ケンケン 大麻 逮捕。 ドラゴンアッシュkenken(ケンケンこと金子賢輔)大麻所持で逮捕?!

大麻逮捕「Dragon Ash」KenKenの“裏の顔”がヤバすぎる!「交際女性の多さに驚愕」“舞妓さんの大麻蔓延疑惑”にも関与か!?

ケンケン 大麻 逮捕

吉本興業のお家騒動のおかげで命拾いしたのが、大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕された人気ロックバンド「 Dragon Ash」と「 RIZE」のベーシスト・KenKen(本名金子賢輔)だ。 7月19日午前、京都の自宅で知人女性と一緒にいたところを警視庁組織犯罪対策5課に逮捕された。 同日、東京・品川では同じく「RIZE」でボーカルとギターを担当するJESSE(本名マック・ファーデン・ジェシー・ソラト)が同様の容疑で現行犯逮捕された。 双方の自宅からは少量の大麻が見つかった。 調べにジェシー容疑者は「(大麻は)私のものだ」と認めているが、金子容疑者は「大麻であることはなんとなく分かっていたが、拾ったものだ」と容疑を一部否認している。 だが、金子容疑者のこの供述には疑問を持たざるを得ない。 「週刊文春」(文芸春秋)では同容疑者の元交際相手の女性が「彼は日常的に大麻を吸っていた。 『拾った』なんてありえない」と証言。 ライブツアーの地方遠征では、決まって大量の大麻を持ち込み、周囲のバンドマンからは「KenKenに会えば大麻がもらえる」と吹聴されていたという。 金子容疑者は一時期、活動拠点を都内に移したが、東京の水が合わず、再び京都に戻った。 同誌では別の交際女性の「(金子容疑者は)精神状態が不安定になることが続き、安定剤や睡眠薬を乱用するようになっていた。 引っ越しは治療の一環で、環境を変えれば症状が改善するかもしれないと思ったようです。 しかし、結局は京都でも毎日のようにお酒を飲み、大麻を吸っていた」という証言も掲載されている。 大麻への依存度に加え、気になるのは証言する交際女性の多さだ。 これは一体何を意味するのか?.

