アラジン アニメ。 【アニメ】アラジンの声優一覧!アラジンの声は3人いる?ジーニーの歌に秘密も♪

ディズニー実写『アラジン』大ヒットの背景に「映画魔法の現代化」

アラジン アニメ

アラジンのネタバレあらすじ:内にダイヤの原石を秘めたるもの 砂漠の王国アグラバー、右大臣ジャファーはこそ泥に集めさせた道具で魔法のランプが眠るという、魔法の洞窟を発見します。 洞窟の中にこそ泥を入らせようとしたところ、洞窟は「内にダイヤの原石を秘めたる者のみ入ることができる」と告げ、崩れ落ちます。 ジャファーは、相棒のオウム、イアーゴと共に、それに該当する者を魔法で探し出します。 一方、王女ジャスミンは、自分の誕生日までに結婚しなければならず、城を抜け出してしまいます。 市場で、盗人として捕まりそうになったところを、アラジンの機転で助けられ、彼の寝床へとやってきます。 しかし、衛兵たちが集まり、アラジンは捕まってしまいます。 ジャスミンは城へと戻り、アラジンを助けるようジャファーに命令しますが、王女を誘拐した罪で処刑したと告げられます。 アラジンのネタバレあらすじ:魔法のランプと願い アラジンは、処刑はされておらず、牢に囚われていました。 そこへ、相棒のサル・アブーがやってきて、鎖を解きますが、そこへ謎の老人が現れます。 実は、アラジンが捕まったのは、魔法のランプを盗りに行かせるためのジャファーによる策略でした。 老人に扮したジャファーに、魔法のランプを盗ってきてほしいと頼まれたアラジンは、魔法の洞窟の中へと入って行きます。 中には、あらゆる財宝が置いてあり、アラジンとアブーは、空を飛べる魔法の絨毯と出会います。 中に進み、ランプを手に入れますが、アブーが大きなルビーを盗ろうとしてしまったために、洞窟が崩れてきます。 空飛ぶ絨毯に乗り、入り口までたどり着きますが、落ちてきた岩に魔法の絨毯がつぶされ、アラジンは入り口にしがみつきました。 老人は、ランプを先に渡せと命じ、渡したところ、入り口から突き落とされてしまいます。 そのまま、洞窟は崩れ落ちてしまいました。 ジャファーは、ランプを手に入れたと喜びますが、ふと見るとランプはアブーに盗まれていました。 洞窟に閉じ込められたアラジンがランプを擦ると、ジーニーが現れ、3つの願いを叶えると告げます。 禁止事項があることを知ったアラジンは、わざとジーニーは完璧ではないと煽り、ジーニーに洞窟から脱出させてもらいます。 しかしジーニーが自分で脱出させたのだから、これは自分の願いではないと言うアラジンに対し、ジーニーは改めて3つの願いを叶えると伝えます。 アラジンは、ジーニーが自由を求めていることを知ると、最後の願いでジーニーを自由にすると約束します。 そして、彼は恋に落ちたジャスミン王女に会うために、王子になることを願いました。 アラジンのネタバレあらすじ:王子とほころび ランプを手に入れ損なったジャファーは、自分の魔力で、王にジャスミンと自分を結婚させるように催眠をかけようとします。 しかし、王子がやってきたことで、催眠は失敗してしまいます。 大パレードをしながらやってきたのは、アリ・アバブア王子に扮したアラジンでした。 魔法の絨毯を持つことや、アラジンの性格から、王はジャスミンと婚約させようとしますが、ジャファーは自分の邪魔をするアリ王子を気に入りません。 ジャスミンもまた、自分を商品のように扱う男性陣に怒っていました。 その日の夜、ジーニーに本当のことを話すよう諭されるのを無視し、アラジンはジャスミンのもとへと向かいます。 ジャスミンと魔法の絨毯に乗り込み、夜空を冒険します。 ジャスミンに市場で会った人と気がつかれますが、アラジンは王子であると嘘を続けてしまいます。 城へと戻ると、アラジンはジャファーの手下に捕まり、海へと沈めらます。 しかし、2つ目の願いとして、ジーニーに助けられます。 一方、アリ王子を殺したと思っているジャファーは、王に催眠をかけ、ジャスミンに結婚するよう迫りますが、そこへアラジンが現れます。 ジャファーが催眠術で王を操っていることに気がついたアラジンは、ジャファーの杖を壊し、王を正気に戻します。 捕まりそうになったジャファーは、消えてしまいました。 王は、アリ王子とジャスミンの婚約発表を行うと告げますが、アラジンは自分が次の国王になることに気がつきます。 自分が王になるために、ジーニーを自由にできないと告げると、ジーニーだけではなく、アブーと絨毯にも見捨てられてしまいます。 アラジンは、本当のことをジャスミンに告げようとしますが、そのまま婚約発表をさせられてしまいます。 アラジンの結末:ジャファーとの戦い アラジンが部屋から出た隙に、イアーゴがランプを盗み出し、ジャファーがジーニーの新たな主人になってしまいました。 ジャファーは、自分が支配者になることを願い、婚約発表の場を壊してしまいます。 王達が、ジャファーが支配者であることを認めないことで、2つ目の願いとして、世界で一番の魔法使いになります。 彼は、魔法の力で、アラジンの変装を解き、雪国へと飛ばし、王とジャスミンを鎖で繋ぎ、自分のいいように扱います。 雪国に飛ばされたアラジンは、魔法の絨毯で、こっそりと戻ってきました。 ランプを盗る前にジャファーに気がつかれ、殺されかけますが、「ジーニーの方が力がある。 お前は世界で2番目だ」とあざ笑います。 それを聞いたジャファーは、ジーニーよりも強い最強のジーニーになることを願いますが、その結果ジャファーはランプの精霊となり、アラジンにランプに封じ込められてしまいます。 ジーニーがそのランプを吹き飛ばし、ジャファーの魔法は全て解け、元通りになりました。 ジーニーは、アラジンの最後の3つ目の願いで、王子に戻そうとしますが、アラジンは、ジーニーの自由を願いました。 自由になったジーニーは旅立って行きます。 アラジンの誠実さと勇敢さを目にした王は、王子でなければ王女と結婚できないという法律を変えると宣言し、ジャスミンとアラジンは無事婚約することができるのでした。 以上が「アラジン」のあらすじと結末です。

