鶴見 歯科 大学 病院。 教室案内

口腔外科・顎顔面外科・口腔内科|鶴見大学・鶴見大学短期大学部

鶴見 歯科 大学 病院

概要 [ ] (昭和28年)に国文科の単科として、が設置されたことから始まる。 現在は4年制の文学部、6年制の歯学部、そしてとおよびを備える陣容となっている。 さらに、周辺市民に対してセミナーを行い、地域社会に開かれた大学を目指している。 また、(現文部科学省)からの嘱託で、学部とは別に「講座(・講習)」を1954年 昭和29年 から一般に開講している。 同課程の単位取得者は全国規模で各図書館等で活躍している。 全国的には稀な「図書館学課程」という「で定められた正規の課程」を長年に亘り一般に開講し続けている。 系のである。 沿革 [ ]• 昭和28年 開学。 国文科を設置• 昭和38年 鶴見女子大学開学。 文学部(日本文学科・英米文学科)を開設• 昭和45年 鶴見女子大学に(歯学科)を開設• 昭和46年 鶴見女子短期大学を鶴見女子大学短期大学部と改称• 昭和48年 歯学部の男女共学化に伴い鶴見女子大学を 鶴見大学に改称。 鶴見女子大学短期大学部を 鶴見大学女子短期大学部に改称• 昭和52年 鶴見大学大学院歯学研究科歯学専攻(博士課程)を開設• 昭和63年 鶴見大学女子短期大学部保健科を歯科衛生科に改称• 平成元年 鶴見大学大学院文学研究科日本文学専攻(修士課程)・英米文学専攻(修士課程)を開設• 平成6年 鶴見大学大学院文学研究科日本文学専攻に博士後期課程を開設• 平成7年 鶴見大学仏教文化研究所を設立• 平成9年 鶴見大学大学院文学研究科英米文学専攻に博士後期課程を開設• 平成10年 鶴見大学文学部を男女共学化。 文学部に文化財学科を開設• 平成11年 女子短期大学部の国文科と保育科を男女共学化に伴い鶴見大学女子短期大学部を鶴見大学短期大学部に改称• 平成13年 鶴見大学文学部英米文学科を英語英米文学科に改称。 鶴見大学大学院文学研究科に文化財学専攻博士前期課程・博士後期課程を開設• 平成14年 鶴見大学短期大学部の歯科衛生科を2年制から3年制に移行。 鶴見大学短期大学部専攻科に福祉専攻を開設• 平成15年 鶴見大学文学部にドキュメンテーション学科を増設• 平成28年 鶴見大学短期大学部の歯科衛生科を男女共学化• 平成29年 鶴見大学大学院文学研究科にドキュメンテーション専攻博士前期課程・博士後期課程を開設 キャンパス [ ]• 鶴見キャンパス(全学部) 組織・体制 [ ] 学部・学科 [ ]• 歯科衛生科• 保育科 研究科・専攻 [ ]• (博士前期・後期課程)• 日本文学専攻• 英米文学専攻• 文化財学専攻• ドキュメンテーション専攻• (博士課程)• 歯学専攻 研究所 [ ]• 源氏物語研究所• 仏教文化研究所• 比較文化研究所 その他付属施設 [ ]• 鶴見大学付属図書館• 鶴見大学会館 対外関係 [ ] 附属学校• 鶴見大学附属中学校・高等学校• 鶴見大学短期大学部附属三松幼稚園 大学• 歯学部関係(締結順)• 口腔医学院()と姉妹校• ()と姉妹校• 歯学部()と学術協力提携• 歯学部()と学術協力提携• クイーンメリー・ウェストフィールド校歯学部()と学術協力提携• 歯学部()と学術協力提携• システムヘルスサイエンスセンター()と学術交流協定• 歯学部()と学術協力、学術交流協定• 歯学部()と姉妹校• ()と学術交流協定• (アメリカ合衆国)と学術協力協定• 歯学部()と姉妹校協定• (インド)と学術交流協定• 口腔医学院(台湾)と学術交流協定 文学部関係(締結順)• (大韓民国)と学術交流協定• ()と学術交流に関する覚書• (オーストラリア)と学術交流に関する覚書• ]()と学術交流協定• (ドキュメンテーション学科)情報管理学科(中華人民共和国)と学術交流に関する協定• (ドキュメンテーション学科)情報管理学部(中華人民共和国)と学術交流に関する協定• (文化財学科)保護・保存学部(イギリス)と学術交流に関する協定• (日本文学科)外国語学院日本学研究所(中華人民共和国)と学術交流に関する協定• (日本文学科)日本語学院(中華人民共和国)と学術交流に関する協定• (ドキュメンテーション学科)()とパートナーシップに関する覚書• (ドキュメンテーション学科)(中華人民共和国)とパートナーシップに関する覚書• 奨学金制度 [ ] 能力があるにも関わらず、金銭的理由により修学困難とされる学生に対して、の給付・貸与を行い、修学を促している。 歯学部• 新入生特待奨学生• 歯学教育充実費分割納入制度• 特待生• 授業料貸与奨学生• 鶴真会奨学生• 同窓会奨学生• 文学部• 新入生特待奨学生• 授業料免除奨学生• 授業料貸与奨学生• 学納金特別貸与奨学生• 同窓会奨学生• 短期大学部• 新入生特待奨学生• 授業料免除奨学生• 授業料貸与奨学生• 学納金特別貸与奨学生• 同窓会奨学生 歯科医師国家試験合格率 [ ] 出願者数 受験者数 合格者数 合格率 新卒 83 53 39 73. 大学関係者 [ ] 大学関係者一覧 [ ]• - 前学長(平成26年3月31日付で依願退職)、総持学園常務理事、名誉教授、特任教授、仏教伝道協会理事• - 歯学部教授(歯学部病理学講座)、様々なテレビ番組に出演、前附属病院病院長• -歯学部教授(探索歯学講座)• - 歯学部教授(保存修復学講座)• - 文学部教授• - 職員、硬式野球部コーチ• - 文学部教授• 小林馨 - 前歯学部長、歯学部教授(口腔顎顔面放射線・画像診断学講座)、日本歯科放射線学会理事、日本顎関節学会常任理事、前日本顎関節学会理事長• - 名誉教授、元歯学部教授(歯科矯正学講座)、元東京矯正歯科学会会長 主な出身者 [ ]• - 、常務理事• - 長• - 女優• - 、• - 、• - プロ野球選手• - プロ野球選手 交通 [ ]• 西口下車、徒歩5分• 下車、徒歩7分 出典 [ ] [].

