れんこん レシピ 人気。 れんこん|レシピ|ゆとりの空間

れんこんレシピ22選【人気1位は?】つくれぽ1000超え殿堂だけ!簡単&子供が喜ぶ料理も

れんこん レシピ 人気

【材料】• れんこん 200g• バター 10g• 塩こしょう 少々• 豚ひき肉 300g• Aパン粉 大さじ4• A牛乳 大さじ2• A卵 1個• Aナツメグ 少々• サラダ油 大さじ1• 酒 大さじ2• B酒 大さじ1• Bみりん 大さじ3• B醤油 大さじ3• B砂糖 小さじ1 【レシピ】• れんこんは5mm幅程度の輪切りにします。 玉ねぎにバターと塩こしょうを加え、500wのレンジで2分加熱します。 ボウルに豚ひき肉、 材料Aを入れてよく混ぜます。 1 に薄力粉をまぶし、 3 を挟みます。 フライパンにサラダ油を熱し、 4 を焼きます。 酒を加えて蒸し焼きにし、 材料Bを煮絡めたら完成です。 【材料】• れんこん 10cm• 片栗粉 適量• サラダ油 小さじ1• 豚ひき肉 300g• A酒 大さじ2• Aこしょう 少々• Aおろししょうが 小さじ1• A片栗粉 大さじ1• B酒 大さじ2• Bみりん 大さじ2• Bしょうゆ 大さじ2• B水 大さじ4• 水溶き片栗粉 小さじ1 【レシピ】• れんこんは5mm幅の輪切りにします。 ボウルに豚ひき肉と 材料Aを入れ、ひき肉が白っぽくなるまでよく練ります。 フライパンにサラダ油を熱し、 1 を半量を広げます。 片栗粉をまぶし、 2 をのせて片栗粉をまぶします。 残りの 1 をのせて軽く押し、両面焼いたら器に盛ります。 フライパンに 材料Bを入れて煮立たせます。 水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、 5 にかけたら完成です。 【材料】• れんこん 200g• 薄力粉 大さじ1• サラダ油 大さじ1• 豚ひき肉 300g• A卵 1個• Aパン粉 大さじ3• A牛乳 大さじ3• A塩こしょう 少々• B酒 大さじ1• B砂糖 小さじ1• Bしょうゆ 大さじ2• B有塩バター 20g• B黒こしょう 少々 【レシピ】• れんこんは半量を5mm幅の薄切り、もう半量は粗みじん切りにします。 ボウルに豚ひき肉と 材料Aと 1 を入れてよく練り、成形します。 フライパンにサラダ油を熱し、薄切りにしたれんこんを並べて薄力粉をふります。 肉だねをのせて平らに広げ、中に火が通るまで焼き、器に盛ります。 フライパンに 材料Bを入れて煮詰め、 4 にかけたら完成です。 【材料】• スパゲティ 160g• 鶏ひき肉 200g• れんこん 3cm• にんにく 1かけ• 赤唐辛子 輪切り 1本分• 塩こしょう 適量• オリーブオイル 大さじ2• A酒 大さじ1• A和風だし 100cc• Aオイスターソース 大さじ2 【レシピ】• ボウルに鶏ひき肉と塩こしょうをまぶします。 れんこんは粗みじん切りにします。 玉ねぎは1cmの角切りに、にんにくは潰して粗みじん切りにします。 鍋にオリーブオイル、にんにく、唐辛子を入れて弱火で熱します。 香りが立ったら玉ねぎと 2 を炒めます。 1 を加え、 材料Aを加えて軽く煮込みます。 茹でたパスタを加えて和え、細ねぎを散らしたら完成です。

次の

れんこんレシピ人気1 位サラダレシピ シャキシャキで無限のうまさ!

