安心院 事件。 梧州中心小学持刀伤人事件,伤员主要以轻度颅脑外伤为主

抗疫“安心”行动:安心大讲堂第九讲开讲

安心院 事件

4月7日晚间,瑞幸官方直接宣布停牌,等待披露更多消息,不过瑞幸并未在公告中提及具体会披露什么消息。 截止停牌前瑞幸咖啡市值为11. 1亿美元,较3月最高峰的110多亿美元已跌去近九成。 新品略4月5日发布题为《瑞幸崩盘的不仅是股价,还有品牌形象》一文,引起许多读者评论,有读者认为事件反而提升了瑞幸的知名度,有读者支持瑞幸,也有读者将其与星巴克对比评论,而消费者却最在意物美价廉和瑞幸消费券是否有效……社会对瑞幸事件的看法不一。 观察瑞幸事件不能仅关注资本市场及商业层面,而是应该从更多维度和广度进行深刻反思。 新华社点评瑞幸事件, 失信何瑞之有? 无幸可言! 瑞幸事件对所有企业都是一次警示,警示无论是国有企业,还是私营企业,无论是大型企业,还是中小微企业,无论是上市公司,还是非上市公司,诚信经营永远是企业最基本核心价值原则。 失去诚信就会失去市场,就是失去客户信任。 瑞幸造假事件不仅影响瑞幸自身,更是影响中国企业,影响在境外上市的中国企业形象,影响国际投资者在华投资。 瑞幸造假事件是一个可以载入中国资本市场史册的典型企业诚信危机案例,给社会、企业及个人等各层面都带来了太多的教训与警示。 让我们反思企业诚信问题,思考当前社会商业生态中浮躁、逐利及不符合商业逻辑的思维。 展望未来,中国经济依然韧性十足,呈现高质量发展的态势不会改变,中国未来依然是一个大市场,能为国内外企业提供广阔的发展空间。 坚守和不忘初心,只有诚信经营的企业才能保持发展,赢得市场和更多消费者尊重。 为客户创造价值,企业才能赚到钱。 所以做企业要回归商业本质,回归常识。

