捨てられた皇妃 誰とくっつく。 捨てられた皇妃。

【協力願い】捨てられた皇妃人気投票‼今後の展開も皆で予想しよう‼

捨てられた皇妃 誰とくっつく

1度目の人生で、お告げにより生まれたアリスティアは幼い頃から皇后になるための教育を受け、 皇后になることを夢見て、皇太子のルブリスを愛した しかし、突如、から美優と言う少女が現れ、アリスティアは皇后ではなく皇妃として迎えられ、その結果悲しい最期を迎えた…はずだった、 ところが目を覚ますと自分は9歳に戻っていて… と言う感じの内容のお話なのですが、 最初の数話、6話くらいまでは、あまりにもアリスティアが可哀想すぎて目も当てられませんでした… 美優はただ、文化の違うからやってきて、いわば巻き込まれた側なので、 自分の生まれ育った故郷の考え方を持っているだけで、悪くなくはないですが、ある程度この世界のことをわからないことは仕方がないにしても、皇后になるために生きてきたアリスティアが憤慨する気持ちも十分に理解ができます。 しかし、ひどいのはルブリスですね、彼はアリスティアの話を何一つ聞かず、なぜ怒ったのかを聞かないし、ただ美優が泣いていたと言うだけで、アリスティアが何かをしたと決めつける、この辺りは何度読んでも泣けてしまいます。 転生してからはなんとか1度目の人生を回避しようと運命を変えようと、騎士を目指し剣術を習ったり、アリスティアの奮闘が垣間見れます。 また1度目の人生では関わっていないキャターとの交流や、ルブリスとの関係も1度目の時とは変わってきて、ほっこりする瞬間もあるのですが 最近は、各国の王女様が皇太子妃候補としてやってきています。 1度目の人生とは変わってきていて、今後の展開が気になりますね! 2外科医 は1度目の人生、性格が悪く悪女皇后と呼ばれ、最後には火炙りで処刑されてしまいますが、その後地球に転生します。 そこでは前世の過ちをしようと外科医として生きていくことを決め最年少で大学教授になるほどの天才でしたが飛行機事故にあってしまい2度目の人生を終えてしまいます。 しかし、目を覚ますと、1度目の人生で処刑される10年前に遡って転生していて… 3回目の転生って言うのはなかなか新しいな…と思って引き込まれた作品です。 主人公の1度目の人生の階層は度々出てきますが、目つきもですが本当にきつい性格でわがままな女の子なのですが、今は2回目の人生で改心し、医者をやってきたおかげか 打って変わって穏やかで優しい、それこそをイメージするような女性で顔つきもとても柔らかくなりました。 人間変わるのって相当難しいことだとは思うのですが、ここまで変われる主人公はすごいなと好印象です。 そして、1度目の人生を悔いているは、同じ人生にならないように皇太子との婚約を回避し、医者として生きようとするその姿は応援したくなります! 皇帝の一人娘 25サイトいう若さで人生の幕を閉じた彼女は、 暴君皇帝のの一人娘として、 に赤ん坊として転生していた。 初めて彼の目にかかると、首に手をかけられるが、泣き出さなかったことで気に入ったのか「」と名付けられる。 果たしては無事成長することができるの とても物騒な父親は暴言も多く、問題発言も多いですが、 次第に子供を可愛がっている様子がわかるようになり、 最初は他の兄弟同様、成長したら売り飛ばすと言っておりましたが、今はそんなそぶりも見えないくらいの愛着があるのか、いつしかになってきましたね。 そんなが大好きなのですが、個人的にはアシシが好きですね 多分リア(主人公の略称)とは親子くらい離れてるのですが、なんか押したくなるくらいお似合い。 ある日、お姫様になってしまった件について 薬を飲んで寝たはずなのに、気がついたら赤ん坊になっていたアタナシア その名前と、自分が置かれている状況は転生前、お客さんの忘れ物で読んだ「可愛らしいお姫様」という作品の主人公とは別の悲運をたどる姫と同じだったからだ。 物語の結末を知っているアタナシア悲運のお姫様は嫌だと、皇帝に会うよりも先に逃亡資金を集め始めるため、キラキラしたお金になりそうなものを探していると、小説の予定よりも早く皇帝に会ってしまい… 絵が本当にキラキラしていて他のイラストにはない魅力に引き込まれてしまいますが、最初の方は本当に父親である皇帝がアタナシアに会いに来ず、ルビー宮の侍女たちからはぞんざいに扱われていたのですが、いざ父親と対面してみると予定より早いからなのかかなり待遇が良くなり、頻繁に会うようになります。 ここまでの様子を見ていると、どうやらアタナシア自身の問題というよりも、アタナシアのお母さんとの思い出で苦しめられているのかな…?だから会えなかったのかなという印象を持ちます。 そんなこんなで小説よりはいい人生を歩んでいる一方、ジェニットの様子もちょこちょこ耳に入ってきたり、ジェニットとくっつく予定の男主人公も出てきましたが、少し彼といい感じになってて、読んでて胸キュンしちゃいます。 彼女が侯爵邸へ行った理由 謎の死を遂げた彼女は、小説の中の世界に入り込んでしまった。 脇役の「レリアナ」として。 婚約者に自分が殺されるという小説の内容を覚えていた彼女は、その運命を回避するべく、婚約破棄を目途む。 そのために彼女は王位継承者序列一位の「ノア」に近づき、取引を申し出るが… ノアとの関係もとても気になっておりますが、 個人的に謎解きの部分が結構楽しみな作品です。 本来来るはずの人がそこに来なかったり、連絡を取ろうとした相手と繋がらなかったり、 レリアナ転生前の記憶がないのは、漫画だからその辺りはそういう設定ってことなのかな?と思っていたことが、以外に今後の伏線につながっていそうだったり。 この辺りが今現状 すごく気になっております。 なんとなく本来の小説の主人公も出てきそうですし… スポンサーリンク onigahi.

