小倉競輪特徴。 小倉競輪祭。小倉バンクの特徴やクセを教えてください…小倉バンクに向い...

KEIRINひろば 競輪おもしろ講座 全国バンク情報

小倉競輪特徴

出典: 小倉競馬場は冬場の伝統の重賞レースである 小倉大賞典のほかにも、サマーシリーズに組み込まれている小倉記念や北九州記念など、 波乱が多いレースが目白押しの競馬場です。 右回りで直線が平坦な小回りコースで、基本的には 逃げ馬や先行馬が有利な競馬場となっています。 ここでは小倉競馬場コース別のレース傾向と特徴、初心者の方でも使える馬券攻略法をご紹介します。 小倉競馬場の芝コース 直線の長さは293mで、 福島競馬場(292m)とほとんど同じ。 福島競馬場での実績が小倉競馬場での成績に直結します。 開幕週や2週目の開催は内枠の馬が有利になりますが、開催が進んでいって馬場が荒れてくると内枠の馬が逆に不利になります。 馬場状態によって傾向が一気に変化しますから、馬券購入前には必ず 馬場状態やその日の傾向をしっかりチェックしましょう。 (1000mはほとんど開催されていませんので、除外させていただきます) 1200m 2コーナーのポケット地点からスタートするコースです。 最初のコーナーに入るまでの距離が479mと長く、ハイペースになりやすいコースなのですが、直線が平坦な小回りコースですから、先行馬は止まりません。 逃げ馬と先行馬が有利で、枠順は 内枠が優勢です。 1700m スタンド前にスタートゲートが置かれていて、競馬場をほぼ1周するコースです。 最初のコーナーに入るまでの距離が172mと短めである事から、ペースは上がりにくく、 先行力の有無が問われるコースになっています。 枠順は 内枠が有利です。 1800m スタンド前からのスタートになります。 1700mよりも最初のコーナーに入るまでの距離が長くなっているのですが、そこまでペースは上がらず、1700mと同様に 先行馬が有利なコースです。 枠順も 内枠が優勢です。 2000m 4コーナーのポケット地点からスタートするコースです。 最初のコーナーに入るまでの距離が472mと長めで、逃げ馬の出方次第ではハイペースになる事もあります。 枠順は 内枠が有利ですが、脚質は レース展開によって有利不利が変わりますので、レース展開をしっかりと読み切りましょう。 2600m 向正面からスタート。 コーナーを6度回る長距離戦です。 高低差がほとんど無いコースですから、他の競馬場の2600mよりもスタミナの有無は問われません。 脚質は先行馬や中団より前に構える 差し馬が有利。 1枠の成績が群を抜いて良いので、 内枠が優勢です。 小倉競馬場のダートコース 直線の長さは291. 西日本の競馬場の中では 最も短い直線となっています。 小回りコースですから、直線に入るまでには先頭集団に取りつくくらいの競馬をしなければ上位争いをする事はできません。 1000m 2コーナー付近にスタートゲートが置かれているコースです。 ハナ争いが他のコースよりも激しくなりますが、4コーナーで先頭に並びかけるくらいの 先行力が無ければ勝ち負けに加わる事はできません。 スタートセンスの有無も重要ですから、VTRでスタートの様子を確認しておきましょう。 枠順の有利不利は特にありません。 1700m 4コーナー寄りのスタンド前からのスタートです。 最初のコーナーに入るまでの距離が343mで、先行馬の出方次第では速いペースになりやすいコースですが、直線が平坦ですから、 先行馬がそのままなだれ込む展開が多く見られます。 1枠が強く、外枠にいくにつれて好走率が下がっていきます。 2400m 2コーナー付近からスタートするコース。 冬場の500万下条件で行われる事がほとんどです。 コーナーを6度回るため、コースロスの少ない 内枠が有利。 脚質も 先行馬が優勢です。 小倉巧者を見つけ出そう! 芝もダートも 先行力が第一となっている小倉競馬場。 他の競馬場では通用しないような馬が小倉競馬場で走るといきなり好走する、というパターンを持つ「 小倉巧者」を見つけ出すとレースの予想がしやすくなりますよね。 過去に小倉競馬場で実績がある馬は引き続き狙うのはもちろん、関西馬の場合は、直線に急な坂がある 阪神競馬場で結果が出せていない先行馬が「小倉巧者」である可能性が高いですので、該当する馬がいましたら積極的に狙ってみてください。

