遠井あかね。 ジェルOfficial <最新:アニメ動画>

ジェルOfficial <最新:アニメ動画>

遠井あかね

概要 のメンバー、ジェル氏が自身のYouTubeチャンネル『ジェルOfficial』にて投稿している動画シリーズ。 主人公のジェルとヒロインの遠井さんを中心に展開されるハチャメチャな学園生活が乙女ゲームの体で描かれる。 登場するキャラクターの声は老若男女問わずほぼ全員ジェル氏本人が演じているが、見事に演じ分けており、特に女性キャラクターは男性のジェル氏が演じているとは思えないほど。 登場人物 主要キャラクター ジェル 本シリーズの主人公。 オレンジの髪と服が特徴。 肩書は天才最強エンターティナー。 得意教科は保健体育。 イケメンだが色々な意味で常識はずれの変人であり、その常軌を逸した言動や現象で遠井や先生などの常識人達を困惑させる。 ゲームを作ることもあるが、何れもおかしな物ばかりである。 遠井に好意を寄せてはいるもののこれらの言動から若干煙たがれ気味。 とはいえ、それなりに良好な関係を築いている。 しかし、初期こそ上記のような変人としての側面が目立っていたものの、最近は 他にぶっ飛んだキャラクターが多数登場したこともあり)やや大人しくなりつつある。 遠井あかね 本シリーズのヒロインにしてもうひとりの主人公。 得意教科は英語。 何かと価値観がズレている人物ばかりのシリーズ中屈指の常識人であり、ツッコミ役。 しかしそれ故に、可笑しな場の雰囲気に取り残されることも。 ただし、動画によってはジェル達と一緒に変な役に回ったり、ジェルと「ボケ・ツッコミ」の役が入れ替わることもある。 また、貧乳であることを気にしているらしく、ジェルや父親にイジられる羽目になっている。 ジェルのことは基本煙たがっているようであり、一度付き合うことにするも嫌気が差して別れを切り出すが、なんだかんだで実は好意を持っており、良好な関係である。 乙女ゲームの体をとる本シリーズにおいて主人公視点のキャラクターであるため暫くは正式なビジュアルが明かされず、リスナーの書いたイラストや購入した立ち絵などのみで描かれていたが、後に正式なビジュアルが発表された。 なお、「遠井」という苗字はジェルとの初対面時のやり取りにおいてジェルが名前と勘違いして呼び始めたもので彼女の本名ではない・・・はずなのだが、結局本名は明かされぬままクラスメートや教師にまでも「遠井」と呼ばれており、遂には自ら名乗り始めるなど、最早本名でないことが忘れられつつある。 自分の台詞の文字やテキストバーを実体化し武器にする特殊能力の持ち主。 私ちゃん 「らぶこめスクール!」編にのみ登場する。 元々一人称視点にいた遠井がNPC側にまわった為、代わりにプレイヤーの視点に立つ主人公キャラとなった。 1キャラクターとしての個性を持っていた遠井と違い、純然たる恋愛ゲームの主人公であり、ビジュアルは勿論、声も当てられていない。 物静かで大人しそうな、典型的な乙女ゲーム主人公でボケもツッコミも殆どしない。 状況の収拾がつかなくなるとゲームを終了する。 「らぶこめスクール」編以降の登場はない。 クラスメート ゆりちゃん 遠井の親友。 やや色っぽい話し方が特徴で、高校生ながらガールズバー等でバイトしたり、ホストめいた店に躊躇なく入っていくなど少々アダルトな性格。 それ以外ではボケることは少なく、基本的には常識人。 長らくシルエットで描かれ、尾宅の『シルエット卒業ボタン』を使うも雑なイラストになってしまい、その後ものみたいになったりな見た目になったりとビジュアルに恵まれなかったが、遂にショートヘアの少女としてのイラストがついた。 