次の

漫画「盗掘王」77話のネタバレと感想!あらすじまとめ

捨てられた皇妃 誰とくっつく

【閲覧注意】捨てられた皇妃の結末完全ネタバレ アリスティアはだれと結ばれるの? 皆さん、ここが一番気になる所ですよね。 アリスティアをめぐって男の子たちの壮絶な争いがありました。 (実際はそこまで壮絶ではなかったような) 最終的に誰とくっつくのか。 もういっちゃいますよ? 選ばれたのは皇太子・ルブリスでした。 ・・・綾鷹みたいに言うなよ あれだけルブリスから逃げようと剣術も頑張ってきたのに、結局運命には逆らえないんかい!と思った皆さん。 どうぞご安心ください。 ルブリスは逆行前とは打って変わって、アリスティアにベタぼれです。 結婚した後に子供ができるのですが、息子であるエイドリアンが記した日記という設定の外伝では、もうラブラブすぎてみていて恥ずかしいといった内容がかかれています。 エイドリアンの日記、読みたい・・・!韓国では小説として公開されていますが、ぜひとも漫画も読みたいです!お願いします! 【関連記事】エイドリアンの日記が気になる方はこちら スポンサーリンク 美優は現れるのか 一回目の時と同様、美優は現れます。 しかし、どうやら美優も2回目の人生を歩んでいるようです。 というのも、現れた際に「ティア、久しぶり」といいます。 初めて会ったはずなのに久しぶりっていうのは変ですよね。 美優はルブリスとくっつくことはなく、帝国側とは対立する貴族側につくみたいです。 アリスティアとルブリスの関係を邪魔することはなさそうです。 ちなみに、アリスティアが1回目の人生で処刑された後のことが書かれた小説があるようですが、そこでは、美優が皇后の仕事が一切できずにルブリスが苦労するといった描写があります。 ルブリスは処刑した後に、アリスティアは自身のことを想っていてくれていたんだと感じ、どんな人だったのかなと気になっているようです。 自分で酷いことをしておいてなんて奴だ! でも逆行後のルブリスは違うようで安心しました。 アレンディスとカルセインはどうなるの? この二人、アリスティアのことが気になっていましたよね。 アレンディスに関しては求婚までしてましたし。 詳しいことは書かれていませんでしたが、二人との関係(恋愛感情ね)は最終的に終わりを告げるそうです。 まあ、皇太子と結ばれるのですから邪魔できませんよね。 そんなことしたら首をはねられかねません。 ただ、アレンディスエンドを楽しみにしていた私にとっては少し残念です。 でもアリスティアが幸せならそれでOKです(なんかどっかで聞いたことあるセリフやな) 【最新話】各話ネタバレはこちら これからもアリスティアをよろしく! ネタバレを読んでしまったとはいえ、これからも「捨てられた皇妃」を応援しますよ!あのきれいな絵柄でアリスティアとルブリスが並んで、笑顔で手を取り合っているところがみたいです! 皆さんも「捨てられた皇妃」読んでいってくださいね。 【ネタバレまとめ】1話ごとのネタバレはこちらから.

