総務 省 持続 化 給付 金。 《新型コロナウイルス、給付金など支援リスト》申請方法や期間は?わかりやすく解説

特別定額給付金に続き、持続化給付金を申請しました。

総務 省 持続 化 給付 金

新型コロナウイルス感染症を事由とした給付金・助成金等のうち、ミュージシャンである会員のみなさまにご検討いただけそうな制度について、以下ご案内します。 ミュージシャンとしてフリーで活動されている方々は、こうした制度でいうところの「個人事業者」にあたります。 それぞれ申請が必要で、申請にあたってはそれぞれ難易度も異なりますが、いつもご相談されている税理士さん、会計士さんがある場合には、その方々からの助言をいただくことも極めて有効だと思います。 また、現在までに制度の全貌がクリアになっているわけではありませんが、すべて「受給者側からの申請」を前提とする制度です。 該当されるものをご確認のうえ、早めの準備に取り掛かられるようにお勧めします。 住民登録をしている住所と異なる住所にお住いの場合は申請書が届きませんので、注意が必要です。 最大で100万円まで、感染症拡大の影響で減少した売上げ金額が給付(補填)されます。 なお、これらの要件については緩和の要望も出ていることから、今後変更される可能性があります。 この持続化給付金については、ネット上に様々な書き込みがされており、参考になるものもあるようですので「持続化給付金」+「ミュージシャン」あるいは「フリーランス」などというキーワードで検索していただければ、最新の情報を入手できると思います。 ただし、あくまでもその書き込みがされた時点での情報に基づくものですので、今後状況が変わったり、あるいは誤った情報が含まれていたりする可能性もありますので、その点は十分ご留意ください。 上記の特別定額給付金、持続化給付金以外にも、国あるいは自治体など様々な実施主体により、様々な制度があります。 9月30日までに、該当する学校等休業助成金・支援金受付センターへ書類での申請が必要です。 相談は各自治体の自立相談支援機関で受け付けています。 各事業者にご確認ください。 (上限等の条件あり、専用サイトは5月15日開設予定) 現状では日々情報が更新されており、国だけでなく各自治体のWebサイトなどにも情報が出てきておりますので、併せてご確認ください。

次の

返済不要!持続化給付金:個人事業主100万円・中小企業200万円をもらう方法

総務 省 持続 化 給付 金

新型コロナウイルス対策の持続化給付金をめぐり、さまざまな疑惑が生じる中で、「文春砲」もあって、前田泰宏中小企業庁長官とサービスデザイン推進協議会との「癒着」疑惑が世間から注目されている。 この疑惑を考えるに当って「何が鍵となるのか」、この疑惑を考えるヒントについて、元総務省官僚でもある筆者が解説してみたいと思う。 その給付の事務委託をめぐり、さまざまな疑惑が生じているのはご承知のとおり。 一つは給付の事務を受託した一般社団法人サービスデザイン推進協議会が単なる中抜きのためのトンネル法人ではないのかという疑惑、もう一つは、業務は実質的には電通が受託し、同社がさらに中抜きをして次から次へと再委託していることの妥当性を巡る疑義、そして、もう一つは同協議会と経済産業省の癒着をめぐる疑惑である。 このうち、3つ目については、個人間での癒着疑惑にまで話が発展し、「文春砲」が音声まで入手、公開したこともあって疑惑は強まり、永田町のみならず一般国民の関心も高まっている。 詳細な事案の内容は、文春の掲載号をご覧いただくとして、大まかに言えば、持続化給付金を所管する中小企業庁の前田長官と同協議会の平川理事の間に癒着関係がある疑いがあり、それが今に始まった話ではないこと、具体的には、米国オースティンで開催されたSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)出席にかこつけた出張の実態を見ればそれが明らかである、そうした話である。 国会でこのことについて追及された前田長官は疑惑を否定、出張についても問題はない旨、釈明している。 しかし、前田長官の発言は当初の全面否定から一部を認めるなど、二転三転していることは否定できず、これらの対応によって疑惑が払拭されたわけではなく、むしろ強まったと言った方がいいような状況である。 そこで、本稿においては、疑惑の真偽をうんぬんするのではなく、この疑惑を考えるに当って「何が鍵となるのか」、この疑惑を考えるヒントについて解説してみたいと思う。 加えて、割り勘での食事の場合であっても、1万円以上であれば、倫理監督官(大抵の場合は各府庁の官房の人事担当課長)への届出が必要とされている(もちろん、届出をすれば可能であるが、何か疑義を持たれるおそれがある場合は、倫理監督官から止めるよう勧告される場合もありうる)。 前田長官が、官房審議官時代などを通して、こうした届出を行っていたのかは一つの重要なポイントである。 仮に、「届出を行っていない」「一緒に旅行に出かけた」などの事実が明らかになれば、国家公務員倫理法に違反したとされる可能性があり、その場合は同法ではなく、国家公務員法第82条に基づき、人事権者である経済産業大臣が懲戒処分を検討することになる(その要否、程度は大臣の判断によることにはなるが)。 いずれにせよ、両者の癒着疑惑一般を晴らしたいのであれば、こうした「手続き」を国家公務員倫理法に基づき適切に踏んでいることを証明すればいいのであるが、現段階では何らなされていない。

