エクセル ファイル名が有効ではありません。 【エクセルVBA】ファイル名を一括取得するVBAと一括置換するVBA

【エクセルVBA】ファイル名を一括取得するVBAと一括置換するVBA

エクセル ファイル名が有効ではありません

マクロの有効化とは Excelの既存の設定ではマクロが含まれているファイルを開くと警告メッセージが表示されます。 このままではマクロを実行することができません。 確認せずに実行させると万が一悪意のあるコードが含まれたマクロの場合、お使いのパソコンがウイルスに感染する可能性があります。 それを防ぐために使用する人に問題ないマクロかどうかを確認してもらう必要があります。 インターネット上でダウンロードしたマクロは特に注意しましょう。 信頼できるファイルのマクロだけを有効化するようにしてください。 マクロを有効にする3つの方法 マクロを有効にする方法として「メッセージバーからマクロを有効にする」「Backstageビューからマクロを有効にする」「ファイルが開いている間だけマクロを有効にする」の3つがあります。 ご自身の状況に合わせて使い分けてみましょう。 Excel 2003、2007、2010、2013をお使いの方は一部画面の名称、手順などが異なる場合があります。 ご了承ください。 メッセージバーからマクロを有効にする マクロが含まれているExcelブック(ファイル)を開くと「マクロが無効にされました。 」という黄色いセキュリティの警告メッセージバーが表示されます。 このメッセージバーからマクロを有効にする方法を説明します。 作業時間:1分• コンテンツの有効化を押す マクロの設定名 設定内容 警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする マクロとマクロのセキュリティに関する警告が無効になります。 マクロは使用しないという場合は設定しましょう。 警告を表示してすべてのマクロを無効にする デフォルトで設定されています。 マクロは無効になっていますが、マクロを含むファイル(ブック)の場合はセキュリティの警告が表示されます。 デジタル署名されたマクロを除き、すべてのマクロを無効にする マクロは無効になっていますが、マクロを含むファイル(ブック)の場合はセキュリティの警告が表示されます。 ただし、発行元を信頼している場合、マクロは実行されますが、発行元を信頼していない場合は、署名されたマクロを有効にして発行元を信頼するように通知されます。 すべてのマクロを有効にする 推奨しません。 危険なコードが実行される可能性があります すべてのマクロを警告なしに実行します。 もし悪意のあるファイルの場合、コンピューターのセキュリティが脆弱になります。 セキュリティセンター(トラストセンター)で設定したマクロの設定が反映されました。 マクロが有効にならない場合の対処方法 マクロの有効(コンテンツの有効化)が表示されない場合 「マクロが無効にされました。 」という黄色いセキュリティの警告メッセージバーが表示されない場合、セキュリティセンター(トラストセンター)でマクロの設定が変更されている可能性があります。 上記「セキュリティセンター(トラストセンター)からマクロの設定を変更する」の章をご確認ください。 ファイル形式を変更してしまった場合 Excelマクロ有効ブック(. xlsm)からExcel ブック(. xlsx)で保存してしまうとマクロが無効になります。 拡張子を確認し、Excelマクロ有効ブックで保存しなおしましょう。

