ヒロアカ 丸太事件。 ヒロアカが炎上!丸太とは?韓国や海外の反応まとめ

ヒロアカが反日で叩かれる理由がヤバい!志賀丸太は韓国中国で炎上?

ヒロアカ 丸太事件

もくじ• そのキャラクターの名前は「志賀丸太」とされ、 人間を使って実験を行うなどの悪役キャラでした。 このことで想起される歴史的史実が第二次世界大戦における、大日本帝国陸軍の731部隊の活動です。 731部隊とは実際にあった研究開発の部署であり、人道的に良くない実験を行っていたとされているのです。 元731部隊員の証言とされるものによると、その 実験のために連れてこられる人間を「マルタ」という隠語で呼んでいたそうです。 その多くは捕虜や何かの容疑をかけられた朝鮮人、中国人、モンゴル人、アメリカ人、ロシア人だったとのこと。 このことから多数のTwitterユーザーから「いまだに一部の国では傷みのある言葉ですよ」などとの指摘を受けたという経緯になります。 堀越様。 お世話になっております。 はじめまして、私は僕のヒーローアカデミアのファンでございます。 今回の[丸太]事件をご存知でしょうか。 [丸太]という単語は、ある国々からするといまだに傷みのある言葉でございます。 KIMGIGUM 是非、お調べしてくださいませ 堀越様が、意味を存じた上で名を付けたとは思っておりません。 堀越様を批判したいわけでもございません。 ただ、こちらの名前をご変更させていただきたいとのお願いと、ご検討の程よろしくお願い申し上げたいとのことです。 引き続きよろしくお願いいたします。 KIMGIGUM これを受けて作者の堀越耕平さんからは 名前を差し替えることが発表されました。 今週発売のジャンプで登場した志賀丸太という名前について、歴史的な出来事を想起させるというご意見を多くいただいています。 命名にあたり、そのような意図を込めたつもりはありませんでした。 ご指摘のお声を重く受け止め、今後は名前を差し替えさせていただきます。 — 堀越耕平 horikoshiko コミックスに収録される際に新しい名前にされるとのことです。 志賀丸太の名前については賛否両論 主に志賀丸太という名前について反応したのは海外のファンです。 これに関しては日本が原爆のことを茶化されたら嫌なように、被害を受けた国からしてみれば今でも傷付く方がいるというのは想像に難くありません。 日本のTwitterユーザーからは賛否の意見があります。 志賀丸太が731部隊の被験者「丸太」を連想させるから名前変更と謝罪しろっていう意見あるの悲しいね。 漫画なんてファンタジーだし、内容的にその歴史と全く関係ないのは分かってるのにこじ付けがすごい。 ヒロアカを読む方には若い方もいると思いますが、若い方ほど戦争は遠いことなのでこのような感想が出るのも分かります。 私自身も戦争は遠く実感がない世代ですし、今回マルタを指摘した韓国の方を過度に擁護する気持ちはないのですが、でも 「辛い人もいるんだ」という寄り添う気持ちは持っていたほうがいいだろうとは思いました。 今回すぐに何が悪いのかピンとこなかったこともあり勉強不足だったなとも思いました。 自分らは・・・とかになると言い合いの応酬になるだけなのでこれ以上はここでは述べませんが、この解説を読んだ上であなたはどんな風に感じたか考えることが大事かなと思います。