ももちゃん(望月もも) ジェル達と同じクラスの女子で、大財閥望月家の令嬢。 電化製品を食そうとするなどジェル以上にぶっ飛んだ性格の不思議少女。 それ故にジェルと会話した場合会話の内容がカオス過ぎてほぼ確実に遠井が置いてけぼりを喰らう。 当初はシルエットで描かれたが尾宅くんからクリスマスプレゼントとして貰った「シルエット卒業ボタン」により、ピンク髪の美少女の姿を手に入れた。 尾宅くんに好意を抱いており、彼に対してはヤンデレと化すが残念ながら関係は進展していない。 尾宅くん ジェル達の同級生男子。 肥満体型に鉢巻に眼鏡、少女がプリントされたシャツと典型的なオタクのような風貌をしている。 しかし、その反面とんでもない開発技術を持っており、他人からの好感度が数値で見れるようになる『好感度丸見えレンズ』や、ビジュアルがシルエットで描かれているキャラクターにちゃんとしたイラストを与える『シルエット卒業ボタン』など、数々のアイテムを発明している。 謂わば本シリーズにおける。 普段は上記のようなルックスであるが、眼鏡を取ると筋肉質なイケメンへと変貌する特殊体質。 ゴリラくん ジェル達の通う学校に転校してきたゴリラ。 人語が話せるわけでもなくバナナが好物の本当に唯のゴリラなのだが、遠井以外の人物からは当たり前のように受け入れられている。 パンダくん ジェル達の通う学校に転校してきたパンダ。 長崎出身。 ゴリラくんと違い、人語を話す、直立二足歩行であるなど、知能は人間並だが、歩き方といい顔と言い言動と言い、何から何までが怖い。 しかしやはりというか遠井以外の人物からは特に恐れられておらず、唯一マトモな反応をしている遠井は「人を見た目で判断するんじゃない」と非難される始末で、「私が間違ってるのかな」と自信を無くしてしまった。 山田サタン 紫の髪が特徴の転校生。 中二病を患っており、『暗黒界より舞い降りし』を自称する。 ジェルに対し「同じ匂いがする」と言い、中二トークを展開するも、世界観を共有出来ず話は噛み合っていない。 あかねからは「遠井さんシリーズで一番ムカつく」、先生からは「嫌いなタイプ」と常識人達からの評判は芳しくない。 素は人見知りであり、それを厨二病的言動で紛らわせている面がある。 家族 遠井あけみ あかねの母親。 あかねに勉強するようしつこく言ったり異性との付き合いに厳しかったりと厳格な面もあるが、娘であるあかねを心から愛している。 女遊びが激しい夫のことはゴキブリ扱いしており、離婚を考えるほど愛想をつかしたこともあるが、あかねが生まれたことから、結婚したことは後悔していない。 長い間シルエットで描かれたが、『シルエット卒業ボタン』によってイラストの姿を得た。 ロングヘアーの美女である。 遠井純平 あかねの父親。 バイトに行くあかねを咎め真面目に勉強し立派な大学に行くよう説教したり、異性関係を一切許さなかったりと、見た目と相まって厳格で気難しい父親に見える。 しかしその実態はシリーズ屈指のダメ人間であり、キャバクラやメイドカフェなどの店に嬉々として通い詰める、ナイトプールで女性を眺める、娘の同級生相手にナンパをする、リビングで堂々とエロ本を読む、合コンに行く、娘の貧乳に不平を言う、娘の入っている風呂に入ってくるなど、妻子持ちにあるまじき行いが目立つ。 その酷さたるや、ジェルをして「クソ」と言わしめるほど。 そんな性格のため妻と娘からは愛想を尽かされており、あかねからは「結婚式とか来てほしくない」「ミジンコの方がまだ愛せる」等と酷い言われようである。 ただ、会社では部長の座についており、離婚を考えていたあけみが給料を理由に離婚を思い留まるなど稼ぎもそれなりにあるようで、先生曰く「ATMとしての役割は果たしてる。 