次の

鶴見大学

鶴見 歯科 大学 病院

歯科医師の紹介 小川匠歯科医師が診療責任者を務めるクラウンブリッジ補綴科は、歯の欠損部を歯冠や義歯などで補い、噛み合わせを回復させるための専門科である。 全顎的な咬合の再建を専門とした補綴専門医が、医用工学技術を導入し、個々の症例に合わせた人に優しいかみ合わせの構築を主眼とした臨床を心がけている。 さらに、顎変形症、顎関節症、睡眠時無呼吸症候群に対する治療やインプラント治療なども実施。 顎骨欠損については口腔外科 濱田教授 と連携し,骨再建のためのシミュレーションや再建後の補綴処置を行い,形態的・機能的な回復に力を入れている。 同科では、年間約300名程度の補綴診療を行い、約30症例程度の全顎的な補綴処置を実施している。 診療内容 顎関節症は、関節円板 クッション が正しい位置からずれており、開口するときに、顎が引っかかる感じがしたり、パキッ・ポキッ、またはジャリジャリ・シャリシャリなどの音がしたりする症状を呈する疾患である。 痛みが伴う、口が少ししか開かないなどの場合は様子を見る必要がある。 顎関節症の治療は口腔外科・補綴科・放射線科・矯正科などの医師がチームを組んで行う。 小川歯科医師が代議員を務める日本補綴歯科学会の顎関節症に関するガイドラインによると、顎関節症は5つの症型に分類され、以下のような治療方法が実施される。 I型 咀嚼筋障害 には、薬物療法 非ステロイド性消炎鎮痛剤 、スプリント療法 スタビライゼーションスプリント 、咬合改善治療、顎関節洗浄療法が行われる。 II型 関節包・靭帯障害 の治療としては、薬物療法 非ステロイド性消炎鎮痛剤 、スプリント療法 スタビライゼーションスプリント 、咬合改善治療、顎関節洗浄療法が実施される。 III型 関節円板障害 に対しては、薬物療法 非ステロイド性消炎鎮痛剤 、スプリント療法 スタビライゼーションスプリント・リポジションスプリント 、顎運動訓練、咬合改善治療、マニピュレーション、顎関節洗浄療法、鏡視下手術、開放手術、またIV型 変形性顎関節症 には薬物療法 非ステロイド性消炎鎮痛剤 、スプリント療法 スタビライゼーションスプリント 、顎運動訓練、咬合改善治療、マニピュレーション、顎関節洗浄療法、鏡視下手術、開放手術を施行する。 V型 その他 の治療には、薬物療法 マイナートランキライザー 、カウンセリングを行う。

