競馬 ネット 購入 ゆうちょ。 JRAダイレクト馬券の買い方&購入方法(パソコン)

JRAの即パットにゆうちょ銀行で登録したんですが…全く入金出来ないし…

競馬 ネット 購入 ゆうちょ

2018年の日本ダービー(東京優駿)もいよいよです。 「日本ダービーの馬券を買ってみたいけど、ネットで買えるの?」って思ってるあなた。 もちろん買えます!• スマホ または PC• 銀行口座 があればすぐに購入できますよ。 この記事では、 日本ダービーの馬券の買い方を画像付きで丁寧に解説していきます。 すでに購入可能ですので、さっそくインターネットでの購入方法をご紹介していきます。 右上の「入出金・ペイジー入金」をクリック• 左の「入金指示」をクリック• 即PAT申し込み時に設定した数字4桁の暗証番号を入力• 完了、「閉じるボタン」で閉じる 上記の手順で進めたら、購入限度額が先ほど入金した額になっているはずです。 0円のままの場合は「更新ボタン」をクリックしてみてください。 馬券を購入• 通常投票をクリック• 下の「東京(日)」をクリックして「日本ダービー G1 」を選択• 式別を選択します。 今回は単勝(勝つ馬を当てるもの)の買い方をしていきます。 買いたい馬をタップします• 金額を入力します• 「入力終了」をタップします• 合計金額に書いてある金額を入力します• 「投票ボタン」をタップで購入完了! パソコンで日本ダービーの馬券を買う方法・手順 パソコンで日本ダービーの馬券を買う方法を解説していきます。 ざっくりとした手順は下記の通りです。 このあと順番に説明していきます!• 右上の「入出金・ペイジー入金」をクリック• 左の「入金指示」をクリック• 即PAT申し込み時に設定した数字4桁の暗証番号を入力• 完了、「閉じるボタン」で閉じる 上記の手順で進めたら、購入限度額が先ほど入金した額になっているはずです。 0円のままの場合は「更新ボタン」をクリックしてみてください。 馬券を購入• 通常投票をクリック• 「東京(日)」をクリックして「日本ダービー」を選択• 今回は単勝(勝つ馬を当てるもの)の買い方をしていきます。 右上の「購入予定リスト」をクリック• 合計金額を入力• 「購入するボタン」をクリックで購入完了!.

次の

JRAダイレクト馬券の買い方&購入方法(パソコン)