次の

梧州中心小学持刀伤人事件,伤员主要以轻度颅脑外伤为主

安心院 事件

常规公交是城市公共交通系统中重要的组成部分,承担着运输大量乘客前往城市各个目的地的职能。 与城市内的其他交通方式和工具相比,常规公交有其独特的优点和缺陷。 对于不拥有私家车的家庭来说,公交能够提供必要的移动性,为这些家庭获取基础性社会和经济机会可达性创造便利。 与出租车、网约车乃至地铁相比,常规公交价格便宜,对于经济条件较差的家庭来说,其保障的移动性至关重要。 与步行、自行车、电动车等个人交通工具相比,常规公交则能提供天气恶劣条件(如雨、雪、寒冷条件)下较为舒适的交通服务。 最后,公交在载客情况良好时,能够帮助缓解整个交通系统的拥堵,降低总体碳排放和空气污染,是可持续交通系统的关键构件。 但另一方面,公交车上人员流动大,时常出现拥挤,空气难以流通,容易导致传染病毒的快速传播。 因此,在当前的新冠肺炎病毒疫情出现时,对于城市公交的政策调整变得十分必要。 本研究院日前完成的城市防疫交通政策调研问卷对全国各城市在防疫期间(1月20日至2月15日)的常规公交管控措施开始实施时间、实施内容以及实施空间范围进行了详细调查,共获取21个省级行政单元中56个地级行政单元的数据(见图1)。 图 1 调研问卷数据涉及的56个地级及以上行政单元空间分布 问卷数据显示,25个被调查城市在防疫期间完全停运了城市公交,其中大部分为地级市,主要位于河南、山东、辽宁、山西、江西等省。 另外29个城市则采取了停运部分线路,特别是停运省际公交线路,以及减少发车频率、调整服务时间和限制车载人数等措施。 如杭州市停驶75条社区微公交线路、36条夜间线路以及73条高峰及假日线路。 这一类型的城市主要位于湖南、浙江、江苏、安徽和广东等省。 北京、兰州、乌鲁木齐三座城市未停运任何公交线路,但对公交车辆、车站和其他相关设备进行消毒,以最大程度地预防病毒传播(如图2)。 在上述管控措施基础上,部分城市特别对重点线路进行精细化调整。 如在疫情最严重的武汉市,公交集团安排车队定点接送商超门店员工上下班,设立应急运输车队为医疗机构提供通勤保障。 浙江嘉兴市市内公交系统保留连接交通枢纽、医院和覆盖城市基本方向的20条公交主干线路,保证市民的基本出行和应急出行需求。 如下图4所示,本报告从行政级别、与湖北省(疫情源头)的距离、疫情严重程度、经济发展区位等方面分析各地在城市公交管控措施上的差异。 分析结果表明,县级行政单元更早地进行了市内交通的管控,直辖市则由于本地居民服务人口众多、城市空间尺度大,对常规公交的管控比较审慎。 这一关于管控时点的发现与上文管控内容也有相当联系,如淮安市盱眙县、盐城市东台县、阜新市彰武县以及承德市围场县均对县域内公交进行了全面停运调整;而另一方面,北京市、上海市、天津市和重庆市对城市公交的调整力度则有限,以减少跨境线路和增加体温检测为主要方式。 我们认为,相对县城来说,特大城市由于空间尺度大,常规公交为市民提供了重要的基础性服务,全面停运将给市民的出行带来巨大影响;另一方面,由于新冠病毒疫情正值春节期间,大城市的外来人口返乡现象明显,公交乘客密度相对平时较低,病毒快速传播风险有限。 基于上述原因,行政级别,或者从一定意义上的人口规模,对于城市公交的管控有着重要影响。 总体而言,疫情最为严重的湖北省内的城市在三天内即均做出政策调整,与湖北交界省的各城市总体反应较为迅速,而其他地区的城市的政策调整时间点则广泛分布于防疫期间的大部分时间内,无特别规律。 总体而言,政策执行速度与疫情严重程度呈现一定正向关系,但除湖北省外,各类别城市的政策时点分布较为分散,规律并不显著。 最后,将56个地级行政单元分为东部沿海(26个)、中部(21个)和西部(9个)三类。 总体而言,东部沿海省份城市的抗疫交通政策并未比中部或西部省份城市更早出台。 实际上,从管控内容来看,东南沿海地区,尤其是较大规模的城市管控城市公交的政策均相对有弹性,全面停运的政策仅出现在浙江温州一城。 该城属于全国范围内与武汉联系特别密切,出现大量确诊患者的城市,做出公交停运的政策选择比较符合实际需求。 本报告的研究结论基于全国部分城市的政策内容和细节,我们希望能够获得来自其他城市对于这一话题更多的反馈和思考,请读者们不吝赐教,您可以在网站留言板留言或者发送邮件至 tjurbanmobility 126. com与我们讨论。 特别感谢陈莉、陈明垟、崔以晴、郭英杰、胡月、李天豪、王春苗、王鹤等同学对本调研报告的贡献,同时感谢所有参与此次调研的城市交通研究院和交通运输工程学院的同学们! 作者简介: 袁泉 同济大学城市交通研究院副研究员,城市交通交叉学科研究方向:城市移动性规划 陈小鸿 同济大学城市交通交叉学科委员会主任、同济大学铁道与城市轨道交通研究院院长、(国家)磁浮交通工程技术研究中心主任,城市交通交叉学科研究方向:城市交通综合治理 杨超 同济大学城市交通研究院院长,城市交通交叉学科研究方向:城市移动性规划.