」 性格に問題があるとはいえ、無能ではないというべきか。 ジェルのおじいちゃん ジェルの祖父。 スケベであり、あかねにセクハラめいたナンパをしたことも。 普段ジェルに修行をつけているようで、その際はジェルがで聞いたことのある詠唱を行い。 ジェルの母 ジェルの母親。 といっても、キャラクターではなくジェル氏のリアルなお母様である。 その為、登場する際は打ち合わせが必須である。 動画内でジェル氏の本名を呼んでしまったことがある。 (流石にピー音が入ったが。 ) 登場人物の中で数少ないジェル氏が演じていない人物である。 その他 先生 ジェル達のクラスの担任教師。 授業中もジェルの言動に悩まされる。 基本常識人だが、ジェルモンドの授業やゴリラくん、パンダくんの在籍に何の違和感も抱かないなど、遠井に比べて異常事態に鈍い。 無論、全員各メンバー本人が演じている。 ピンクの髪が特徴。 肩書は脱糞ゲーマー。 得意教科は国語。 俳句コンクールで入賞したこともある。 爽やかな性格だが、何かと排便したがる困ったところがある。 紫の髪が特徴。 肩書はカリスマキング。 得意教科は数学。 数学のテストでは100点をとり、天才生徒会長るうとに唯一並ぶ秀才と呼ばれる。 圧倒的カリスマの持ち主で、自分の立ち上げた動画配信部の部員を1日で170人集めるほど。 しかしキレるとかなり怖い。 とのコラボ動画にも登場したが、うさぎさんの道具「ゆるふわ変身機」せいで、とある姿に・・ 黄色がかった髪が特徴の生徒会長。 テストでは全教科の平均点を99点取るほどの天才で、可愛くピュアな生徒会長として巷で噂になっていた。 が、その本性は口が悪く、調子に乗った生徒を始末しようとするなど腹黒い人物。 特にジェル・ななもり・さとみの三人を「調子に乗っている」として敵視している。 赤毛に犬の耳が特徴の生徒副会長。 テストの平均点は95点と、るうとには一歩譲るものの、天才である。 生徒会メンバーの中では唯一の常識人。 犬の耳は着脱可能だが、最大のチャームポイント故か、外してしまうと人前に出ても気づいてもらえないことがあった。 水色の髪が特徴の生徒会の下っ端。 学業全般が苦手で、テストの平均点は5点。 これが理由で生徒会どころか学校をやめさせられかけたこともある。 また、すとぷりメンバーのなかで唯一留年したが、るうとの権力により免れている。 時折猿化する。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

遠井さんシリーズ (とおいさんしりーず)とは【ピクシブ百科事典】

遠井あかね

概要 のメンバー、ジェル氏が自身のYouTubeチャンネル『ジェルOfficial』にて投稿している動画シリーズ。 主人公のジェルとヒロインの遠井さんを中心に展開されるハチャメチャな学園生活が乙女ゲームの体で描かれる。 登場するキャラクターの声は老若男女問わずほぼ全員ジェル氏本人が演じているが、見事に演じ分けており、特に女性キャラクターは男性のジェル氏が演じているとは思えないほど。 登場人物 主要キャラクター ジェル 本シリーズの主人公。 オレンジの髪と服が特徴。 肩書は天才最強エンターティナー。 得意教科は保健体育。 イケメンだが色々な意味で常識はずれの変人であり、その常軌を逸した言動や現象で遠井や先生などの常識人達を困惑させる。 ゲームを作ることもあるが、何れもおかしな物ばかりである。 遠井に好意を寄せてはいるもののこれらの言動から若干煙たがれ気味。 とはいえ、それなりに良好な関係を築いている。 しかし、初期こそ上記のような変人としての側面が目立っていたものの、最近は 他にぶっ飛んだキャラクターが多数登場したこともあり)やや大人しくなりつつある。 