キメラ ウイルス。 新型コロナは何が“新型”? 既存のコロナウイルスや肺炎との違いとは

新型コロナウイルスは、存在しない。その正体は常在性ウイルスのキメラ遺伝子。

キメラ ウイルス

ノルウェーと英国の研究者たちは、武漢コロナウイルス(SARS-CoV2)がチャイナの研究所で生成された「キメラ」であると結論づける研究成果を発表した。 ロンドン大学のアンガス・ダルグリーシュ(Angus Dalgleish)教授と、ノルウェー人のウイルス学者バーガー・ソーレンセン(Birger Sorensen)氏は、ケンブリッジ大学の生物学評論季刊誌『QRB Discovery』に共同執筆したを発表した。 その中で、武漢肺炎を引き起こすウイルス(SARS-CoV2)は、自然に進化したものではなく人工的に操作されたものであると記している。 特に、このウイルスのスパイクタンパク質には「複数の挿入された箇所」が含まれていると記している。 また彼らは、 このウイルスが人に感染をし始めてから、ほとんど変異をしていないと指摘している。 このことは、このウイルスが 研究所の中にあった時点で既に人の生物学的仕組みに完全に適合する状態だったことを明らかに示唆しているという。 ソーレンセン氏は、6月8日(月)、ノルウエーの報道機関 に対して、「ウイルスが種の壁を超えることは非常にまれである」と語っている。 同氏はまた、武漢ウイルスは、(その遠縁にあたる)SARSウイルスと大きく異なる特性をいくつも持っているとも語り、そうした特性は「自然界でこれまで確認されたことがない」と語った。 ソーレンセン氏は、武漢ウイルスの遺伝子配列を慎重に調べた結果、 それは自然のプロセスを経て進化したものではないように見えると語った。 武漢ウイルスのスパイクタンパク質の中で挿入された遺伝子配列箇所 Source: A Candidate Vaccine for Covid-19 SARS-CoV-2 Developed from Analysis of its General Method of Action for Infectivity; by B. Susrud 1 , A. Dalgleish 2 ソーレンセン氏はNRKとのインタビューの中で、 このウイルスがチャイナで実施された数多くの「機能獲得型研究」と関係していると確信していると語った。 同氏はさらに、 米国とチャイナが何年にもわたってそのような研究を複数の高度な研究施設で行ってきたとも語った。 機能獲得型研究の目的は、ウイルスの感染力を人工的に高めることで、より簡単に、科学実験を迅速に繰り返すことにある。 このように操作されたウイルスは「キメラ」と呼ばれる。 ソーレンセン氏は、武漢ウイルスが人の間で感染拡大し始めた初期の頃、チャイナの科学者たちがこのウイルスの遺伝子配列の中に改変された箇所があると議論していたと語っている。 しかし、ここ数ヶ月の間に、チャイナ政府はこの話題について公に議論することを抑圧していると同氏は語っている。 遺伝子配列の挿入箇所について、決して発表されるべきではなかった。 もしそれが今日だったら、これが発表されることは決してなかっただろう。 これはチャイナ側が犯した大きな失敗だ。 この挿入された遺伝子配列箇所は、我々が説明した機能を持っている。 我々は、これら挿入箇所がなぜ欠かすことができないものであるかを(論文の中で)説明している。 しかしこれらの箇所について最初に指摘したのは、チャイナの人々だった。 MI6の元長官であるリチャード・ディアラブ卿は、彼らの研究によるこの発見が、チャイナの研究施設から漏れ出たためにアウトブレークが発生したことを示していると語っている。 ディアラブ卿は、6月4日に掲載されたとのインタビューの中で次のように語っている。 私はこれが事故で起きたと考えている。 このことは、チャイナがその責任を負うか、そしてチャイナが賠償金を支払うか、という疑問を提起する。 本サイトでも度々報じてきたが、「バット・ウーマン」として知られる、武漢ウイルス研究所の科学者である石正麗氏と彼女の研究チームは、少なくとも2007年には「キメラ構築」を行っており、最近では2017年にも成功したと発表していた。 