だったという中村さんは、40年ほど前から家業を手伝って菓子作りに取り組み始めた。 バブル期を経て「商売が先細り」する中、時にはタウン誌の編集や別の菓子店の営業なども兼業しながら和菓子の腕を磨いてきた。 先代が亡くなったのを期に、「このままではもったいない」との思いで工房に販売スペースを併設し、2000年ごろから2代目に。 数ある和菓子商品の一つだったどら焼きの焼き印サービスをスタートしたのもそのころ。 「どら焼きには、それまでも店名や松竹梅などのマークを焼印していた。 それを見て『オリジナルで作れないか』という話を受け、できなくもないな、と始めた」(中村さん)。 当初は身近な人向けに「何となく」行ってきたが、そのどら焼きを受け取った人が「私も」と注文してきたり、テレビや雑誌で取り上げられたりして一挙に注文が増えていった。 現在は「ほかに手が回らなくなった」ため、どら焼きのみを販売。 注文は「イベント」「入学式・入社式のお祝い」「オープン祝い」などで配る贈答品としての需要が高く、店頭販売分も含めて一日に1,000個以上のどら焼きを作ることもあるという。 価格は1個110円。 東日本大震災当日は、壁に並ぶ焼き印「一つ」が床に落ちた程度の被害だったが、その後入園式などに向けた受注がいくつかキャンセルになった。 配送分では流通ルートが混乱したため、「やむなく断った」案件も。 3月末までにキャンセルになった注文は、どら焼き約1,000個分。 4月に入ると新規注文の連絡も徐々に入るようになり、「落ち着いてきた」という。 今後について、中村さんは「手がすっかり、どら焼きを焼く分厚い手になってしまった。 どら焼きが売れなくなったら、また創作和菓子などもやりたい」とほほ笑む。 営業時間は9時~19時。 土曜・日曜・祝日定休。

次の