次の

美川憲一の逮捕は大麻で! 3回じゃなく逮捕歴は2回であり大麻中毒だった・・・

ケンケン 大麻 逮捕

川越市のある埼玉県では、大麻による検挙者数が全薬物事犯者のうち約11%(平成28年)であり、覚せい剤に次いで多くなっています。 また、大麻事犯の検挙者の半数が10~20代の若年層であり、大麻は、覚せい剤の乱用に至る入り口(ゲートウェイドラッグ)になると言われています。 もし、あなたの家族が大麻の所持で警察に逮捕されてしまったら……。 逮捕されてしまった本人はもちろん、あなたを含めた家族が今後どうなってしまうのか、いつ家に帰ることができるのか、面会はできるのか、仕事に影響するのかなど、不安に思うのは当然のことです。 そこで今回は、家族が大麻取締法違反で逮捕されたとき、どうすればよいのか、そして、科される可能性がある刑罰について解説します。 大麻取締法において処罰の対象となるのは、主に大麻の所持、売買、栽培、輸出入の4つです。 具体的な法定刑について知っておきましょう。 未遂罪についても「罰する」と規定されていることから、たとえ譲り受け渡しが実際に実行されなくても、処罰を受ける可能性があります。 営利目的と判断されると、悪質性が高いと評価され、罪が非常に重くなります。 個人使用目的の場合と同様、未遂罪も罰するとされています。 2、大麻で逮捕されたあとの流れ 大麻取締法違反で逮捕されると、ほかの刑事事件同様、逮捕から勾留、起訴または不起訴の決定という流れで手続きが進みます。 起訴・不起訴の決定まで最長で23日間、あなたの家族は警察の留置場や拘置所での生活を強いられることになるかもしれません。 あなたの家族が逮捕されたとき、どのような手続きがとられることになるのかについて、知っておきましょう。 (1)逮捕からはじまる面会制限期間 まず、逮捕されると、被疑者として身柄が拘束されます。 警察は、被疑者の取調べなどから、検察官へ送致するかどうかを48時間以内に判断することになります。 検察官へ送致されると、再び取調べが行われます。 検察官は24時間以内に、引き続き身柄を拘束したまま捜査を行う「勾留(こうりゅう)」の必要があるかどうかを判断します。 必要と判断すると、検察官は裁判官へ勾留請求を行います。 刑事手続上、証拠隠滅などを防ぐ目的で、逮捕から勾留が決まるまでの最長72時間は、たとえ家族であっても、通常は、逮捕された本人との面会が制限されます。 自由な接見を行えるのは、依頼を受けた弁護士のみに限られます。 (2)勾留から起訴に至るまで 勾留が裁判所から認められると、原則10日間、最長20日間もの間、引き続きあなたの家族の身柄は拘束されます。 薬物事件には、証拠隠滅などを防ぐため、勾留となる可能性が非常に高いという特徴があります。 また、鑑定に時間がかかるため、勾留が長期に及ぶケースが多いです。 また、勾留中は、原則として面会が可能となるのですが、薬物事件の場合は、薬物仲間との接触により証拠隠滅を行う可能性があると懸念され、勾留中も家族や友人等との面会を禁止する処分を受けることがあります。 検察官は、勾留期間中に捜査を進め、起訴か不起訴を決定します。 起訴とは、検察官が、刑事事件についての審判を裁判所に求めることを指します。 大麻の単純所持、譲り受け渡し罪には罰金刑の設定がないため、起訴されるとなると、公開された裁判で罪を裁かれる「公判」が請求されることになります。 もし、検察官が「不起訴」と判断すれば、あなたの家族は釈放されます。 自宅に帰ることはもちろん、これまでどおりの生活に戻ることができます。 罪を裁かれることもないため、前科もつきません。 (3)保釈と判決 勾留から公判請求に至ると、原則、刑事裁判が終わるまで身柄の拘束が継続されることになります。 つまり、継続して拘置所や留置場で生活することになってしまうのです。 しかし、起訴されたあとに保釈を請求し、裁判所からの許可が出た場合、保釈金を納付すれば、自宅に帰ることができます。 もちろん、完全に自由となったわけではなく、裁判に出席する必要がありますし、旅行や転居などを制限されます。 保釈金は判決が出たあとに返還されます。 裁判は、犯行が明らかで本人も罪を認めているときは、1回で終わることも多いです。 