オイラックス クリーム。 市販薬「オイラックス」と処方薬「オイラックス」の違い

医療用医薬品 : オイラックス

オイラックス クリーム

効能 まずは、オイラックスhクリームにはどのような効能・効果があるのか見ていきましょう。 虫刺されや皮膚の軽い湿疹などに使われることが多い薬となっています。 これらによってできてしまった、赤みや腫れ、かゆみなどを取り除く効果が期待できるのです。 また、オイラックスhクリームは ステロイド薬に分類されています。 ステロイド薬というのは、炎症に特化した薬のことです。 皮膚に対して特有の薬ではなく、喘息などの吸入薬としても使われています。 「ステロイド」と聞いただけで、副作用が大きく、危険なイメージがあると思いますが、医師の指示に従って服用すれば問題ありません。 虫刺されや湿疹は皮膚で炎症作用が起きているので、この根本的な原因を治してしまおうという薬になっています。 またステロイド薬はその強さによって5段階に分けられていますが、オイラックスhクリームはその中でも、一番弱い分類に属しています。 よって、比較的軽い炎症に使われたり、顔やデリケートゾーンなどにも使いやすいものとなっています。 オイラックスhクリームの陰部への使用 オイラックスhクリームは、ステロイド薬の中では一番弱い分類になっているので、比較的使いやすい薬となっています。 よって、陰部や顔などにも使える薬となっています。 しかし、これらの部位は皮膚が弱くなっていますので、できるだけ最小限の量を使用するように心がけてくださいね。 また、目や唇の周囲などには使用しないように注意してください。 もし、目の中に入ってしまった場合は、すぐに水などで洗うようにしてください。 注意点 比較的、弱いステロイド薬ですが、注意しなければならない点がいくつかあります。 用法・用量 まずは、用法・用量を必ず守るようにしましょう。 1日に塗る回数は 1回から3回程度が望ましいです。 医師から指示された用量を使用するようにしましょう。 また、他の薬との併用にも注意しなければなりません。 薬同時の相性によっては、お互いの作用を強めあったり、逆に弱めあったりするということがあります。 特に、ステロイド薬の使用には注意しなければなりませんね。 作用が強めあってしまうと、予期せぬ副作用が出てしまったり、肌への刺激が強すぎて赤くなってしまうこともあります。 作用が弱いと、なかなか効果があらわれませんので、症状が治りにくくなってしまいます。 使用で注意すべき方 赤ちゃんや妊婦の方、授乳中の方、高齢の方などの使用には注意してください。 薬の効果が強く出てしまう場合があるので、医師にしっかり相談するようにしてください。 また、ヒゲを剃った後の部分に使用するときも注意しましょう。 オイラックスhクリームは、切り傷には使用できないので、もし傷が出来ていた場合は逆に悪化してしまったり、思わぬ副作用が出てしまったりする場合があります。 副作用 比較的安全な薬ですが、体質によっては副作用が出てしまう場合があります。 赤くなってしまう• 患部に熱をもってしまう• ひりひり感じる• かゆくなる• ぶつぶつした湿疹ができる このような、症状があらわれた使用を中止して、かかりつけの医師や薬剤師に相談するようにしましょう。 まとめ 今回は、オイラックスhクリームの効能や注意すべき点などについてお伝えしました。 守らなければならない注意事項がたくさんあったと思いますが、これらに従って使用すればとても有効的な治療薬となっています。

次の

オイラックスは疥癬の薬?