次の

小倉競輪場

小倉競輪特徴

小倉競輪場の特徴・バンクデータ 小倉競輪場(こくらけいりんじょう)は、 福岡県北九州市小倉北区三萩野にある競輪場です。 屋根付き自転車走路で400mバンクとしては世界最大規模の競輪場になっています。 また、日本でも有数の高速バンクとして有名な場所です。 それと合わせて、小倉競輪場は、日本で最初に出来た競輪場として知られています。 小倉競輪場(北九州メディアドーム)のバンクは、「走りやすさ」をテーマに設計されました。 したがって、設計速度は選手の脚力の向上を考えてできるだけ速いこと、緩和曲線(コーナーから直線に移るつなぎ部分)が長くてスムーズなこと、直線部分の勾配は外側へのふくれをおさえるため、出来るだけ大きくすること等がレースを白熱化させ、選手にとっても好まれるバンクと言われています。 以上の要素は相反する内容となっており、400mの中でどのように組み合わせてバランス良く設計するかがポイントです。 小倉競輪場のバンクは全国50箇所の既設競輪場のデータから最も良い組み合わせで設計されました。 今回はそんな小倉競輪場の予想のコツやバンク特性を紹介します。 小倉競輪場のバンクの特徴 開設時は500m走路であったが、その後1周400mに改装され、ドームへの移行時にも周長は維持されました。 前橋競輪場 グリーンドーム前橋 に次ぐ2番目のドームバンクで、設計の際は全国の競輪場のデータを参考にし、最高速度向上など走りやすさを前面に出したコンセプトで設計されました。 ドームの為風がない事も手伝って、2013年9月8日に名古屋でパーキンスに更新されるまで、400mバンクとしては当時最速の上がりタイムを記録していたレコードホルダーはこちらも外国人選手でエスクレド選手です。 2006年7月6日記録) 結構豪快な捲りを決めやすい節があるものの、少し踏み遅れるだけで後方に置いてけぼりになる自力選手もいるので一概に逃げ不利では無いでしょう。 統計上は自力 逃げ・捲くり 、番手 差し ともにほぼ互角であるが、上位選手が揃う競輪祭では番手がやや優位となっています。 大画面映像装置はバックストレッチ側壁面上部に設置されている。 下記にバックデータを紹介します。 0m 小倉競輪場の決まり手 決まり手については統計上どの脚質も互角となっているが、S級になると4~5番手のまくりが決まりやすく、逃げや7番手まくりなどは決まりづらくなっています。 そのため2着の決まり手もマークが非常に多いことがわかります。 下記に決まり手のデータを紹介します。 小倉競輪場での開催レース 全国的なナイター競走の場外発売体制が整っていなかったこともあり、競輪祭に限り昼間開催となっていたが、2018年の第60回大会よりナイター開催に移行することが決まり、今後は通年でナイター開催となります。 小倉競輪場の大きな開催レースは下記になります。 従って現存の競輪場で唯一、開設記念競輪が開催されていません。 小倉競輪場は1948年(昭和23年)11月20日に開設された、日本で最初に出来た競輪場であり、競輪発祥の地であり、毎年GIの競輪祭を開催しています。 また吉岡稔真のホームバンクであったことから、その功績を称え2007年より『吉岡稔真カップ』が創設されました。 なお、2004年(平成16年)9月からはA級ツイントーナメントで前半戦「ナーディーカップ」・後半戦「プラーナカップ」を実施していたが、2005年(平成17年)5月15日をもって終了した。 小倉競輪場の地元選手 「小倉競輪場」での有名な地元選手は下記の選手です。 大坪 功一 選手(S級1班・81期) 園田 匠 選手(S級1班・87期) 小川 勇介 選手(S級1班・90期) 太田 美穂 選手(S級1班・90期) 柳詰 正宏 選手(S級1班・97期) 小倉競輪場の予想のコツ 小倉競輪場は逃げよりも捲りが非常に有利な競輪場です。 ドームのバンクなので、逃げ選手が有利と思われがちなのですが、その分逃げ選手が人気してて回収率が低くなっています。 なので、逃げ選手の番手から買うか捲り選手から買った方が車券的には回収率が高めになっています。 イン待ちや競りも外が粘れる上に、なかなか飛びつきにくいので不利で、あまり車券になりにくくなっています。 結構豪快な捲りを決めやすい節があるものの、少し踏み遅れるだけで後方に置いてけぼりになる自力選手もいるので一概に逃げ不利では無いでしょう。 統計上は自力 逃げ・捲くり 、番手 差し ともにほぼ互角であるが、上位選手が揃う競輪祭では番手がやや優位となっている傾向にあるので、競輪祭は番手の選手をしっかり意識してチェックしましょう。 小倉競輪場の歴史や施設などの基本情報の紹介 ここまでは、小倉競輪場の予想に関するコツやバンクの特性などを紹介しました。 ここからは、日本で最初に出来た小倉競輪場の歴史や施設の紹介をしたいと思います。 ぜひ、競輪が好きで、一度は行ってみたい方はオススメですので参考にしてみてください。 小倉競輪場の概要&歴史 「小倉競輪場」は1948年(昭和23年)11月20日に開設されました。 小倉競輪場は競輪発祥の地で、日本で最初に出来た競輪場です。 毎年GIの競輪祭を開催している事は有名です。 競輪では、GIII以上の「記念・特別競輪」は原則年間1節まで(グランプリなど一部例外あり)という規定が存在するため、開設記念競輪は開催されていません。 今は北九州メディアドームと同じ施設になっています。 有識者によるトークショーや解説会はもちろん、アーティストのライブや、映画の上映など、「北九州メディアドーム」の豊富な施設を活かしたイベントが日々行われています。 毎年11月下旬に行われる「朝日新聞社杯 競輪祭G1」では、各種キャンペーンやファンサービスなどのイベントが数多く開催され、特に盛り上がります。 小倉競輪場の入場料 <一般入場料> 入場料 100円 <指定席料金> スーパーロイヤル席:2,000円(本場開催のみ) ロイヤル席:1,500円(場外開催のみ) ラウンジ席:1,000円(本場開催のみ) 小倉競輪場の施設 続いて、小倉競輪場の施設を紹介します。 「北九州メディアドーム」の中という事もあって、施設は充実しています。 中には、下記の施設が揃っていました。 公式Twitterでは基本、語尾に「りん」や「り〜ん」を付けて語っているのが可愛いです。 なお、実際の小倉競輪場の打鐘も、「かねりん」仕様のカラーストライプが施されました。 過去には、シンボルマークは長らくヘルメットをかぶった競輪選手の顔の上半分に、競輪発祥の地を表す「ORIGIN KOKURA」と書かれたものが使われていたが、2代目として北九州市出身の漫画家松本零士がデザインした、宇宙の競輪選手をイメージしたマークが使われ、2004年1月には「スペース騎士(ナイト)」と命名されたキャラクターも存在しました。 小倉競輪場のアクセス 小倉競輪場のアクセス方法は下記の通りになっています。 【電車・バスのご案内】 ・鹿児島本線・小倉駅下車、南口8番乗り場から無料バスで約15分 ・下関、門司港、門司、戸畑、黒崎、折尾、行橋の各駅前からも無料バス運行 ・モノレール香春口三萩野からは徒歩7分 【車でのご案内】 ・九州都市高速道路足立ランプから車で約2分 まとめ 今回は、日本で最初に出来た小倉競輪場の予想のコツやバンクの特徴を紹介させて頂きました。 ドーム型の400mバンクなので、季節問わずに風などの影響を受けない為、非常に速いスピードの競輪をする事が有名です。 差し、捲りが若干多く決まりますが、比較的均等なデータが出ている競輪場です。 予想の際は、選手の競走得点なども参考にしましょう。 小倉競輪場は日本最古の競輪場で「北九州メディアドーム」を含めた複合施設です。 そのアリーナでは、運動会やスポーツ大会だけでなく、アーティストのライブやコンサートも開催されてる場所になっています。 競輪場の周りには、小倉場、皿倉山、門司港レトロ、九州鉄道記念館とかの観光スポットもあるから、そこに行ってみるのも楽しいと思います。