また、米連邦政府機関の一つ の一部を使って、2019年に石正麗氏は、SARS-CoVウイルス(SARSウイルス)に関する「Sタンパク質の遺伝子配列データ、感染性クローン技術、体外および体内における感染実験」についての論文を執筆している。 SARS-CoV2(武漢ウイルス)の遺伝子配列が1月10日に初めて一般に公表された際、これと近いウイルス株は一つも確認されていなかった。 しかし1月23日、石正麗氏は論文を発表し、その中でSARS-CoV2(武漢ウイルス)は、彼女とその研究チームが2013年に雲南省で生息するコウモリから発見したウイルス株RaTG13と96%合致したと発表した。 石正麗氏は、SARS-CoV2(武漢ウイルス)がRaTG13とはあまりに異なるため、彼女の実験施設から漏れ出たものではないと語っている。 しかし、彼女は雲南省のコウモリから採取したウイルス株RaTG13のオリジナルのサンプルを公表しておらず、このウイルス株RaTG13が操作されていないことを確認するために独立した研究施設でその遺伝子配列を分析することを許可していない。 チャイナ政府もまた、外部の科学者チームが武漢ウイルス研究所に立ち入り、石正麗氏が行ってきたコウモリのコロナウイルスに対する機能獲得型研究の記録や検体を調査することをいまだ許可していない。 チャイナ政府は、同研究所のセキュリティ・カメラの記録を確認したり、研究所の職員にインタビューを行うために独立した調査を行うことも許可していない。

次の

「キメラウイルス」に関するQ&A

キメラ ウイルス

新興ウイルス感染症の発生はキメラウィルスを利用したテロの可能性もある そもそも日本はテロに対する警戒感が薄い上に、人口が過密である。 ここで化学テロを行えばインパクトが高い。 既に日本では1995年1月にオウム真理教による地下鉄サリン事件が起きている。 アメリカでは2001年9月11日アメリカ同時多発テロの直後に手紙による炭疽菌テロの実証データがある。 バイオテロは単価が安く大量殺戮に効率的。 SARSと強毒性鳥インフルエンザは人が作り出したキメラウィルスではないかといわれている。 細菌学者にとってキメラ変異株は容易に作り出せる。 空気感染する鳥インフルエンザ株の作り方。 フォウチャー教授や類似の研究実績のある科学者(例えばウィスコンシン大と東大の共同研究を率いる東大・河岡義裕教授も同じようなウイルスの報告論文をScience誌に寄稿している)は掲載することで科学界がH5N1パンデミックに備える助けになる、という立場です。 掲載しないと、いざ広まった時に研究者もどう対処していいか全く分からなくなってしまうという理由による。 最初にウイルスに三つの変異を起こさせ、フェレットに容易に感染する変異株を作成した。 (フェレットは人と類似の様式でウイルス感染を起こす)。 しかしながら出来たウイルスはフェレット間で感染を起こさないため、ウイルスをフェレットに、より適合させるため感染を繰り返させた。 そして10回の感染の後に、フェレット間で容易に感染する変異ウイルスが誕生した。 変異ウイルスは別のケージ内のフェレットに感染して、全てを死亡させた。 バイオロジカル・ウェポン ロシアの医師や研究者ら専門家向けに更新されているインターネット上のニュースリリース『メディカル・ニュース』に、驚くべき記事が掲載されたのは4月3日のことだった。 奇妙な肺炎(SARS)を引き起こすウィルスは、昔からあるウィルスと異なり、生物兵器として人工的に作られた可能性がある。 コレスニコフ氏は記者会見で、SARSが発生した原因についても言及していた。 SARSのウィルスは既存のよく知られた二つのウィルス一つは麻疹ましん(はしか)、もう一つは耳下腺炎(おたふくかぜ)のウィルスを合成して作られたものである。 二つのウィルスが融合することは、自然状態では起こり得ず、実験的条件の下でしか作れない。 このようなウィルスを兵器として作るときは、同時に身を守るべきもの(治療薬)も作られているのが普通なので、ワクチンもできているのではないだろうか。 もう一つの見方としては、誰かが意図してウィルスを広めたのではなく、実験中に突然できたウィルスが、何らかの事故で外部へ流出してしまったとも考えられる。 旧ソ連は、生物兵器として天然痘ウィルス(ポックスウィルス)とエボラウィルスを組み合わせて、新型のキメラウィルスを開発しました。 致死率を高め、治療を混乱させるためです。 