芸能人 自殺。 ネットで「誹謗中傷」の餌食となる芸能人《過去には自殺者も...》

韓国の芸能人、なぜ自殺が多いのか?

芸能人 自殺

歌手・女優のソルリさんの自殺は日本でも大きく取り上げられた Photo:VCG/gettyimages 今年10月14日、韓国の人気女性アイドルグループ「f(X)」の元メンバーで歌手・女優のソルリ(25)がソウル近郊にある自宅で死亡しているのが見つかった。 警察は自殺と断じた。 彼女の自殺はネットメディアを中心に日本でも大きく取り上げられた。 「また韓国人タレントが自殺」と見出しを打つメディアもあり、「韓国人タレントの自殺が多い」という印象を持った人も多いだろう。 2018年の韓国の自殺率はOECD加盟国30ヵ国でトップである。 ただし、高齢者の自殺が多く、日本と比べて若者の自殺率が異常に高いわけではない。 したがって、韓国芸能人の自殺が相次ぐ背景には、韓国固有の事情があると考えるべきだろう。 日本と韓国は 求められるアイドルが違う 約30年前、韓国のアイドルのあり方は日本に近かった。 私は1988年のソウルオリンピック前後の時期、ソウルの再開発地区の高層ビルのショッピングで、若い男性が女性たちにサイン攻めにあっているのに出くわしたことがある。 しばらくその様子を見ていると、ちょっと小太りな印象の彼は、「君にもサインをしようか」と私にも声をかけてくれた。 あとで聞くと、「ソバンチャ」(消防車)という3人組の男性アイドルグループのメンバーだという。 彼は一番人気だったそうだ。 その直後にテレビで踊りながら歌うソバンチャを見たが、スマートなイケメン2人に挟まれる形でなんとかついていっている感じで、なぜ一番人気なのか不思議になった。 ある韓国人女性は「だって、かわいいじゃない」と言った。

