小学生 お年玉 相場。 【最新】お年玉の相場!小学生はどれくらいもらってる?

小学生のお年玉の相場、気になる1年生の平均金額は17,480円。3万円以上もらう子は25%も!

小学生 お年玉 相場

小学生のお小遣い事情と金銭感覚を育てるお小遣いの渡し方 「小学生になったし、そろそろお小遣いを渡したほうがいいかな?」と思うけれど、お小遣いのことは各家庭によって価値観も違うこともあり、なんとなくママ友には「いくら渡してる?」だなんて聞きにくかったりしますよね? ここでは小学生のお小遣い事情と、金銭感覚を育てるお小遣いの渡し方についてみていきましょう。 1年生では100円、6年生になると600円といった感じです。 実際に世間の相場はいくらぐらいなのでしょうか? 小学校低学年のお小遣いの相場 小学1~2年生はまだ1人で買い物ができない子供も多く、もらったお小遣いは親と一緒のときにお菓子を買うなどして使うことが多いです。 100~300円 近所のスーパーやコンビニで駄菓子などを買うために与え、文房具や漫画、ゲームなどは必要だと感じたときに親が買ってあげているようです。 小学校中学年のお小遣いの相場 小学3~4年生になると友達と一緒に駄菓子屋に行くなど、親がいない場面で自分のほしいものを買うようになります。 一度に使い切ってしまわないよう、このころからお金の使い方をしっかりと教える必要があります。 300~500円 主にお菓子や漫画などを自分で買うためのお小遣いで、低学年のとき同様に文房具は必要なときに親が買ってあげますが、お小遣いでは手が出しにくいゲームソフトや本などは本人が欲しいときに親と相談をする、という家庭は多いようです。 小学校高学年のお小遣いの相場 小学5~6年生になると高額なお小遣いをもらう子供もチラホラ出てきます。 おごったりおごられたりということがないよう、注意が必要です。 800円前後 お菓子だけでなく、文房具、漫画なども計画的に買ってOKという家庭は増えていき、ゲームソフトなどは自分でコツコツ貯めて買う子も多く見られます。 欲しいものがある、特別に必要なときは親にプレゼンをするという家庭も。 ちなみに小学生のお年玉の相場 渡す子供との関係や、会う回数にもよりますが、一般的なお年玉の相場は…• 小学校1~4年生…約3000円• 小学校5~6年生…約3000円~5000円 という金額が多いようです。 小学生のお小遣い制度、お金はいつどうやって渡す? 小学生へのお小遣いの渡し方は、月々決まって与える定額制とお手伝いをしたときにあらかじめ決めた対価を支払う報酬制、必要なときにその都度渡す方法の3通りが目立ちます。 それぞれの支払い制度について詳しく見ていきましょう。 金額や学年により、定額制と報酬制、定額制と必要なときに渡す方法、報酬制と必要なときに渡す方法の複合型バリエーションも見受けられます。 1.ご褒美としての報酬制 小学生へのお小遣い制度で最もメジャーな渡し方ともいえる『報酬制』は 手伝いなどの『労働』に対価としてお小遣いがもらえる制度です。 報酬制のメリットは、働くの意味や喜びを子供時代から体感できること 簡単な手伝いをしたがるようになると、家庭の中で『報酬』を支払うお小遣い制度は、今後社会に出たときに「労働すれば報酬がもらえる」というルールを体で覚えるにはうってつけ。 また、「お手伝いをする」ということは、お手伝いを通して家事などの生活術を覚えるだけでなく、「自分は家族のために役に立っている」という喜びや意義を知るためにも重要なのです。 報酬制のデメリットは、お金がもらえるかどうかでお手伝いへのやる気が左右されること しかし、報酬制にはデメリットもあります。 それは見返りを助長するようなお金の渡し方になってしまうと、「お手伝いをしたくないからお金はいらない」や「お金のもらえないお手伝いはやらない」という考えが出てくることです。 頭の中で行動をお金に置き換えてしまうようなときには、気分が乗らないときにも仕事はするものだということを身につけるために、必要なもの(学校で必要な文房具など)は報酬で得たお小遣いで購入するという取り決めをしておくといいでしょう。 