遠井あかね 本シリーズのヒロインにしてもうひとりの主人公。 得意教科は英語。 何かと価値観がズレている人物ばかりのシリーズ中屈指の常識人であり、ツッコミ役。 しかしそれ故に、可笑しな場の雰囲気に取り残されることも。 ただし、動画によってはジェル達と一緒に変な役に回ったり、ジェルと「ボケ・ツッコミ」の役が入れ替わることもある。 また、貧乳であることを気にしているらしく、ジェルや父親にイジられる羽目になっている。 ジェルのことは基本煙たがっているようであり、一度付き合うことにするも嫌気が差して別れを切り出すが、なんだかんだで実は好意を持っており、良好な関係である。 乙女ゲームの体をとる本シリーズにおいて主人公視点のキャラクターであるため暫くは正式なビジュアルが明かされず、リスナーの書いたイラストや購入した立ち絵などのみで描かれていたが、後に正式なビジュアルが発表された。 なお、「遠井」という苗字はジェルとの初対面時のやり取りにおいてジェルが名前と勘違いして呼び始めたもので彼女の本名ではない・・・はずなのだが、結局本名は明かされぬままクラスメートや教師にまでも「遠井」と呼ばれており、遂には自ら名乗り始めるなど、最早本名でないことが忘れられつつある。 自分の台詞の文字やテキストバーを実体化し武器にする特殊能力の持ち主。 私ちゃん 「らぶこめスクール!」編にのみ登場する。 元々一人称視点にいた遠井がNPC側にまわった為、代わりにプレイヤーの視点に立つ主人公キャラとなった。 1キャラクターとしての個性を持っていた遠井と違い、純然たる恋愛ゲームの主人公であり、ビジュアルは勿論、声も当てられていない。 物静かで大人しそうな、典型的な乙女ゲーム主人公でボケもツッコミも殆どしない。 状況の収拾がつかなくなるとゲームを終了する。 「らぶこめスクール」編以降の登場はない。 クラスメート ゆりちゃん 遠井の親友。 やや色っぽい話し方が特徴で、高校生ながらガールズバー等でバイトしたり、ホストめいた店に躊躇なく入っていくなど少々アダルトな性格。 それ以外ではボケることは少なく、基本的には常識人。 長らくシルエットで描かれ、尾宅の『シルエット卒業ボタン』を使うも雑なイラストになってしまい、その後ものみたいになったりな見た目になったりとビジュアルに恵まれなかったが、遂にショートヘアの少女としてのイラストがついた。 ももちゃん(望月もも) ジェル達と同じクラスの女子で、大財閥望月家の令嬢。 電化製品を食そうとするなどジェル以上にぶっ飛んだ性格の不思議少女。 それ故にジェルと会話した場合会話の内容がカオス過ぎてほぼ確実に遠井が置いてけぼりを喰らう。 当初はシルエットで描かれたが尾宅くんからクリスマスプレゼントとして貰った「シルエット卒業ボタン」により、ピンク髪の美少女の姿を手に入れた。 尾宅くんに好意を抱いており、彼に対してはヤンデレと化すが残念ながら関係は進展していない。 尾宅くん ジェル達の同級生男子。 肥満体型に鉢巻に眼鏡、少女がプリントされたシャツと典型的なオタクのような風貌をしている。 しかし、その反面とんでもない開発技術を持っており、他人からの好感度が数値で見れるようになる『好感度丸見えレンズ』や、ビジュアルがシルエットで描かれているキャラクターにちゃんとしたイラストを与える『シルエット卒業ボタン』など、数々のアイテムを発明している。 謂わば本シリーズにおける。 普段は上記のようなルックスであるが、眼鏡を取ると筋肉質なイケメンへと変貌する特殊体質。 ゴリラくん ジェル達の通う学校に転校してきたゴリラ。 人語が話せるわけでもなくバナナが好物の本当に唯のゴリラなのだが、遠井以外の人物からは当たり前のように受け入れられている。 