赤兎馬。 赤兎馬 焼酎

赤兎馬とは

赤兎馬

赤兎馬 焼酎 赤兎馬 濱田酒造 【赤兎馬(せきとば)】・・・「三国志」及び「三国志演義」に登場する馬からのネーミングです。 「三国志演義」によりますと、赤兎馬は稀代の名馬で、一日に千里を駆け抜けたそうです。 (1里は、3. 92727273 キロメートル) 赤兎馬は最初の登場から20年以上現役で走り続けたとされています。 この名馬のような銘酒として育てていきたいという願いから、この薩摩生まれの焼酎が名づけられました。 蔵のある「いちき串木野市」は、シラス土壌から湧き出す良質な地下水が豊富な土地柄です。 うまい酒はうまい水が作ります。 米麹(白麹)を使用し常圧蒸留で醸されています。 また蒸留した原酒を秘伝の特殊な濾過を行い、風味を残しながら雑味がない味わいを作り出されています。 そして、その原酒をじっくりと熟成貯蔵し、心を込めて瓶詰めを行います。 まず「赤兎馬」をそのままストレートで香りを楽しんでみました! まるでキャンディーのような甘い良い香りがします。 口に含むと、とっても不思議。 トローっと甘い芋の味わいがします。 ストレートで十二分に楽しんで頂けるほどの滑らかな舌触りに、驚かされました!! 濃いめのお湯割りにすると、甘さが更に際立ちます。 またロックでは、サラリと何杯でも飲めてしまうそんな芋焼酎が「薩州 赤兎馬」です。 鹿児島特有のシラス大地で天然濾過された、清冽な水から誕生しました。 華やかでクリアな味わいの「薩州赤兎馬」にフローラルな「タマアカネ製芋焼酎」をブレンドする事で、キンモクセイを想起させる甘い香りと、旨味が絶妙に調和した飲み応えのある味わいに仕上がりました。 まさに「薩州赤兎馬」と呼ぶにふさわしい逸品です。 鹿児島特有のシラス大地で天然濾過された、清冽な水から誕生しました。 爽やかな芋の甘い香りと、 口に含んだ時の上品でやわらかな芋の味わいが感じられます。 後口がスッキリとしていますので、ロックでグイグイとお楽しみいただけます! オススメの芋焼酎です。

次の

三国志的世界「赤兎馬」 Tシャツ・グッズ

赤兎馬

赤兎馬をもらった関羽は感激 曹操は自らの軍門に下った関羽を配下にしたいと考え、赤兎馬を与えます。 それまでどのような贈り物をされても喜ばなかった関羽が、この赤兎馬を与えられたことについては大いに喜びました。 その理由を尋ねた曹操に、関羽は 『行方の分からない兄者(劉備)の居場所が知れた時、 この赤兎馬ならどれだけ遠いところであろうとたちどころに 駆けつけることができるでしょう』と答えました。 後に、関羽はこの赤兎馬を駆って劉備の元に参じます。 『樊城の戦い(はんじょうのたたかい)』で呉軍によって囚われた関羽が処刑された後、赤兎馬は呉の将軍であった馬忠に与えられましたが、馬草を一切口にしなくなり餓死したということです。 別記事: 別記事: 赤兎馬の疑問点 『三国志演義』における赤兎馬の描かれ方で、まず疑問となるのは、その寿命です。 丁原が呂布によって殺されたのが西暦189年のこと、関羽が死んだのが219年。 赤兎馬は実に30年に渡って主を乗せ、戦場を駆け巡ったことになります。 これは現代の獣医学に基づく健康管理がなされた環境で生育されているウマの話です。 三国時代のウマがそれよりも長生きであったとは考えにくいことです。 呂布の『赤兎馬』と関羽の『赤兎馬』が同一の個体である可能性は低いといえるでしょう。 (もちろん、フィクションである『三国志演義』の表記ですから、単なる誇張の可能性も十分にありますが) むしろ、『赤兎馬』とはある一頭のウマのことではなく、 『赤兎』と呼ばれる種類のウマであったと考える方が自然ではないでしょうか? 赤兎馬と呼ばれる馬の種類ではないのか? 古代中国では『ウサギのような顔をしている』ことが名馬の条件とされていました。 このことから、『赤兎馬』とは赤毛でウサギ(兎)のような 顔をしたウマのことであったと考えられます。 一方で、『赤兎馬』とは『汗血馬(かんけつば)』の事ではないかという見方も存在します。 『汗血馬』とは血のような汗を流して走るウマのことで、 中国においては古くから名馬の証とされてきました。 自然状態で汗腺(かんせん)から血が流れるということは考えにくく、 これは赤毛のウマなどが汗を流している姿が、 あたかも血の汗を流しているように見えたということを指しているのではないかと考えられています。 また、寄生虫の影響で実際に血の汗を流す場合もあるといいます。 寄生虫から受ける痛みやかゆみといった刺激に影響されて興奮状態になったウマが 狂ったように疾走したことが汗血馬の由来であるとする説も存在しています。 もう1つのユニークな説 汗血馬の正体に関する推測には、もうひとつ、ユニークな説があります。 それは汗血馬とはカバのことである、という説です。 カバは直射日光による乾燥や紫外線の影響から皮膚を守るため、 体表に赤みを帯びた体液を分泌しています。 これがまるで『赤い汗』のように見えることから、 汗血馬=競走用に訓練されたカバのことではないか…… という説が生まれたということです。 あの関羽や呂布がカバにまたがって戦場を駆けていた…… そんな光景を想像するとちょっと面白いですよね。 はじめての: 次回記事: 関連記事: 関連記事: 『』.

次の

赤兎馬(Fate) (りょふですよ)とは【ピクシブ百科事典】

赤兎馬

「Fate」シリーズとのコラボ第3弾となる今回のコラボサイトでは、スペシャルコンテンツとして「FGO」内での聖晶石召喚にちなみ、33騎のサーヴァント(英霊)のセイントグラフと、過去10年の宝塚記念優勝馬が描かれた「概念礼装」が登場する「蹄晶石召喚 ていしょうせきしょうかん 」が公開される。 サーヴァントの背景は、宝塚記念が行なわれる阪神競馬場内各所が描かれているオリジナルデザインを使用。 宝塚記念を知らない人でも楽しめる、オリジナルの召喚コンテンツとなり、「赤兎馬」も登場する。 オリジナルマンガ「マンガで分かる!FGO ~宝塚記念編~」 全3話 や、過去の宝塚記念のレースシーンと「FGO」のゲーム映像をコラージュして、宝塚記念の世界観を表現したオリジナルムービーも公開中だ。 プレゼントが当たるTwitterキャンペーンも開催されている。 蹄晶石召喚のポイントを紹介 1 1日3個の蹄晶石が配布され、1個につき1回の召喚が可能。 召喚ボタンを押すと、本物の「聖晶石召喚」さながらの演出を経て、サーヴァントもしくは概念礼装が1種、ランダムで召喚される。 2 サーヴァントの背景には阪神競馬場が描かれている。 サーヴァントたちのオリジナルのセリフも楽しめる。 3 「概念礼装」は過去10年分の宝塚記念優勝馬がキャッチコピーとともに登場する。 4 Twitterでシェアすれば、さらに3個の蹄晶石を入手できる(回数制限無し)。 また、Twitterシェアすることでオリジナルグッズが当たるプレゼントキャンペーンへの参加も可能だ。

次の