小学生のお小遣いに『報酬制』を採用するときに気をつけるポイント 報酬で得たお小遣いで必要なもの(学校で必要な文房具など)を購入するというのは、子供に対して世知辛くもあり、長期的に学校生活に影響するようではそのまま継続しにくい点はありますが、そこまでしなくても根本的に『考え方』さえしっかりしていれば、子供のやる気を育てることにも繋がります。 報酬制のときに忘れてはいけないのは、「お金が欲しい」というよりも 「親からの感謝の気持ちが嬉しい」と思わせることです。 手伝いをしてお金を渡すときには、言葉と態度で 感謝の気持ちをしっかりと伝えるようにしましょう。 お金を渡すだけでなく、言葉をちゃんとかけて、気持ちの交流をおろそかにしないことが大切なのです。 2.毎月決まった額の定額制 定額制は報酬制と並ぶメジャーな渡し方 定期的に決まった日にお小遣いを与える方法です。 学年が上がる、中学高校に上がると報酬制よりも定額制でお小遣いを渡される子は増えていくようです。 毎回決まった金額がもらえるため、親が子供のお金の管理がしやすいメリットがあります。 しかし、報酬制のようにお手伝いに対しての対価ではなく、何もしなくてもお小遣いがもらえるため、「もらえて当然」という考えになってしまいがちです。 ひたすら定額制で渡すなら、労働に対する意識がつかないという可能性もあります。 3.必要なときにその都度渡す もう一つ、管理のしやすい渡し方として 必要なときに必要な分だけお金を渡す、という方法があります。 しかし、子供の要求のままお金を与えてしまわないように、何にいくら必要なのかプレゼンを受けることは大切です。 また、デメリットとして子供の要求のままお金を与えていては、結果的に限度額を超えやすく、「足りなくなったらいつでももらえる」と思わせることに。 この方法では 子供に計画性を持たせる訓練はしにくい面があります。 お金の有難み、どう教える?お小遣いを通して「お金の使い方」を教えるには 特に小学校低学年から中学年の子供にお金のありがたみを教えるのは難しいものですが、やはり「簡単に手に入るもの」と思われたくはないですよね。 実際に自分でお金を使う前に、小学校低学年の小さいうちにまずはママやパパが一緒に買い物に連れていき、実際のお金を持たせて支払いをさせることがお金の使い方を教える第一歩。 ですが、お金の価値というのは単純ではなく、それだけで子供がすぐに理解できるものではありません。 ゆっくりと段階を踏んで、親が一緒になって丁寧に教えていくようにしましょう。 支払いをしたり、おつりをもらったりというやり取りが出来るようになったら、お小遣いを渡してみてもいいかもしれません。 ここでは小学生にお小遣いを渡すメリットや無駄遣いの教え方を紹介していきます。 小学生にお小遣いをあげるメリット 小学生になると、子どもにお小遣いを渡しているという家庭も多いと思います。 お小遣いを渡すメリットを紹介します。 品物の価値を認識するようになる 今までは必要なもの、欲しいものは親に買ってもらっていて、金額も知らなかった子供も自分のお小遣いで「足りないから買えない」「安いからもう一つ買える」など考えていくうちに、自発的な我慢で自分の物欲をコントロールするようになります。 また、物欲コントロールの結果の「欲しかったものゲット!」という経験を通して、親が買ってくれる状況下では育ちにくい『物の価値』を認識するようにもなります。 お金の使い方が身に着き、計画性が育つ お小遣いの範囲内でという規制は、自発的な物欲コントロールを促し、その結果 子供の自主性や計画性を育てていきます。 「今これを買うと欲しいものが買えなくなる」「今月は使わず貯金しないと欲しいものが買えない」ということを身をもって体験し、目標立てと計画行動と成果を繰り返すことで、先を見通す力も備わってきます。 与えられたお金の中で我慢しながら目的のものを買うために、いつの間にかしっかり貯金もしている子も少なくありません。 お金のやりくりを学べる 自分のお金を管理するうちに、やりくりができるようになります。 