競馬 ネット 購入 ゆうちょ

ネットで競馬 年間通して毎週土日に開催される中央競馬(JRA)の馬券は、20歳以上の方なら学生でも購入することができます。 この馬券を自宅で買うには、• A-PAT会員になる• 即PAT会員になる の2種類の方法があります。 A-PAT会員の場合は、申込から利用できるようになるまで約2ヶ月ほど時間が掛かったり、 指定銀行にA-PAT専用口座が必要だったり、土日に入出金できなかったりします。 ここら辺の不便さを解消したのが 即PAT会員です。 ジャパンネット銀行・楽天銀行・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、住信SBIネット銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行・じぶん銀行の普通預金口座をお持ちなら直ぐに加入することができます。 即PAT会員登録 口座を開設したら、競馬開催日(土日)にインターネット接続されたパソコンか携帯電話を使って登録します。 画面に表示される「加入者番号・P-ARS番号・INET-ID」と暗証番号を忘れずに保存。 即PAT利用手順 会員登録完了後、 競馬開催日にに行き INET-IDを入力、 次のページで 加入者番号・暗証番号・P-ARS番号を入力し「ネット投票メニューへ」をクリック。 ネット投票のメニューが表示されたら、まず上部の 「入出金メニュー」から入金指示を行います。 (入金は1日2回までは無料、3回目からは1回あたり15円の手数料がかかります。 ) 「入金指示」をクリック、 入金金額を入力、 暗証番号を入力し実行ボタンをクリック。 数秒経ってIPATメインメニューの購入限度額の情報更新をクリックすると購入限度額が増えているのが確認できます(例では500円)。 この入金が終わって初めて、メニューの投票入力・オッズ投票から馬券を指定して購入することができます。 購入した馬券が当たって確定すると、払い戻し金額が購入限度額に加算されます。 土曜日に入金し残高がプラスの場合は次の日に繰り越されますが、 日曜日の最終レースが終わった時点での購入限度額残高は翌週には繰り越されません。 全額がその日の夕方6時頃に銀行口座に入金されます。 よって、入金指示は馬券を購入する土日の度に必要になります。 また2010年から、日曜日の重賞レースの前日発売(土曜朝7時から土曜夕方5時半まで)と、 日曜日の全てのレースの夜間発売(土曜夜7時半から日曜朝7時まで、夏季は土曜夜8時から日曜朝7時まで)が行われ、 さらに馬券が買いやすくなります。 2010年7月16日から金曜夜6時半からIPAT投票で馬券が買えるようになりました! 対象レースは土曜全レースとG1レース、JRAプレミアムレース。 馬券の基礎 枠番号 馬番号 馬名 1 1 マツリダゴッホ 1 2 ロックドゥカンブ 2 3 ポップロック 2 4 レゴラス 3 5 メイショウサムソン 3 6 インティライミ 4 7 コスモバルク 4 8 ウオッカ 5 9 チョウサン 5 10 サンツェッペリン 6 11 フサイチパンドラ 6 12 ロングプライド 7 13 リミットレスビッド 7 14 クワイエットデイ 8 15 メイショウトウコン 8 16 アンパサンド 例:倍率5. 5倍の馬券を100円購入して当たると550円払い戻されます。 単勝 1着になる1頭の馬の馬番号を当てる (1着に来れば当たり) 複勝 3着以内に入る1頭の馬の馬番号を当てる (1着でも2着でも3着でも当たり) 枠連 2着までに入る2頭の枠番号の組み合わせを当てる (着順は問わない) 馬連 2着までに入る2頭の馬番号の組み合わせを当てる (着順は問わない) ワイド 3着までに入る2頭の馬番号の組み合わせを当てる (1着2着、1着3着、2着3着でも当たり) 馬単 1着の馬と2着の馬の馬番号を着順どおりに当てる 3連複 3着までに入る3頭の馬番号の組み合わせを当てる (着順は問わない) 3連単 1着の馬と2着の馬と3着の馬の馬番号を着順どおりに当てる 難しい特別レース名 管理人的に「読めない漢字・読むのが難しい漢字・読み間違いやすい漢字」が使われている特別競争を集めてみました。 英彦山特別 驀進特別 乙訓特別 賢島特別 安房特別 下総ステークス 邁進特別 早苗賞 是政特別 烏丸ステークス 朱雀ステークス 先斗町特別 朱鷺ステークス 豊栄特別 恵山特別 皆生特別 出石特別 遊楽部特別 戎橋特別 鳳雛ステークス 燧ヶ岳特別 蓬莱峡特別 白鷺特別 呼子特別 合馬特別 早鞆特別 頌春賞 東雲賞 橿原ステークス 松籟ステークス 雲雀ステークス 斑鳩ステークス 潮来特別 東風ステークス 薫風ステークス 鏑矢特別 麦秋ステークス 漁火ステークス 飯豊特別 不知火特別 国東特別 夙川特別 紫苑ステークス 壬生特別 太秦ステークス 観月橋ステークス 山科特別 醍醐ステークス 仲冬ステークス 逆瀬川ステークス 香嵐渓特別 美浦ステークス 樅の木賞 許波多特別 糺の森特別 桑折特別 與杼特別 和布刈特別 御陵ステークス.

