和風 名前 花。 日本の伝統色 和色大辞典

【創作支援名前倉庫】和風な名前(女)

和風 名前 花

和風月名(わふうげつめい) 旧暦では、和風月名(わふうげつめい)と呼ばれる月の和風の呼び名を使用していました。 和風月名は旧暦の季節や行事に合わせたもので、現在の暦でも使用されることがありますが、現在の季節感とは1~2ヶ月ほどのずれがあります。 和風月名の由来については諸説ありますが、代表的なものを紹介します。 和風月名 旧暦の月 和風月名 由来と解説 1月 睦月(むつき) 正月に親類一同が集まる、睦び(親しくする)の月。 2月 如月(きさらぎ) 衣更着(きさらぎ)とも言う。 まだ寒さが残っていて、衣を重ね着する(更に着る)月。 3月 弥生(やよい) 木草弥生い茂る(きくさいやおいしげる、草木が生い茂る)月。 4月 卯月(うづき) 卯の花の月。 5月 皐月(さつき) 早月(さつき)とも言う。 早苗(さなえ)を植える月。 6月 水無月 (みなづき、みなつき) 水の月(「無」は「の」を意味する)で、田に水を引く月の意と言われる。 7月 文月 (ふみづき、ふづき) 稲の穂が実る月(穂含月:ほふみづき) 8月 葉月 (はづき、はつき) 木々の葉落ち月(はおちづき)。 9月 長月 (ながつき、ながづき) 夜長月(よながづき)。 10月 神無月(かんなづき) 神の月(「無」は「の」を意味する)の意味。 全国の神々が出雲大社に集まり、各地の神々が留守になる月という説などもある。 11月 霜月(しもつき) 霜の降る月。 12月 師走(しわす) 師匠といえども趨走(すうそう、走り回る)する月。

次の

猫につけたい和風な名前まとめ!つけ方のポイントとおすすめ一覧

和風 名前 花

日本の花といえば【桜】 法的に国の花とされているわけではないのですが、多くの人が「日本の花」といえば桜を思い浮かべるのではないでしょうか。 万葉集にも出てくるくらい、古くから日本で愛されていて、近代以降は公的な機関のマークなどにも使われています。 そのまま「さくら」と読ませる場合も、いくつか漢字のパターンがあります。 さくら 「咲」は花が咲くイメージで「桜」という花とも相性がいいですね。 「朔」は新月を意味する言葉で、始まりや出発という意味を込めることができます。 また、「桜」を「おう」や「お」と読ませる名前もあります。 美桜(みお)• 美桜里(みおり)• 李桜(りお)• 里桜(りお)• 莉桜(りお) 「お」「おう」と読ませるとぐっと幅が広がりますね! 女の子のための【桃】 「桃の節句」などの「節句」は元々は中国から伝来した暦の上のものですが、日本固有のものとして発展してきた女の子の節句。 桃の花にも日本らしい、和風なイメージがありますよね。 女の子の名前にもぴったりです。 桃絵(ももえ)• 桃恵(ももえ)• 桃香(ももか)• 桃花(ももか)• 桃華(ももか)• 桃歌(ももか)• 桃音(ももね) 「もも」の読みを活かして、別の漢字を使う名前も。 百花(ももか)• 百歌(ももか)• 百々子(ももこ)• 萌々子(ももこ) 美人のイメージの【百合】 日本の特産種も多くある百合もまた、日本らしいイメージの花ではないでしょうか。 「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉もあるように、美人のたとえとしても使われます。 百合(ゆり)• 百合恵/百合枝(ゆりえ)• 百合花/百合香(ゆりか)• 百合子(ゆりこ)• 百合奈/百合菜(ゆりな)• 百合乃(ゆりの)• 小百合(さゆり) 奥ゆかしさを感じる【椿】 日本古来からある花で、こちらもやはり万葉集でも読まれている椿。 日本らしさを感じる名前ですね。 椿(つばき) 万葉の香りする【藤】 薄紫の可憐な花を咲かせる藤。 4月から5月にかけて、美しい藤棚を見かけることも多いですよね。 藤の花もやはり万葉集で詠まれている、日本に古くからある花木です。 藤佳/藤花(とうか)• 藤子(とうこ/ふじこ)• 藤乃/藤野(ふじの) 【和】という漢字を使って 日本らしさと、調和などをイメージさせる漢字「和」を使って、花の名前と組み合わせてみるのはいかがでしょうか。 和花(わか)• 葵和/葵和子(きわ/きわこ)• 楓和(ふうわ)• 咲和(さわ)• 菜和(なわ)•

次の

和風でかっこいい女の子の名前792選!季節や文字数ごとに一覧で紹介!