次の

鶴見大学歯学部が止まらない

鶴見 歯科 大学 病院

診療科目 歯科口腔外科 病名 不明 症状 以前詰めていたものが取れた。 待ち時間 -(予約外) 診療時間 30分 処方薬 不明 費用 300円(薬代含む) 症状と来院までの経緯 以前詰めたものが取れてしまったため久しぶりの来局となりました。 もう25年以上同じ医師に診ていただいております。 前回の治療よりだいぶ時間がたってしまったため、まずは総合診療科で見ていただきました。 その場で担当医師に連絡、その日はあいにく予約でいっぱいのようでしたが、もうすでにお馴染みであること、私が遠方からきていることをご存知なので診療予約外で治療してくださいました。 いつ行っても安心してみていただけます。 先生の退官だけが心配です。 看護師や受付・スタッフの対応について 医師に一人、必ず歯科助手さんがついています。 冗談を言い合ったりしていてほほえましく、治療しながらつい笑顔になってしまいます。 大規模なところですので当たり前ですが、掃除をしたり配達をしたり加工をしたりする専門の方々もたくさんいるので医師たちもそういう作業に時間を割かれることもなく働きやすい環境なのではないかと思います。 診察までの待ち時間や混雑度 綜合診療科は11時までの受付です。 結構な数の患者さんがいても相当な数の診療台、医師がいるので待ちません。 小児歯科は少々待つような気がしますが、絵本が置いてあったり遊び場があったりするので負担にはならないと思います。 基本、完全予約制なのでたとえ待ったとしても5分10分だと思います。 施設の清潔感・充実度 歯科専門の大学病院のため、細かく診療科が分けられています。 私自身は保存科、補綴科、口腔外科しかまだお世話になったことはありませんが、他に高齢者歯科、小児歯科、矯正科などがあります。 特筆すべきは障がい者歯科があること。 この科の存在はとても素晴らしいことだと思います。 医師の診断・治療法・説明について 大学病院のため最先端の治療技術までよく研究、勉強されています。 その点はとても頼もしいです。 もし知らない治療法、不慣れな治療法だったとしてもまわりにたくさんの先生がいらっしゃるのでぜったいどなたかが対応してくださいます。 お年寄りの先生、若いインターンの先生まで入り乱れて治療しているので見ていて面白いです。 実施した検査や処方薬について 以前から通っているわけではない、以前は通っていたが久しぶりに受診となった場合はまず総合診療科でおおまかな診断を受けます。 その後、新規の場合は症状にマッチした診療科に行き、そこで担当医師が決まり治療となります。 以前より通っていてすでに担当医師が決定している場合、その担当医師のその日の予約状況にあわせて治療日程が決まります。 もし予約が空いていれば即刻治療していただけるし、予約がいっぱいの場合は総合診療科で応急処置、後日改めて担当医師のもの行くことになります。 担当の医師が決まっていることで長い間見ていただけるのでとても安心できるので良い制度だと思います。 プライバシーへの配慮について 大きな部屋に何十台も診療台が並んでいます。 オープンなので見ようと思えば他の患者さんを覗けますが、すべての台がパーティションで区切られているのでプライバシーは守られていると思います。 診療を受けての全体的な感想など やはり長く同じ医師に診ていただけるのがとてもうれしいです。 それに症状にあった診療科で治療を受けることができる(その筋の専門家に診てもらえる)のはとても安心です。 それぞれの科、先生方がよく連携を取られているためこちらとしても本当に安心して治療を受けられます。 多少遠くてもほかの病院に行く気になれません。 結果、親戚中が鶴見でみていただいています。 