大人になっていきなりお金を管理することはできません。 大人になってもお金がいくらあるかわからず、あるだけ使ってしまう人もいます。 将来の金銭管理能力にも繋がるのです。 お金の大切さを知る お金は無制限にあるわけではない実感を身をもって覚えていきます。 自分でお金を管理するようになると、今まで「あれも欲しい、これも欲しい」と言っていた子供もお金を大切に扱うようになるでしょう。 小学生のお小遣いは使い方に「ルール」を設けよう お金の話は、学校で習うことは多いとは言えないので、家庭での教育が重要になってきます。 子供の頃に歩いていど家庭でお金について学んでいないと、大人になってお金で苦労することも多いようです。 子供にお金を使わせることにより、単純に『欲しい何かと引き換える』という基礎は学べますが、実際のお金の使い方は非常に複雑で、そこはお小遣いを渡すだけではわからないでしょう。 お金をひたすら食欲、物欲などその時々の我欲に無計画に投じる、というのは理想の使い方とは言えませんよね。 小学生のうちはある程度お小遣いの使い方にルールを定め、目的を達成するツールとしての『理想のお金の使い方』を学べる基礎を親が作ってあげるようにしましょう。 『使い道』のルールを決める どこからどこまでが子供が自由にお小遣いで買うべき範囲なのか、予めルールを決めておきましょう。 というのも、お小遣いを渡しているのに親が色々買ってしまっては、子供は困ることがなく金銭感覚が身につかないから。 例えば、学校や塾に必要な文房具は親、ゲームや本、どうしても欲しい可愛い鉛筆はお小遣い、友達と一緒に買い食いするお菓子はお小遣い、家庭学習で使うドリルや家で食べるお菓子は親というように、しっかりと使い道のルールを決めておきましょう。 お小遣い帳をつける・親がお金の支出を把握できるようにする お小遣いを渡しても、渡したその日に全部使ってしまう子もいれば、全く使わず貯金する子、などお金に対しての価値観や使いみちも様々。 ですがせっかくお金を渡すのであれば、お金の管理も学んでもらいたいですよね。 小学生のうちは子供にお小遣い帳をつけさせることをおすすめします。 お小遣い帳をつけるように言っても、なかなか自分でつけないという子も多いので、習慣になるよう親がフォローしていくことも大切です。 「お小遣いをもらうときにはお小遣い帳をつける」「お金の増減があったら親に見せる」といったルールを作ると親がお金の状況を把握できていいでしょう。 ただし、親が子供の金銭状態を把握することはあくまでトラブル防止のため。 お金の使い道について口を出すのは控えましょう。 お小遣い帳は、「欲しいものがあるけれど、お金を溜めないと買えない」というときにも、目標額と今現在の達成額を把握するためにも活用できます。 欲しいものをリストアップし、物欲との付き合い方を教える お小遣いをもらっても、欲しいものがありすぎて「全然お小遣いが足りない」という物欲王、物欲女王たちには 「欲しいものをリストアップさせる」ことをおすすめします。 それぞれに優先順位をつけ欲しい物の金額も書かせましょう。 簡単には欲しい物が買えなくても、いくら貯めれば買えるようになるということが明確にわかります。 それによって お金を貯めて買うのか、我慢するのかという選択をする力や一時的な流行に左右されずに物の価値を判断する力が身についてきます。 小学生に『無駄』をどう教える?無駄遣いという価値観の教え方 好きなものを買うためにお小遣いを渡している体でいても、「こんなもの必要ないのに…」「もっと安い物があったのに」と親としては色々言いたくなりますよね。 しかし、お小遣いはあくまでも 「子供が無駄に使うため」という姿勢で渡す方が子供にとってはいいのです。 最初から完璧にお小遣いを使える子供はいません。 大人が「無駄遣い」と感じるものでも、子供は自由に買えることで自分の欲求を満たしながら、「使いすぎたな…」「要らないものを買ってしまった」という 失敗をしながら、金銭感覚を身に付けお金と物の価値を学んでいくのです。 小学生ってお小遣いを何に使う?