次の

相次ぐ韓国の芸能人自殺 日本と韓国との差は何か|NEWSポストセブン

芸能人 自殺

「HURRY GO ROUND」の歌詞や、ラジオ番組「オールナイトニッポンR」での発言が意味深長で自殺に関連するのではないかという見方や、はたまた事故ではなく自殺だと断言している人間の存在までもあり、様々な見解がある。 警察は雑誌取材などに「『牽引』にしては首の輪が小さく、むしろ死を意図するものであった。 また、『バンドや音楽活動で悩み酒量が増えていた』と聞いており、突発的に死に踏み切ったのだと思われる」と答えている。 なお、YOSHIKIは「彼は自殺するような人間ではない」と発言している。 「故意による自殺」か、「不慮の事故」かは不明であり、遺書や「死にたい」と自殺をほのめかす発言がない事や、ドアノブに柔らかいタオルで自殺する方法は珍しい事から、不慮の事故とする説がある。 古尾谷の死後、妻・鹿沼が語ったところによれば、1980年代後半、アイドルが主役のドラマや映画が主流となり、1990年に入るとバブル景気を背景にトレンディドラマがブームになる中、古尾谷はあくまで硬派な役柄やシリアスな役柄などにこだわり、仕事を選ぶようになった。 またキャリアを積む中でギャランティーも上がり、起用する側も古尾谷を敬遠するようになった。 その影響で仕事が減り、1日中家にいることも多くなり、昼間から酒浸りの生活になった。 また収入が激減したことで、住民税や1億5000万円で購入した自宅マンションのローンなどの支払いが滞るようになり、鹿沼も「元・女優」というプライドを捨てて近所のスナックでアルバイトをしながら金策に奔走し、返済を進めたが、結果的に借金は3億円にまで膨らんだ。 ロサンゼルス郡検死官事務所によると、伊良部は血中から大量のアルコールが検出されており、自殺の理由としては、事業に失敗したこと、死の1ヵ月ほど前から妻子と別居状態が続いていたこと(既に離婚していたとする説もある)などで、精神的に追い詰められていた事情が指摘されている。 また、伊良部は日本で指導者となることを希望していたが受け入れる球団はなく、解説者や評論家の道も閉ざされており、野球人としての将来に不安を抱いていたとする指摘もあった。 ただし、長年、伊良部のマネージメントを請け負っていた団野村の著書「伊良部秀輝〜野球を愛しすぎた男の真実」によると夫人との関係はうまくいっていたことが記されており、夫人との離婚話がすすんでいたとの報道はまったくのでたらめであると指摘されている。 所持品の手帳には「お母さんが死んで辛い。 このままのスタイルで仕事して先行きどうなるか」というメモが残されていたという。 父親は種子島の実家で取材に応じ、亡くなる前日の午前中、「もう種子島に帰りたい、お母さんのところに行きたい」と電話をかけてきたため、慰めつつ故郷に帰ってくるよう促したところ、その日の夜には元気を取り戻したかのような電話を再びかけてきていたことを明かした。 上原の遺体は遺族により、飛行機で鹿児島市内に搬送されたのち、フェリーで故郷種子島に搬送された。 通夜は5月14日の夜に葬儀は親族・近親者のみの密葬でそれぞれ行われ、芸能関係者の参列・供花は辞退した。 自死者数が1日平均82人だったのが、上原の死後1週間は平均124人となった。 20 - 30代の女性が目立ち、内閣府参与でNPO自殺対策支援センター ライフリンク代表の清水康之はウェルテル効果の発生を指摘した。 かつて『ミンボーの女』(1992年)公開後に襲撃事件があった経緯から、当初から暴力団の関与を疑う声はあった。 ただ、事務所にワープロ印字の遺書らしきものが(別途関係者宛にも)残されていて、そこに「身をもって潔白を証明します。 何もなかったというのはこれ以外の方法では立証できないのです」との文言があったことから、写真週刊誌『フラッシュ』によりSMクラブ通いや不倫疑惑が取り沙汰されたことに対する抗議の投身自殺か、とも推測されるようになった。 だが、伊丹はレタリングデザイナーとして日本有数と自負する存在であり、書き文字には人一倍の愛着とこだわりを持っていたことから、遺書が手書きでなくワープロで打たれていた点が不自然とされた。 また、死の直前、FLASHの記者から不倫疑惑について問われた際、伊丹は笑いながら「妻に聞いてみればいいよ」「(不倫疑惑は)いつものことだから」と軽口で答え、その様子がFLASH誌面に掲載されている。 また死の5日前まで医療廃棄物問題の取材も続けていた。 AYAは元アイドルで、小室ファミリーの一員だった。 萩原明美ら絶頂期の小室ファミリー、浜崎あゆみ、EXILEのメンバーなど多く の芸能人と親交があった。 また、ブレイク前の「嵐」らジャニーズのタレント多数 と深い関係を持っていたことが、一部では知られている。 嵐のメンバーと親密だった90年代末からの数年間が、彼女にとって一番幸せ だったかもしれない。 「はじめて好きになったジャニーズは森田剛クン(31)。 彼とは会えずじまいだっ たけど、トモ君(長瀬智也=31)は、すごく仲好くしてくれた。 グループ交際だっ たから、向こうはどう思っていたかは分からないけど、私は好きだったな。 よく みんなでボウリングに行ったり、カラオケ行ったり。 あの頃は、本当に楽しかった」 と、コメント。 自殺直前の5月24日、松岡は新党大地代表の衆議院議員鈴木宗男と会食している。 鈴木によれば、その席で松岡は「(疑惑については)国対から黙っていろと言われている」と述べたという。 5月26日には地元熊本県に戻り、後援会の関係者と面会したり、高齢で一人暮らしの継母が住む実家を訪れ、両親の墓参りをしたとされている。 松岡は日本中央競馬会の主管官庁の長として、2007年5月27日開催の第74回日本ダービーに皇太子徳仁親王と安倍晋三夫妻を招待していたが、接受に当たるはずだった松岡は当日になって欠席している。 松岡が搬送された慶應義塾大学病院では、同病院で入院治療中だったZARDの坂井泉水が敷地内のスロープから転落し後頭部を強打、27日午後に死亡していたことが明らかになっていたため、すでに多くの報道陣が同病院に詰め掛けており、現場となった議員宿舎から病院に運び込まれる映像までが偶然にも各マスコミにより報道されることとなった。