オイラックス クリーム

オイラックスクリームはノバルティスファーマ株式会社が製造している軟膏で アトピー、湿疹、じんましん、皮膚炎などに対して効いていきます。 中身は白色のクリームとなっており、しっとりとしていて匂いやべたつきなどはありません。 非常に使いやすいとされます。 薬局やドラッグストアでは売られておらず、皮膚科でのみ処方してもらい手に入れることができます。 そしてこのオイラックスクリームはニキビに対して効果があります。 特に 背中ニキビに対して処方されることが多いです。 ここではオイラックスクリームのニキビへの効果と副作用、そして塗り方についてお伝えしたいと思います。 オイラックスクリームのニキビへの効果 オイラックスクリームには クロタミトンという成分が配合されており、これがニキビに対して3つの作用が働きます。 すると温感が刺激されることでニキビによるかゆみを抑えることができます。 特に おでこニキビや背中ニキビなどのかゆみによく効きます。 またアトピーのかゆみに対しても効果があるとされます。 アクネ菌が殺菌されることで赤ニキビやニキビ跡の赤みも鎮静させることができます。 さらにクロタミトンは マラセチア菌も殺菌することができます。 マラセチア菌は おでこのぶつぶつや背中ニキビを引き起こしています。 また黄色ブドウ球菌も殺菌することができます。 黄色ブドウ球菌は ケロイド状、化膿を伴うニキビを引き起こすとされます。 以上のようにオイラックスクリームはニキビに対してもこれらのニキビをまとめて治療する効果があるとされます。 ダニニキビにも効く薬は知るところではオイラックスクリームのみとなります。 以上のようにオイラックスクリームはニキビに対して有効とされます。 またオイラックスクリームには ワセリンも含まれています。 そのため肌の乾燥を防ぐことによって、乾燥による大人ニキビに対しても有効とされます。 ただしニキビ跡そのものに対しては効果は期待できないとされます。 オイラックスクリームの効き目 オイラックスクリームを塗ることによってどれくらいで効果があるのかというと ・かゆみに対しては即効性が高く、塗ってすぐに軽減されていきます。 ・また殺菌作用によるニキビの治療は白ニキビや黒ニキビは およそ3~5日間ほどです。 ・赤ニキビであれば 1週間、ニキビ跡の赤みであれば 2週間ほどで、殺菌されるとともにどんどん目立たなくなります。 ・おでこのニキビや背中ニキビはマラセチア菌が殺菌されることによって 2~3週間ほどで改善されます。 ・化膿を伴うニキビやケロイド状のニキビは 2~3週間ほどで改善されます。 ・ダニによるニキビは大きく腫れますが、使用から 1~2週間ほどで改善されます。 以上のようにオイラックスクリームはニキビに効いていきます。 オイラックスクリームの副作用について オイラックスクリームを塗ることによって副作用が生じる場合があります。 特に 肌の刺激感、ヒリヒリ、熱感などの副作用が生じやすいです。 ただしオイラックスクリームのクロタミトンが効いている証拠なので多少の刺激感は我慢するようにしましょう。 また場合にはよっては 発疹、発赤、かゆみの症状も起こる場合があるのでこれらの副作用が起きたらオイラックスの使用は中止するようにしましょう。 ただし基本的に安全性の高い薬ですので副作用の心配はいらないとされます。 化粧水を使っている場合には化粧水をつけた後につけましょう。 入浴後ですと成分が浸透しやすくなります。 以上がオイラックスクリームのニキビへの塗り方です。 オイラックスクリームはかゆみのあるニキビやダニニキビと他のニキビ用の塗り薬では得られない効果を持っているため、おすすめです。 ただしニキビダニを治しても布団などにダニがいる場合には、またニキビができてしまうので、しっかりと干すようにしましょう。 ということでオイラックスクリームとニキビについてでした.

次の

クロタミトン:オイラックス

オイラックス クリーム

クロタミトン(商品名:オイラックス)の作用機序 アトピー性皮膚炎や蕁麻疹などでかゆみが起こるのは、免疫の働きが関与しています。 免疫がアレルギーを引き起こすヒスタミンと呼ばれる物質を放出すると、かみみを生じます。 そこで、かゆみを抑える薬としては、ヒスタミンの働きを抑える「抗ヒスタミン薬」が使用されます。 他には、局所麻酔薬によってもかゆみが治まります。 かゆいと感じるためには、「腕や足がかゆい」というシグナルが脳にまで到達する必要があります。 脳が判断することで、ようやくかゆみを認識するのです。 そこで、「かゆい」というシグナルが脳へ伝わらないようにすれば、そう痒はなくなります。 これが、局所麻酔薬による作用です。 クロタミトン(商品名:オイラックス)の作用は、これら抗ヒスタミン薬や局所麻酔薬とは異なる作用によってかゆみを抑えます。 詳しい作用機序は明らかになっていませんが、クロタミトンは皮膚に軽い灼熱感を生じさせます。 このときの刺激がかゆみを打ち消すと考えられています。 このような考えにより、詳しいメカニズムは分かっていないものの、かゆみに対して活用される薬がクロタミトン(商品名:オイラックス)です。 クロタミトン(商品名:オイラックス)の特徴 クロタミトン(商品名:オイラックス)の作用はマイルドであり、副作用はほとんどありません。 軽い湿疹や蕁麻疹、虫刺されなどに対してクロタミトンが利用されます。 ただ、強力にかゆみを抑えたい場合、ステロイドの外用剤などが使用されます。 また、 クロタミトン(商品名:オイラックス)は疥癬の治療にも使用されます。 疥癬はダニの一種であり、ヒトの皮膚に寄生することで病気を引き起こします。 疥癬では、皮膚に皮疹がみられるようになり、強いかゆみを引き起こします。 クロタミトン(商品名:オイラックス)は疥癬の原因となるダニを死滅させる働きがあります。 なぜクロタミトンが疥癬の病原虫を殺すのか明らかではありませんが、抗寄生虫作用を有していることは確かです。 病気を発症している患部に薬を塗ることで、疥癬を治療していきます。 このような特徴により、作用は穏やかであるものの、皮膚のかゆみや疥癬を生じたときに使用される薬がクロタミトン(商品名:オイラックス)です。

次の