次の

来世は他人がいい【第9話ネタバレ】霧島と翔真が一色触発?!翔真と吉乃の仲をみた霧島は・・・?!

捨てられた皇妃 誰とくっつく

NARUTOを1~60まで揃えることに成功しました。 若干抜けていたりするのは致し方ないですが、ようやくです。 いつか揃えたい…あ、でももうジャンプ見る限りおわりそうだし、いっそ全巻セットに望みをかけよう。 と諦めていた私を神は見捨てなかったようで、弟が戦利品とばかりに持って帰ってきました。 ありがたいです。 ナルト見ると私絶対号泣します。 なので泣きたい時はナルトを見ていました。 ザブザのときは死ぬほど泣きました。 感動をいつもありがとうございます。 ナルト大好きです。 そして一気読みして、我愛羅の身長に悶え苦しみながら、公式ナルヒナに吐血しそうななりまして、我愛羅の可愛さに鼻血だし ry とりあえず、私はヒナタを全力で推しています。 かわいいしおとなしいしかわいいので。 ナルトヒナタのこと好きって言ったことあるしね!でもどうして告白の返事とかそうゆうのスルーなの?ナルトイケメンになって強くなったからってそうゆうのダメだと思うんですよ。 女の子の命をかけた告白だからね ということで、ナルヒナ不足を補うため自給自足を送ることにしました。 色々ナルトで語り出すとめっちゃうざくなるのでここまでにします。 もう既にうざいのですがね手遅れってやつです。 そよぐ風にたなびく艶やかな長い黒髪。 穏やかな優しそうな雰囲気の女性の名は日向ヒナタ。 河川敷をぷらぷら歩くイメージのない彼女がなぜこんなところを歩いているかというと、ふと思い出したことがあったからだ。 そのふと思い出したことというのは、ヒナタが幼い頃から恋焦がれていた真っ直ぐな少年のことであった。 ヒナタが幼い頃に家での自分の立場が悲しくなって飛び出したことがあった。 もしかしたら誰かが追いかけてくれるんじゃないか、と心のどこかで思い浮かべてひたすらに走ってたどり着いたのがここ、河川敷だった。 けれどいくら待ったところで誰一人としてヒナタを迎に来ることはなく、日だけが暮れていき当たりはもう夕焼けのオレンジに染まり出していた。 悲しくて辛くて、こんなのとなら自分はいなければいいのだろうか。 そんなことまで惨めに考えて、ヒナタは「川に飛び込んだら、誰かが心配してくれる」と勢い良く立ち上がった。 そしていざ、とばかりにぎゅっと目をつむり川に飛び込む。 ザバッ!辺に水が飛び散る音と、自分の額に感じた鈍い痛み。 ゆっくり目を開けると、四つん這いになった自分の手と折り曲げた足元。 川の水嵩が立ったらくるぶしほどしかないことに一人で顔を赤くした。 勢い良く飛び込んで額もぶつけてしまったし、こんなところ誰かに見られでもしていたら恥ずかしくて死んでしまう。 一人もんもんと考えていたところに「ぶぁっはっはっはっ!」と高らかな笑い声が聞こえた。 驚いて振り返ると、そこには金色の髪と蒼い目をした自分と同じ年頃の少年がお腹を抱えて笑っていて、ヒナタは「いつからいたの」「笑われてるってことは最初から?」と顔を真っ赤にして俯く。 ヒーヒー笑いながら近づいてくる少年が「お前面白いな」と水の中に片足を入れて、スッと手を差し出してきた。 「あのさ、あのさ。 