子供のお小遣いの使い道 小学生が、お小遣いを何に使っているのか気になりますよね。 どのような使い道が多いかというと… 1位…お菓子などの食べ物 2位…貯金 3位…本・雑誌 4位…おもちゃ 2位の貯金というのは、意外な結果だなぁと筆者自身驚きました。 小学生から、お金を大切に扱う姿勢を持っていると少しうれしくなりますね。 貯金して欲しいものを買うという感覚を身に付けていきたいですよね。 むやみにお小遣いの使い道に口を出さないで! 先程も記述した通り、子供は無駄遣いをするものです。 親が「これは要らないでしょ」「これは高いからこっちにしなさい」などとむやみに口を出してしまうと、失敗はしないかもしれませんが 自分で考えてお金を使う力が身につきません。 子供が自分で「無駄だった」と気付き 失敗を成功に繋げることが金銭感覚を身につける上で重要なのです。 家庭のお小遣いのルール内で買ったもの、子供が欲しいと思って買ったものに対して、大人の感覚で判断し、頭ごなしに否定することはやめましょう。 子供の「それが欲しかったから買った」という意志と行動を認め、「失敗だと思ったら、次はよく考えて買おうね」と教えてあげましょう。 小学生のお小遣いのNGな渡し方 小学生の子供に対してお小遣いの渡し方には、理想のお金の使い方を学びにくい良くない渡し方もあります。 家庭それぞれのルールがあると思いますが、適切な金銭管理を身につけられるように見直していきましょう。 前借りや兄弟間の貸し借り 高額なものを欲しがったときに、今もらっているお小遣いの金額では足りないからといって前借を許してはいけません。 これは 「我慢して貯めて買うこと」を覚える絶好のチャンス、いくら欲しいものがそのときを逃すと買えないとしても、次のお小遣いまでは渡さないことです。 『今回欲しいものが買えなかったのは、今まで我慢しなかったから』という事実を子供に理解させることが必要です。 確かに、年齢に応じて行動範囲は広がりますし、それによりお小遣い金額も左右されていくでしょう。 また、低学年のうちから、余るほどのお金を渡すというのも好ましくありません。 そういう面から考えると年齢に応じてもらえることが悪いとは思いませんが、兄弟がいる場合などは渡し方によっては、単純な年功序列が不公平になることもありえます。 『年上だから』という条件でお金はもらえる!と子供が思ってしまわないためには、同時に報酬制も取り入れるなど、お金を渡すときにはしっかりとお金の大切さも教えていかなければなりません。 また、苦労せずに手に入れたお金は、後先考えずにすぐ使い切る…ということにもなりかねませんしね。 お金を与えすぎる お小遣いの金額を決める際には、お金を与えすぎないように気を付けましょう。 お小遣いの額が多すぎることが一番「お金も欲しいものもは苦労しなくても手に入るもの」という意識につながりやすく、将来的に金銭感覚が狂い、いつまでも親に頼ってしまう人間になってしまいかねません。 親だけでなく、無条件にお金を与えがちな祖父母にも要注意です。 おじいちゃんやおばあちゃんは、孫がかわいくてついあれもこれも買ってやりたくなります。 それが義親だったりすると、親としては言いにくい面もありますが、あまり頻繁にならないように誕生日など特別なときだけにしてもらいましょう。 お小遣い通して、小学生のうちから正しい金銭感覚を身に付けていきましょう 子供にお小遣いをもたせる時期は、子供がお金に興味を持ったときが、金銭教育を始めるよいタイミングです。 子供の頃の小さな失敗の繰り返しがお金を使いこなす『金銭感覚』を育んでいくのです。 将来は自分でお金の管理をしなくてはなりません。 お金は、人生をより豊かにするための『道具』です。 その『道具』をうまく使いこなす『金銭感覚』を身につけることは、大切な生きる力の一つといえるのです。 まだ小学生のうちは、親の思った通りにお小遣いを使ってくれなかったり、欲望のまま無計画に使ってすっからかんになってしまったり…と見ていてイライラすることもあると思います。 しかし、子供の金銭感覚を身につけるチャンスだと思って、広い心で見守っていきましょう。 失敗を重ねて子供は色々学んでくれますよ。