パンダくん ジェル達の通う学校に転校してきたパンダ。 長崎出身。 ゴリラくんと違い、人語を話す、直立二足歩行であるなど、知能は人間並だが、歩き方といい顔と言い言動と言い、何から何までが怖い。 しかしやはりというか遠井以外の人物からは特に恐れられておらず、唯一マトモな反応をしている遠井は「人を見た目で判断するんじゃない」と非難される始末で、「私が間違ってるのかな」と自信を無くしてしまった。 山田サタン 紫の髪が特徴の転校生。 中二病を患っており、『暗黒界より舞い降りし』を自称する。 ジェルに対し「同じ匂いがする」と言い、中二トークを展開するも、世界観を共有出来ず話は噛み合っていない。 あかねからは「遠井さんシリーズで一番ムカつく」、先生からは「嫌いなタイプ」と常識人達からの評判は芳しくない。 素は人見知りであり、それを厨二病的言動で紛らわせている面がある。 家族 遠井あけみ あかねの母親。 あかねに勉強するようしつこく言ったり異性との付き合いに厳しかったりと厳格な面もあるが、娘であるあかねを心から愛している。 女遊びが激しい夫のことはゴキブリ扱いしており、離婚を考えるほど愛想をつかしたこともあるが、あかねが生まれたことから、結婚したことは後悔していない。 長い間シルエットで描かれたが、『シルエット卒業ボタン』によってイラストの姿を得た。 ロングヘアーの美女である。 遠井純平 あかねの父親。 バイトに行くあかねを咎め真面目に勉強し立派な大学に行くよう説教したり、異性関係を一切許さなかったりと、見た目と相まって厳格で気難しい父親に見える。 しかしその実態はシリーズ屈指のダメ人間であり、キャバクラやメイドカフェなどの店に嬉々として通い詰める、ナイトプールで女性を眺める、娘の同級生相手にナンパをする、リビングで堂々とエロ本を読む、合コンに行く、娘の貧乳に不平を言う、娘の入っている風呂に入ってくるなど、妻子持ちにあるまじき行いが目立つ。 その酷さたるや、ジェルをして「クソ」と言わしめるほど。 そんな性格のため妻と娘からは愛想を尽かされており、あかねからは「結婚式とか来てほしくない」「ミジンコの方がまだ愛せる」等と酷い言われようである。 ただ、会社では部長の座についており、離婚を考えていたあけみが給料を理由に離婚を思い留まるなど稼ぎもそれなりにあるようで、先生曰く「ATMとしての役割は果たしてる。 」 性格に問題があるとはいえ、無能ではないというべきか。 ジェルのおじいちゃん ジェルの祖父。 スケベであり、あかねにセクハラめいたナンパをしたことも。 普段ジェルに修行をつけているようで、その際はジェルがで聞いたことのある詠唱を行い。 ジェルの母 ジェルの母親。 といっても、キャラクターではなくジェル氏のリアルなお母様である。 その為、登場する際は打ち合わせが必須である。 動画内でジェル氏の本名を呼んでしまったことがある。 (流石にピー音が入ったが。 ) 登場人物の中で数少ないジェル氏が演じていない人物である。 その他 先生 ジェル達のクラスの担任教師。 授業中もジェルの言動に悩まされる。 基本常識人だが、ジェルモンドの授業やゴリラくん、パンダくんの在籍に何の違和感も抱かないなど、遠井に比べて異常事態に鈍い。 無論、全員各メンバー本人が演じている。 ピンクの髪が特徴。 肩書は脱糞ゲーマー。 得意教科は国語。 俳句コンクールで入賞したこともある。 爽やかな性格だが、何かと排便したがる困ったところがある。 紫の髪が特徴。 肩書はカリスマキング。 得意教科は数学。 数学のテストでは100点をとり、天才生徒会長るうとに唯一並ぶ秀才と呼ばれる。 