次の

映画『アラジン(アニメ版)』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

アラジン アニメ

アラジン実写版とアニメ版映画の違いのまとめ アニメ版アラジンと実写版アラジンには、大きく23個の違いがありました。 実写版には新しいキャラクターが登場していることで、いくつかの違いは創造できるかもしれませんね。 23個の違いをそれぞれご紹介します。 ネタバレがあるので、実写版の内容を知りたくない方はご覧にならないで下さい。 魔法のランプの紹介 映画の最初の方で、実写版もアニメ版も魔法のランプについて紹介しますが、紹介する人が違います。 実写版は人間となったジーニーが、アニメ版はマーケットの商人が魔法のランプについて語ります。 金色のカブトムシ アニメ版では、ジャファーにランプがある場所を指し示す金色のカブトムシが登場しますが、実写版にはこのシーンはありません。 実写版には、金色のカブトムシの登場はなく、ジャファーは既に魔法のランプが眠る洞窟を知っています。 洞窟へ入る悪党 アニメ版では、魔法のランプがある洞窟にまず、悪党の1人が入っていきますが、実写版ではそのシーンはなく、アラジンが洞窟に入る最初の1人です。 パンを盗む人 アニメ版では、マーケットでアラジンがパンを盗みますが、実写版ではジャスミンがパンを盗みます。 正確には、ジャスミンがお腹を空かせた二人の子供たちの為に売り物のパンを与え、お金を払うというシステムを知らない様子が描かれています。 アニメ版ではアラジンが盗んだパンを二人の子供に与えています。 また、アニメ版では、ジャスミンが売り物のリンゴをお腹が空いている子に差し出しますが、実写版にこのシーンはありません。 2つのシーンが混ざって1つになっています。 アラジンのドジさ アニメ版では、マーケットを飛び回るアラジンにドジさが見られますが、実写版ではアラジンがドジするシーンは1つもありません。 国王サルタン アニメ版では、国王サルタンは、小さくて可愛らしくて、少し抜けている感じのキャラクターですが、実写版では、サルタンは由緒正しく、どっしりと権威あるキャラクターとして描かれています。 アラジンとジャスミンの出会い アラジンとジャスミンは、ジャスミンが宮殿を抜け出した後にマーケットで出逢いますが、アニメ版ではアラジンがマーケットを2回目に訪れた時に、実写版では、アラジンが最初にマーケットを訪れた時にすでにジャスミンに出会っています。 マーケットでの切り抜け方 アニメ版で、リンゴをタダで子に与えたジャスミンに、リンゴ売りはお金を払えと怒りますが、アラジンは、リンゴを盗んだのは猿のアブーだと言い、ジャスミンのことを「少し頭がおかしいんだ」と言い、ジャスミンは頭がおかしい演技をして切り抜けます。 実写版では、ジャスミンのブレスレットを品代として店の人に渡し、さらにそのブレスレットを盗み返してその場を切り抜けます。 アラジンの住処へ行くジャスミン アニメ版では、アラジンがジャスミンを彼の住処まで連れていきますが、実写版では、アブーがジャスミンをアラジンの住処へ連れていきます。 宮殿を出たジャスミン アニメ版で、ジャスミンが宮殿を出た理由は、政略結婚を迫られたからであり、宮殿へは帰ろうとしません。 