立命館 大学 コロナ。 本学における新型コロナウイルス感染者の発生について |立命館大学

秋学期の授業方針を発表 定期試験なし 立命館大|立命館大学新聞社

立命館 大学 コロナ

学校法人立命館は2020年4月27日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大にともない、総額25億円の緊急支援を実施すると発表した。 法人が運営する大学~小学校の学生・生徒・児童全員に一律3万円ずつ支給することに加え、家計が急変した大学生には最大9万円を支給。 1人あたりの支給総額は最大12万円となる。 このほか外出自粛中の諸活動を支援するため、オンラインでの各種プログラムも整備する。 さらに政府に対しても、「効果的な支援策の検討と実施を強く訴えていきたい」との方針を示している。 立命館の広報は取材に「学びや諸活動の機会が十分確保できていない現状があり、家計が急変した学生もいる中で、速やかに必要な支援をしていきたい」としている。 ウェブ授業の環境整備で一律3万円、家計急変の学生にはプラス最大9万円 支援対象は、立命館大学や立命館アジア太平洋大学、立命館中学校・高校、立命館宇治中学校・高校、立命館小学校など、学校法人立命館が設置・運営する大学・学校の学生・生徒・児童4万8580人(19年5月1日時点)。 支援策は大きく3つ。 1つ目は学園全体で5月7日からウェブ授業を実施するにあたり、ウェブでの受講環境整備支援として約16億円を支出する。 具体的には、学生・生徒・児童全員に一律3万円を支給、さらに必要があればPCやルーターなどを無償貸与し、機器調達にあたる家庭の負担を軽減する。 2つ目は、アルバイト就労ができなくなったり、家計急変によって学生生活が困難になったりする大学生(小中高生は除く)に対し、月額3万円を3か月分の最大9万円を支給する。 総額は5億円程度。 上記の一律3万円とあわせ、1人あたりの支給額は最大12万円となる。 3つ目はオンラインでの学習・生活・諸活動の支援策として、約4億円で環境整備などを行う。 オンラインでの就職活動支援、資格・語学講座受講支援といったプログラムや、コミュニティ支援を進める。 こうした支援策の実施時期・方法は、今後速やかに体制を整えたうえで、支援対象の学生・生徒・児童全員に対して周知していくという。 大規模な金額の支援に、ツイッター上では「感謝しかない!子供の将来守られました。 私も明るい気持ちで頑張れる!」「こういう救いの手があると有難いよな」「支援が手厚くて驚かされる」などといった声があがった。 「政府に対しても、効果的な支援策の検討と実施を強く訴えていきたい」 政府の緊急事態宣言にともない、立命館は4月8日から大学をキャンパス入構禁止と休講、小中高校を休校としている。 27日の緊急支援発表には仲谷善雄総長名義のメッセージも掲載。 学生らをこう激励した。 「キャンパスにおいて通常の学園生活を送れない状況が続いている中で、何よりも、夢を持って本学園に入学された学生・生徒・児童の皆さんが今、どのような思いで毎日を過ごされているかを心配しています。 夢や目標から遠ざかっていくように感じられ、不安になっているかもしれません。 ただ、今この状況だからこそしておくべきこと、この状況でもできることはあるかもしれません。 改めて、皆さんそれぞれが学校において何を成し遂げたいのかを問い、自らの問題意識を高めてほしいと思います。 また、学校や皆さん自身が世界や社会に対してどのような貢献ができるのかについて考える機会としてください」 ウェブ授業についても「インターネットを介した形式であっても、授業の質を維持し、学生・生徒・児童の皆さんがそれぞれの学びの到達目標を達成できるよう、全力を尽くしていきます」と約束。 支援については、 「今後も、状況の変化に応じて、必要な施策を検討し実施していきます。 また同時に、政府に対しても、効果的な支援策の検討と実施を強く訴えていきたいと思います」 と国に働きかける方針を示している。 「家計が急変した学生もいる中で、速やかに必要な支援をするため」 学校法人立命館の広報は28日、J-CASTニュースの取材に「立命館は7日の緊急事態宣言の対象となった大阪を含め、北海道から九州まで設置校があります。 社会的責任を果たすため、入構禁止などの緊急措置をとった一方、学生・生徒・児童の学びや諸活動の機会が十分に確保できていない現状がありました。 さらに家計が急変した学生もいる中で、速やかに必要な支援をするため、今回の決定・発表となりました」と話す。 総額25億円という規模だが、財源は「今年度の収入予算に加え、今後はステークホルダーの皆様を対象にした寄付の取り組みをしたいと思っています」としている。 上記2つ目の家計急変支援を受けられる大学生の具体的な基準などは、今後詳細を詰めて知らせていく。 1つ目の一律3万円支給と別項目で設けたのは「設置する2大学とも、全国から学生が集まり、下宿生が多いです。 政府や自治体の公的支援で親元の家計は一定程度カバーされる一方、アルバイトがなくなってすぐに生活費が必要になるなど、経済的に厳しくなっている大学生もいます。 そうした状況に置かれている学生への支援です」と話した。 上記3つ目の取り組みの1つとして、立命館は特設サイト「ビヨンド・コロナ」でオンラインコミュニティを用意しており、プログラミング教室や、各社会問題の研究会などをウェブ上で実施している。 広報によると、同サイト上で在学生に悩みなどをアンケート調査したところ500件ほどの回答があり、就活の相談、食生活や生活リズムの維持、人とのつながりの希薄化など、幅広い声が寄せられた。 これらをもとに「今後も新たなオンライン活用策を練っていく予定です。 オンラインならではの、場所を越えたコミュニティづくりもやっていきたい」としている。 新型コロナウイルス感染拡大に対する独自の学生支援は、複数の大学が打ち出している。 早稲田大学は24日、所属の学生・生徒1人あたり10万円を支給するなど総額5億円の緊急支援を発表。 明治学院大学は21日、1人あたり5万円の支給や、学費納入期限の延長などを発表している。 (J-CASTニュース編集部 青木正典).