このキメラウィルスに感染すると、天然痘でもあり、エボラ出血熱でもあるような複雑な症状が出ます。 SARSの場合も、ある患者はクラミジアが原因のようで、別の患者はコロナウィルスらしいと、症状がまちまちです。 単独のウィルスではないのではないかとの疑いは残るものの対策が立てづらい。 キメラは故意に作らない限り存在しません 植物でキメラをつくらせるには、異種の植物間で接木を行ってから、接木の部分でこれを切断し、そこから幼芽を出させる。 そうすると芽の中に、接穂(接ぐほうの芽や枝など)に由来する組織と台木(接がれる根のほう)に由来する組織が混在するキメラが生ずる。 混在の仕方はさまざまで、一方の組織が軸の中心部までくさび状に入り込んでいる区分キメラ、軸を取り巻く周辺組織にだけ一方の組織が存在する周縁キメラ、あるいはその両方が組み合わさった周縁区分キメラなどがある。 実験的には、トマトとイヌホオズキの間でつくられた種々のキメラがある。 遺伝子型の質的違いによるキメラのほか、染色体数の相違によるキメラがあり、染色体キメラあるいは混数性などとよばれる。 染色体キメラはコルヒチン(アルカロイドの一種)処理によって人工的につくることができる。 動物の場合はモザイクということが多い。 キマイラ(キメラ)は、ギリシャ神話に登場するライオンの頭、山羊の身体、蛇の尻尾を持つ怪物である。 このことより、2つの違った遺伝子、または2つの違った遺伝子の一部が融合した遺伝子をキメラ遺伝子と呼ぶ。 造血器腫瘍でしばしば見られる「染色体転座」は、2つの遺伝子よりキメラ遺伝子が形成され、正常な細胞には認められない異常な活性を持つタンパクが生成され、発症原因となることがある。 米オレゴン国立霊長類研究センター(Oregon National Primate Research Center)の研究チームは5日、混合胚を持つサルの作製に世界で初めて成功したと、医学誌「Cell(細胞)」電子版に発表した。 最大6個の異なる胚から出来た細胞を混合させたもので、医学研究に大きな前進をもたらしうる成果だという。 霊長類で同様のキメラを作製する試みは失敗に終わってきたが、同センターの研究チームは、キメラマウスの作製方法に変更を加えることにより、キメラのアカゲザルの作製に成功した。

次の

ミッション:インポッシブル2

キメラ ウイルス

中国で猛威を振るう新型コロナウイルスについて、一部の海外の専門家は、同ウイルスが実験室で人工的に合成されたと指摘した。 米ホワイトハウスはこのほど、アメリカの科学者に対して、ウイルスの発生源について調査するよう求めた。 欧州在住の中国出身ウイルス学者・董宇紅氏は2月9日、新唐人テレビの「熱点互動」番組に出演し、新型コロナウイルスが人工的な産物だとの見方を示した。 董宇紅氏は、中国の北京大学医学部を卒業、伝染病学博士を取得したのち、北京大学附属第一医院で勤務していた。 現在、スイスのバイオテクノロジー会社、SunRegen Healthcare AGで首席科学官を務めている。 以下は、番組インタビューの内容である。 司会者:新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大につれ、医学界はこのウイルスの発生源について関心を寄せています。 最近、複数の医学研究者がこのウイルスの構造と特性について研究を行い、このウイルスには人工的に作られた痕跡があると指摘しました。 欧州に住むウイルス専門家の董宇紅さんは先日、大紀元に寄稿し、新型コロナウイルスについて自らの見解を示しました。 董さん:視聴者の皆さんこんにちは。 司会者:董さん、こんにちは。 董さんは先日、大紀元に寄稿されました。 この寄稿の中で、董さんは、一部の医学研究報告を分析した結果、新型コロナウイルス(2019-nCoV)について、今まで見たことのない特徴があると述べました。 つまり、このウイルスは自然発生の可能性が非常に低いということです。 言い換えれば、人によって作られたと言えます。 なぜこのような結論にたどり着いたのでしょうか? 董さん:私の専門は伝染病研究です。 80代の両親と他の親戚、兄弟は皆、都市封鎖措置が実施された湖北省黄岡市と武漢市に住んでいます。 今、家族や親戚は非常に不安になっています。 家族の話を聞いて、私は事態の重大さに気づきました。 