朝早い 仕事。 朝早い仕事を辞めたいという人がまず確認すべきたった1つのこと

早朝・朝の仕事のアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し

朝早い 仕事

セブンイレブンのアルバイトの仕事は、朝忙しいサラリーマンのため、レジまで毎回走りながら、いろいろな作業を行います! 早朝シフト朝5時から7時まで、1人でレジ対応、ペットボトルの補充、食品の廃棄処分、店内清掃、トイレ清掃、外の清掃とゴミ捨て、最後にレジの金額清算をしていました。 朝は忙しいサラリーマンが多く、 他の作業をしつつレジを常に確認し、お客がきたらレジまで毎回走っていきました。 特に裏で飲み物補充やトイレ掃除、外掃除中はレジまで駆けつけるのが毎回大変でした。 また、利用客は年配の人が多かったこともあり、 いつも同じ銘柄のタバコを買う人が複数いて、それを暗記する必要がありました。 また、一部のお客さんはお茶を凍らしておく、特定のおにぎりを買うなど、個別対応も求められました。 デメリットは、最低賃金だったこと!朝早いのに、全く稼げない! 大学生のときで、 時給が690円と最低賃金レベルでした。 また、早朝シフトは朝早いわりにたったの2時間しか働けないため嫌でしたが、オーナーに聞き入れてもらえませんでした。 また、ハードワークでやることが多くレジと並行で他の作業をこなすため、1人で全てこなすのは厳しく、いつも次のシフトの人(2人)がきて、 レジを担当してもらった後、残業をして対応していました。 もちろん、残業代はありません。 あまりに忙しいので、 レジ清算も毎回誤差がでて、足りない分はいつも自腹で補充させられました。 シフトは1人だったので、友達もできず、全く楽しくありませんでした。 一番の不満は、オーナーが学生だからと最大限こきを使おうとするところ!トイレの便器を素手で洗わされたことが一番の屈辱! クリスマスケーキ、お歳暮、恵方巻などの販売もノルマにさせられ、結局毎回自腹で購入させられ、アルバイトというよりむしろ貪られてる感のほうが大きかったです。 辞めさせてくださいとオーナーに話すと、毎回大きな声で「これだから学生は」「それじゃ社会じゃ通用しない」「無責任だろ」など 罵られ机を叩き、毎回本当に怖い思いをしました。 恐くていつも辞めることができず、結局1年働かされました。 オーナーは、パートのおばさんたちにはとても愛想がよく、 あきらかに学生のアルバイトを使い捨ての駒のように最大限こき使ってやれという感じでした。 今でも覚えている一番嫌だった思い出は、ある朝トイレの便器の外側がウンコまみれに汚されていて、予定の仕事の時間の後、まともな掃除道具もなくほとんど素手で掃除させられたことです。 パートのおばさんたちも2人きて、オーナーだっているのに、嫌なことは全部時給が一番低いアルバイトです。 なぜこんな仕事を続けなければならないのか、 なぜこのアルバイトに応募してしまったのか、恨んでも恨み切れません。 今なら1日で辞めるようなアルバイトでしたが、あのころはまだ若かったので、辞められませんでした。 そんな若い子を脅してこき使う最低なオーナーは今でも許せません。