罪を争ったり、そのほかの罪にも問われたりしているときは、長期化する傾向があります。 判決が下されると、刑事事件として裁かれる過程は終了します。 もし、執行猶予つきの判決が言い渡されたら、直ちに刑務所へ収容されることはありません。 たとえば「懲役1年、執行猶予3年」の判決を言い渡された場合は、社会に戻り、3年間、一切の罪を犯すことなく生活すれば、刑務所に行かなくて済むということです。 ただし、再度罪を犯したときは、量刑が重くなるということを忘れないようにしましょう。 3、弁護士の役割と家族ができること 家族の存在は、罪を犯してしまった人にとって非常に大きな心の支えとなります。 しかし、逮捕されてからのさまざまな事態への対応を個人で行うことは、非常に難しいものです。 家族にとって大きな負担となってしまうでしょう。 逮捕された本人やその家族をサポートすることが弁護士の仕事です。 弁護士に依頼することによって、必要な弁護活動が行われ、処罰を最小限に抑えることができます。 また、その後の生活面でもアドバイスを受けることができるでしょう。 (1)弁護士の役割 大麻の所持、売買、栽培、輸出入は確かに法で禁じられた行為です。 しかし、弁護士の活動によって、長期にわたる身柄拘束を回避したり、その後の社会復帰をスムーズに果たしたりできる可能性があります。 もし家族が逮捕されてしまったら、とにかくすぐに弁護士に相談してください。 接見が制限されている期間中であっても、本人との接見を行えますし、今後の見通しを立てることができます。 依頼を受けた弁護士は、本人との接見を通じて、本人と家族や職場との橋渡しをしたり、反省を促したり、取調べへの対応方法など多岐にわたるアドバイスを行ったりします。 また、身柄拘束が長期に及ばないよう、警察や検察に働きかけます。 その際、本人に今後の捜査への協力や決して再犯しないことを誓約させたり、家族が今後本人を監督することを約束することなどが重要です。 (2)職場やその後の生活についてできること 家族が逮捕され、勾留が決定してしまうと、起訴か不起訴化かが決定するまでだけで最長23日間も身柄の拘束を受けることになります。 起訴となれば、保釈が認められない限り、裁判が終わるまで帰宅することはできません。 当然、仕事や学校へ行くこともできないということになります。 家族としては、職場に、どの段階でどのように伝えるかは大変難しいところでしょう。 すぐに釈放されれば、病欠や有休といえば済むかもしれません。 しかし、勾留が長引く場合には、職場に事実を伝えなければ、逆に、懲戒解雇などの処分を受けてしまうこともあり得るでしょう。 弁護士は、警察や検察官、裁判所に対して弁護活動を行うだけでなく、職場で不当な扱いを受けないよう、職場との交渉を行うこともあります。 仕事を確保することは、刑事処分にとっても非常に重要です。 弁護士であれば、刑事事件の見通しなど法的な観点を踏まえ、本人が不利益な扱いを受けないよう職場に働きかけることができます。 家族しかできないことといえば、「本人に寄り添いながら、再び大麻に手を染めない環境をつくること」が挙げられます。 たとえ執行猶予付き判決が出ても、執行猶予期間中に再び大麻に手を染めれば、今度は実刑を免れることは難しくなるでしょう。 本人の人生への悪影響も大きくなると考えられます。 弁護士は、薬物依存治療の専門家を紹介するなど、再び罪を犯さないためのアドバイスも行います。 刑事手続後の生活や治療についても、まずは弁護士に相談してみてください。 4、まとめ 大麻は覚せい剤に次いで多く使用される薬物です。 覚せい剤と同様再犯が非常に多く、若者に広まっている点が特徴です。 初犯の場合、仮に有罪になっても執行猶予がつくことがほとんどですが、本人や家族への影響は大きく、繰り返し罪を犯せば本人や家族の人生が大きく狂ってしまうおそれがあります。 大麻には当然手を出すべきではありません。 しかし、万が一のときには、あなたひとりが何とかしようとがんばったとしても、最善の解決を導くことは非常に難しいものです。 是非弁護士に依頼することをおすすめします。 ベリーベスト法律事務所 川越オフィスの弁護士は力を尽くします。 家族が大麻取締法違反で逮捕されてしまったときは、なるべく早急に相談ください。

