ひぐらし 新作。 ひぐらしのなく頃にの新作アニメ化が発表されました!個人的...

「ひぐらしのなく頃に」渡辺明夫キャラクターデザイン、パッショーネ制作で再アニメ化 : ニュース

ひぐらし 新作

KADOKAWAアニメチャンネルでは、2020年3月21日に「春の特番ライブ&トーク!」を実施。 14時30分に配信された『ひぐらしのなく頃に』パートには、保志総一朗、中原麻衣が出演。 2014年のイベント以来、保志と中原が『ひぐらし』のイベントで揃うのは約6年ぶりだという。 2002年から今までの歩みを振り返るときには、コメント欄でファンからは「懐かしい」「ひぐらし長く続いてくれて嬉しい」という声が溢れていた。 アフレコについて、保志と中原は何度も同じセリフをアフレコしたと明かす。 また、本配信では、新プロジェクトの新たな映像も公開。 映像では、メインキャラクターとその声も観ることができ、映像の最後にはTVアニメ化の告知が。 映像を観た保志と中原は喜びを語ると、ファンからは「キターーー」「オリキャスやん!!」とアニメ化とキャストの続投に歓喜のコメントであふれた。 2006年にはTVアニメ第1期が放送し、その後も、TVアニメ第2期、OVA、実写映画、TVドラマなど様々なメディアミックスを展開。 2020年1月に新プロジェクトの始動が発表されていた。 (C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会 《酒井靖菜》.

次の

新ビジュアル解禁!?『ひぐらしのなく頃に』の新作発表はあるのか検証してみた

ひぐらし 新作

出典 : Amazon. jp 大人気シリーズ『ひぐらしのなく頃に』の新規ビジュアルが発表され、「新作の発表があるのではないか」と話題になっています。 今回は、これまでのシリーズを振り返りながら新作がどのような形で発表されるかを検証していきます。 ひぐらし新作がくるか? 出典 : Amazon. jp 大人気ミステリーホラー 同人サークル・07th Expansionによるサウンドノベルゲーム『ひぐらしのなく頃に』。 『ひぐらしのなく頃に』には、田舎の村落「雛見沢」での楽しい日常と物語後半で巻き起こる不可解で恐ろしい猟奇事件のギャップや、各所に散りばめられた巧妙な伏線、「友情・信頼」といった人間関係の描かれ方など魅力的な要素が詰まっています。 新作の発表があるかもしれない? そんな本作ですが、2019年6月のアニメ一挙放送終了後に突如新ビジュアルが公開され、「新作が発表されるのではないか?」と話題になりました。 原作ゲームはファンディスクを含め既に全てアニメ化がなされているため、可能性としては「アニメフルリメイク」「アニメ劇場版」「ゲーム移植先の追加シナリオのアニメ化」などが挙げられます。 今回は、これまでアニメ化されてきたシリーズを振り返りながら、新作がどのような形で発表されるか検証していきます。 シリーズ紹介 出典 : Amazon. jp あらすじ 物語の舞台は、昭和58年の雛見沢村。 かつてダム建設が予定されていたこの村はその危機を乗り越え、平穏な日常を取り戻していました。 少人数ながらも互いに助け合いながら暮らす村民たち。 のどかな風景に響く子供たちの楽しそうな声。 こんな風に穏やかで楽しい毎日が続くと思われていた雛見沢村。 しかし実は毎年、6月に開催される「綿流し」という祭りの日に「一人が死に、一人が消える」という連続怪死事件が起こっていたのです。 ささいなことがきっかけで疑心暗鬼に囚われ残酷な運命に飲み込まれていく者、真実を知り暗躍する者、悲劇を食い止めようと奔走する者…。 様々な人間たちの思惑が入り乱れ、幸せだったはずの日常は狂いだします。 それぞれ前半はコミカルな学園パートとなっていますが、後半は連続怪死事件や雛見沢村に根付く因習などが徐々に明かされ主人公を中心に悲劇的な展開に陥っていきます。 ホラー要素も強めです。 なぜ惨劇は繰り返されてしまうのか、どうすればそれを食い止めることができるのか、全ての謎が明かされていきます。 アニメ化されたエピソード 出典 : Amazon. jp 『ひぐらしのなく頃に』 出題編+目明し編・罪滅ぼし編がアニメ1期として製作されました。 6編を26話で構成しているため原作から削られたエピソードも多く急ぎ足で物語が進みますが、 特に綿流し編の ホラー描写や残酷描写はしっかりと描かれています。 さらに原作鬼隠し編のTIPS 小エピソード である「悪魔の脚本」も挿入され、厄醒し編と合わせて1期の物語の補完となるような物語も描かれています。 キャラクターデザインの描き直しが行われ作画が向上した他、1期に比べ丁寧に作られているため原作ファンからも好評です。 賽殺し編は本編のエピローグのような位置づけでありシリアスな物語となっていますが、残り2編はこれまで登場したキャラクターがかなりはっちゃけている「お祭りエピソード」なので気軽に楽しむことができます。 原作10周年記念作品として製作されたもので、それぞれ「喜・怒・哀・楽」をモチーフとした物語となっており、コメディ色の強いシリーズとなっています。 『ひぐらしのなく頃に拡〜アウトブレイク〜』 竜騎士07さんの小説を元にした外伝作品。 未知のウイルスが検出され封鎖された雛見沢村の中で荒れ狂う住人と、決死の覚悟で立ち向かう主要キャラクターたちの姿が描かれています。 容赦ない残酷描写やこれまで以上のアクションシーン、本編とは一味違う惨劇の内容は賛否両論となりました。 コンシューマ版には未アニメ化エピソード多数 出典 : Amazon. jp 原作の出題編・解答編・ファンディスクを移植し、さらに竜騎士07さんが原案や監修を務めた完全オリジナルエピソードを収録した総まとめゲームも発売されています。 原作の良さである緻密な心理描写や情景描写はそのままに、ほぼ全編フルボイスになっているため原作プレイ済みの方も楽しめる作品となっています。