診察までの待ち時間や混雑度 大きな病院なのでたくさん人がいて、受付や、会計は少し混みます。 ただ、待つ場所はたくさんあるので大丈夫でした。 だけど、早めに行って待つのは覚悟した方がいいと思います。 施設の清潔感・充実度 大きい病院の為、設備は充実していました。 清潔感も常に保たれていて、とても綺麗でした。 医師の診断・治療法・説明について 先生も優しく、丁寧に説明をした後に抜歯を行いました。 難しい抜歯だった為、時間は掛かりましたが、抜歯直後は痛みはありません。 抜歯後、時間が経つと段々痛みが強くなってきた為、痛み止めを処方され何とか、乗り越えました。 実施した検査や処方薬について 親知らずの周りに汚れが溜まりそうなので、難しい抜歯らしく、他の歯医者で紹介してもらい抜いてもらいました。 周りを消毒してから、麻酔をして、歯が見えてないので、歯ぐきを切って、歯を割って抜きました。 歯を抜いて、しばらくしたら痛みが強かったので痛み止めを飲みました。 プライバシーへの配慮について 仕切りがあり、入ってしまえば、回りが見えない為、しっかり配慮されていると感じました。 診療を受けての全体的な感想など 全体的に待ち時間は長く感じましたが、設備も充実していて受付の方も優しく丁寧であり、先生も優しかった印象です。 待つ場所も多くあるのは、良かったです。 看護師や受付・スタッフの対応について 処置中は、常に声をかけてくれてるので安心できました。 声が小さくまたマスクをしているので不明瞭な点は多々ありましたが、処置後に色々した質問に対しても真摯に対応いただけました。 診察までの待ち時間や混雑度 混雑具合はそれほどでもなく、予約時間からほとんど待たずに診察していただけました。 待ち時間が長い患者さんもいるようで、診察内容や対応医師によっては時間に差が出るのかも知れません。 施設の清潔感・充実度 建物や部屋自体は古い印象でしたが、色々な設備があり充実している様子でした。 機材も奇麗で清潔感があります。 処置室自体がワンフロアの大きな部屋なので人の行き来が気になりました。 医師の診断・治療法・説明について 難易度の高い処置法なので少々の不安はありましたが、医師の口調に迷いがまったくなく素早い対応をしていただきました。 腫れもほとんどなく痛みも少なく痛み止めの効果もあり安心できました。 実施した検査や処方薬について 軽く症状を検査して診療にあたっていました。 慣れている感じがあるので診療作業自体に不安はありませんでしたが、その分どのように処置していくのか過程が気になりました。 プライバシーへの配慮について 個人情報に関しては全てパソコンで処理しているようなので気になりませんでした。 診察台ごとの間仕切りがないので隣がきになりましたが、両隣に患者が治療している事はありませんでした。 診療を受けての全体的な感想など 施設が古いのが気になりましたが、対応も良く、機材や治療法なども最新のものを実行しているようで安心感がありました。 医師以外にも学生がいるのですが特に違和感は感じませんでした。 コメントのみの評価• 丁寧な問診の後、レントゲン、顔のCT、後日MRIまで撮り歯の根っこが目のすぐ下まであることがわかりました。 常に先生と相談しながら進めたこと、わかりやすく説明してくれた所です。 それと自動会計は楽でよかった。 治療は完璧です。 月に1回しか予約できませんが、虫歯治療などレントゲンと治療で2回程度で終わります。 緊急の場合は予約外や時間外でも見てくださったり、対応も柔軟です。 歯列矯正も比較的安い価格で行なってくれます。 とても丁寧に説明して頂けたことと、治療中、何度か大丈夫?と気遣ってくださったので、安心して治療することができたから。 また、処置が早かったことや、歯茎を切っての抜歯だったにも関わらず、それほど腫れなかったため。

次の