実に、2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)がまん延していた際、私は北京にいました。 あの時、私は体調が悪くて、北京市内の病院で1、2カ月間入院していました。 その時の北京市内も、市民はかなり不安でしたが、しかし今の新型肺炎は、比べものになりません。 それに、当時、感染拡大の影響で外出に少々不便はありましたが、都市封鎖の措置はなかったのです。 アメリカの研究者、エリック・ファイグルーディン(Eric Feigl-Ding)博士は新型肺炎について、「熱核反応のような」大流行だと警告しました。 多くの医学研究報告が、新型コロナウイルスにこれまで見られなかった特徴があると指摘しました。 イギリスの医学誌「ランセット(The Lancet)」に最近掲載された報告書では、41人の感染者を臨床研究しました。 このうちの3分の1の患者が集中治療室(ICU)での治療を受けなければならなかったのです。 半分の患者に呼吸困難の症状が見られました。 さらに、致死率が15%に達したと報告されました。 医師として、私はこの感染拡大は尋常ではないと直感しました。 それに親、他の親族や友人、中国のすべての国民は今、非常に不安になっています。 これを見て、私はこのウイルスがどういうものかと考え、「ランセット」「サイエンス」「ネイチャー」など国際医学誌で発表された研究資料を調べ始めました。 これは、感染防止の最前線にいる中国の医師や科学者による研究資料です。 なかに、中国疾病予防管理センターや国家生物安全重点実験室、武漢市金銀潭医院の専門家や医師がいるので、信ぴょう性が高いと思います。 新型コロナウイルスのゲノム配列情報は、すでに国際的な遺伝子データベースに送られたので、海外の専門家は非常に注目しています。 各国の研究者はこのゲノム配列の情報を基に、それぞれ研究を行っています。 私は、客観的公平性を重視しているので、公式に発表された論文しか読まないようにしています。 それで、おおよそ10数本の論文を読みました。 ここで今まで得た知見を皆さんに紹介したいと思います。 司会者:はい、お願いします。 董さん:科学者が新しいウイルスを発見した時、一般的にまず、ウイルスのゲノム配列を調べるのです。 つまり、この新しいウイルスは他のウイルスと比較して、配列にどのような違いがあるのかを調べるのです。 この配列とすでに知られているウイルスのゲノム配列の類似性から、ウイルスの種類を分類していきます。 1つ目は、多くの研究論文は、この新型コロナウイルス(2019-nCoV)をコロナウイルスに分類しました。 しかし、新型コロナウイルスは、コロナウイルスの中で「非常に新しいメンバー」だと言えます。 新型コロナウイルスは、2種類のコウモリ由来のコロナウイルスと非常に似ていますが、それでもそのゲノム配列の類似性は高くないのです。 これを見て最初に、私は、新型コロナウイルスのタンパク質をさらに調べる必要があると思いました。 なぜなら、ゲノムはタンパク質が(生体の)機能を決めるからです。 2つ目は、皆さんが知っているように、ウイルスと言うのは寄生体で、宿主の細胞に寄生してはじめて生きられます。 では、新型コロナウイルスの場合、どのようにして宿主の細胞に入ったのでしょうか。 これは、受容体と呼ばれるヒトの細胞のタンパク質がこのウイルスの表面にあるタンパク質と結合しなければならないということになります。 新型コロナウイルスの表面にあるタンパク質が「鍵」であるなら、ヒトの細胞の表面にある受容体は「錠」です。 受容体がウイルスのタンパク質と結合した後、受容体を持つ細胞には食作用(phagocytosis)が起きます。 つまり、細胞が細胞外にある物質を取り込むエンドサイトーシス(endocytosis)が発生するのです。 これによって、ウイルスが宿主の細胞に侵入するのに成功したと言えます。 ここから、ウイルスは宿主の細胞の構造とタンパク質や酵素を利用して、自身の生命活動と増殖を始めるのです。 だから、ウイルスは非常に狡猾な微生物だと言えます。 細胞内に入り込んだ後増殖するというこのウイルスの特徴から、抗ウイルス剤による薬物治療が難しくなっており、ワクチンの開発も困難です。 コロナウイルスには共通点があります。 