実写版では、マーケットに出てきたものの、政略結婚相手の王子様の到着を知ると同時に、お城に帰らなきゃと言って帰ります。 ジャファーのアラジンの見つけ方 アニメ版では、ジャファーは国王サルタンの指輪を使い、砂時計の魔法を使って、魔法のランプのある洞窟に入れる男を見ます。 その男がアラジンでした。 実写版にはこの砂時計のシーンはありません。 ジャスミンの正体 アニメ版では、警備員に捕まったアラジンを助ける為、ジャスミンが自分で自分がプリンセスであることをばらしますが、実写版では、ジャファーがアラジンにばらします。 捕まったアラジン アニメ版では、ジャファーが悪知恵でアラジンを捕まえて牢屋に入れ、怪しいおじさんとなったジャファーがアラジンに、宝石と引き換えに魔法のランプがある洞窟へ行くことをそそのかします。 実写版では、ジャスミンの宮殿に忍び込んだアラジンをジャファーが捕まえて、洞窟があるところまで罰として連れていきます。 そこで、ジャスミンに釣り合う男になれるようなお金持ちにさせるとの交換条件を伝え、アラジンを洞窟の中へ行かせます。 空飛ぶじゅうたん アニメ版の洞窟の中で、空飛ぶじゅうたんはいたずらにアラジンたちに近づきますが、実写版では石の下敷きになっていた空飛ぶじゅたんをアラジンが助けた為に、アラジンの味方になるのでした。 ジャファーの姿 アニメ版の中では、洞窟でアラジンから魔法のランプを奪ったジャファーは、怪しげなおじいさんの姿でしたが、実写版では、ジャファーの本当の姿でアラジンを蹴り落としています。 空飛ぶじゅうたんに座るサルタン アニメ版では国王サルタンが空飛ぶじゅうたんに座って楽しんでいるシーンがありますが、実写版ではそのシーンはありません。 ダリア アラジン実写版には、ジャスミンの付き人兼親友として、ダリアという女性が登場しますが、アニメ版には登場しません。 アラジンとジャスミンのキス アラジンとジャスミンは、空飛ぶじゅうたんデートをした後キスをします。 実写版では意気地ないアラジンの背中を空飛ぶじゅうたんが押して、二人はキスすることになりますが、アニメ版では、アラジンは堂々とキスしています。 ジャファーとジャスミンの結婚 アニメ版では、催眠をかけられた国王サルタンがジャスミンに直接ジャファーと結婚するように言い伝えますが、実写版では、ジャファーによって苦しめられるサルタンやダリアを救うために、ジャスミンが自ら「何でもするから」と申し出て、結婚することになっています。 ジーニーのキャラクター アニメ版のジーニーは、とてもコミカルで、フワフワした感じで、ギャグ満載ですが、実写版のジーニーは、筋肉モリモリで、バカバカしいギャグはせず、かっこいいジーニーになっています。 ジャファーの姿 映画の最後の方で、最強になったジャファーは、巨大な蛇に成り変わりますが、実写版では大きく不気味なジャファーのままで、蛇の姿にはなりません。 ジーニーの結末 映画の最後でジーニーは人間になることができますが、まだ青いままです。 しかし、実写版では、人間色のジーニーになります。 また、アニメ版では、ジーニーは旅行に1人でひとっ飛びしてハッピーエンドになりますが、実写版では、ダリアと結ばれて、共に旅をすることになり、子供2人までいます。 まとめ.

