てい ぼう 日誌 聖地。 放課後ていぼう日誌の聖地をご紹介

放課後ていぼう日誌の聖地をご紹介

てい ぼう 日誌 聖地

小坂泰之さんの漫画「放課後ていぼう日誌」の主役は、手芸部に入りたかった都会育ちの女の子。 彼女がなぜか! 高校の「ていぼう部」に入って釣りをしてしまうという、 スローなナチュラルライフが描かれます。 「放課後ていぼう日誌」1巻レビュー 手芸好きの女の子がなぜか…? 都会から田舎に引っ越してきた 鶴木陽渚(つるぎ・ひな)は、手芸が好きな新高校一年生。 堤防沿いを散歩していると、ふらついている女性を見つける。 実は釣りをしていただけの女性は、陽渚が通う海野高校の 先輩・黒岩悠希(くろいわ・ゆうき)。 話すうちに打ち解ける二人。 陽渚は悠希に釣りを誘われ、 竿の無い不思議な釣り道具を渡される。 足に絡みつくそれを気持ち悪くて取ることのできない陽渚。 助ける条件として、悠希は 部員が少ない「ていぼう部」への入部を陽渚に持ちかける。 やむなく入部を承諾する陽渚。 かくして慣れない田舎暮らしで手芸部入部の道は断たれ、 不本意にも彼女の高校生活は「ていぼう部員」としてスタートする…! 放課後アウトドア・ライフ …といった感じで幕を開ける漫画「放課後ていぼう日誌」。 主な登場人物は陽渚(1年)・悠希(3年・部長)の他、 高身長でメガネの2年生・大野真(おおの・まこと)、 陽渚の幼馴染みで元気いっぱいの1年生・帆高夏海(ほだか・なつみ)。 4人の女子高生が 堤防そばに位置する謎の部活「ていぼう部」で、釣りがメインの部活動に勤しむ、という 放課後アウトドア・ライフが描かれます。 基本的にはインドア人間である陽渚が、3人のアウトドア人間に囲まれて あたふたしながら自然に馴染んでいく、という構図。 陽渚が釣りでアタリの感覚にビビッと来たり、調理した魚の味に感動したり、その様子が実にほほえましい。 私も基本的にインドア派で、最初はアウトドア派にとまどう陽渚の気持ちがよく分かります。 そんな彼女が ちょっとずつ自然に慣れてきて笑顔を見せる。 読んでいると思わず口角が上がってきます。 知識とストーリーの良いバランス感 この「放課後ていぼう日誌」のいいところは、 釣りや魚の知識を仔細に伝えながらも決してくどすぎないところ。 丁寧に釣りシーンや生き物描きつつ、バランスがよくストーリーが進むので、シンプルに漫画として楽しめます。 また 4人の女子高生が元気ハツラツとしていて、見ているだけで楽しい!各人のキャラクターもハッキリしていていいですね。 なおかつ、 無用なお色気に走っていないのが良い雰囲気。 「ヤングチャンピオン烈」連載なのにこの清純さ(笑)。 小坂泰之さんの絵もバツグンにウマイので安心感があります。 さわやかな自然描写 そして個人的に惹きつけられたのは海沿いの描写。 堤防や砂浜など、 開放された海辺感があってものすごくいい! モノクロ漫画ながら、 青い空と海が目に浮かび、潮の香も漂ってくるような爽やかな雰囲気が伝わってきます。 自然の中でイキイキと動き回る元気なキャラクター達を見ていると、「ちょっと釣りでもしてみようかな」という気持ちになってくるから不思議。 人物だけでなく、 背景が丁寧に描かれているのがその理由なんでしょうね。 ストーリーを読んだ後、細かい部分を読み直してみる楽しみがあります。 まとめ 以上、小坂泰之さんの漫画「放課後ていぼう日誌」1巻のレビューでした。 近年 「女の子+アウトドア」的な漫画が増えてきたように感じますが、その中でも かなりレベルの高い本作。 コミカルなやりとりにほっこりしつつも、爽やかな読後感がある一作でした。 安心・気楽に読める漫画なので、 インドア派にもアウトドア派にもオススメ。 インドア派の方も、本作でぜひ海辺の空気を味わってみてください。 「ていぼう部」の活動から目が離せません!.

次の

「甲子園」の甲子ってナニ?