この種のウイルスは特有のスパイク・タンパク質(Spike Protein)を持っています。 専門家は、このスパイク・タンパク質が人の細胞の内部に侵入するコロナウイルスの表面にあるタンパク質であると認識しています。 このスパイク・タンパク質は、宿主に感染する際に親和性を大きく発揮しているだけではなく、毒性も発揮しています。 スパイク・タンパク質について、多くの論文はある共通の現象に言及しています。 このスパイク・タンパク質のゲノム断片は、新型コロナウイルスの他のタンパク質、つまり、スパイク・タンパク質ではないタンパク質のゲノム断片と大きく異なり、それぞれのゲノム配列も違っています。 仮に、新型コロナウイルスのその他のタンパク質が同種類のコロナウイルスと、80~90%似ているとします。 しかし、新型コロナウイルスのスパイク・タンパク質と同種類のコロナウイルスのスパイク・タンパク質の類似性は70%しかないです。 この差は歴然です。 なぜこのように大きく異なっているのでしょうか? 専門家は、新型コロナウイルスのスパイク・タンパク質の中間配列について困惑しています。 この中間配列の源を見つけることができていないのです。 多くの研究者は、このウイルスのゲノム配列を解析していますが、しかし、そのうちの数千の塩基対(base pair、略してbp)はすべてのウイルスデータベースに照合しても、見つけることができませんでした。 だから、専門家はみな驚いています。 3つ目、新型コロナウイルスのスパイク・タンパク質のタンパク質構造にも、異なる点があります。 ご存知のように、タンパク質は三次構造となっています。 一部のゲノム配列はタンパク質の表面に現れます。 これが、他の受容体と結合する際大きな役割を果たすのです。 ある2本の論文は、新型コロナウイルスのスパイク・タンパク質にある4つの重要なアミノ酸残基が人為的に替えられたと指摘しました。 4つのアミノ酸残基が替えられたにもかかわらず、スパイク・タンパク質と受容体の結合性に変化がないのです。 1本の論文は、中国科学院パスツール研究所の専門家、崔傑氏が書いたものです。 もう1本の論文は、インド工科大学のプラダン(Pradhan)教授らが執筆したものです。 インドの研究チームは、新型コロナウイルスのタンパク質はHIVウイルスと酷似していると指摘しました。 中国の研究チームは、新型コロナウイルスがACE2(血管機能に関わるアンジオテンシン変換酵素2)細胞受容体に結合して感染するとの見方を示しました。 遺伝子の突然変異について、特にウイルスの遺伝子突然変異は一般的に、自然突然変異と言います。 これは無作為で、いかなる機能性や目的性を持たないので、遺伝的浮動(genetic drift)と言い、ウイルスの自然的な再集合とも言います。 しかし、新型コロナウイルスについて、われわれはこのウイルスが、受容体タンパク質の働きを保ちながら、正確に「異変」していることに驚いています。 このウイルスはなぜ、その働きを保ちながら、正確に異変したのでしょうか。 自然界では、このような現象はありますが、しかしウイルス研究者として、このような現象を目にする確率は非常に低いのです。 だから、その2本の論文は、新型コロナウイルスが人為的に合成されたものだという仮説を唱えたのです。 新型コロナウイルスにpShuttle挿入の痕跡 司会者:董さんは大紀元に寄稿された後、米国の科学者、ジェームス・ライオンズ・ウェイラー(James Lyons-Weiler)博士と意見を交換したと聞きました。 ライオンズ・ウェイラーさんは、別の角度から新型コロナウイルスを研究して、同じような結論にたどり着きました。 董さん:このアメリカの科学者は生物遺伝学の専門家です。 彼はエボラウイルス(Ebola)について研究してきました。 中国で新型コロナウイルスの感染が拡大してから、ウェイラー博士は新型コロナウイルスに注目し、ウイルスのデータベースを通じて、新型コロナウイルスのゲノム配列を調べていました。 彼は自分のブログで研究結果を掲載しています。 新型コロナウイルスを調べている私がウェイラー博士のブログを読んだ後、彼に連絡しました。 ウェイラー博士もまず、新型コロナウイルスのスパイク・タンパク質が、このウイルスのほかのタンパク質のゲノム配列と大きく相違していると指摘しました。 彼はこのように言いました。 