それってばなんていう遊びだってばよ」とニカッと白い歯を見せて笑いかけてきた。 ヒナタは躊躇いがちにその手を取って「あ、遊びじゃない…よ」と小さく呟いた。 陽だまりのように笑うその少年にヒナタが見とれていると、少年はいきなり服のジッパーを下げてヒナタの体をスポッと自分の服で包んだ。 ヒナタはされるがままあわあわとその動作に合わせるように袖に腕を通す。 すこしダボっとした服の袖から指先を出して「え、えっ」と目を丸くすると「遊ぶのはいーけどよ、そんな格好でいたら風邪引くってばよ」にししとはにかみ「あ、オレってば走ってたから汗かいててちょっと臭いかも!ごめんってばよー」と手と手を合わせて謝罪する少年に、ヒナタはぼんやりとその動作を見つめながら「ううん」とうわ言のように呟いた。 「すごく、あったかいよ」 ふわっとヒナタは嬉しそうに笑い、彼の服の袖で自分の口元を隠した。 一瞬その少年の手がぴくっと動き、ヘラヘラと笑っていた顔が引き締まったがすぐに「それならよかったってばよ!」と頬を桜色にして笑った。 あの時はまだ小さかったし、お互いの名前とかも聞かなかったけど、アカデミーに入ってしばらくしてナルトくんがあの時の子だって気がついた。 懐かしいなぁ…河川敷を見つめてふふっと笑う。 今では水の上で立つことも歩くこともできるし、あんな風にずぶ濡れになることはない。 ヒナタは足にチャクラを集中させて水面をヒタヒタと歩いた。 くるっと後ろを振り返り水面を除きこむ。 小さい頃は浅瀬って気がつかなかった… あの頃は周りを見てるようでちゃんと見ていなかったってことなんだろうな。 「ん?」 浅瀬を見るために中腰に屈んでいたら、ヒナタの目に緑色の物体が映った。 それに目を奪われ、よく見ようと目を凝らしたとき、それは突然跳ね上がりヒナタの眉間に向かって飛び出してきた。 「きゃっ、きゃぁぁ!」 フラフラっと後ろに倒れていく感覚と咄嗟に手に回せなかったチャクラのせいで、水にスッと入り込んでいく感覚。 ひやりとした水が尻餅をついて、しかもそのまま背中までドテンと間抜けなくらい転がって、水中に身を沈めることになってしまった。 「ううっ……」 緑の物体はゲコゲコ泣きながら草むらに逃げていき、ヒナタは無様な体勢ではぁとため息をついた。 その時「ぶぁっはっはっはっ!」と聞き覚えのある笑い声が聞こえて、そちらにパッと目を向ける。 その人物はスタッと川べりに降り立ち、スタスタと自分の方に近づいてきた。 「なにしてんだってばよ!ヒナタ」 「ナルトくん……い、いつから」 「んーとね、ヒナタがなんかをじぃーーっと見つめだした辺りからだってばよ!」 「ううっ」 そんなに早くから見てたなら声かけてくれればいいのにっ。 とヒナタは心の中で思い、それをぐっと我慢して「あははっ。 カエルに驚いちゃって」と照れたようにそう言った。 ナルトはヒナタを川から引っ張り起こして「ヒナタってば相変わらずなんかどっか抜けてるっつーか…間抜けっつーか……どんくさいってばよ!」と満面の笑顔で言った。 ヒナタは「ああ、うん…ははっ」と散々な言われようにうっすら涙を浮かべた。 「おおっと」 「わっ!」 「ヒナタめちゃくちゃ軽いってばよ、ぶん投げちまいそうになったってばよ」 「う。 