次の

お年玉は小学生ならいくら妥当?低学年と高学年の平均金額の決め方

小学生 お年玉 相場

子どもたちにとってお正月の楽しみといえば、お年玉です。 自分の子どもや甥・姪などへのお年玉に頭を悩ませる人もいるのではないでしょうか。 お年玉のマナーや相場を知って、失敗のないようにお年玉をあげましょう。 お年玉をあげる範囲 社会人になり数年経つと、甥や姪、友人の子どもなど周囲に子どもが増えていきます。 自分の子どもが誕生すると「お年玉をあげたい」と考えるものです。 しかし、知っている子ども全員にお年玉を配ることはなかなか難しいでしょう。 お年玉はどのくらいの年齢層、関係性の子どもにあげるのが適当なのか見ていきます。 大学生になるまでが一般的 関係性や考え方にもよりますが、子どもが何歳を迎えた頃からお年玉をあげ始めるかについては、幼稚園でいう年長を迎える『5歳』くらいからの人が多いようです。 ただし、自分の子どもや近しい間柄の子どもへは、赤ちゃんの頃からお年玉を用意する人も少なくありません。 一方で、子どもが何歳までお年玉をあげるかは『高校を卒業する年』か『成人を迎える年齢』までが一般的なようです。 こちらもあくまでも目安で、社会人になってもお年玉をあげる人もいます。 お年玉をいつまであげるかは、あげる人やもらう人の考え方、子どもとの関係性によって変わってくるものと考えましょう。 甥や姪にもあげるべきか お年玉をあげるかどうかは、その子どもとの関係性によって判断します。 自分のきょうだいの子どもである甥や姪には、お年玉をあげるのが一般的なようです。 しかし、いとこやいとこの子どもにまでお年玉をあげる人は減っています。 子どもがお年玉をもらうと大人同士のやりとりが発生してしまうため、近年では友人や近所の子どもにお年玉をあげるのも珍しいようです。 なかには、自分の子どもにはお年玉をあげないといったポリシーの家庭もあります。 それぞれの家庭の考え方によって、お年玉へのスタンスはさまざまです。 年代別 お年玉の相場 お年玉をあげる側が最も気になるのが金額の相場でしょう。 お年玉の金額が極端に少ないと恥をかいたり子どもが機嫌を損ねたりして、トラブルになることも考えられます。 反対に、お年玉が高額すぎても相手の保護者に気を使わせる可能性が高いでしょう。 お年玉の相場を確認して、高すぎず少なすぎない額を準備することが大切です。 お正月は1年の始まりにあたるおめでたい行事といえます。 『4(死)』や『9(苦)』といった、不吉なことを連想させる数字を使わないのがベターです。 小学生 小学生へのお年玉には『1,000~3,000円程度』の金額が相場とされています。 低学年には『1,000~2,000円』、高学年には『3,000~5,000円』程度が目安です。 ただし、低学年と高学年の小学生のきょうだいにお年玉を渡すとなると、金額に差をつけてよいものか悩むところかもしれません。 金額の差について、きょうだいがもめることも考えられます。 たとえば、8歳の子どもに渡すお年玉は4,000円になります。 「計算式から導き出された金額で毎年増えていくよ」と伝えたうえで渡すのであれば、縁起やきょうだい差を気にせずに済むでしょう。 中学生 中学生へのお年玉は『5,000~1万円』が相場です。 ほかに小学生や高校生のきょうだいがいる場合は、バランスを見て金額を決めるのがよいでしょう。 たとえば、1万円渡す予定の高校生の兄と3,000円渡す予定の小学生の妹がいる中学生には『5,000~7,000円』くらいが無難です。 また、学年の違う中学生きょうだいには『一律5,000円』あげるのがよいでしょう。 ちなみに中学生へのお年玉全国平均額は『5,000円』です。 もし、お年玉をもらった子どもがもっと大きな金額を期待していた様子であれば、平均額を伝えると納得してくれるでしょう。 高校生 高校生へのお年玉も『5,000~1万円』が相場です。 