次の

【エクセルVBA】ファイル名を一括取得するVBAと一括置換するVBA

エクセル ファイル名が有効ではありません

ファイル名または番号が正しくありません エラー 52 Bad file name or number Error 52• この記事の内容 指定されたファイルにアクセスしようとしたときにエラーが発生しました。 An error occurred trying to access the specified file. このエラーの原因と解決策は次のとおりです。 This error has the following causes and solutions:• ステートメントが、次のようなまたはファイル名を持つファイルを参照しています。 A statement refers to a file with a or file name that is:• Open ステートメントで指定されていないか、または Open ステートメントで指定されたがその後に閉じられた。 Not specified in the Open statement or was specified in an Open statement, but has since been closed. Open ステートメントでファイル名を指定してください。 Specify the file name in an Open statement. を指定せずに Close ステートメントを呼び出した場合は、開かれていたすべてのファイルを誤って閉じてしまったために、すべてのファイル番号が無効化された可能性があります。 Note that if you invoked the Close statement without, you may have inadvertently closed all currently open files, invalidating all file numbers. ファイル番号の範囲 1 ~ 511 外である。 Out of the range of file numbers 1 - 511. コードがファイル番号をアルゴリズムによって生成している場合は、番号が有効であることを確認してください。 If your code is generating file numbers algorithmically, make sure the numbers are valid. 無効な名前または番号が使用されている。 There is an invalid name or number. LETTER. DOC My Memo. Txt BUDGET. 92 12345678. 901 Second Try. Rpt ファイル名は、オペレーティング システムの規則と、Basic のファイルの名前付け規則に従っている必要があります。 File names must conform to operating system conventions as well as Basic file-naming conventions. Microsoft Windows では、ファイルおよびディレクトリに次の名前付け規則を使用します。 In Microsoft Windows, use the following conventions for naming files and directories:• ファイルおよびディレクトリの名前は、名前と省略可能な拡張子という 2 つの部分で構成されます。 The name of a file or directory can have two parts: a name and an optional extension. 2 つの部分は、myfile. new のようにピリオドで区切ります。 The two parts are separated by a period, for example, myfile. new. 名前には最大 255 文字を使用できます。 The name can contain up to 255 characters. 名前は文字または数字で始める必要があります。 The name must start with either a letter or number. 名前にはスペースを含めることができます。 The name can contain spaces. CON、AUX、COM1、COM2、COM3、COM4、LPT1、LPT2、LPT3、PRN、および NUL という名前は予約されているため、ファイルおよびディレクトリには使用できません。 The following names are reserved and can't be used for files or directories: CON, AUX, COM1, COM2, COM3, COM4, LPT1, LPT2, LPT3, PRN, and NUL. たとえば、 Open ステートメントでファイルに PRN という名前を付けようとすると、 Open ステートメントで指定されたファイル番号に渡される Print ステートメントおよび Write ステートメントの出力先は単純に既定のプリンターとなります。 For example, if you try to name a file PRN in an Open statement, the default printer will simply become the destination for Print and Write statements directed to the file number specified in the Open statement. Macintosh では、ファイル名にコロン : 以外の任意の文字を含めることができ、スペースも使用できます。 On the Macintosh, a file name can include any character except the colon : , and can contain spaces. Null 文字 Chr 0 はファイル名に使用できません。 Null characters Chr 0 aren't allowed in any file names. 詳細については、該当する項目を選択し、F1 キー Windows の場合 または HELP Macintosh の場合 を押してください。 For additional information, select the item in question and press F1 in Windows or HELP on the Macintosh. サポートとフィードバック Support and feedback Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、を参照してください。 Please see for guidance about the ways you can receive support and provide feedback. 関連記事.

次の

エクセル上級者直伝!マクロを有効/無効にする3つのパターン別設定法

エクセル ファイル名が有効ではありません

お世話になっています。 Excel2003を使用し、参照先ファイルの表からデータを取得し参照元ファイルに反映しています。 参照先ファイルを指定する際、相対パスだと正常にデータ参照します。 下記はその例です。 下記では参照先のファイル名、シート名、行数、最終行の変数をつくっています。 結果、MaxRowには最終行が代入され、その後のプログラムに役立てることができます。 Worksheets SheetName. Range "A1". End xlDown. Row '最終行の取得 しかし、下記のように参照先ファイルをフルパスに指定した場合、「実行エラーインデックスが有効範囲にありません。 」とエラーが返ります。 Worksheets SheetName. Range "A1". End xlDown. Row '最終行の取得 自分で確認した内容は下記です。 Open Filenameを追加したところ、参照先ファイルは正常に開いた 原因箇所と改善内容を教えていただけますか。 宜しくお願いします。 こんにちは。 「Workbooks … 」の括弧の中は、オブジェクト名 Name またはインデックス番号で 指定する必要があるので、フルパスではエラーになります。 Workbooks. Openメソッドでブックを開いた後に処理するのであれば、下記のように なります。 Worksheets SheetName. Range "A1". End xlDown. Row '最終行の取得 MsgBox MaxRow End Sub また、Workbooks. OpenメソッドではWorkbookオブジェクトが返るので、これを利用して 下記のようにすることも可能です。 Worksheets SheetName. Range "A1". End xlDown. Row '最終行の取得.

次の