ダイフェアリー あくび。 【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策

【剣盾】【攻略】あくび連打マンをやっつける方法教えてくれ

ダイフェアリー あくび

こんにちは。 初めてレート2100行けたので、最終日に使った構築を記事にします。 レンタルコード下にあるのでよかったら使ってみてください。 以下常体 【コンセプト】 初手ックスで数的有利を取り行動保証と先制技で相手のをいなす。 補助技や範囲で崩しに簡単に加担できるで範囲がずれている組みをエースとすることで全対応する。 見た目で初手ックスだと悟らせない。 【構築経緯】 の投票機能でドラパミミカビキッスのうち、を軸に組むことに決まったので、こいつが強い軸になる 初手+チイラ 1を軸にすることにした。 1のでまず 襷ドラパルトを選択した。 見た目が強いのと、ノーマルかフェアリーのどちらかを初手で破壊したときに、馬鹿な対面性能になるから。 また、がでの呪いとがあるところも強い。 次に、ドラパを残すと数値受けやに勝てなかったので、も枯らせるヘビボン地割れあくび守るの技構成の残飯を入れた。 霊無効ということで見た目も強いのでこの枠は一択だった。 そして、エース まずはを選択した。 と合わせると選出誘導力があることと、技範囲の広さとエアスラ怯みの存在で相手にックスを温存させにくいため。 あとダイジェットを一致で打てるのが強い。 次に戦法的にミトムを選出されたくなかったので相性の良い2体のでどちらも見た目がミトムに強いということでパッチラゴン+を採用した。 このとき、はステロを補助技に選択することでのあくび地割れと合わせて受け崩しできること、パッチラゴンは火力と範囲でサイクルを崩せることとあくびで止まらないこと、この2つの意味でも採用した。 またエースは高火力であくびで止まらないようにした。 そのために珠をゲロゲに、ピントレンズをに持たせてパッチラゴンは自分が一番強いと思ってる弱保にした。 残りで対面性能が一番高くなる構成にした。 の間が枯らしにとても役に立った。 逆に襷残ってて負ける相手がフェアリーと数値受けくらい。 威嚇とダイドラグーンを意識してにした。 ギャラ入りに対して立ち回りの幅が広くなって良かった。 ドラパルトは襷が一番スペックを生かせてると前から思っていて、本当に強かった。 また、やに対して、火力の上昇でドラパと合わせて縛りやすい。 この構築においては最強のでした。 じゃれも外さなかったし、MVP。 身代わり採用の場合257にする意味は身代わりを残飯込みで5回連打できるようになる。 という意味で意味があるが、このの場合はなんでHP256じゃだめなのかわからないけど、周りの人達みんな257で使ってるのでそうしといた。 対枠兼受け崩し ステロあくびで飛行タイプにあくびを打ったタイミングで地割れを打つ。 またドラパよりの方が強いと思った場合に出す。 ピクシーやがいると出すことが多かった。 基本的にこいつを投げたい。 当たらなかったが、壁展開の対策になる。 馬鹿すぎて調子が良いときは超イーなのに、悪いときは持ち物無しでメンタル疲れた。 また鉢巻の攻撃を耐える唯一の枠でもある。 火力が意外とあって使いやすかった。 相手が先制技を打つためなどでダイウォールを打つタイミングでステロをまくムーブかなり強かった。 初手枠兼崩し あまり出さなかったが、刺さりそうなときと、受けに対してはよく出した。 選出誘導力がとても高く電気の一貫を切らせたり、ドラパダルマあたりの上から高打点を持つをめっちゃ誘うので選出を考えやすかった。 出すときはできるだけ前を見なくても即負けに繋がらない場合は裏読みすることを意識した。 【成績】 TNゆうき 92-41 2099 勝率0. 69 TNバンビー 90-45 2112 勝率0. 66 多分ゆうきロムの方は序盤から潜ってたからこんな感じになった。 【感想】 構築自体、爽快感あって楽しかったし、ちゃんと楽しめてよかった。 今期は自分がレート2100に行ったことが無かったので行きたかったのでラインを見定めて保存して行けて嬉しいです。 1ロムが21乗ってから2ロム目は一桁を目指してましたが全然時間足りなかったので、徐々に上げるべきだなとは思いました。 次からは、溶けるの覚悟でもっと上を目指します。 なんかあったら UwakkiPoke によろです ここまで読んでいただきありがとうございました mega-salamance.