中学生から引き続きの5,000円でもお年玉として妥当であるうえ、1万円にランクアップするのも珍しくないでしょう。 自分でお金を管理できる高校生には、渡す人や家庭の考え方によってお年玉の金額が異なります。 1万円を超す額のお年玉を渡したい場合は『端数を図書券や商品券にする』のも一つの手です。 受験対策で書籍代が増える高校生には、喜んでもらえるでしょう。 まだ小さい子どもにあげる場合 赤ちゃんや未就学児などにも、お年玉を渡すのが正解なのか迷うところです。 子どもが小さい場合にお年玉を用意すべきかどうか、また金額的にいくらくらいがよいのか見ていきましょう。 赤ちゃんはプレゼントでもOK 本人がお金の意味を理解していない赤ちゃんなどには、金銭ではなくおもちゃや絵本などのプレゼントをお年玉代わりに渡すのがよいでしょう。 出産祝いや誕生祝いを渡していない場合は、両親に向けて商品券などを準備するのもOKです。 金額の相場ですが、赤ちゃんへのプレゼントは『1,000円』程度で十分でしょう。 未就学児のお年玉はいくら? 就学前の保育園児・幼稚園児には『1,000円~2,000円』が相場です。 ただし、甥や姪以外の親戚の子どもや友人の子どもには、お菓子やおもちゃで十分でしょう。 年中や年長などの子どもであっても、両親の教育方針でお金を持たせない家庭もあります。 現金でお年玉をあげたい場合は『両親に渡す』のがベターです。 親戚の集まりなどでほかの人が未就学児に現金を渡している場面や、きょうだいやいとこなどが現金のお年玉をもらう場面に遭遇することもあります。 両親が見ているときであれば、同じタイミングで本人にお年玉を直接手渡すのは問題ないでしょう。 お年玉をあげるときの注意点 子どもたちにとってはお正月最大の楽しみといえるお年玉は、大人同士のトラブルがないようにスムーズにやりとりしましょう。 お年玉をあげるときに注意すべきマナーや、注意点を見ていきます。 親戚間でのトラブルを防ごう お年玉を子どもに渡すときは「あげた」「もらっていない」といったトラブルを避けるため『大人が同席している場』で渡すようにしましょう。 ぽち袋の表面には渡す子どもの名前、裏面には自分の名前を書きます。 『誰が誰に渡したお金か』をはっきりとわかるようにするのが大切です。 親戚での集まりの場合、自分の子どもや甥・姪などの近しい子ども以外にもいとこや遠い関係性の子どもがいる場合もあります。 関係性の違いで子どもに渡すお年玉の金額に差が出るとトラブルになりかねません。 『同じ学年の子どもには同一の金額を包む』ようにしましょう。 相場にとらわれることなく、大人の間で金銭やどこまでの関係性の子どもにお年玉を用意するかなど、事前にすり合わせておくと安心です。 目上の人の子どもには渡さない お年玉の由来は諸説ありますが『正月にお 供えした餅のお下がり』だともいわれているようです。 上司や先輩など、立場が上の人の子どもにお下がりの金銭を渡すのは失礼にあたります。 普段お世話になっている上司や自分の子どももかわいがってくれる先輩などの子どもには、おもちゃや絵本といったプレゼントをお年玉代わりにあげるのがよいでしょう。 子どもが小学校高学年以上の場合は、図書カードや商品券などでも大丈夫です。 目上の人の子どもに渡すケースでは、お年玉ではなく『お年賀』と書かれた袋を用意しましょう。 喪中の場合は言葉を変える お年玉を包む相手に不幸があった場合、お年玉を渡してよいものか悩みます。 たとえ喪中であっても、子どもには幸せな気持ちでお正月を過ごしてほしいものです。 お年玉として現金を包むなら『文具代』『図書代』などとして渡しましょう。 華やかすぎるぽち袋も避けたほうが無難です。 無地の白封筒の表面に名目代と子どもの名前、裏面に自分の名前を書きましょう。 本来予期していなかった通夜や葬式で現金を包むなら『旧札』、ご祝儀やお年玉は『新札』を準備するのがマナーです。 現在は、簡素化されてお年玉にわざわざ新札を準備する人が減っています。 しかし、喪中である相手こそ、受け取った子どもやその家族が明るい気持ちになるような渡し方を心がけましょう。 文/編集部.