圧倒的カリスマの持ち主で、自分の立ち上げた動画配信部の部員を1日で170人集めるほど。 しかしキレるとかなり怖い。 とのコラボ動画にも登場したが、うさぎさんの道具「ゆるふわ変身機」せいで、とある姿に・・ 黄色がかった髪が特徴の生徒会長。 テストでは全教科の平均点を99点取るほどの天才で、可愛くピュアな生徒会長として巷で噂になっていた。 が、その本性は口が悪く、調子に乗った生徒を始末しようとするなど腹黒い人物。 特にジェル・ななもり・さとみの三人を「調子に乗っている」として敵視している。 赤毛に犬の耳が特徴の生徒副会長。 テストの平均点は95点と、るうとには一歩譲るものの、天才である。 生徒会メンバーの中では唯一の常識人。 犬の耳は着脱可能だが、最大のチャームポイント故か、外してしまうと人前に出ても気づいてもらえないことがあった。 水色の髪が特徴の生徒会の下っ端。 学業全般が苦手で、テストの平均点は5点。 これが理由で生徒会どころか学校をやめさせられかけたこともある。 また、すとぷりメンバーのなかで唯一留年したが、るうとの権力により免れている。 時折猿化する。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

遠井さんシリーズ (とおいさんしりーず)とは【ピクシブ百科事典】

遠井あかね

概要 のメンバー、ジェル氏が自身のYouTubeチャンネル『ジェルOfficial』にて投稿している動画シリーズ。 主人公のジェルとヒロインの遠井さんを中心に展開されるハチャメチャな学園生活が乙女ゲームの体で描かれる。 登場するキャラクターの声は老若男女問わずほぼ全員ジェル氏本人が演じているが、見事に演じ分けており、特に女性キャラクターは男性のジェル氏が演じているとは思えないほど。 登場人物 主要キャラクター ジェル 本シリーズの主人公。 オレンジの髪と服が特徴。 肩書は天才最強エンターティナー。 得意教科は保健体育。 イケメンだが色々な意味で常識はずれの変人であり、その常軌を逸した言動や現象で遠井や先生などの常識人達を困惑させる。 ゲームを作ることもあるが、何れもおかしな物ばかりである。 遠井に好意を寄せてはいるもののこれらの言動から若干煙たがれ気味。 とはいえ、それなりに良好な関係を築いている。 しかし、初期こそ上記のような変人としての側面が目立っていたものの、最近は 他にぶっ飛んだキャラクターが多数登場したこともあり)やや大人しくなりつつある。 遠井あかね 本シリーズのヒロインにしてもうひとりの主人公。 得意教科は英語。 何かと価値観がズレている人物ばかりのシリーズ中屈指の常識人であり、ツッコミ役。 しかしそれ故に、可笑しな場の雰囲気に取り残されることも。 ただし、動画によってはジェル達と一緒に変な役に回ったり、ジェルと「ボケ・ツッコミ」の役が入れ替わることもある。 また、貧乳であることを気にしているらしく、ジェルや父親にイジられる羽目になっている。 ジェルのことは基本煙たがっているようであり、一度付き合うことにするも嫌気が差して別れを切り出すが、なんだかんだで実は好意を持っており、良好な関係である。 乙女ゲームの体をとる本シリーズにおいて主人公視点のキャラクターであるため暫くは正式なビジュアルが明かされず、リスナーの書いたイラストや購入した立ち絵などのみで描かれていたが、後に正式なビジュアルが発表された。 なお、「遠井」という苗字はジェルとの初対面時のやり取りにおいてジェルが名前と勘違いして呼び始めたもので彼女の本名ではない・・・はずなのだが、結局本名は明かされぬままクラスメートや教師にまでも「遠井」と呼ばれており、遂には自ら名乗り始めるなど、最早本名でないことが忘れられつつある。 