れんこん レシピ 人気

れんこんレシピの殿堂入り&人気ランキングTOP! まずは、クックパッドで殿堂入り&人気のれんこんレシピをランキング形式でご紹介します。 第1位 簡単!フライパンでれんこんの甘辛炒め 揚げ物鍋を出して揚げるのは面倒。 でも、このレシピならフライパン一つあれば簡単にできてしまいます! 味付けは甘辛で、ご飯との相性が抜群!酢も入っているので、後味はさっぱり。 疲労回復や冷え解消など、これからの季節にぴったりですね。 第2位 シャキシャキ蓮根ひき肉はさみ焼き れんこんとお肉は最高の組み合わせです。 揚げずに作れるので、とってもヘルシー。 小さいお子さんからお年寄りまで、家族みんなが喜ぶこと間違いなし! 味付けは、酒、しょうゆ、砂糖だけですが、アレンジ次第でオリジナリティーが出せそうなレシピです。 第3位 簡単!激ウマ!ピリ辛!蓮根のきんぴら 簡単で美味しい、私も何度も作ったことがあるレシピです。 ごま油との相性が最高ですよ! れんこんには脂質が含まれていないので油との相性が良く、特にごま油には今話題の不飽和脂肪酸が含まれており、香りが食欲をそそります。 第4位 薩摩芋とレンコンのデパ地下風 さつまいも同様、れんこんにも食物繊維が豊富に含まれています。 体の中から綺麗になれる組み合わせですね。 また、鶏肉などを入れることで主食にもなり、ししとうやパプリカを入れることで彩も鮮やかに!女子力アップ間違いなしのレシピです。 第5位 れんこんシャキシャキ!鶏ひき肉のつくね 簡単でありながら、れんこんの歯ごたえがものすごく良いレシピ。 綺麗に洗えば皮ごと使えます。 ちょっと多めに作ればお弁当のおかずにも! 味付けは甘辛で、ご飯にもお酒にも合いますね。 ちなみに、私は生姜やにんにくなども入れて食べますが、これもまた美味しいです。 自分の食べたい具材を入れると、また違った味や歯ごたえが出せるのでバリエーションが広がりますね。 第7位 レンコンのかりかりチーズ焼き れんこんのシャキシャキ感とチーズのトロトロ感が最高。 作り方も簡単で、チーズをフライパンに置き、そこにれんこんを乗せるだけ! 明太子を挟んでみたり、黒コショウ、カレー粉、ちょっと大人向けに七味や柚子胡椒をかけて食べるのもいかがでしょうか。 第8位 しゃきしゃきれんこんの梅しそマヨサラダ ポン酢使用であっさり&さっぱり、いくらでも食べれてしまいそうなレシピ。 梅干しがないご家庭では、市販のねり梅を使用してもいいと思います。 また、梅には疲労回復で有名なクエン酸が含まれており、疲れて食欲がない時にもおすすめです。 [ad ad1] れんこんのきんぴらおすすめレシピ!めんつゆや塩味、梅味も! 続いて、人気のれんこんきんぴらの様々な味付けレシピをご紹介します! 【醤油味】 常備菜 レンコンと人参のきんぴら れんこんのきんぴらの味付けに一番合う調味料です。 味にしまりが出て、失敗しない味付けになります。 【塩味】 れんこんとベーコンの塩きんぴら 塩の味付けはちょっと意外でしたが、ベーコンや黒コショウも使うことでちょっと大人向けのお味に。 ベーコンを使用する場合は塩分が含まれているので、塩分の取りすぎにならないように注意が必要です。 【めんつゆ味】 麺つゆで簡単 れんこんきんぴら めんつゆは私もよく使っています。 忙しい時には、ぱぱっと味付けもできてとても便利ですよね。 醤油とは違い、少し優しい味付けになります。 【梅味】 蓮根の梅風味きんぴら さっぱりとした風味でいくらでも食べれてしまいますね。 大葉やゴマを合わせても良いですし、ゴマ油と合わせてもすっきりと食べれそうです。 梅には整腸作用や疲労回復などの成分も含まれています。 疲れている時や、あっさりした味付けが食べたい時におすすめです。 [ad ad1] まとめ いかがでしたでしょうか?定番のレシピから初めてみるレシピや味付け方法、簡単に作れてしまうものまで、れんこんの料理方法にもたくさんのバリエーションがありましたね。 簡単レシピで一品足してみたり、お酒のおつまみにしてみたり、または違う材料と合わせてみたり、自分なりにアレンジし新たなレシピを作るのも良いかもしれないですね。

