モンハン 歴戦 王 ネロミェール。 【MHWアイスボーン】歴戦王ネロミェールをソロでクリアしました。攻略情報を紹介します

【MHWアイスボーン】ネロミェールの弱点と攻略

モンハン 歴戦 王 ネロミェール

スポンサードリンク ゲーム攻略めもタイトル• 596• 247• 179• 113• 180• 247• 231• 131• 121• 253• 399• 299•

次の

モンスター/ネロミェール

モンハン 歴戦 王 ネロミェール

「」や「」などの必須スキルをしっかり搭載しています。 双剣は機動力が高いため、常に懐に入りながら戦うことができます。 懐に入ったら肉質が柔らかい前脚を攻撃していきましょう。 「達人芸」を発動させて覚醒能力で攻撃力を上げ、さらにスキル「災禍転覆」を入れて状態異常解除時にも火力を上げられます。 全力で離れても避けるのは難しいので、 攻撃モーションを確認したらすぐに納刀し、無敵時間の長い緊急回避で避けるのがおすすめです。 なお、雷まとい時限定で行ってくる技なので、雷属性の攻撃を多用してくる場合はいつでも避けれるようにしておきましょう。 水耐性を上げておこう 「ネロミェール」はハンターを「水やられ」にする攻撃を多く持っています。 水やられ状態では非常に戦いづらく危険な場面がでてくるため、対策として「」を上げましょう。 水属性のダメージを軽減できるとともに、耐性値を20以上まで上げれば水やられそのものを防ぐことも出来ます。 もちろん「水やられ」効果も治すことができます。 懐にもぐって前脚を攻撃するのがおすすめ 「ネロミェール」は前方に避けにくい水ブレス攻撃を頻繁にしてくるので、懐にもぐって戦うようにしましょう。 ただし、電気を纏っている時は放電攻撃を常に警戒して、即座にネロミェールから距離を取れる準備をしておきましょう。 水浸しの部分を把握しておく 「ネロミェール」の攻撃で戦闘フィールドは徐々に水浸しになっていきます。 ネロミェールの雷攻撃は周りの水たまりを通って攻撃してくるので、水浸しになっていない安全地帯を把握しておくことで雷攻撃の回避が安定します。 攻略ガイド• イベント情報• 装備情報• おすすめ・最強装備• その他の装備情報• スキル情報• モンスター情報• 新モンスター攻略• NEW• クエスト情報• ストーリー進行• 素材・アイテム情報• マップ情報• アイスボーンマップ• MHWのマップ• ピックアップ情報•

次の

【MHWI攻略】歴戦王ネロミェールさ、ガンナー終了のお知らせじゃない?