「なぜこのウイルス(2019-nCoV)の多くの遺伝子の中で、このタンパク質だけが配列が全く異なっているのでしょうか。 これは全く筋道が通らないことです。 他の場所から由来したとしか考えられません」 ジェームス博士の専門は進化生物学だから、この現象に違和感を感じたのでしょう。 彼は最初、中国の科学者が発表した新型コロナウイルスのゲノム配列の論文に注目しました。 この論文は、新型コロナウイルスのスパイク・タンパク質のゲノム配列にマッチするゲノム配列がないと気づき、仮説として、ヘビ由来のコロナウイルスのゲノム配列と関連性があると主張しました。 しかし、その後この仮説は覆されました。 ジェームス博士はその後、分子生物学のゲノム解析方法で、新型コロナウイルスのあの不自然なシークエンスを、非ウイルス由来のシークエンスと比較しました。 この結果、博士は、SARSウイルスの再集合に必要なpShuttle-SNと呼ばれる特異の遺伝子配列に非常に近いと気づきました。 Shuttle bus、シャトルバスをよく聞きますね。 Shuttleは、定期往復便という意味です。 遺伝子の研究では、Shuttleというのはある種を別の種に運ぶことを指します。 遺伝子を運ぶ道具だと言えましょう。 このpShuttle-SNを開発した実験室は、中国のSARS遺伝子ワクチンタンパク質を生成した実験室であります。 ジェームス博士は、新型コロナウイルスが人為的に作られた生物兵器だとは思っていませんが、しかし実験室で行われた遺伝子組み換えによって、非常に危険なウイルスが合成されたとの見方をしています。 研究員があるウイルスの一部の配列を別のウイルスの一部の配列に組み込んだことで、人工的な遺伝子組み換えウイルスを作り出したのです。 このような人工的な遺伝子組み換えウイルスは、予想もしなかった毒性を持つようになるかもしれません。 司会者:一部の専門家は、新型コロナウイルスにpShuttleを挿入した痕跡がはっきりしていて、指紋を残したかのようだと指摘しました。 董さん:そうですね。 このpShuttleはウイルスに見られますが、生物には存在しないのです。 この配列は、一般的に遺伝子組み換えを行うときに使われます。 これは人の指紋のようです。 人の指紋がそれぞれ異なっているのと同じように、生物の遺伝子の一部の配列も特徴的です。 特徴的な配列はそれぞれ違うのです。 だから、(pShuttleを挿入したことは)まるで「絶対に消すことができない人工的な痕跡」を残したということになります。 司会者:ジェームス博士の結論は? 董さん:ジェームス博士は、この新型コロナウイルスについて、90~95%の確率で「ラボ・イベント(lab event)」によって引き起こされたとの結論を付けました。 ラボ・イベントは、人為的にウイルスを改造する実験室を指します。 米政府が調査を要求 司会者:アメリカ政府の科学技術政策局(OSTP)は最近、科学者や医療研究者宛てに公開書簡を送って、新型コロナウイルスの源を迅速に解明するよう求めました。 董さん:中国で新型肺炎の感染拡大は深刻で、突如に現れた災いと言えます。 このウイルスの生物学的特徴、感染ルート、遺伝子断片、毒性の強さなどはまだわかっていません。 さらに、このウイルスによる動物実験や臨床研究においても、データが混在していて不明な部分が多いです。 世界を巻き込む重大な公衆衛生事件として、中国だけではなく、全世界に脅威を与えています。 アメリカには、世界トップレベルのウイルスや伝染病の研究者がいます。 アメリカ政府は、新型肺炎の感染拡大を阻止するために、中国や国際社会に協力する義務があると思います。 もちろん、アメリカだけでなく、他の国も医師や研究者チームを中国に派遣すべきだと考えます。 なぜなら、中国に降りかかった災いは全世界の人々の災難であり、中国の問題は全世界の人々の問題でもあると思います。 司会者:董さんがおっしゃったように、新型コロナウイルスが人為的に作られた、あるいは実験室のミスによって合成されたものだとすれば、誰がこの責任を負うべきだと思いますか? 董さん:バイオテクノロジーにおいて、現在、遺伝子操作や遺伝子組み換えの技術があります。 過去数十年来、科学者たちは、さまざまな遺伝子組み替え技術を通じて、ウイルスを改造したり、ウイルスを再集合させたりしてきました。 