次の

ヒロアカ「志賀丸太」に韓国人抗議⇒作者ツイッターで弁明も謝罪要求

ヒロアカ 丸太事件

Contents• ヒロアカ志賀丸太炎上の理由は? 【編集部発表】『ヒロアカ』の登場人物「志賀丸太」コミックス収録時に名前変更へ 名前が「過去の史実を想起させる」との指摘があったという。 「作者や編集部にそのような意図はない」としつつ、「無関係の史実と作品を重ね合わせられることは本意ではない」と説明した。 — ライブドアニュース livedoornews 漫画、「僕のヒーローアカデミア」が今回、炎上してしまった理由は、登場人物である 「志賀丸太」の名前が「過去の事件を想起させる、731部隊連想させる」という指摘が多数寄せられたからです。 登場キャラの名前を変更することには、賛否両論があります。 丸太にそのような意味があることも「知らなかった」という意見がとても多い のも事実です。 さとみんも、この記事を書くまでは知りませんでした。 作者の堀越耕平さんに悪意がなかったとしても、国内や海外の多くの方に読んでいただいている作品なので、この対応は間違いではないと思います。 Maruta is the victim of Japanese biochemical experiments during WWII. 理由は、第二次世界大戦中に旧日本軍・731部隊が性別、年齢層、人種を超えた、幅広い実験データを必要として秘密裏の人体実験を行っていて対象者を「マルタ(丸太)」と 呼んでいたことです。 被験者には、主にスパイ容疑者として拘束された朝鮮人、中国人、 モンゴル人、アメリカ人、ロシア人、 女性や子供も含まれていて3000人の方が犠牲に なりました。 海外では、そのようなことを連想させるものだとして怒りをあらわにしているのです。 私たち日本人は、歴史では学んでいない事実ですよね・・・。 韓国人の方は「マルタ(丸太)」はみんな知っている言葉なようで、マルタ=731部隊 となってしまうようです。 私たち日本人は、歴史では学んでいないので「丸太」というとどうしても 木材のことを連想してしまいますね・・・。 登場する悪役である「志賀丸太」も職業がドクターで、人体実験をしている描写が あります。 で、名前が「丸太」ですから、海外からはそう思われても仕方がなかったのかもしれませんね・・・。 志賀丸太の名前の由来は? 今週のジャンプ本誌 ヒロアカ最新話の「志賀丸太」が、海外で問題になっている点をまとめました 私も勉強不足でした。 世界中で愛されている作品だけに、編集部の早い対応を願います。 — 紺野 konno758 では、作者である堀越耕平氏はなぜなぜ「志賀丸太」いう名前をつけたのでしょうか? 由来などあるのでしょうか? 調べてみましたが、詳しいことは公表されていないようです。 ただ、作者である堀越耕平さんに悪意があったわけではないようです。 幅広い知識が描くのには必要な漫画家さんですが、神羅万象すべての歴史を知っているわけではありません。 名前を変更する対応を取ったことで、「僕のヒーローアカデミア」が 今まで通り連載出来るように皆さんが応援してくれることを切に願います。 海外の反応 Twitterなどでの海外の反応をまとめてみました。 こんにちは。 私はあなたの漫画がとても好きな人です。 この火もよく見ました。 これからの展開がとても期待されます。 しかし、一つ問題があります。 あなたの漫画に登場する生体実験をする医師の名前が、まるたということです。 でも、そんなつもりはなかったのに、あなたたちが勘違いしたんだというニュヤンスの言葉は受け入れられません。 私はそのキャラクターの名前が丸太という話を聞いて、大きなショックを受けました。 ですが、日本だけではなく戦争でどのような事実が 過去にあったのかもっともっと詳しく勉強できる環境が出来ればと思います。 たまたま、「僕のヒーローアカデミア」という有名な日本の漫画でこの事実が 浮かび上がってきて知った日本人は多いと思います。 もちろん、過去にしてしまった 犯罪は恥じるべき行為ですし、学ばなければならないと思います。 ですが、一番大事なのはこの世界の皆さんがそれを繰り返さないことです。 色々考えさせられる出来事ですね・・・。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の

ヒロアカ「志賀丸太」大炎上の理由は?人体実験?ネットの声まとめ

ヒロアカ 丸太事件

ってかヒロアカでどーのこーの言ってる韓国人て違法アップロード見た人達なんでしょ?マトモに日本語も読めない方々がたまたま適当に拾った画像で日本叩いてるだけなんでしょ? ちゃんと他国の反応見よう? — ニクマン SyageraYurayura 今回の 騒動。 調べてみたところヒロアカの韓国版は公式では存在しないそうなので ・韓国で違法アップロード翻訳版を見た ・日本在住または日本に来ていた韓国人が日本国内で発売されたジャンプを見て本国に情報を飛ばした ってところかな。 どっちにしろ編集部も も悪くない。 — モリビト28号 moribito28go ツイッターの内容をまとめてみると、 ということから、批判している韓国人は「 違法アップロード」された作品を読んだうえで、批判しているのでは?という憶測が流れているようです。 確かに、それが事実であれば、違法入手した作品について批判していることになるわけで、日本のファンからすると「どの口が言っているんだ?」ってなってしまいますね。 ただ、本当に「違法アップロード」されたものなのかは特定する情報がないため分かりません。 2019年2月6日、韓国のインターネット掲示板に「韓国から賞をもらった日本の漫画家」と題するスレッドが立ち、注目を集めている。 スレッド主は数枚の写真を掲載し、韓国の出版社「ソウルメディアコミックス」の「2018今年の漫画家賞」に日本の堀越耕平氏が選ばれたことを紹介している。 スレッド主が注目しているのは堀越氏に授与されたトロフィーと賞状の文章で、そこには韓国語と日本語で「貴殿は2018年度最高人気作『僕のヒーローアカデミア』の作家として、韓国漫画の発展に著しく貢献されましたので、本社創立30周年を迎えて、感謝の意を込めて本賞を差し上げます」と書かれている。 これに、スレッド主は当惑した様子で「え?????確かに漫画は面白いけど」とつづっている。 以前、このような記事が出たようですが、韓国の出版社「ソウルメディアコミックス」のような正規メディアが、2月3日に日本国内で発売の週刊ジャンプを、正式に契約したうえで同時発売しているのであれば、問題ないのかもしれませんね。 しかし、ヒロアカが韓国で「2018今年の漫画家賞」に選ばれたとは知りませんでした。 韓国国内でも人気があったからこそ、このような炎上事件に発展してしまったんですね・・・。 ヒロアカ|違法アップロードで逆炎上!?週刊ジャンプへの批判も 25年ジャンプ飲んでるけど、初めて編集部を叩かせてもらう。 確かに、「違法アップロード」が起因で今回の炎上事件に発展したのだとすれば、週刊ジャンプ側が公式に回答する必要はなさそうですね。 今回は「違法アップロード」がキーワードになりましたが、果たして本当のところはどうだったのでしょうか・・・。 本当に違法アップロードで読んだのかもはっきりしないし、たとえそうでも、それぞれ別問題なので、わけて考えてほしい。 ヒロアカには沢山のスポンサーやコラボ企業、ファン、出版社がいることを考えると残念だと心底思う…。 — ちょりおん marurunoa.

次の