次の

【草津コロナ】立命館大学びわこ・くさつキャンパスで新型コロナウイルス感染者

立命館 大学 コロナ

Beyond COVID-19のホームページ 学校法人立命館は4月16日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い休校・外出自粛となっている情勢を受けて、オンラインコミュニティを立ち上げた。 「Beyond COVID-19」は、立命館に所属する行動を起こしたい人が、出会い、一緒に活動できるオンラインコミュニティを提供するプロジェクトだ。 一緒に学んだり、プロジェクトを進めたりするコミュニティの役割を果たし、オンラインでのコミュニケーションが主流となっている社会情勢の中で「何かに集中する」「みんなでできることをする」ことができる場となる。 想定されている利用方法は、立命館の教職員・学生・附属校生が「プロジェクトオーナー」となり、オンラインプロジェクトやオンライン講座を立ち上げる。 幅広い参加者がこれらのプロジェクトや講座に参加し、そのサポートを学生・生徒から募る「オンラインサポーター」が担う。 対象は、立命館大学や立命館アジア太平洋大学(APU)、立命館中学校・高等学校など学校法人立命館のすべての設置校だ。 Beyond COVID-19のコミュニティイメージ(RIMIX事務局提供) プロジェクトや講座は、既に大学から提供されているオンライン講座などを掲載するほか、学生などが立ち上げたものを特設サイトに掲載。 オンライン講座では、JMOOC(オンライン無償教育サービス)に加盟する立命館大学の講義のほか、学生が主催するプログラミングやデザイン、伝わる文書講座など、様々な講座の展開が予定されている。 プロジェクトオーナーやオンラインサポーターは、特設サイトで募集を行い、SDGs推進本部の担当者がオンラインで面談を行った後に採用が決まる。 採用されたプロジェクトや講座は随時特設サイトに掲載され、参加したい人は、興味のある講座やプロジェクトを探して参加することができるしくみだ。 Beyond COVID-19は、立命館SDGs推進本部が中心となって進めている立命館社会起業家育成プラットフォーム「RIMIX」によるプロジェクトの1つ。 RIMIXは、社会課題に貢献する人材の育成や起業を支援するプラットフォームで、社会の価値観が急激に変化する時代に、新たな価値を創造できる人材の育成を図る目的で2019年に始動している。 Beyond COVID-19は立命館SDGs推進本部・RIMIXが主催となり、本学の卒業生らが立ち上げた一般社団法人SDGs Impact Laboratoryが運営に協力している。 現在RIMIXでは、学校法人立命館の学生・生徒・児童を対象とした、を行っている。 このアンケート調査の結果をもとに、学生などのニーズを把握し、Beyond COVID-19の企画・運営に反映させるとしている。 SDGs推進本部の担当者は「休講・休校期間中に学ぶ手段を何とか用意したかったのが立ち上げのきっかけ。 今後確実に変化する世の中で生きるためにも、オンラインでできることを柔軟に試してほしい。 お互いの試行錯誤を受け入れながら、つながり合う場所になると嬉しい。 多くの学生や生徒に参加してもらえれば」と、プロジェクトへの期待を込める。 今後は学生・生徒らに向け、プロジェクト・講座の支援だけでなく、様々なオンライン企画を検討していくという。 最新情報は特設サイトの他、で発信される。 関連リンク• 新型コロナウイルス特集は.

次の

コロナウィルスを受けての大学独自の学生支援。大学選びの参考にも

立命館 大学 コロナ

対応内容: (1)春学期中はWeb授業を継続します。 〇既にお知らせしている通り、原則として春学期中はWeb授業を継続することとしています。 詳細は、をご確認ください。 〇なお、一部の実験・実習等の科目に限定してキャンパスでの対面授業を実施する場合があります。 (2)キャンパスへの入構について 〇新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、事前に許可された活動及び施設利用での入構に限って認めることとしています。 学生のみなさんにはご不便をおかけしますが、ご理解をいただきますようお願いします。 〇詳細は、別途ホームページ等でお知らせしますので、ご確認ください。 在学生の利用は、面談予約などがなくても入室可能となります。 また、感染拡大防止のため、各教室・演習室・多目的室につきましては、7月末まで、施設の貸出を停止させていただきます。 <14階(就職活動支援等)> 〇6月1日(月)より、以下の通り開室しています。 また、来室時には、必ずマスクを着用するなど、感染防止対策の徹底をお願いします。 なお、発熱等の症状や健康上の不安がある場合は、来室しないようにしてください。 学生のみなさんへのお願い 〇みなさん一人一人の行動が大切です。 自らが感染しないこと、また人に感染させないことに注意し、政府が奨励している の実践を心掛けてください。 〇許可された活動や施設利用のために入構する際には、必ずマスクを着用するとともに、手洗い・咳エチケットなどの感染予防を徹底するよう心掛けてください。 また、外出前に検温を行うなど、ご自身の健康管理に十分注意してください。 〇できるだけ徒歩や自転車等で通学をしてください。 公共交通機関を利用せざるを得ない場合は、必ずマスクを着用すること、人との会話は控えること、可能な限り混雑時間をさけることなどに注意してください。 〇発熱等の症状や健康上の不安がある場合は、登校しないようにしてください。 関連情報.

次の