次の

大麻で逮捕!KenKen=ケンケン(金子賢輔)自宅住所はどこ?経歴や参加バンドと作品|家族(父親母親と兄)彼女と結婚で嫁子供?

ケンケン 大麻 逮捕

大麻取締法違反というと、どんなイメージですか? 芸能人がよくやる犯罪? 常習犯が多い犯罪? 何年も刑務所に入るイメージをお持ちの方も多いかもしれません。 以下ではまず、大麻取締法違反の法律的な意味から確認していきます。 大麻取締法違反とは、その構成要件は? 大麻取締法違反の定義とは 大麻取締法違反の定義 大麻取締法違反とは、 大麻取締法という法律に違反することをいいます。 大麻取締法では、大麻に関して、• 栽培 をすること等が禁止されています。 大麻取締法では、他の薬物の取締法とは異なり、「使用」が禁止されていません。 ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。 )並びに大麻草の種子及びその製品を除く。 出典:大麻取締法 一口に大麻といっても、一部のものは大麻取締法の対象から外れていますね。 なお、 マリファナというのは大麻草のスペイン語訳で、要するに大麻のことです。 大麻取締法違反の保護法益 ところで、「 保護法益」という言葉を聞いたことはありますか? 法律は、ある特定の行為を規制することにより、一定の利益を保護・実現しようとしています。 保護法益とは、この 法律が罰則を定めてまで守ろうとしているもののことです。 大麻を取り締まることで、法律はどのようなものを守ろうとしているのでしょうか? 回答者 大麻取締法では、大麻の• 輸入 等が禁止されています。 大麻取締法では、他の薬物とは異なり、使用が禁止されていません。 ただし、使用のために所持していれば、それは所持として規制されます。 ちなみに、大麻取締法では、大麻の種の所持・輸入は禁止されていません。 しかしこれは、関税法等の法律には違反する可能性があるので、注意が必要です。 大麻取締法違反といえるかどうかについては、これらの要素を一つ一つ判断していくのですね。 以下ではまず、「大麻」の意味から押さえていきましょう。 大麻草(学名:カンナビス・サティバ・エル)• およびその製品 をいいます。 ただし、• 大麻草の成熟した茎及びその製品• 大麻草の種子及びその製品 は除かれています。 というのも、「大麻草の成熟した茎」は、衣服の材料などの麻として、広く利用されているからです。 「大麻草の種子」も、古くから調味料として利用されています。 ただし、 大麻草の種子は、大麻取締法 以外の法律で規制されていることがあるので、注意が必要です。 大麻取締法といっても、対象となるのは 大麻草。 種や成熟した茎は、取締りの対象にはならないようです。 ここでは、大麻の 所持の意味を確認しましょう。 まとめ 大麻取締法違反の構成要件 大麻の意味 大麻草とその製品 禁止されている行為 所持、譲渡、譲受、栽培など 故意 大麻取締法で禁止されている行為をしている自覚があること 大麻取締法違反と刑期、大麻取締法違反で有罪になったら懲役は何年? 大麻取締法違反と刑期の関係 大麻取締法違反と懲役刑 大麻取締法違反で有罪判決を受けると、刑罰はどのくらいでしょうか? 大麻取締法には、原則として、• 個人使用目的での栽培・輸出入の場合は、 7年以下の懲役• 個人使用目的での所持・譲渡・譲受の場合は、 5年以下の懲役 と規定されています。 営利目的、つまり自分で使うのではなく、利益を得る目的の場合は、刑罰がもう少し重くなります。 懲役とは懲役刑のことで、大麻取締法違反で有罪判決を受けた人を 刑務所に収監し、刑務作業を行わせる刑罰です。 栽培・輸出・輸入 所持・譲渡・譲受 懲役刑 一定期間、刑務所に収監して刑務作業を行わせる刑罰 個人使用目的の場合 7年以下の懲役 5年以下の懲役 大麻取締法違反に執行猶予はつくの? ところで、「執行猶予」という言葉を聞いたことはありますか? 裁判で懲役刑が言い渡されても、加害者に有利な事情が考慮されて 執行猶予になれば、直ちに刑務所に行くことはありません。 執行猶予になったら、社会で普通に日常生活を送ることができます。 再び犯罪を犯した場合に限り、執行猶予が取り消されて刑務所に収監されるのです。 …事件を起こしてしまった人にとっては、実に優しい制度ですよね。 執行猶予は、• 3年以下の懲役もしくは禁錮• 50万円以下の罰金 につきます。 法定刑自体が「7年以下の懲役」等と重めでも、最終的に言い渡される懲役が3年以下になれば、執行猶予をつけることができます。 大麻取締法違反で有罪判決を受けても、執行猶予がつく可能性があるのです。 懲役は、無期及び有期とし、有期懲役は、1月以上20年以下とする。 出典:刑法12条 有期懲役は原則として、最低1ヶ月、最長20年なんですね。 ですから大麻取締法違反で懲役刑になった場合、原則として、 もっとも短ければ1ヶ月の懲役ということになります。 大麻取締法違反の初犯の刑罰はどれくらい? 大麻取締法違反の刑罰が見えてきました。 こうなると、 初犯の場合の刑罰はどれくらいになるのか、気になりませんか? いくら法定刑が7年以下や5年以下の懲役とはいえ、初犯だったら、刑罰も結構軽いんじゃないでしょうか? (未遂とは)犯罪の実行に着手したがこれを遂げない場合をいう。 出典:有斐閣 法律用語辞典 第4版 犯行を完全には遂行しなかった場合を、 未遂というのですね。 大麻取締法にも、未遂犯処罰の規定があります。 大麻取締法で禁止されている行為形態は色々ありますが、上で見てきた• 大麻の栽培、輸出、輸入• 大麻の所持、譲渡、譲受 はいずれも、• 個人使用目的• 営利目的 を問わず、未遂犯が処罰されます。 また、これら以外の行為の未遂も処罰されるので、注意しましょう。 …ここまでは、「大麻取締法違反の懲役」について見てきました。 以下では、時効について見ていきます。 大麻取締法違反の時効は何年? 刑事ドラマやニュースなんかを見ると、よく 「この事件はもう時効だ」 なんて言葉を耳にしますよね。 時効がきたら、もうその事件については捜査できない。 つまり犯人は自由の身、というイメージではないでしょうか。 ここでは、大麻取締法違反の時効を押さえておきましょう。 まとめ 大麻取締法違反の公訴時効 意味 期間が経過したら、検察官は事件を起訴することができない 起算点 犯罪行為が終わった時から進行 個人使用目的での所持・栽培などの場合 5年 大麻取締法違反の相談なら弁護士にお任せ! ここまで、大麻取締法違反について、岡野弁護士とお送りしました。 でも実際に、自分が大麻取締法違反の当事者だったら、自分のケースに沿った具体的なアドバイスが欲しいですよね? …ということで、以下では、弁護士に無料で相談できるサービスをご紹介します。 お手軽にスマホで弁護士相談するなら こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を 24時間365日受け付ける窓口を設置しています。 いつでも専属のスタッフからの案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。 LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。 急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。 大麻取締法では、大麻に関して「所持」「譲渡」「譲受」「栽培」をすること等が禁止されています。 大麻取締法では、他の薬物の取締法とは異なり、「使用」が禁止されていません。 大麻取締法の保護法益は、他の薬物取締法と同様に、大麻の乱用による保健衛生上の危害の防止と考えられます。 大麻取締法違反の刑罰は? 大麻取締法には、原則として、「個人使用目的での栽培・輸出入の場合は、7年以下の懲役」「個人使用目的での所持・譲渡・譲受の場合は、5年以下の懲役」と規定されています。 営利目的、つまり自分で使うのではなく、利益を得る目的の場合は、刑罰がもう少し重くなります。 懲役とは懲役刑のことで、大麻取締法違反で有罪判決を受けた人を刑務所に収監し、刑務作業を行わせる刑罰です。 大麻取締法違反の時効は何年? 大麻取締法違反の時効とは、いわゆる公訴時効のことです。 公訴時効とは、検察官が公訴する権限を消滅させる時効のことです。 公訴時効が成立すると、検察官は事件を起訴することができなくなります。 大麻取締法違反では、「個人使用目的での栽培・輸出入」「個人使用目的での所持・譲渡・譲受」いずれの場合も、公訴時効は5年です。

次の