和風 名前 花

赤ちゃんの名前一文字?二文字?それ以上? 女の子の名前を決めるために、まず 文字数から検討してみてはいかがですか? 名前を決めるためには柱となる方針を何か一つ設定すると決めやすくなります。 また、名字と名前のバランスはとても重要なんですよ。 例えば一文字の名字に対して名前の文字数が一文字だと、どうしてもアンバランスな印象を受ける人もいます。 だから一文字の名字の場合、名前は二文字・三文字がスマート。 三文字姓の場合は二文字の名前にする人が多いです。 【一文字の特徴】 一文字の名前は少し前まで男の子の名前として流行していましたが、近年は女の子の名前でも人気です。 一文字の漢字が持つ意味やイメージを前面に出すことができます。 古風だけど古臭くない、かわいい名前が多いです。 【二文字の特徴】 時代・年代問わず不変の人気を誇るのが二文字の名前です。 漢字の場合、二つ組み合わせることができるので、 いくつかの願いや想いを込めるのに最適な文字数です。 【三文字以上の特徴】 字面の良さが前面に出るのが三文字の名前です。 漢字であれば字体の持つカッコよさを、 ひらがなであれば女の子らしい柔らかい雰囲気をアピールしやすい文字数です。 2018年女の子の名前人気ランキング! 次に 2018年人気の女の子の名前をランキング形式でチェックしてみましょう。 ウェブサイト「赤ちゃんの命名ガイド」では名付けに人気の「よみ」と「漢字」が男の子・女の子別でランキングされています。 2018年6月23日時点で、女の子の人気の「よみ」と「漢字」ランキングは下記の通りです。 読み 漢字 1位 はな 結 2位 さら 咲 3位 ゆい 桜 4位 さな 陽 5位 めい 花 出典元: この結果を基に筆者が2018年に人気となる女の子の名前を大予想。 文字数別にランキングしてみました。 使用する漢字 一文字 二文字 三文字 1位 結 結(ゆい) 結衣(ゆい)・結愛(ゆあ) 結衣菜(ゆいな)・結莉菜(ゆりな) 2位 咲 咲(さき) 美咲(みさき)・咲良(さくら) 咲也香(さやか)・咲莉奈(さりな) 3位 花 花(はな) 花音(かのん)・花蓮(かれん) 穂乃果(ほのか)・百合花(ゆりか) 4位 桜 桜(さくら) 美桜(みお)・桜子(さくらこ) 伊桜里(いおり)・桜久良(さくら) 5位 陽 陽(はる) 陽葵(ひまり)・ 陽菜(ひな) 陽菜乃(ひなの)・亜咲陽(あさひ) 太字にしている名前は2017年に特に人気のあった名前です。 2018年の女の子に人気の名前で使用されている漢字は、一目見て「女の子だ」とわかる漢字が多いのがわかります。 「咲」「花」「桜」は花を表現することで女の子らしさがある漢字ですし、「結」は女性特有のやわらかさを、「陽」は太陽のような明るさを感じさせてくれる漢字です。 流行に外れた名前はちょっと……というパパさんママさんはぜひこちらのランキングを参考にしてください。 珍しい名前をつけたい! 古風・和風な名前を参考にする ここからは珍しい女の子の名前を考えている人、へジャンル別に名前をご紹介します。 まずは「古風・和風」な女の子の名前から見ていきましょう。 ・【「花」を使った名前】 ランキングにもランクインしていた 「花」という漢字は、昔から女の子の名前として親しまれてきた漢字です。 「花」一文字では「はな」と読む名前が主流です。 「花」の字自体が「花のように美しい様子」を表したり、「日本の桜、梅」を指したりするので、古風でかわいい名前としてはピッタリです。 【「花」を使った二文字の名前】 一花(いちか)、藤花(とうか)、桜花(おうか)、愛花(あいか)、春花(はるか)、花蓮(かれん) など 【「花」を使った三文字以上の名前】 菜乃花(なのか)、百々花(ももか)、千花子(ちかこ)、美花子(みかこ) など ・【「雅」を使った名前】 女の子の名前として 「雅」は一文字で 「みやび」と読みます。 それに「みやび」というと日本に古くから伝わる美的感覚でもあります。 日本の精神を大切にした本居宣長は「雅」の感覚も大切にしたんだそうですよ。 「雅」は男の子の名前にも使われる漢字ですから、字体が男の子っぽくなる可能性もあるので気をつけてくださいね。 【「雅」を使った二文字の名前】 礼雅(あやか)、愛雅(あいか)、雅子(まさこ) など 【「雅」を使った三文字以上の名前】 愛衣雅(あいか) など ・【「音」に関連する名前】 日本に古くから伝わる美しい言葉には 音や音楽に関連したものも多くあるので女の子の名前におすすめです。 例えば日本の伝統的な和楽器である 琴。 琴を美しくかき鳴らすためには芯のある力強い指裁きが必要です。 「一つ一つの音を力強く鳴らすように、少しずつ丁寧に、そして可能な限り美しい人生を歩んで欲しい」という意味を込めることができます。 