へっ?え?そんなことないよ!あのっえっと、あの 」 「どうしたんだ?ヒナタ」 引っ張り起こしたのはいいが、勢い良く引っ張ったせいでヒナタの体はナルトにぴったりくっつくような形で受け止められた。 その状況に一人あわあわと慌てるヒナタに、ナルトはそんなヒナタの感情も知りもせず「ヒナタ熱でもあるのか?」と心配そうにヒナタの顔を見下ろした。 二年間で伸びた身長ときりっとした顔つき、まだ少しあどけないところはあるが、14歳の少年とは違う色を持ち始めていて、ヒナタはぐっと唇を噛み「だ、大丈夫!」とナルトの胸を軽く押した。 その胸板もやはりというべきだろう、かなり筋肉質になっていて、どこをどうとってもナルトが男の人であり、自分の好きな人だと思わされる。 ぎゅっと目をつむって俯いていると、ぶわっと彼女の肩になにかが掛けられた。 ぱっと顔を上げると「そんな格好でいたら風邪引くってばよ!」とにかっと笑ってヒナタの肩に手を置いた。 ヒナタは自分の肩に掛けられたナルトの上着をきゅっと小さな手で握って「あ、ありがとう。 ナルトくん」と頬を染めて笑う。 ナルトはその表情にぐっと喉を詰まらせた後「こほん」と咳払いして「やっぱりヒナタ、風邪ひいてるっぽいってばよ!」ともう片方の手もヒナタの肩に乗せて「てことで、送ってってやるってばよ! 」と彼女の額にこつっと自分の額をぶつけた。 ヒナタはあまりの顔の近さに驚き、至近距離で目が合わさったことで、ふらっと意識を手放してしまった。 ナルトが弾かれたようにヒナタの手を掴んだことで2度目の入水は免れたが、ナルトは大きく「はぁ」とため息をついて「変わってないなぁヒナタは」と呆れたようにくすっと微笑む。 ヒナタをふわっと抱えあげて「ヒナタも十分すぎるくらいあったかいってばよ」と呟いた。 ぬくもり交換 あ、あれ? 目が覚めたかヒナタ! なっナルトくんっ!……はう え?……えええっ!?また気絶したのか?! [newpage] おまけ ヒナタは今迷っていた。 洗濯する前のナルトの上着を手にして「ダメダメ」と首を振る。 しかし、その袖口が首元が「おいでよ」と、言わんばかりにきらきら輝いて見えて、ヒナタはこくりと唾を飲み込み「ナルトくんごめんなさい」とふわっと腕を袖に通して、ジジジッとジッパーを上に上げた。 「……えっ?」 ぐぐっと上に上げようと手を動かしてもそこから上には一向に上がることはなく、むしろ息苦しささえ覚え始め「まさか」と恐る恐るその詰まった原因をちらりと目で見てみる。 ジッパーはへその上あたりまではなんとか上がった。 問題は腹ではなく、胸のようでふくよかなそこから上にはどうにもこうにも上がりそうにはなく、わけのわからない虚しさと疲労感と背徳感が生まれた。 ヒナタは悲しい手つきでジッパーを下げて静かにナルトの上着を洗濯機にそっと入れた。 変わったのは胸囲でした あれ、なんかすこし伸びたような…… え、えっ、ごめんなさい。 伸びる素材だって知らなくて の、伸びる素材?伸びる素材ってなんだってばよ 私もわからないんだけど、ちょっとふやけちゃったのかなぁ!なんて… 私が着たから伸びたなんて絶対言えない! へぇ、不思議なこともあるんだなぁ そ、そうだね ああ、やっぱナルトくんって…いいなぁ.

次の