この技術によって新しいウイルス、新しいワクチンが生まれました。 また、この技術で治療のために、有益なタンパク質を人体に組み込みました。 しかし、物事は弁証的に見なければなりません。 物事にプラスの面があれば、マイナスの面もあります。 たとえば、私が読んだ一部の論文は、遺伝子操作技術によって作られたキメラウイルスについて研究しています。 研究者は、野生由来のウイルスにある毒性の高いタンパク質を、すでに知られたウイルスの中に結合させてから、その後遺伝子組み換えによって生じたタンパク質や、この新ウイルスの毒性を調べています。 この技術は分子生物学の研究のためにあります。 しかし、新しく作られたウイルスの毒性はもっと強い可能性があります。 人類に潜在的な脅威を与えることになります。 アメリカの分子生物学者のリチャード・エブライト(Richard Ebright)博士は2015年、「ネイチャー」誌に論文を発表しました。 エブライト博士はウイルスの遺伝子組み換えによって新しいウイルスを生成したことは、「実験室で新しい非自然のリスクを作り出した」と警告しました。 先ほど話したジェームス博士は、新型コロナウイルスはSARSワクチンの研究と関係があるという仮説を唱えています。 なぜなら、SARSワクチンも遺伝子組み換え技術によって作り出されたからです。 新型コロナウイルスが実験室で人為的に合成されたとすれば、その動機とやり方はともかく、実験室は、毒性を持つウイルスが外部に漏れないように責任を持って扱うべきだと思います。 私は科学の発展が重要だと考えています。 しかし、これは人類にとって有益で、人類の基本的な道徳観に基づくものであるべきだと思います。 道徳観を無視して科学を発展させるのは、必ず大きな危機を招くことになります。 人類は、科学技術の過剰な発展によって壊滅される危険性にされされています。 なぜ街で市民が突然倒れるのか 司会者:一部のネットユーザーは、中国の街で、あるいはスーパーなどで、市民がバタッと倒れる様子の写った動画を投稿しています。 このことについて、どう思いますか。 董さん:私もこのような動画をたくさん見ました。 本当に恐ろしいです。 今までの医療活動で、あるいは(中国で)SARSがまん延した当時もこの現象を見たことがないです。 動画では、市民は買い物袋やトランクを持っていて、突然、倒れました。 しかも、倒れた後、びくともしないです。 これは、苦痛やけいれんが見られないので、心臓や肺の機能が停止したと見受けられます。 一般的に心肺停止状態になると、人が死亡したと判断しても良いです。 しかし、検視報告書を読まなければ、この現象について結論を付けることはできません。 このような突然死に関して、まず中国の衛生当局が数十件の検視報告を提供しなければならないです。 その次に、心肺停止になった原因を調べなければならないと思います。 新型コロナウイルスに感染した患者の半分以上に呼吸困難が報告されました。 そのうちの12%の患者に急性の心臓損傷がみられました。 さらに、60%以上の患者には急性リンパ球減少が起きました。 これは、血液に流れたサイトカインというタンパク質と関係します。 サイトカインは砲弾のように、各臓器の細胞を攻撃し、多臓器の機能障害や多臓器不全を引き起こします。 あの突然死の映像を見ると心が痛みます。 今までこのような現象を見たことがなかったです。 今後これについての研究報告を期待します。 新型コロナウイルス新たな現象 司会者:現在、新型コロナウイルスに関する研究の発見が多くなっています。 一部では、このウイルスが変異し続けています。 報道では、マスクを着けない場合、数十秒の接触でこのウイルスに感染するとか、無症状感染、母子感染などがあります。 中国当局も、エアロゾル感染の可能性も示しました。 董さん:ウイルスの人体への危害を判断する上で2つの基準があります。 1つ目は伝播性、あるいは感染力です。 人々の間で感染が広まる速度とその能力です。 2つ目はウイルスの毒性です。 先の質問は、新型コロナウイルスの感染力に関する話です。 中国当局の発表では、このウイルスには2つの感染ルートがあります。 1つ目は、SARSと同じように、咳やくしゃみなどによる飛沫感染です。 2つ目は、接触感染です。 