次の

ネットで「誹謗中傷」の餌食となる芸能人《過去には自殺者も...》

芸能人 自殺

うつ病、躁鬱病を告白した芸能人・有名人達 現代病と言われる「うつ病」。 新型うつ病と言われるものも含めて多くの方が発症しており、一般人だけではなくたくさんの有名人、芸能人たちもうつ病に悩まされています。 最近ではブログやtwitterなどで自らのうつ病や双極性障害を告白・公表したり、休養を発表される有名人、芸能人達も増えてきています。 やはり芸能界で俳優や女優、タレント、芸人として活躍していくのは並大抵のストレスなんでしょう。 最終的に追い込まれて自殺や自殺未遂・・・なんていう場合もあります・・・ ここではそんな「うつ病だった」「うつ病寸前だった」「うつ病治療中」の芸能人・有名人の一覧をご紹介していきます。 岡村隆史さんは病名を明かさず、 体調不良のことを「(頭が)パッカーン」と表現し、睡眠不足に悩まされたといっています。 50才の頃から「うつ病」で悩んでいた渡辺 正行さん 渡辺 正行さんは、千葉県夷隅郡夷隅町(現いすみ市)出身で、石井光三オフィス系列の暖簾分けの個人事務所である、なべやに所属している、日本のお笑いタレント、司会者、俳優です。 渡辺 正行さんは、物腰が柔らかく、軽快なトークで司会やバラエティで活躍をされている印象を持つ人が多いと思いますすが、 実は50才の頃から「うつ病」で悩んでいた経緯があるようです。 過去に軽いうつ状態だったことを告白している真矢ミキさん 真矢ミキさんは、オスカープロモーションに所属している、日本の女優であり、元宝塚歌劇団花組トップスターです。 真矢ミキさんは、「あきらめないで!」のキャッチフレーズが有名で、力強くポジティブな印象です。 しかし、実際は落ち込みやすく、繊細な性格なようで、過去に軽いうつ状態だったことを告白しています。 ブログでうつ病であることを公表している勝谷誠彦さん 勝谷誠彦さんは、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属(マネジメント契約)している、日本のコラムニスト、ライター、タレント写真家であり、元ジャーナリストでもあります。 テレビ番組「スッキリ!」のコメンテーターでもおなじみな勝谷誠彦さんですが、ブログでうつ病であることを公表しています。 長年うつ病に苦しんでいた萩原流行さん 萩原流行さんは、日本のダンサー、俳優、タレントであり、2000年代以降は役者だけでなく、バラエティ番組などにも出演していました。 萩原流行さんは、2015年4月22日、東京都杉並区の青梅街道の道路上でオートバイを運転中に高井戸警察署の護送車に接触されて転倒しました。 その直後、後ろから来た乗用車に胸をひかれてしまい、病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。 萩原流行さんはうつ病であったことから、この事故はうつ病による注意力の散漫が原因といわれています。 実は長時間うつ病だった武田鉄矢さん 武田鉄矢さんは、日本の歌手・俳優・タレント・作詞家であり、フォークグループ・海援隊のボーカル・リーダーでもあります。 そんな武田鉄矢さんは、2014年10月に、うつ病だったとの報道がされました。 うつ病の症状が出始めたのが1991年のころだったそうで、 ちょうどドラマ「101回目のプロポーズ」が大ブームになっていたころです。 重度のうつ病を発症して番組を降板した高島忠夫さん 高島忠夫さんは、東宝芸能に所属する、日本のタレント・俳優・司会者です。 そんな高島忠夫さんは、1998年に重度のうつ病を発症して、レギュラー番組を降板し、世間に衝撃を与えました。 母親の死をきっかけに、うつ病も発症した長嶋一茂さん 長嶋一茂さんは、東京都大田区田園調布出身で、ナガシマ企画に所属している、日本の元プロ野球選手(内野手)で、タレント、スポーツキャスター、野球評論家、俳優でもあります。 そんな長嶋一茂さんが、パニック障害であったことは広く知られており、その闘病記をエッセイとして出版もしています。 また、近年では、母親の死をきっかけに、うつ病も発症したそうです。 過去にうつ病であったことを告白しているNONSTYLE石田明さん 石田明さんは、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属している、日本のお笑い芸人、俳優、演出家、脚本家です。 