モンハン 歴戦 王 ネロミェール

3つの形態の特徴を抑える• 水溜まりに注意して立ち回る• 帯電中は雷技を警戒する• 属性武器は水纏い中が攻撃チャンス• 大放電の後は肉質が軟化 3つの形態の特徴を抑える 水纏い状態 ・鮮やかな体色と潤いを持つ ・定期的に水を吸って維持される ・大放電を発動すると解除される ・肉質が硬いが火属性の通りが良い 帯電状態 ・体の表面にスパークが発生する ・全身から電気を発する行動で強化が進む ・大放電を発動すると解除される ・雷を使った攻撃を使うようになる すっぴん ・全体的に白みがかっている ・弱体化形態であり、動きが遅くなる ・水を吸収して水纏いに戻る ・肉質が柔らかいが属性の通りが悪い ネロミェールは、戦闘中に3つの形態を行き来する珍しい古龍。 いずれの形態にも独特な特徴があるので、要点を抑えて臨機応変に対応することが大切。 水溜まりに注意して立ち回る ネロミェールの水属性攻撃が発生した場所には、水たまりができる。 この水たまりを介して 攻撃範囲を広げたり移動を阻止してくるため、可能な限り近づかないこと。 全て避けれなくても、意識するだけで戦闘が楽になる。 水たまりが消える条件 条件 解説 水纏いの維持行動 水纏い状態を維持するために水たまりから水を吸収する 水蒸気爆発 帯電中は、水たまりを消費する形で範囲攻撃を行う ヒカリゴケ スリンガーでヒカリゴケをぶつけると水たまりを吸収してくれる ネロミェールは、水たまりを作ると同時に消費もする。 ある程度拡大するとネロミェール自身が処理してくれるため、足の踏み場がないほど水浸しになることは少ない。 帯電中は雷技を警戒する 帯電中は雷を使った技を使うようになる。 中でも水蒸気爆発が厄介で、 水たまりの大きさに応じて範囲が変わる。 帯電中は特に水たまりに近づかないことを意識しよう。 爆発自体は水属性 水蒸気爆発は雷属性やられが付与されるが、水属性の攻撃。 耐雷の装衣などでやられは無効にできるものの、ダメージは抑えられないので注意。 属性武器は水纏い中が攻撃チャンス 水纏い状態は、 火属性の通りが非常に良い。 属性武器を使うなら、水纏い中に積極的に攻撃しよう。 ただしネロミェールが本領発揮する状態でもあるため、退くべき場面ではきっちり退くこと。 大放電の後は肉質が軟化 ネロミェールは、大放電を使うと水纏いと帯電が解除され、肉質が軟化する。 動きも遅くなるため積極的に攻めよう。 しかし 属性攻撃の通りが悪くなるため、弓や双剣にとってはもどかしい状態だ。 水纏いへの復帰は早い 形態解除された状態でも、水属性攻撃は使ってくる。 ある程度水たまりを作ると吸収して水纏い状態に戻るので、物理武器を使うならぶっ飛ばしなどで少しでも時間を稼ぎ、ダメージを与えよう。 ネロミェールの主な攻撃と回避方法 ネロミェールの主な攻撃まとめ 【注意】 大放電 ネロミェールの必殺技。 特徴的な咆哮の後に水たまりを作り、放電して広範囲を爆発させる。 緊急回避で避けるのが最良。 【注意】 水ブレス 太 身体を捻りながら太めの水ブレスを放出する。 攻撃範囲が広く、動きが予測しづらい。 危険を感じたら緊急回避で確実に回避しよう。 【注意】 水流起こし 前方の地面から強い水流を起こす。 水たまりがあれば波が広がり、範囲が拡大する。 水ブレス 細 細いレーザーのような水ブレスを、地面に線を書くように放出する。 ブレスが通った場所は、約2秒後水が吹き出る。 吹き出る水も当たるとダメージを受けてしまう。 突進 わずかに後ろに身を引いた後、素早く突進して攻撃する。 予備動作が小さく被弾しやすい。 弱放電 前脚に電気を蓄え、地面に叩きつける。 叩きつけた場所に水が張っていると、通電しダメージを受ける。 放電 飛び上がった後、翼に包まってタコのような形になり放電する。 放水 これ自体にはダメージがないが、足を取られる。 大放電は緊急回避で対応する 必殺技の大放電は、範囲と威力が非常に高い。 攻撃判定があるのは放電時の一瞬なので、 ネロミェールが着地する瞬間に合わせて緊急回避しよう。 また、使用後は強化形態が解けて高確率でエリア移動する。 独特な鳴き声が発動の合図 ネロミェールは、大放電の前に独特な鳴き声をする。 こればかりは実際に聞かないと分からないが、普段は出さない声なのですぐに分かるはず。 避けづらい場合は、しっかりと音を出してプレイしてみよう。 ブレスは左正面に走ると回避しやすい 身体をくねらせるブレスは、驚異的な範囲と射程を持つ。 背を向けると回避困難だが、左正面に届くまでに時間がある。 そのためネロミェールと距離が近ければ、左正面に潜り込むようにして回避可能だ。 距離があれば緊急回避 ブレスの射程自体は驚異だが、届くまでにはかなり余裕がある。 すぐに納刀して、緊急回避でしのごう。 水流起こしは後方へ避難 水流起こしは前方広範囲に発生し、 水たまりがあれば射程も伸びる。 追われるように逃げると回避が難しいため、ネロミェールの後方に避難しよう。 安全に避けられる上、攻撃チャンスにもなる。

次の