他にも 「音」という漢字そのものや、和歌という単語でも親しまれる 「歌」も古風な名前にピッタリ。 まとめてご紹介します。 【「音」に関連する一文字の名前】 琴(こと)、詩(うた)、響(ひびき)、律(りつ)、奏(かなで) など 【「音」に関連する二文字の名前】 美琴(みこと)、琴音(ことね)、朱音(あかね)、歌子・詩子(うたこ)、響子(きょうこ)、律子(りつこ) など 【「音」に関連する三文字以上の名前】 琴都音(ことね)、天舞音(あまね)、由歌里(ゆかり)、詩津歌(しづか)、帆乃歌(ほのか)、いろは など 花の名前や物の名前から連想する 女の子らしさが溢れる花の名前や物の名前から連想するのも、珍しい名前を付けるポイントです。 ・【花の名前から連想する】 女の子の名前として最近の流行でもあるのが 「葵」(あおい)。 ちなみに「葵」という漢字は 「向日葵」(ひまわり)にも使われていますので、鮮やかで凜とした姿や逞しく成長する様子、花の可愛らしさを表現したい名前に向いています。 冬生まれの女の子なら 「椿」(つばき)も素敵です。 見も凍る雪の中で美しく花を咲かせる様子は、強く美しい女性像を思わせます。 ランキングにも入っていた桜や、三月に咲き乱れるかわいい桃の花から連想する名前も素敵です。 【「花の名前」から連想する一文字の名前】 葵(あおい)、椿(つばき)、桃(もも)、棗(なつめ)、菫(すみれ)、梓(あずさ)、苺(いちご)、霞(かすみ)、芹(せり)、茜(あかね)、藍(あい)、柚(ゆず)、蘭(らん) など 【「花の名前」から連想する二文字の名前】 花梨(かりん)、彩芽(あやめ)、紫苑(しおん)、紅葉(もみじ)、胡桃(くるみ)、百花(ももか)、杏奈(あんな)、芹香(せりか) など 【「花の名前」から連想する三文字以上の名前】 向日葵(ひまわり)、つくし、かんな など ・【物の名前から連想する】 季節折々の物や色の名前など、特定の物から連想する女の子の名前も珍しくてかわいいものが多いです。 こちらもまとめでご紹介します。 【「物の名前」から連想する一文字の名前】 文(あや)、栞(しおり)、紫(ゆかり)、渚(なぎさ)、緑(みどり)、光(ひかり)、雪(ゆき)、楓(かえで) など 【「物の名前」から連想する二文字の名前】 一葉(いちよう)、弥生(やよい)、皐月(さつき)、瑞穂(みずほ)、和歌(わか)、瑠璃(るり) など 【「物の名前」から連想する三文字以上の名前】 あかり、こはる、香央梨(かおり) など パパママの名前から一文字ずつとる 「親から子へ受け継ぐ」という意味では、パパとママの名前から一文字ずつ取って名前を付けるというのも素敵です。 特に女の子は受け継いだ名字が結婚などで変わってしまうことも想定されますから、変わらない名前へ想いを込めることができます。 明治安田生命が2017年に発表したの女の子部門では 「莉子」が 4位にランクイン。 先に引用したサイト「赤ちゃんの命名ガイド」でも「莉」という漢字は人気ランキング9位にランクインしています。 そもそも「莉」という字は植物の ジャスミンを連想させる漢字。 日本では「茉莉花」(まつりか)と呼ばれてきたジャスミンは、香水にも使われる香り高い花を咲かせます。 しかし香りとは反対に、花自体は意外なほど可憐。 主張しすぎないけれど確かな美しさを備えているジャスミンは女の子の名前の由来にふさわしい花です。 筆者は「莉」が今から人気になっていく女の子の名前に使用されるのではないかと予想しています。 【「莉」を使ったおすすめ・かわいい一文字の名前】 莉(れい) 【「莉」を使ったおすすめ・かわいい二文字の名前】 茉莉(まり・まつり)、莉紗(りさ)、優莉(ゆうり)、莉緒(りお) など 【「莉」を使ったおすすめ・かわいい三文字以上の名前】 茉莉花(まりか)、万莉乃(まりの)、香莉菜(かりな) など 芸能人の芸名や役名を参考にする かわいい名前といえば芸能人の名前や役名の名前もかわいいものが多いので、ぜひ参考にしてみてください。 役名であれば、役柄や性格に注目して選んでもいいですね。 女の子の名前を全く決めていない人は文字数から検討を• 流行に外れたくない人は2018年に流行しそうな名前をチェック• 珍しい女の子の名前を付けるキーワードは3つ 「古風・和風」、「花」、「パパママから一文字もらう」• 女の子のかわいい名前におすすめは「莉」• 芸能人の芸名や役名もチェック よほどのことがない限り、名前はその子が一生付き合っていくものです。 女の子には、赤ちゃんの今だけでなく学生時代や就活で名前を呼ばれるときにも「素敵だな、かわいいな」と思える名前を付けてあげたいですね。 この記事が皆さんが素敵な名前を付けられる手助けになったら幸いです。

次の