次の

「ひぐらしのなく頃に」7月放送開始 田村ゆかりら追加キャスト&スタッフ発表 : 映画ニュース

ひぐらし 新作

連作ミステリーとして、高い人気を誇るサウンドノベルゲーム『ひぐらしのなく頃に』。 これは同人サークルのゲーム作品としてヒットし、のちに漫画・アニメ・映画化されています。 ・幻のシナリオが新作アニメ化 シリーズを通じて高い支持を集めているこの作品、最近になって幻とされるシナリオが新作アニメになることが発表されました。 しかも、アニメシリーズの制作チームを再結集して、正統なひぐらしアニメを完成させたそうです。 その名も『ひぐらしのなく頃に拡~アウトブレイク』。 これはファンにとって、うれしいニュースです! ・さまざまなメディアに移植 作品はとある村落を舞台に起きる、不可解な怪死事件、失踪事件を題材に描いた連続ミステリー。 2002~2006年のコミックマーケットで8作品発表され、これをもとにドラマCDや家庭用ゲーム機、小説、実写映画など、さまざまなメディアに移植されて行きました。 ・同人作品の持つ可能性 その結果、原作のゲームシリーズは記録的なヒットを遂げ、同人作品の持つ可能性を広げることとなったのです。 同人文化の浸透に貢献したといっても過言ではないでしょう。 ・2007年の幻の短編小説 今回の完全新作アニメは、2007年に原作者の竜騎士07先生が手掛けた幻のシナリオが元になっています。 このシナリオは、『ひぐらしデイブレイク(同人版)』サウンドトラックの初回限定版についていた短編小説なのだとか。 アニメシリーズの制作チームが再結集され、新作アニメとして制作されています。 ・新たに続きのシナリオを書き下し さらに驚いたことに、竜騎士07先生が新作のために続きのシナリオを書き下しているそうです。 ちなみにメディア向けに行われた発表会では、新作アニメの一部が放映されました。 したがって、物語の全編はいまだ誰も見ていないということになります。 ・新作アニメの入手方法 気になる発表時期なのですが、新作アニメは『CRひぐらしのなく頃に 頂』のために制作されたものです。 入手方法は「ホール景品」、「ひぐらし総選挙キャンペーンでの景品」、「アニメイトオンラインショップでの販売」があるとのことですが、ホール景品でゲットするのがもっともカンタンな入手方法になりそうです。 参考リンク:.

次の