NON STYLEでは主にボケを担当しているのですが、まれにツッコミとネタ作りを担当するそうです。 そんな石田明さんは、過去にうつ病であったことを告白しています。 柳原可奈子さんは、2013年時点で11本のレギュラーを持っている売れっ子のタレントですが、2013年7月頃に突然原因不明の激しい頭痛に襲われ検査入院された事があり、うつ病では?と話題になりました。 2度のうつ病を克服してきた千葉麗子さん 千葉麗子さんは、元市民活動家で、日本の声優・元女優・アイドルで、実業家・ヨーガインストラクターでもあります。 そんな千葉麗子さんは、「チバレイ」の愛称で親しまれ、アイドルから女性起業家に転身しましたが、2度のうつ病を克服してきたそうです。 ユースケ・サンタマリアさんがうつ病であると告白 ユースケ・サンタマリアさんは、大分県出身で、ジャパン・ミュージックエンターテインメントに所属している、日本の俳優、タレント、司会者、歌手です。 ドラマやバラエティなどで活躍中のユースケ・サンタマリアさんは、明るく楽しいイメージがありますが、うつ病という重大な病気にかかっていました。 離婚の際、うつ病寸前だった藤原紀香さん 藤原紀香さんは、兵庫県西宮市出身の日本の女優、モデル、タレントです。 藤原紀香さんは、ファッション誌「Numero TOKYO」(扶桑社)において、初めて離婚のときの心境について告白しており、うつ病寸前で、一時は睡眠薬を服用していたことなどを明かしています。 自己破産、パニック障害、うつ病を乗り越えた岸部四郎さん岸辺シロー 岸部四郎 さん 岸辺シローさんは、京都府京都市出身の日本のタレント、俳優、元実業家です。 岸辺シローさんは、前述の通り、自己破産や、脳出血で倒れ、右目の視力の3分の1を失ったり、また、長年連れ添った最愛の妻を亡くすなどの辛いことが重なったことにより、うつを患いました。 さらに岸辺シローさんには、パニック障害を発症するという不幸も待ち受けていました。 東日本大震災の後、軽いうつ状態だった松本人志さん 松本人志さんは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京)に所属している、日本のお笑い芸人・お笑いタレント、漫才師、作家、作詞家、映画監督、俳優、司会者であり、ダウンタウンのボケ担当でもあります。 そんな松本人志さんは、東日本大震災の後、軽いうつ状態になっていたと、日本テレビ系列のニュース番組「NEWS ZERO」のインタビューで明かしています。 映画公開直後にうつ状態だった庵野秀明さん 庵野秀明さんは、山口県宇部市出身の日本のアニメーター、映画監督、実業家であり、カラー代表取締役社長でもあります。 そんな庵野秀明さんは、2012年の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」公開直後にうつ状態になったことを告白しました。 そして、「6年間、自分の魂を削って再びエヴァを作っていた事への、当然の報いでした」と振り返っています。 総合失調症や躁うつ病等の病気を患っていた玉置浩二さん 玉置浩二さんは、ソニー・ミュージックレコーズ内の自主レーベルである、「ソルトモデラート(Saltmoderate)」に所属している、日本のミュージシャン・俳優です。 玉置浩二さんは、ロックバンド「安全地帯」のボーカルでもあり、その圧倒的歌唱力は芸能界でもナンバーワンだといわれているほどです。 そんな玉置浩二さんは、総合失調症や躁うつ病等の病気を患っていたそうです。 長年、躁うつ病にも悩まされていた中島らもさん 中島らもさんは、本名は中島 裕之といい、日本の小説家、劇作家、随筆家、広告プランナー、放送作家、ラジオパーソナリティ、ミュージシャンでした。 兵庫県尼崎市出身であり、広告代理店社員のコピーライターとしてキャリアをスタートしました。 北杜夫さんの場合。 双極I型障害を発症。 北杜夫さんの作品としては「どくとるマンボウ昆虫記」が有名で、ファンも多く、また、芥川賞作家でもあります。 そんな北杜夫さんは躁うつ病患者としても知られています。 北杜夫さんは、現在の東京都港区南青山である、東京市赤坂区青山南町に、母である斎藤輝子さんと、父である茂吉さんの次男として生まれ、その生家は輝子さんの実父である斎藤紀一さんが創設した、精神病院である「青山脳病院」でした。 はらたいらさんの場合。 男性更年期障害とうつ病を発症。 