自分の台詞の文字やテキストバーを実体化し武器にする特殊能力の持ち主。 私ちゃん 「らぶこめスクール!」編にのみ登場する。 元々一人称視点にいた遠井がNPC側にまわった為、代わりにプレイヤーの視点に立つ主人公キャラとなった。 1キャラクターとしての個性を持っていた遠井と違い、純然たる恋愛ゲームの主人公であり、ビジュアルは勿論、声も当てられていない。 物静かで大人しそうな、典型的な乙女ゲーム主人公でボケもツッコミも殆どしない。 状況の収拾がつかなくなるとゲームを終了する。 「らぶこめスクール」編以降の登場はない。 クラスメート ゆりちゃん 遠井の親友。 やや色っぽい話し方が特徴で、高校生ながらガールズバー等でバイトしたり、ホストめいた店に躊躇なく入っていくなど少々アダルトな性格。 それ以外ではボケることは少なく、基本的には常識人。 長らくシルエットで描かれ、尾宅の『シルエット卒業ボタン』を使うも雑なイラストになってしまい、その後ものみたいになったりな見た目になったりとビジュアルに恵まれなかったが、遂にショートヘアの少女としてのイラストがついた。 ももちゃん(望月もも) ジェル達と同じクラスの女子で、大財閥望月家の令嬢。 電化製品を食そうとするなどジェル以上にぶっ飛んだ性格の不思議少女。 それ故にジェルと会話した場合会話の内容がカオス過ぎてほぼ確実に遠井が置いてけぼりを喰らう。 当初はシルエットで描かれたが尾宅くんからクリスマスプレゼントとして貰った「シルエット卒業ボタン」により、ピンク髪の美少女の姿を手に入れた。 尾宅くんに好意を抱いており、彼に対してはヤンデレと化すが残念ながら関係は進展していない。 尾宅くん ジェル達の同級生男子。 肥満体型に鉢巻に眼鏡、少女がプリントされたシャツと典型的なオタクのような風貌をしている。 しかし、その反面とんでもない開発技術を持っており、他人からの好感度が数値で見れるようになる『好感度丸見えレンズ』や、ビジュアルがシルエットで描かれているキャラクターにちゃんとしたイラストを与える『シルエット卒業ボタン』など、数々のアイテムを発明している。 謂わば本シリーズにおける。 普段は上記のようなルックスであるが、眼鏡を取ると筋肉質なイケメンへと変貌する特殊体質。 ゴリラくん ジェル達の通う学校に転校してきたゴリラ。 人語が話せるわけでもなくバナナが好物の本当に唯のゴリラなのだが、遠井以外の人物からは当たり前のように受け入れられている。 パンダくん ジェル達の通う学校に転校してきたパンダ。 長崎出身。 ゴリラくんと違い、人語を話す、直立二足歩行であるなど、知能は人間並だが、歩き方といい顔と言い言動と言い、何から何までが怖い。 しかしやはりというか遠井以外の人物からは特に恐れられておらず、唯一マトモな反応をしている遠井は「人を見た目で判断するんじゃない」と非難される始末で、「私が間違ってるのかな」と自信を無くしてしまった。 山田サタン 紫の髪が特徴の転校生。 中二病を患っており、『暗黒界より舞い降りし』を自称する。 ジェルに対し「同じ匂いがする」と言い、中二トークを展開するも、世界観を共有出来ず話は噛み合っていない。 あかねからは「遠井さんシリーズで一番ムカつく」、先生からは「嫌いなタイプ」と常識人達からの評判は芳しくない。 素は人見知りであり、それを厨二病的言動で紛らわせている面がある。 家族 遠井あけみ あかねの母親。 あかねに勉強するようしつこく言ったり異性との付き合いに厳しかったりと厳格な面もあるが、娘であるあかねを心から愛している。 女遊びが激しい夫のことはゴキブリ扱いしており、離婚を考えるほど愛想をつかしたこともあるが、あかねが生まれたことから、結婚したことは後悔していない。 