しかし、最も恐ろしいのは無接触感染、またはエアロゾル感染という感染経路があります。 中国当局は、エアロゾル感染は新型コロナウイルスを含んだ飛沫が空気中で微粒子となって、空気の流れとともにさらに遠く飛ばされ、これを吸い込むと感染すると説明しました。 つまり、新型ウイルスは遠距離伝播ができるということです。 このエアロゾル感染は新型コロナウイルスの伝播能力を反映していると思います。 司会者:遠距離伝播はどのくらいの距離ですか? 董さん:私が今まで見た伝染病ウイルスの症例の中に、このような遠距離伝播ができるエアロゾル感染がないです。 なので、正確には言えないです。 しかし、近距離伝播の5~10メートルまでより遠くなることは間違いないです。 武漢市政府はなぜ、厳戒令を発動するのではなく、都市封鎖措置を実施したのかを考えると、やはり中国当局は新型コロナウイルスの感染力の速さと広さに気づいたからだと思います。 当局が、数十メートル、あるいは数百メートル、さらに遠い距離でも他の人にこのウイルスを感染させてしまうことがわかったと推測します。 新型コロナウイルスのもう一つの特徴は、ヒトからヒトへの強い感染力です。 このウイルスの潜伏期間に、他の人に感染する可能性があるのです。 一般的なウイルス性伝染病の場合、症状が現れてから、初めて他の人に感染するのです。 なぜなら、症状が出た時、体内にあるウイルスの毒性がピークになっているから、人にうつすことが可能です。 しかし、新型コロナウイルスは潜伏期間内に他人にうつしています。 公共施設にいる市民のなかに、誰がこのウイルスの感染者かを知る余地もないでしょう。 だから、感染拡大防止に大きな困難をもたらしました。 すべての人にウイルス検査を行うのは不可能だからです。 新型コロナウイルスの致死率の高さにも注目しなければならないです。 SARSが発生した当時は、致死率が9. 3%でした。 最近、医学誌「ランセット」で発表された論文は41人の感染者について調査を行い、致死率が15%だという見方を示しました。 したがって、新型コロナウイルスの毒性が非常に強いとわかるのです。 毒性は、ウイルスのタンパク質の機能と特性によって決められます。 これが、私がなぜ新型コロナウイルスのゲノム配列をさらに研究する必要性を訴えるかの理由です。 スパイク・タンパク質はこのウイルスの感染力を決めるのです。 スパイク・タンパク質によってこのウイルスが人体の細胞に侵入するのです。 だから、どのようなタンパク質がこのウイルスの毒性を生じさせたのか、どのように受容体、あるいは細胞に結合するのかなど、このような研究にさらに取り組む必要があります。 中国当局に「情報の透明性を」 司会者:医師として、中国当局の対応をどのように見ていますか? 董さん:中国は今、今まで見たことのない危機と災難に直面しています。 中国当局は最大限に情報やデータを公開する必要があります。 当局は、現在把握している症例、研究結果を公にするべきです。 これができて、はじめて各国の専門家や医師が中国当局に支援の手を差し伸べることができます。 新型コロナウイルスの由来、毒性の特徴、感染力、人体の臓器組織への危害を明らかにして、われわれ研究者ははじめて感染防止の方法を見出すことができます。 同時に、中国側は国際社会の支援を受け入れるべきだと思います。 感染者が毎日急増しています。 だから、これは極めて困難な防疫任務で、全世界の科学者と医師、政府関係者が一丸となって共に解決していく必要があります。 新型肺炎のまん延は人命にかかわる重大なことです。 中国で起きた今回の災難は、重大な人道的な災難だと言えます。 われわれは、すべての資料を公開するよう中国当局に呼び掛けています。 司会者:ありがとうございました。 (翻訳編集・張哲) 読者メニュー• 関連リンク• 大紀元日本について• サイト所有会社• 株式会社大紀元(英語名 DJY Japan Inc. TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• EMAIL info djy. jp 運営会社• 特定非営利活動法人エポックメディア• TEL:03-6806-8903 FAX:03-6332-9990• 運営責任者: 金丸真弥• EMAIL info epochtimes. jp 大紀元 Global Group•

次の