はらたいらさんは、クイズ番組「クイズダービー」に出演して有名になりましたが、他の番組出演時にはクイズと異なり、トークも求められたので、それが原因でうつ病となったそうです。 はらたいらさんは、父である原 太郎さん、母である小夜子さんの長男として生まれ、はらたいらさんの姉の美和さんは元バスガイドだったそうです。 うつを発症し克服した経験がある音無美紀子さん 音無美紀子さんは、東京都出身で、オフィスのいりに所属している、日本の女優です。 数々のテレビや映画、舞台等で活躍している女優の音無美紀子さんは、夫は俳優の村井国男さんで二人の子供がいます。 この母親と女優を両立させているる姿勢に、同世代の女性から共感を得ています。 そんな音無美紀子さんは、うつを発症し克服した経験を持っています。 40代後半頃にうつ病を発病した竹脇無我さん 竹脇無我さんは、石原プロモーション、タケワキプロダクション、イザワオフィスと所属事務所を変えていき、最終的にはアクターズ・セブンに所属していた日本の俳優です。 竹脇無我さんは、クールな二枚目俳優として、テレビドラマ等で活躍していましたが、小脳出血のため、2011年8月21日に死去してしまいました。 享年67歳でした。 そんな竹脇無我さんは、40代後半頃にうつ病を発病したそうです。 うつ状態を三度経験している五木寛之さん 五木寛之さんは、作詞家としての活動も多い、日本の小説家・随筆家です。 若くして流行作家となり、直樹賞を受賞するなど文壇の第一線を走り続けてきた五木寛之さんですが、 40代後半から現在に至るまで、うつ状態を三度経験しているそうです。 悶々とした状態をやり過ごすことができた影には、或るノートの存在があったそうです。 五木寛之さんはうつ病の中、三冊のノートをつけ始めたそうで、まずは、「嬉しかったこと」を綴るノートだったそうです。 東日本大震災をきっかけにして、うつ病を発症した丸岡いずみさん 丸岡いずみさんは、元放送局アナウンサー・報道記者であり、日本のニュースキャスター、タレント、フリーアナウンサー、エッセイストでもあります。 そんな丸岡いずみさんは、2010年3月から、「news every. 」の、キャスターとして人気を集めていましたが、2011年3月11日に発生した東日本大震災をきっかけにして、うつ病を発症したそうです。 首吊り自殺を図り、そのまま意識が回復することなかった桂枝雀さん 桂枝雀さんは、兵庫県神戸市生出身の落語家です。 桂枝雀さんは、3代目桂米朝に弟子入りして基本を磨き、古典的な落語を踏襲していながら、超人的な努力と持って生まれた天才的なセンスにより、客を爆笑させるというスタイルを開拓しました。 そんな、桂枝雀さんですが、1999年3月に首吊り自殺を図り、そのまま意識が回復することなく、同年の4月19日に心不全によって、59歳で死去しました。 桂枝雀さんは、2代目桂枝雀を襲名する前に、うつ病で苦しんでいたそうです。 自殺未遂していたことや、うつ病に襲われていた高岡奏輔さん 高岡奏輔さんは、千葉県出身で、ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)に所属している日本の俳優です。 そんな高岡奏輔さんは、2011年7月29日、個人ブログの中で、過去に自殺未遂していたことや、うつ病、パニック障害に襲われていたことを衝撃告白しました。 過去にパニック障害を患った経験があるSEKAI NO OWARI 深瀬さん SEKAI NO OWARIは、日本の4人組バンドであり、2010年にインディーズデビューし、2011年にメジャーデビューしています。 深瀬さんは、そのSEKAI NO OWARIの初代リーダーを務めています。 独特な世界観を歌い上げるSEKAI NO OWARIの深瀬さんですが、過去にパニック障害を患った経験があるそうです。 また、軽度のうつ状態になっていたかもしれないそうです。 自力でそのうつを克服した高木美保さん 高木 美保さんは、東京都葛飾区出身、千葉県松戸市育ちの、日本の女優・コメンテーター・エッセイスト・農業従事者・タレントです。 このように、マルチな才能で活躍する高木美保さんもうつで悩む1人でしたが、高木美保さんの凄いところは自力でそのうつを克服したことです。 うつ病を発症しますが、自ら克服した小川宏さん 小川宏さんは、元NHKアナウンサーで、東京都墨田区出身の日本のフリーアナウンサー・司会者です。 