次の

【ポケモン剣盾】わざ「あくび」について徹底解説

ダイフェアリー あくび

基本的にはハイパーボイスを打ち続けて倒す型のため、他の技はフェアリータイプの技が通りにくい相手に使用していきます。 素早さは、素早さに努力値を振っていない、あるいは4振っている「バンギラス」を抜ける調整となっています。 ダイマックス時や、残り体力が少ない時の最後の技として使用する。 対ゴースト用の攻撃技。 ハイパーボイスで無理に攻めるよりもダメージを出せる場合は多い。 耐久ポケモンを流せるようにする技。 こだわりメガネとの相性はいまいちなため、使う場合はのどスプレーなど他の道具を持たせる事。 とつげきチョッキ型 性格 ひかえめ 努力値 HP252 特攻252 特防4 実数値 HP202-防御65-特攻178-特防151-素早さ80 特性 持ち物 技構成 ・ ・ ・ ・ 実数値は理想個体で計算し、不要ヶ所は省略しています 技構成は上記と似ていますが、「ニンフィア」の高い特防を活かして戦う特殊アタッカー型です。 不利な相手とは無理に戦わずに引きながら、タイプ一致になっている「ハイパーボイス」を主軸に攻撃していきましょう。 いわゆるサイクル戦と呼ばれる、こちらが有利になるように交代しながら戦っていくのがこの型の基本戦法です。 物理アタッカーとは戦わず、物理に強い控えと交代していきましょう。 ハイパーボイスで無理に攻めるよりもダメージを出せる場合は多い。 ニンフィアの役割と立ち回り 高い特攻・特防種族値を活かす 「ニンフィア」は特攻と特防が高く、相手の特殊アタッカーの攻撃を受け止めつつ戦う事ができるポケモンです。 夢特性である「フェアリースキン」と高火力のノーマル技「ハイパーボイス」を組み合わせることで、手軽に高火力を発揮することができます。 ハイパーボイスは音系の技でみがわりを貫通できるのも利点です。 特性による威力上昇はダイマックス技には未適用 「ニンフィア」の夢特性である「フェアリースキン」は、ノーマルタイプの技をフェアリータイプとして扱い、威力を1. 2倍にすることができます。 しかしダイマックス技の場合、ダイアタックはダイフェアリーになるものの、威力を1. 2倍にすることはできません。 ニンフィアの対策 弱点の物理技で一気に倒す 「ニンフィア」は特防は高いものの防御は低めのため、弱点の物理技で攻めていくのが基本になります。 特に鋼タイプには、素早さが高く物理アタッカーに向いたポケモンが多くなっています。 ただしニンフィアは「マジカルフレイム」を覚えている事が多く、倒しきれないと鋼タイプの場合は逆に倒されてしまうことも多いため注意が必要です。