次の

抗疫“安心”行动:安心大讲堂第九讲开讲

安心院 事件

整体院で起こった盗撮事件 奈良県生駒市内の整体院で起こった事件は、2017年12月から2018年2月にかけて施術中の女性3人を、整体師の男が小型カメラを利用して盗撮をしたというものでした。 盗撮の手口としては、施術に利用するオイルが入った容器に小型カメラを取り付け、足先から撮影するほか、玄関やトイレなどにも小型カメラを数台設置し、動画記録もしていたとのこと。 施術に乗じて盗撮するといった悪質な手口で、準強制わいせつ罪に問われた整体師には、2018年9月の判決公判で懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年)が言い渡されました。 このようにテクノロジーの進化は、同時に新しい犯罪を生み出してしまいます。 この事件は、もはや一般人も盗撮とは無縁でなくなったことを表しているのかもしれません。 プライベート空間である整体院 整体院などでは特に、女性と整体師の2名だけの閉鎖的な空間になるがゆえに、プライバシーや安心を求められることが多くなってきています。 また整体院のほかに、接骨院やマッサージ院、エステなどもプライベート空間を生む意味では同一に挙げられます。 上記のような事件が発生していることもあり、整体院などの安心・安全を利用者へ担保する為に、防犯カメラの導入が増えています。 カメラでの撮影をしている点では、利用客に不安も与えかねないので、もちろん防犯カメラを目的以外の用途に利用しないことを明記し、同意を得たうえでの運用となります。 防犯カメラの導入目的 整体院などで防犯カメラを導入する目的には、以下のようなものが挙げられます。 防犯 整体院も金銭を取り扱う以上、強盗などにも注意しなければなりません。 また施術で使う高価な機械なども、昔に比べコンパクトかつ軽量化が進んでいるため、盗まれる可能性も高くなっています。 その他、上記事件のような従業員による盗撮といった悪質な犯罪を未然に防ぐためにも、防犯カメラが役立つことでしょう。 エビデンス(何か事件が起きた時の証拠として) 特に男性施術師がおもな整体院では、通常の施術にも関わらず、女性客からわいせつ行為として訴えられる可能性も否定できません。 このような場合、防犯カメラによる映像を確認することで無実を証明できます。 逆に言えば、確認できるものがなければ無実の証明が難しいということも覚えておきましょう。 業務上、閉鎖的な空間を必ず生み出してしまう整体院では、どんな事件や事故が起きるか分かりません。 何かが起きてから対処しようにも限界があります。 そのようなときの証拠を残すためにも防犯カメラが必要ともいえます。 ブランディング(安心安全) ブランディングとは、自社のサービスを理解してもらい、競合他社との差別化を図ることを意味します。 整体院で防犯カメラを設置し、利用客に「安心・安全」を提供することはサービスの向上につながり、利用客がほかの整体院と比較するうえで優位に立つことができます。 現在ではインターネットを通じて、口コミも広がりやすい時代となっているため、潜在顧客の掘り起こしといった面でも、ブランディングは大事な要素ともいえます。 整骨院での防犯カメラ導入事例 福岡県にある整骨院では、店舗入口から裏口まで死角を作らないように計4台の防犯カメラを設置。 高額な医療機器を導入したため、盗難にあわないか心配になり、防犯カメラの設置に踏み切ったとのこと。 医療系で盗難に遭いやすいのはノートパソコンで、顧客情報も入っているため厳重に扱わなければなりません。 もちろん医療機器も、どんどん小型化が進んでいるので安心してはいられませんね。 そのほか待合室での置引きなどに注意するためにも、店舗へ出入りする人物を監視することも重要です。 今回のように店外に防犯カメラを設置する場合も、犯行の抑止効果が期待できます。 実際、防犯カメラは「犯行に踏み切らせない環境」をつくることが一番大事ともいわれています。 導入目的に応じてカメラの選定を 防犯カメラを導入を検討する場合、何を目的にカメラを導入するのかによって、カメラの形状や録画形式など様々な角度からカメラを選定する必要があります。 例えば屋内ならば、利用客に威圧感を与えない「ドーム型」の防犯カメラを設置することが多いです。 内装にこだわっている店舗でも、目立たないのでインテリアの邪魔にならないのが特徴です。 逆に屋外では、威圧感を与えることで犯行抑止効果を高めるために「バレット型」を導入することが多いです。 屋外用として防水・防塵性能も高いものを選びましょう。 他にも、持ち運びができるように固定しないカメラなども存在します。 目的に沿わないカメラを選択しないように、専門家の意見をうかがうのも良い方法なのではないでしょうか。 まとめ より便利でより快適な生活をする上で、テクノロジーの進歩は歓迎されることですが、技術を悪用した犯罪が増加してしまうことにも注意しなければなりません。 今回取り上げた事件も他人事ではなく、身近にも犯行を企む人がいるかもしれないと考え、事が起こる前に先手を打った対策を講じることも必要なのではないでしょうか。 お困りごとがあればカメチョへご相談ください 本サイト「カメチョ」では、防犯カメラに関するご相談を承っております。 導入に関する疑問や質問、カメラの具体的な選び方など、お困りのことがあれば是非ご相談ください•

次の