てい ぼう 日誌 聖地

放課後ていぼう日誌 舞台 放課後ていぼう日誌の舞台は、熊本県葦北郡芦北町 あしきたまち です。 九州の熊本県南部の葦北郡にある町です。 作中の訛りは、熊本弁だったんですね。 芦北漁協 主人公の散歩で出てきた芦北漁協です。 佐敷港の近くにある漁協です。 朝市もちゃんとあります。 作中では、初のタコ釣りやサビキ釣り、のべウキなど多々登場する場所です。 写真を見ましたが、本当に綺麗な海岸です。 作中では、高校の近くにあるのですが、この辺に高校は一ヶ所しかありません。 別名で計石港とも言います。 地図では、計石公民館を目印にすると分かり易いです。 第2巻で陽渚ちゃんが夏海ちゃんに色々教えてもらった場所です。 きちんと堤防が作ってあります。 沖の方には、養殖生け簀があります。 第5巻の無人島です。 たこひげ屋の元の釣具屋さんはてんぐや釣具店というお店です。 ・熊本県葦北郡芦北町が舞台になっています。 ・たこひげ屋は実在します。 放課後ていぼう日誌の聖地は、大自然に囲まれた素晴らしい環境です。 こんな環境で釣りが出来るなんて羨ましいです。 TVアニメ版でも、この聖地がモデルとなっています。 ここがモデルなら、自然や風景の描写が原作のように綺麗に描かれるでしょう。 あとは、聖地コラボや町おこしもありそうです。 その時は、遠くても是非一度、足を運んでみようと思います。

次の

2013年10月12日のテレビ番組表(京都・地上波2)

てい ぼう 日誌 聖地

ふと今日の日めくりカレンダーに目をやると…「甲子」。 いったいなんの意味があるのでしょうか? 「甲子」を「きのえね」と読める方、なかなかいらっしゃらないようですね。 実は私たちの文化に様々な影響を与えている干支(えと)の一つなんです。 では、干支(えと)って?? 「ネズミ・ウシ・トラ・ウサギ…イノシシでしょ?!」という方、半分くらい正解です。 それは十二支(じゅうにし)ですね。 干支の「支」にあたる部分。 正しくは十干十二支(じっかんじゅうにし)。 「十干」は五行の木火土金水と陰陽の兄(陽)、弟(陰)が組み合わされたもの。 十干 音読み 訓読み 意味 甲 こう きのえ 木の兄 乙 おつ きのと 木の弟 丙 へい ひのえ 火の兄 丁 てい ひのと 火の弟 戊 ぼ つちのえ 土の兄 己 き つちのと 土の弟 庚 こう かのえ 金の兄 辛 しん かのと 金の弟 壬 じん みずのえ 水の兄 癸 き みずのと 水の弟 さらに十二支はご存知のこの12の区分け。 十二支 音読み 訓読み 動物 子 し ね ねずみ 丑 ちゅう うし 牛 寅 いん とら 虎 卯 ぼう う うさぎ 辰 しん たつ 龍 巳 し み へび 午 ご うま 馬 未 び ひつじ 羊 申 しん さる 猿 酉 ゆう とり 鳥 戌 じゅつ いぬ 犬 亥 がい い イノシシ この十干と十二支を組み合わせたものが干支(えと)なんです。 だから「 甲子」は「きのえ」と「ね」の組み合わせで「きのえね」と読まれているのです。 試しに組み合わせを並べてみましょう。 順番 十干 十二支 干支(えと) よみ 1 甲 子 甲子 きのえね 2 乙 丑 乙丑 きのとうし 3 丙 寅 丙寅 ひのえとら 4 丁 卯 丁卯 ひのとう 5 戊 辰 戊辰 つちのえたつ 6 己 巳 己巳 つちのとみ 7 庚 午 庚午 かのえうま 8 辛 未 辛未 かのとひつじ 9 壬 申 壬申 みずのえさる 10 癸 酉 癸酉 みずのととり 11 甲(2順目) 戌 甲戌 きのえいぬ 12 乙 亥 乙亥 きのとい 13 丙 子(2順目) 丙子 ひのえね 14 丁 丑 丁丑 ひのとうし 15 戊 寅 戊寅 つちのえとら 59 壬 戌 壬戌 みずのえいぬ 60 癸 亥 癸亥 みずのとい 61 甲 子 甲子(2順目) きのえね さらに、それぞれ一番目と一番目から組み合わせていくと、甲子から始まって癸亥で一周しますね。 ちょうど60でコヨミがもどるんです。 コヨミがもどる =「還暦」ということです。 60歳で生まれた歳の干支に戻るから還暦。 これは十干十二支を知らないと分からないオハナシですね。 さらにこの干支、「年」だけでなく月や日、時間、角度や方位など様々なところで使われてきたんです。 辛亥革命は1911年の干支が辛亥。 同様に戊辰戦争、壬申の乱などもその年の干支によるもの。 トラが大好きな野球ファンの聖地、甲子園球場は1924年の甲子の年に造られたから。 …寅年じゃないんですね 笑 庚申の日は帝釈天の縁日。 弁天様は己巳の日に。 大陸から伝わり、長く長く我が国で使われてきた「伝統」ですから、日頃は使うことがないにしても「知っておきたい」オハナシの一つです。 さて、そんな甲子の日の今日は…大黒様のお祭りの日ですよ。

次の