次の

アラジン (1992年の映画)

アラジン アニメ

[画像のクリックで拡大表示] 大ヒットしたディズニー・アニメ映画『アラジン』が米国の劇場で公開されたのは1992年。 貧しいけれど美しい心をもった孤児アラジンが、空飛ぶ魔法の絨毯に乗り、ランプの精に助けられ、独立心旺盛なお姫様と出会う大冒険の物語である。 名作となったこの映画は、ブロードウェイでミュージカル化もされ、さらに実写版のリメイク作品が先月、米国で公開された。 だが、この映画のアラジンは一体どれくらい原作に忠実なのだろう? 物語の由来から中身まで、原作を知らない人には驚きの10のトピックスを紹介しよう。 (ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーはナショナル ジオグラフィックパートナーズの主要株主です)(参考記事: ) 1. アラジンは多くの物語の中の1つ ご存じの人も多いだろうけれど、まず『アラジン』は、何百年と読み継がれてきた説話集『千一夜物語』または『アラビアン・ナイト』に登場する「物語の中の物語」だ。 ヒロインのシェヘラザードは、結婚した翌日には妃を殺してしまう恐ろしい王に嫁いだ娘である。 命を長らえるため、彼女は夜ごと、夫にお話を語って聞かせる。 その中の1つが『アラジンと魔法のランプ』だ。 そして、いつも結末は話さずに、また今度、と約束するのである。 続きが気になって仕方がない王は、なかなかシェヘラザードを殺すことができないのだった。 よく知られている物語としては、『アラジンと魔法のランプ』のほかにも、『船乗りシンドバッドの冒険』や『アリババと40人の盗賊』などがある。 [画像のクリックで拡大表示] 2. 『アラビアン・ナイト』だけど、アラブだけじゃない この説話集の起源は10世紀まで遡れるが、収められた物語の由来は、北アフリカ、アラブ、トルコ、ペルシャ、インド、そして東アジアまで様々である。 例えば、947年、アラブの歴史家アル・マスウーディは、古代世界の各地から集められた物語をまとめたペルシャの『ハザール・アフサナ(1000の物語)』の存在を書き残している。 その後、時代を下る中で、何世紀にも渡って読み継がれた説話集に、新しい物語や演出が加えられていった。 1704年、フランスの学者アントワーヌ・ガランが、アラビア語版の写本をフランス語に訳し始めた。 これにアレッポからやって来たハンナ・ディヤープという名のシリア人から聞いた物語がいくつも追加された。 『アラジンと魔法のランプ』はその1つだ。

次の