小川宏さんは、NHKの看板アナウンサーとして活躍後、フリーアナウンサーとなり冠番組「小川宏ショー」で人気を博しましたが、「小川宏ショー」終了後の平成3年に、うつ病を発症しました。 更年期性うつ病になった木の実 ナナさん 木の実 ナナさんは、東京都向島区寺島町(現在の墨田区向島)出身で、ダンカンミュージックに所属している、日本の女優、歌手です。 演技に歌、ダンスと幅広い才能でドラマやミュージカルなどで活躍する木の実ナナさんもうつを克服した一人となっています。 なお、木の実ナナさんは更年期性うつ病と診断されたそうです。 摂食障害、身体醜形障害、強迫性障害、うつ病だった遠野なぎこさん 遠野なぎこさんは、ワイルドビジョンに所属している、日本の女優です。 遠野なぎこさんは、母親との確執などから、摂食障害となってしまった経験を、自叙伝「一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ」という本で、赤裸々に告白されています。 戦争やうつ病など波乱に満ちたオードリー・ヘップバーンさん オードリー・ヘップバーンさんは、イギリス人で、アメリカ合衆国の女優であり、日本においてはヘップバーンと表記されることも多くなっています。 オードリー・ヘップバーンさんは、ハリウッド黄金時代に活躍した女優です。 しかし、そんなオードリー・ヘップバーンさんの人生は、戦争やうつ病など波乱に満ちたものでした。 ツアー中に、うつ病を患っていると告白したレディー・ガガ レディー・ガガさんは、アメリカ合衆国の音楽家で、オーストラリア・シドニー名誉市民でもあります。 イタリア系アメリカ人でインターネット企業の実業家の家庭のもと、ニューヨーク州ヨンカーズに生まれました。 派手なパフォーマンスや派手な衣装で有名のレディー・ガガさんですが、2013年末のツアー中に、うつ病を患っていると告白されています。 うつとドラッグ漬けの毎日を送っていたブラッド・ピットさん ブラッド・ピットさんは、アメリカ合衆国オクラホマ州出身の俳優、映画プロデューサーであり、アカデミー賞に俳優として3度、プロデューサーとして3度ノミネートされています。 そんなブラッド・ピットさんですが、若かりし頃の彼は、その栄光を受け入れられず、うつとドラッグ漬けの毎日を送っていたとのことです。 キャリー・フィッシャーさんは、人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」のレイア姫役でよく知られていますが、2016年12月27日、心臓発作で死去しました。 享年は60歳でした。 そんなキャリー・フィッシャーさんは、80年代初頭から、うつに悩まされるようになっていたそうです。 重度のうつ病、そしてアルコール依存症だったロビン・ウィリアムズさん ロビン・ウィリアムズさんは、アメリカのイリノイ州シカゴ出身で、アメリカ合衆国の俳優、コメディアンです。 2014年8月11日に、63歳という若さで、残念ながら自らの人生の幕を閉じてしまいました。 実はその成功の陰には、重度のうつ病、そしてアルコール依存症という、深刻な病気や症状を抱えていたという事実が分かりました。 うつ病、ADHD、失読症だったジム・キャリー ジム・キャリーさんは、本名をジェームス・ユージーン・キャリーさんといい、カナダ・オンタリオ州出身の俳優です。 そんなジム・キャリーさんですが、なんとうつ病、ADHD、失読症という、3種類の症状で大いに悩まされていたらしいとのことです。 アン・ハサウェイさんは、うつ病を患っていたことを公表している芸能人の1人 アン・ハサウェイさんは、アメリカ合衆国の女優で、アカデミー賞の助演女優賞受賞の経験もあります。 そんなアン・ハサウェイさんは、10代の頃、うつ病を経験したことがあったと告白しています。 その当時のアン・ハサウェイさんは、憂うつで不安な状態が続いていて、眠れない日々が続いたそうです。 20代のときうつに苦しんでいたビヨンセさん ビヨンセさんは、アメリカ合衆国のシンガーソングライターで、音楽プロデューサー、女優、ダンサーでもあり、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身です。 そんなビヨンセさんも、うつ病であることを告白した芸能人の一人です。 2011年にビヨンセさんは意識がぼんやりし始め、今日が何日なのか、自分がどこの都市にいるかもわからなくなってしまうという症状に陥ってしまったことから、自身のことに集中するための1年の休暇を取ったそうです。

次の