次の

れんこんのレシピ

れんこん レシピ 人気

れんこんはハスの地下茎が肥大化したハス科の食物です。 何と言っても輪切りした時に穴がいくつも開いている、その見た目が特徴的です。 覗くと向こう側が見えることから「見通しが効く」とされ、縁起の良い食べ物として重宝されています。 種が多いことから「多産」という意味もあり、お正月のお節料理やお祝い料理には欠かせない食材のひとつです。 旬の時期は秋から冬、新れんこんは7~9月ですが、1年を通してよく流通されています。 シャキシャキと心地よい独特の食感をもち、煮物や天ぷら、きんぴらに使われることが多いです。 そんなれんこんは、実は煮物やきんぴら以外にも幅広く大活躍します。 そこでれんこんのレシピを、おかず・サラダや和え物・主食のレシピのカテゴリに分けてたくさん紹介します。 れんこんの栄養素について 栄養満点のれんこん。 『常陸風土記』に、「神世に天より流れ来し水沼なり、生ふる所の蓮根、味いとことにいして、甘美きこと、他所に絶れたり、病有る者、この蓮を食へば早く差えて経あり」とあるように、古くから味が良いだけでなく薬用としても重用されていました。 主な栄養素は糖質。 エネルギー源になり日々の活力の素になります。 疲労回復や風邪予防に効果があるビタミンCも、レモンと同等含まれているというから驚きです。 しかも、熱に弱いビタミンCが壊れるのを防ぐでんぷんも多く含んでいるので、ビタミンCを効果的に摂取できます。 便秘予防・大腸がん予防・動脈硬化予防に効果的な食物繊維やポリフェノール、ミネラルも多く含まれています。 美容にも健康にも抜群の効果を発揮するれんこんなので、積極的に食べたいですね。 れんこんの調理法について 店頭では鮮やかな卵色でまっすぐ太く、節と節の間が長いものを選びましょう。 下ごしらえは、まず皮をむきます。 ピーラーなら薄く簡単に皮むきできます。 穴の周りに沿って切り落としていくと、花のような可愛らしい形になります。 切ったらまず酢水またはレモン水に浸けます。 そうすることで変色を防ぎ、あく抜きにもなり、ぬめりも抑えることができます。 生でも食べられますが、加熱することで食べやすく食感も優しい固さになります。 茹でてサラダに、生のまま酢の物に、炒め物や揚げ物、煮物やすりおろして蒸し物にするなど、様々な調理法が楽しめます。 揚げたり炒めたり煮込んだりと加熱するときは、短時間で仕上げましょう。 歯ごたえが残りおいしくなります。 ごぼうとにんじんで作ることが多いきんぴら。 れんこんを使うことでいつものきんぴらを簡単にグレードアップできるレシピです。 れんこんとにんじんは、スライサーを使うなどしてなるべく薄く切っておきます。 ごま油で炒め、れんこんが透き通りにんじんもしんなりしたら、同量の酒、みりん、砂糖を入れて水分を飛ばすようにさらに炒めます。 仕上げに醤油とごまを入れて、少し炒めたら完成です。 材料はれんこんだけ、調味料も片栗粉など家にあるもので簡単にできてしまう甘辛炒めのレシピです。 れんこんは皮もむかず、酢水にも浸す必要がなく手軽です。 1㎝の厚さに切ったれんこんに片栗粉をまぶし、多めの油を熱したフライパンでカリカリに炒めます。 最後に同量の醤油・砂糖・酢を入れたら出来上がり。 焦げてしまうのを防ぐために、調味料を入れる際は、一度火を止めるのがコツです。 れんこんはシャキシャキした歯ざわりと、穴の開いた形が特ちょうがあります。 ほぼ一年中出回っていますが、旬は9~10月から冬までです。 穴が開いていることから「見通しがきく」と言われ、縁起物としてよくお節料理に使われます。 実はれんこんを食べるのは、日本や中国など一部の国だけ。 日本では熊本名物の「からしれんこん」やはすの熟した実をゆでて乾燥させた「はすの実」が有名です。 れんこんはアクが強く、切り口がすぐに黒ずむので切ったらすぐに水か酢水にさらしてアクを抜いてから調理します。 煮物や炒め物、揚げ物、またすりおろして使うなどさまざまな食べ方がありますが、れんこんを「焼いて」できる簡単なレシピがたくさんあります。 この記事では、「れんこん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 穴があって先を見通せることから「見通しがきく」という縁起物として用いられるレンコンは、蓮の茎が肥大したもので、漢字では「蓮根」と表記されます。 通年流通しているレンコンですが、お正月の縁起物として12月の出荷がピークを迎えます。 レンコンに多く含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくのが特徴です。 止血作用や炎症を抑えるタンニンや、滋養強壮や胃腸を整えるムチンも多く含み、私たちの体の回復を助けてくれるのに最適な野菜ですね。 歯応えの良いレンコンはすりおろすことで肉団子などのつなぎにもなり、小さな子供も食べやすく調理できますよ。 様々な料理にアレンジしてみてくださいね。 この記事では、「れんこん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 調理方法によってシャキシャキとした食感やホクホクとした食感が楽しめるれんこん。 子供から大人まで好まれる野菜の一つです。 歯ごたえのあるレンコンは噛む回数が自然に増えるため満腹中枢が刺激されてダイエット中にもおすすめです。 山芋やオクラに含まれる「ムチン」がれんこんにも含まれ、この成分が疲労回復や滋養強壮に役立つため、薬膳でもれんこんは「気を補う」食材とされ、疲れを感じているときにおすすめの食材とされています。 秋の終わりから冬にかけて旬を迎える時期のれんこんは栄養価も高くなるため、この時期に特にたっぷり食べて、これから迎える寒い季節を元気に乗り越える体づくりをしましょう。 この記事では、「れんこん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 れんこんは水生植物である蓮(はす)の地下茎の肥大した部分を主に食用としています。 れんこんを食用としているのは日本や中国などの少数の国とも言われており、日本では穴があいているため見通しがきくというところから縁起物としておせち料理理などには欠かせなし野菜の一つです。 れんこんは形がふっくらしていて丸く肉厚なもの、節と節の間が太くてまっすぐでつやがあるものが良いれんこんとされています。 調理する際は皮を縦の繊維に沿ってむくとむきやすくなりますよ。 また、アクが強いので切ったらすぐに水につけておくと調理しやすくなります。 この記事では、「れんこん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の