次の

《新型コロナウイルス、給付金など支援リスト》申請方法や期間は?わかりやすく解説

総務 省 持続 化 給付 金

先日特別定額給付金の申請をしましたが、今回は「持続化給付金」です。 特別定額給付金は総務省の管轄でしたが、この持続化給付金は経済産業省の管轄のようです。 事業者に対する支援ですからそうなるのでしょうね。 経産省のHPに記載された制度の趣旨は下記のとおりです。 感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える、給付金を支給します。 農業、漁業、製造業、飲食業、小売業、作家・俳優業など幅広い業種で、事業収入(売上)を得ている法人・個人の方が対象となりますので、本制度の活用をご検討ください。 個人の場合の給付要件は、 1.ひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している 2.2019年以前から事業収入があり、今後も継続予定であること この二つだけです。 私の場合、まず1.については、3月以降売上(事業収入)は50%以上減少していますし、2.についても、昨年開業届を提出して青色申告を始めましたので、2019年申告書には事業収入が計上されています。 どうやら支給対象となりそうですので、申請してみることにしました。 持続化給付金の申請は、経産省のHPから中小企業庁のページに飛び、そこに用意された申請フォームから行います。 まずは電子申請のための仮登録、本登録と進み、その後も指示に従って進むだけですので、これも特別定額給付金と同じくさほど苦労はありません。 ただ、手続きそのものは簡単なのですが、添付書類が結構大変でこれに手間取りました。 まず、昨年の事業収入を証明するための資料として、確定申告書第一表、所得税青色申告書(1)(2)、を用意して添付します。 次に今年の事業収入の月別明細を証明する資料として売上台帳が必要ですが、これは各自が使っている書式でOKとの事で、私が使っているマネーフォワードの書式を添付しました。 そして本人確認書類としてマイナンバーカードをPDFで添付して、最後にe-taxの受信通知を貼り付けます。 これは確定申告をe-taxで行っている場合、上記で添付した確定申告書には収受印がありませんから、確かにe-taxで申告を受け付けましたよという国税局からの通知を添付せよということなのです。 これが大変で、e-taxはGoogle Chromeでは動かず、Microsoft Edgeでも何か特別な設定をしていないと動いてくれません。 唯一確実に動くのはInternet Explorerなのですが、今やMicrosoftもEdgeしか推してこない状況で、これはどうなんでしょうか?これだけで小一時間ああだこうだと時間がかかってしまいました。 あとはマイナンバーの活用度の低さにちょっとビックリです。 本人確認のためにマイナンバーカードをPDFで貼り付けるくらいなら、最初からマイナンバーをつかった申請にして欲しいものです。 そうすれば本人確認は無論不要になりますし、確定申告の受信通知を苦労して引っ張り出す必要もありません。 確定申告データそのものだってあるはずですから、それを申告させる必要もなくなると思います。 そういう意味では先日の特別定額給付金の方がシステムとしては随分進んでいたと思いますが、マイナンバーカードの暗証番号を忘れて問い合わせが殺到し、自治体窓口が三密状態という笑えない話もありました。 使い勝手が悪く、利用局面も少ないから暗証番号すら憶えていない、という悪循環ですね。 ともあれ申請は終わりましたので、あとは承認されるかどうかを待つだけです。 何ら虚偽の申請はしていませんので大丈夫だとは思いますが、否認されるとショックです。 また、家内もフリーランス的に仕事をしていて3月以降は収入ゼロの状態なのですが、彼女は過去から事業収入ではなく雑収入で確定申告しています。 ですから上記の要件2.の2019年以前から事業収入がある、という項目に当てはまらず、支給対象にはならないようです。 こんなところに影響が出るとは思いませんでした。 k0013293.

次の