長い間シルエットで描かれたが、『シルエット卒業ボタン』によってイラストの姿を得た。 ロングヘアーの美女である。 遠井純平 あかねの父親。 バイトに行くあかねを咎め真面目に勉強し立派な大学に行くよう説教したり、異性関係を一切許さなかったりと、見た目と相まって厳格で気難しい父親に見える。 しかしその実態はシリーズ屈指のダメ人間であり、キャバクラやメイドカフェなどの店に嬉々として通い詰める、ナイトプールで女性を眺める、娘の同級生相手にナンパをする、リビングで堂々とエロ本を読む、合コンに行く、娘の貧乳に不平を言う、娘の入っている風呂に入ってくるなど、妻子持ちにあるまじき行いが目立つ。 その酷さたるや、ジェルをして「クソ」と言わしめるほど。 そんな性格のため妻と娘からは愛想を尽かされており、あかねからは「結婚式とか来てほしくない」「ミジンコの方がまだ愛せる」等と酷い言われようである。 ただ、会社では部長の座についており、離婚を考えていたあけみが給料を理由に離婚を思い留まるなど稼ぎもそれなりにあるようで、先生曰く「ATMとしての役割は果たしてる。 」 性格に問題があるとはいえ、無能ではないというべきか。 ジェルのおじいちゃん ジェルの祖父。 スケベであり、あかねにセクハラめいたナンパをしたことも。 普段ジェルに修行をつけているようで、その際はジェルがで聞いたことのある詠唱を行い。 ジェルの母 ジェルの母親。 といっても、キャラクターではなくジェル氏のリアルなお母様である。 その為、登場する際は打ち合わせが必須である。 動画内でジェル氏の本名を呼んでしまったことがある。 (流石にピー音が入ったが。 ) 登場人物の中で数少ないジェル氏が演じていない人物である。 その他 先生 ジェル達のクラスの担任教師。 授業中もジェルの言動に悩まされる。 基本常識人だが、ジェルモンドの授業やゴリラくん、パンダくんの在籍に何の違和感も抱かないなど、遠井に比べて異常事態に鈍い。 無論、全員各メンバー本人が演じている。 ピンクの髪が特徴。 肩書は脱糞ゲーマー。 得意教科は国語。 俳句コンクールで入賞したこともある。 爽やかな性格だが、何かと排便したがる困ったところがある。 紫の髪が特徴。 肩書はカリスマキング。 得意教科は数学。 数学のテストでは100点をとり、天才生徒会長るうとに唯一並ぶ秀才と呼ばれる。 圧倒的カリスマの持ち主で、自分の立ち上げた動画配信部の部員を1日で170人集めるほど。 しかしキレるとかなり怖い。 とのコラボ動画にも登場したが、うさぎさんの道具「ゆるふわ変身機」せいで、とある姿に・・ 黄色がかった髪が特徴の生徒会長。 テストでは全教科の平均点を99点取るほどの天才で、可愛くピュアな生徒会長として巷で噂になっていた。 が、その本性は口が悪く、調子に乗った生徒を始末しようとするなど腹黒い人物。 特にジェル・ななもり・さとみの三人を「調子に乗っている」として敵視している。 赤毛に犬の耳が特徴の生徒副会長。 テストの平均点は95点と、るうとには一歩譲るものの、天才である。 生徒会メンバーの中では唯一の常識人。 犬の耳は着脱可能だが、最大のチャームポイント故か、外してしまうと人前に出ても気づいてもらえないことがあった。 水色の髪が特徴の生徒会の下っ端。 学業全般が苦手で、テストの平均点は5点。 これが理由で生徒会どころか学校をやめさせられかけたこともある。 また、すとぷりメンバーのなかで唯一留年したが、るうとの権力により免れている。 時折猿化する。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の