次の

お年玉の小学生の相場!孫・甥・姪等の場合や地域差、使い道も解説

小学生 お年玉 相場

こんにちは、ファイナンシャルプランナー2級と夫婦カウンセラーの資格を持つヨムーノライターFujisawaです。 この時期はお付き合いでお年玉を親戚や友人、近隣の子どもにあげるという方も多いと思います。 でも「はじめてのことで相場がわからない」「中学生になったし額を上げたほうがいいのかな?」と金額に迷うこともあるのではないでしょうか。 人数が多いとなるとまとまった出費になるお年玉。 そこで今回は、ファイナンシャルプランナーと夫婦カウンセラーのお仕事を通じてヒアリングした情報を元に、お年玉の相場を学年、年齢別にまとめてみました。 「お年玉文化」について もともとは新年を祝うために贈られる金品のことを「お年玉」といっていましたが、現代では年明けに子どものお金をあげる習慣が「お年玉」として定着しています。 また、お盆にもお金をあげる「お盆玉」の習慣も徐々に広がりをみせ、子どもに対しての出費と収入の機会が増えています。 渡し方のポイント ポチ袋に入れて渡すのがマナーです。 想定していなかった来客や急に手渡す場面を考えて、年末年始にかけてポチ袋を常備しておくことをおすすめします。 また外出先で手渡すことも考えて普段使っているバックにもポチ袋を忍ばせておくと良いでしょう。 お財布の中にきれいなお札と500円玉を用意しておくと慌てません。 年明け、お正月中に渡すのが望ましいですが親しい間柄では年が明けてから初めて会うタイミングでお金を渡すこともあります。 その場合のポチ袋はお正月カラーが出ていないものがおすすめです。 乳幼児(0歳〜2歳) この時期はまだ子ども自身がお金をもらったということもよくわからないので、お年玉自体あげないという方もいます。 特に友人の子どもや近所の子どもにはあげないという方が多数でした。 親類の子どもにあげる場合は「1000円」という割合が高く、「大人に手渡すのに500円は失礼な気がする」という意見も。 子どもがお金の価値がわかるようになってからお年玉を渡しても失礼にはならないでしょう。 未就学児(3歳〜6歳) 子どもが成長して3歳くらいになると、お年玉をあげるという方が多数です。 このとき子どもに手渡しでもいいですが、小さい子はついうっかり失くしてしまったり、親にお年玉を貰ったことを報告し忘れてしまうこともあるので親が見ている前で渡すのが無難です。 金額は500円と1000円が平均的でした。 高額な場合でも「3000円」で、お年玉を渡す側の年齢が上がると相場も上がる傾向があります。 お年玉の相場には経済的な余裕も関係しているようです。 小学校低学年(1年生〜3年生) 小学生に上がると1000円〜3000円が相場になります。 地域性があるかもしれませんが、「2000円は割り切れる数字なので3000円もしくは1000円にしている」という方も。 また、親しい親類間では渡す相手の子どもの数によっても調整しているケースもあり、自分の子どもが1人で3000円受け取った場合、相手の子どもが2人なら「2000円ずつ」など格差ができないように工夫しても失礼には当たらないでしょう。 小学校高学年(4年生〜6年生) 圧倒的に1000円という割合が減って「3000円」が大多数になります。 また祖父母からもらう金額と親世代でもらう金額には開きがあり、祖父母から受け取る金額は相場とかけ離れているので「子どもの頃はこのくらい貰ったから相場は5000円くらいかな?」と、渡していると周りとズレがあるかもしれないので注意です。 貰ったほうでもそのくらい返さなければならないと負担になります。 中学生 「3000円」が相場で、ついで「5000円」という割合が高いです。 一般的なマナーとして「4」という数字は嫌われるので4000円はNG。 子どもの数や学年が一緒の場合は相場に関わらず「3000円を貰ったから3000円」という割合も高いです。 そのため相場とは別にマナーとして「同額返し」という考えもありますね。 高校生 「5000円」次いで「10000円」という割合が大半を占めます。 「5000円」もしくは「10000円」が相場と言えるでしょう。 ひとつ地域性の問題があり、沖縄県に関しては年齢、学年に問わず「一律1000円」と言われています。 もし他県から沖縄に行った場合は地元の習慣に習ったほうが良いでしょう。 住んでいる地域になんらかの習慣がある場合にもそちらを参考にすると思わぬトラブル回避になります。 大学生 高校を卒業になるとお年玉はあげないという方も多いようです。 大学生の場合はまず「10000円」が相場。 金額も大きいので経済状況と関係性によって省略させていただいても失礼にはならないでしょう。 まとめ 高額過ぎるお年玉はもらう相手に返って負担をかけてしまうので相場を参考に、お互い無理のない範囲で渡すことをおすすめします。 お年玉は贈答品とは違ってはっきり額面で金額がわかるものなので気を使いますが、子どものために使えるという点では貰ってありがたくあげて嬉しいものです。 もし年齢によって子どもが使うには不相応な額を貰った場合は、貯金してあげると将来的に役に立つので受け取ったお年玉の使い方については是非子どもと話し合ってみてください。

次の