次の

朝早い仕事のメリットとは?~時間が有効に使える~

朝早い 仕事

もくじ• 辛い仕事 朝の通勤時に、 もうすでに仕事をしている人を見かけませんか。 24時間どこかで人が働いています。 早朝2時から出勤の会社、5時から始まる会社。 逆に10時から始まる会社もあります。 朝から夜中まで働いている人もいます。 人それぞれで、いろいろな仕事がありますが、 皆、朝からよく頑張っているなと思いませんか。 夜中ベッドで寝ている時間に 仕事をしている人が沢山いるのです。 かたやスヤスヤ寝てて かたや必死に働いている。 こんなの差別じゃありませんか。 なんて言いたくなりますが、 みんながみんな24時間働いているわけではなく、 労働時間は8時間だけれども、 働いている時間帯が違うだけかもしれません。 逆に、労働時間が18時間以上という人もいます。 完全にブラックだと思いますが、 好きで四六時中働いている人もいます。 朝早い仕事と夜遅い仕事 朝早い仕事といえば、新聞配達。 夜中の2時に出勤して 準備して配り始めて2、3時間で終わらせます。 帰って寝て、昼に出勤して営業をして、 夕刊を配ります。 夜に仕事はないですが、 朝2時に起きなければならないので、 早く寝なければ起きれません。 ただ、昼夜逆転させるため、 朝刊を配った後に寝ている人もいます。 トラックの運転手も、 朝4時から積み込みを始めて、 5時か6時には出発をしている人もいます。 工場勤務だと、 7時から出勤したり、 昼夜交代制の場合もあります。 電車の運転手などでは、 始発には仕事を始めているので、 朝も早いです。 様々な仕事があって、 同じ業種でも出勤時間も異なり、 沢山の人が朝から働いています。 朝早く通勤するときの通勤時間に 周りを見てみてください。 もう働いている人は沢山います。 自分だけが辛いと思っている人も、 実際周りを見てみると、 まだまだ辛い人、辛い仕事はたくさんあります。 仕事のやり方も考えようで、 朝早くても夕方には終わるからいいと思える人、 労働時間が長くても、 手を抜ける時間が多いからいいと思える人。 仕事のやり方を変えてみたら、 意外と楽に仕事が出来たり、 考え方を変えてみたら、 意外と辛くなかったり、 ようは考えようによっては、 辛い仕事もそれほど辛くなかったり、 意外と楽な仕事だったりします。 夜がメインの仕事の人は、 昼に色々と行動ができるから 便利と思える人もいますし、 平日休みなら、 人混みが少なく出かけるのが楽と思える人もいます。 皆と同じ日曜休みの人は、他の人と同じ休みだから、 一緒に行動ができていい。 と思える人もいます。 休みがみんなと一緒ではない人も、 一人で気楽に休めるからいいと思える人もいます。 ある状況下に置かれているなら、 その状況に適合するしかないので、 適合できるように考え方を変えるのも一つの手です。 早起きは頭の回転がいい 朝早く起きることにより 一日が無駄にならないと思える人もいます。 時間には限りがあります。 人生にも限りがあります。 出来る限り時間を有効に使い、 長い時間を使ってやりたいことをやりましょう。 私は、朝早起きをして、 記事を書くのが習慣です。 朝は頭がすっきりしていて、 記事を書くには最適です。 さすがに、朝起きたばかりだとボーっとしていて 頭が働きませんが、 2、3時間たてばすっきりしてきますので、 朝早い時間は、 頭を使う仕事をするのには最適だと思います。 できれば、だらだらと、 早起きをしないで過ごしたいものですが、 意外と遅く起きてしまうと一日が無駄になってしまうので、 早起きをして、頭の回転率を上げて 仕事の回転率も上げたいものです。 また、早起きとは少し異なりますが、 テレビを見ていたり、無駄な時間も必要ですが、 無駄な時間を過ごすなら、 将来のためになることをしたいものです。 会社で働いていても、 いつどうなることかわからないのが今の世の中です。 なら、自分の力で稼いでみてもいいのではないでしょうか。 自分の力で稼げるなら、 その力を発揮できるか試してみるのもいいでしょう。 努力が報われるかはわかりませんが、 やってみなければわかりません。 やりたいことがあるなら、 明日からでなく、今すぐにやってみましょう。 すぐやることにより継続の力が付きます。 難しいことや、やりたいことが多すぎて 乱雑しているとやる気も損なってしまいますが、 まずは、簡単なことからやりましょう。 なんなら、まずは、 やりたいことの整理からやってみてもいいです。 行動することが大事なので、 さっそく行動を起こしてみましょう。 独立して仕事する方法 どんな企業でもノウハウをマスターしたら 従業員にも起業できる力が出てきます。 もちろん、資金も必要としますが、 資金が沢山必要な事業もありますが、 資金がほとんどいらない事業もあります。 今、起業ビジネスの中で人気なのが、 IT企業になります。 IT企業の中でも ネットビジネスは参入しやすいビジネスです。 私は、ネットビジネスの中の アフィリエイト事業をやっているのですが、 基本的には、メディアを作って、 メディアで企業の商品を宣伝するのが仕事です。 昔なら、 メディアはテレビかラジオか雑誌・新聞だったのですが、 現在はネットがあります。 ネットもメディアになります。 沢山の人が毎日訪れるサイトは儲かり、 ほとんど人が訪れないサイトは儲からない。 昔も今もメディア事情は変わらないことでしょう。 ネットで一般の人がメディアを作れるという、 新しい事業が参入できるのが、 現在のネットメディアです。 インターネットなんて 見るだけしかできないから、 サイトを作るなんて できるわけが無いと思うかもしれませんが、 意外とやってみると誰でもできるものです。 あとは、やる気と根性のみです。 毎日継続できる力があるか。 文章を書くことができるか。 へたくそな文章でもいいのです。 人に伝わる文章が書ければいいのです。 最初はだれでも初心者です。 できなくて当たり前ですが、 やっていけばおのずとできるようになります。 文章の書き方だって、やり続ければうまくもなります。 長々と文章を作ることができない人でも、 いつかは書けるようになります。 継続していれば、必ずできる日が来るのです。 あなたは、人と会話をしますか。 仲のいい人と長話をしたりしませんか。 話ができるなら、文章にするのだって同じです。 パソコンで打ち込むだけです。 今は、メールもLINEも流行っていて、 誰もが使っているツールです。 文章をネット上で書いています。 メールもLINEもネットです。 メールで文章が書けるのなら、 あなたもインターネットの サイトを作るなんてお茶の子さいさいです。 ネットビジネスで稼ぐ ネットビジネスで稼ぐには、簡単に言うと、 ブログを開設して、記事を毎日書くだけです。 意外とやってみると簡単です。 ただ、難しいところは、 毎日継続すること、 記事を何記事も書き続けなければならないこと、 同じコンセプトの記事を書き続ける事。 最初の段階で、狙ったコンセプトが悪すぎて、 儲からないコンセプトでブログを作ってしまうこと。 ブログコンセプトをしっかりリサーチしてから作り。 毎日、2000文字から 4000文字の記事を書き続けられれば 誰でも稼げます。 誰でも儲かります。 全体像は簡単な仕組みなのですが、 実際にやってみると 色々と難関にぶつかります。 どんな難関にぶつかっても めげずに続けられる心があれば、 必ず成功します。 もし、ハズレのコンセプトで ブログを作ってしまっても、 間違えに気付いて また頑張れる根性さえあれば大丈夫です。 人間はすぐにめげてしまいます。 気合と根性に自信のある方なら必ず成功します。 あなたの人生を少し変えるために 1日2時間だけでも将来のための作業をしてみませんか。 毎日の記事を書く時間は、 1日2時間で2000文字から4000文字の記事を 1日に1記事か2記事書き続けるのです。 難しいことはありません。 ノウハウ、戦略、小手先のテクニックにとらわれず あなたのメディアを大きくすることだけに集中してください。 ただし、あなたのメディアが 世の役に立つメディアにならなければ人気は出ません。 人の役に立ってこそ、お金を稼ぐことができる。 これこそが、お金を稼ぐ仕組みなのです。