次の

【ソードシールド】豊富な型と高耐久を持ったポケモン!カビゴンの対策【ポケモン剣盾】

ダイフェアリー あくび

カバルドンの種族値 種族値 HP 108 攻撃 112 防御 118 特攻 68 特防 72 素早さ 47 合計種族値 525 高いHP 108 と防御 118 が有名なカバルドンですが、その攻撃種族値 112 もとても高いです。 環境に物理アタッカーが多い関係上、とくぼうに上昇補正をかける「しんちょう」「なまいき」より防御に上方補正をかけた「わんぱく」「のんき」カバルドンが多い印象ですが、 特にやることは変わりません。 持ち物:「オボンのみ」 回復手段がないため、この型のほとんどのカバルドンは「オボンのみ」を持っている。 ほとんど一撃で倒されることがないため、「オボンのみ」の発動率はとても高い 技構成 「あくび」「ステルスロック」「じしん」「ふきとばし」 古の「あくび」「ステルスロック」コンボ 交代誘発技「あくび」と、交代するごとに相手にダメージを与える「ステルスロック」のコンボで相手を削りながら眠り状態にして起点を作る。 「みがわり」であくびを回避してくる相手には「ふきとばし」で流すことも可能。 攻撃技は選択 「じしん」or「がんせきふうじ」 攻撃技を「じしん」ではなく、無効にされない「がんせきふうじ」を搭載した型もある。 注意すべき点 あくびを無効にする。 「ラムのみ」持ちや、ミストフィールドが張れる、ダイフェアリーに注意。 性格:努力値 防御方面特化 性格:「わんぱく」「のんき」 努力値:HB252 余り攻撃 特防方面特化 性格:「しんちょう」「なまいき」 努力値:HD252 余り攻撃 性格は「ぼうぎょ」「とくぼう」いずれかに上昇補正をかけて、使わない「とくこう」「すばやさ」に下降補正をかけます。 技構成 「ふきとばし」を抜いて「なまける」に 「ステロ」「あくび」「じしん」の技構成はそのまま、「ふきとばし」を「なまける」に変えます。 中途半端な削りを無効に! 「あくび」「ステロ」型とやることは変わらないが、回復技を持っているため中途半端な削りを入れても「なまける」で回復し、更に再展開することができます。 持ち物 「ゴツゴツメット」「メンタルハーブ」 回復手段があるため、物理受けとして役割を持たせるための「ゴツゴツメット」や 「ちょうはつ」で動きを制限されない「メンタルハーブ」を持たせる。 「すなじごく」を搭載することによって受けポケモンを逃さずハメ倒すことができる。 性格:努力値 防御方面特化 性格:「わんぱく」「のんき」 努力値:HB252 余り攻撃 特防方面特化 性格:「しんちょう」「なまいき」 努力値:HD252 余り攻撃 技構成 「ふきとばし」を抜いて「すなじごく」に。 4〜5ターンとかなり長いターン拘束をするため、蓄積ダメージはとてつもないものになる。 「あくび」から逃げられない 「すなじごく」の拘束効果から、「あくび」を食らった後に交代できないため、確定で相手を眠り状態にすることが出来る。 相手は眠って動けないまま、交代もできずにスリップダメージを受け続けることになる。 元々備えている耐久の高さは、無振りでも弱点技を耐える事ができるため、広い技範囲で手痛い反撃を与える。 性格:努力値 性格:いじっぱり アタッカーなので攻撃に補正をかけて使わない「とくこう」に下降補正をかけます。 努力値 HPと攻撃252 余り素早さ 素早さに4振るのはカバルドン対面ケアです。 豊富な攻撃技 そして高い耐久 カバルドンは、見かけによらず豊富な攻撃技を覚える事ができます。 フルアタor3ウエポン+変化技 フルアタで攻撃範囲を広くするか、ダイウォールを打つために「あくび」などの変化技を持たせるのも良い。 地面技「じしん」 メインウエポン。 「ギルガルド」や「ジュラルドン」、「エースバーン」「ドリュウズ」など ほのお技「ほのおのキバ」 「ナットレイ」「アイアント」などの4倍弱点や、「アーマーガア」「カットロトム」にも打点になる。 電気技「かみなりのキバ」 「ギャラドス」攻撃1段階アップ「ダイストリーム」ならダイマックス状態なら確定耐えする。 こおり技「こおりのキバ」 「ドラパルト」などのドラゴンや、カバルドンミラーなどは打点になるが、4倍弱点が環境にいないため、あまり使う機会はなさそう。 格闘技「ばかぢから」「リベンジ」 「サザンドラ」や「タチフサグマ」、「カビゴン」などへの打点。 はがね技「アイアンヘッド」 「ミミッキュ」「ブリムオン」「オーロンゲ」などのフェアリーへの打点。 あく技「かみくだく」 「ドラパルト」「ギルガルド」「サニーゴ」などのゴーストタイプへの打点.

次の