次の

ネットで競馬〜自宅にいながら馬券を買う!〜

競馬 ネット 購入 ゆうちょ

競馬は毎週地上波のテレビでメインレースが放送されて馬券は買わないまでも気になっている方はそれなりにいらっしゃるはずです。 しかし競馬をやったことがなくてかつ少しだけ競馬を始めたいと思った人の中には「どうやって馬券を買ったらいいの?」という疑問を持つ人もいらっしゃいますよね? 競馬場で買ったり、「WINS」と呼ばれる場外馬券場で直接「紙の馬券」を買えるのはもちろんのこと、馬券は「特定のインターネット銀行口座」を持っていればすぐに購入することが可能です。 しかしすでにネット銀行の口座を持っていればその日のうちに買う事ができますが、ネット銀行の口座を持っていない場合は数日掛かってしまうので、もしCMなどの影響で馬券を買いたいと思った方は早めにネット銀行の口座を作っておくことをおすすめします。 対象のネット銀行はいくつかあるのでそれらの違いを見ていきましょう。 初心者がネットで馬券購入を始めるなら「即PAT」 現在、日本中央競馬会JRAが公式に会員を募集しているのは3種類。 「即PAT」と「APAT」、「JRAダイレクト」といった種類になります。 このうち「APAT」はJRA専用の口座を開設しなければならないですし、開設完了まで2か月くらい掛かる過去の産物ですので初心者の方はあまり気にしなくていいです。 「JRAダイレクト」はクレジットカードを利用して馬券を買うという少し恐ろしい方式ですし、購入回数が3回、最低購入金額が1,000円、購入限度額が50,000円と非常に使いにくいのでこちらも初心者には全くおすすめできません。 なので今から馬券を買ってみたいと思う初心者の方には「即PAT」というネット投票システムに登録することをおすすめします。 「即PAT」は下記に紹介する特定のネット銀行口座があれば 即日馬券の購入が可能になりますが、ネット銀行の口座がまだない場合は先にネット銀行の口座を開設する必要があります。 開設までおおむね1週間くらいは掛かる銀行が多いので、始める人はあらかじめネット銀行の口座を開設しておきましょう。 馬券のネット購入におけるおすすめ銀行口座 馬券の購入に必要となる銀行口座は6種類から選ぶことになります。 銀行名 口座開設手数料 ATMへの入金手料 ATMからの出金手数料 口座開設までの期間 ジャパンネット銀行 開設、維持共に0円 毎月最初の1回と3万円以上は無料、それ以外は162円、ゆうちょATM使用の場合は324円 毎月最初の1回と3万円以上は無料、それ以外は162円、ゆうちょATM使用の場合は324円 スマホアプリがあれば5~7日程度 楽天銀行 開設、維持共に無料 セブン銀行、イオン銀行は216円。 それ以外は270円。 3万円以上はどこでも無料。 セブン銀行、イオン銀行は216円。 それ以外は270円。 スマホアプリがあれば2日~2週間程 三井住友銀行(SMBCダイレクト) 開設、維持自体は無料だが三菱住友銀行の口座が必要 三井住友銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 三井住友銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 スマホがあれば1~2週間程 三菱東京UFJ銀行 開設、維持無料 三菱東京UFJ銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 三菱東京UFJ銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 スマホがあれば1~2週間程 住信SBIネット銀行 開設、維持無料 無料 ランクに応じて2~15回無料。 それ以外は110円。 1週間程 ゆうちょ銀行 開設、維持共に無料 ゆうちょATMなら無料。 それ以外は108円及び208円。 ゆうちょATMなら無料。 それ以外は108円及び208円。 郵便局の窓口なら30分程度(通常営業時間内) 三井住友や三菱東京UFJ、ゆうちょも悪くはないのですが、 ネット銀行は24時間営業しているのが大きいですよね。 また競馬に使うネット口座を新たに作る場合、重要なのはATM利用に際する手数料だと思います。 セブン銀行などは多くのネット銀行が使用できますが、上記の通り一回入金するのにも平均200円くらい掛かる銀行が多いです。 一気に口座に預けられる人であれば手数料はあまり気にしなくてもいいかもしれませんが・・・これから競馬をやろうと思っている人たちの中には「必要な場合だけ入金したい」と考えている人も多いと思います。 1回の手数料はたかが200円くらいでも、積み重なれば大きいものです。 仮に200円の入出を1年間、52週間続けたと仮定するなら1万円を超えてしまいます。 これは出来るだけ抑えたいですよね。 というか200円あれば後2つ新しい馬券を買う事ができるのでそういう意味でも勿体ないです。 ちなみに日本中央競馬会JRAの支払いは非常に有能で、「即PAT」なら馬券の払い戻しは出金すれば即日口座に振り込まれます。 手数料を抑えるなら住信SBI、多用途ならジャパンネット銀行 結論ですがATM取引の手数料を抑える目的であれば 住信SBIネット銀行を使用するのが一番ではないかと思います。 ATMでの預入手数料0は本当に大きいです。 毎週ATMにお金を入れても手数料が掛からないということですからね。 対応しているATMも多く、イオン銀行、セブン銀行、ローソン銀行、ゆうちょ銀行、イーネット(ファミマとかにあるやつ)など多くのコンビニATMや銀行ATMで預け下ろしができます。 正直競馬をやっていると土曜で資金が全てなくなってしまった場合など追加で預け入れをしたいシーンはよくある(いいことではないが)ので本当におすすめの銀行です。 中央競馬以外にも地方競馬、競輪、ボート、オートレース、LOTOなどほとんどの公営競技に対応しているのもポイントですね。 そしてそもそもSBI証券などと関連する投資関連の会社でそういった方面にも強いので、投資にも興味がある人は住信SBIネット銀行で口座を一つ作っておいても損はないと思います。 こちらの住信SBI公式サイトから口座開設ができます。 でも悪くはないしヤフオクなど様々な用途に利用できるのでこれらも初心者にはおすすめです。 競馬の賭けは「100円」から買えるとても取り組みやすい競技だと思いますので、ぜひやったことない人にも挑戦してみて欲しいです。

次の