次の

早起きが得意!そんな人が得するオススメの仕事とは?

朝早い 仕事

朝早く出勤してお昼過ぎに帰る働き方と、お昼過ぎに出勤して夜遅く帰る働き方ではどちらがいいですか? カンカン照りの中、最寄り駅から会社まで歩くだけでメイクは崩れるし汗ダクダクで最悪。 そして主婦なので、お昼過ぎに終わって買い物して帰れたら最高。 最も多かった理由は「時間を有効活用できるから」で、「早起きの方が時間を有効に使え、お得気分になれる」「趣味の時間が長く使えそう」「午後の時間をゆっくり過ごせる」といった回答が寄せられた。 退勤時間が早まれば、家族と過ごす時間やプライベートの時間が増え、有意義な夜の時間を過ごせるかもしれない。 「仕事がはかどる」という意見も多かった。 朝の方が頭が冴えており、仕事の効率も高いとのこと。 とりわけ夏場は、気温が低い朝の方が爽やかに仕事に取り組めるのかもしれない。 早朝出勤を選んだ人からは、他にも「電車が空いているから」「子供と生活リズムを合わせたいから」「区役所や銀行など行きやすい」といった回答が寄せられた。 「お昼過ぎに出勤して夜遅く帰る」を選んだ理由として一番多かったのは、「朝が弱いから」だった。 「寝起きが悪いから早起きができない」「ゆっくり寝ていたい」といった声が。 お昼過ぎの出勤なら「夜更かしはできるし、朝寝坊もできて最高」とのことだった。 また、朝の時間を活用し、家事や用事を済ませてから出社したいという意見も寄せられた。 午前中に用事をすべて終わらせておけば、帰宅後がラクかもしれない。 他にも「ダイヤの乱れがあっても対応が楽」「飲み屋に行ける」「朝の通勤ラッシュに巻き込まれずに済む」といったことが挙げられた。 予めご了承ください。 関連記事•

次の