次の

高松競輪場の予想のコツは競走得点と地元選手を見て判断するのが絶大効果!

小倉競輪特徴

クセのない標準的なバンクで、脚質による有利不利は少ないが、1センター側が海岸に近いため、海風による影響があるバンク。 カント(傾斜)がややきつく、直線も比較的長い為、後方からの捲りや追い込み選手に有利なバンク。 基本的には追い込み選手に有利だが、風がおさまってくると戦法による有利不利はないクセのないバンク。 最後の直線の長さは400mバンクの中では全国で3番目に長い為、捲りや追い込みが決まりやすいバンク。 日本最初のドームバンク。 ドームバンクのため、風の影響を受けない。 クセのない走りやすいバンクで、カント(傾斜)はややきついがどんな戦法でも決まりやすいバンク。 先行選手に不利なだけでなく、追走する番手の選手すら後方から抜かれる「交わしの交わし」を食らうほど、後方からの追い込みが決まりやすいバンク。 直線の長さは全国でも有数の長さの為、追い込み選手に有利。 対して、先行選手は総じて不利なバンク。 カント(傾斜)の緩さと直線の短さから333mバンクのような特徴を持ち、逃げ・先行タイプの選手が有利なバンク。 クセがなく直線の長さも標準的なバンクだが、カント(傾斜)が若干緩く全速で外側に膨れる傾向がある為、併走時にはイン側の選手が有利なバンク。 ゴール前の直線距離は全国でも有数の長さで、追い込み選手が有利なバンク。 通称「燦燦バンク(サンサンバンク)」と呼ばれる小振りなバンクで、全国の中でも有数の直線の短さで、カント(傾斜)が333mバンクの中で最も緩いこともあり、逃げ・先行タイプの選手が有利なバンク。 500mのバンクにしては直線が短い為、先行タイプの選手へのハンデは少なく、戦法による有利不利はないバンク。 ややカント(傾斜)がきつい事からコーナーからの捲りが決まりやすいく、自力型の選手には厳しいバンク。 カント(傾斜)も直線の長さも標準的でクセがなく、直線で伸びるコースもない為、力通りの勝負ができるバンク。 どちらかと言うと捲りと逃げ選手の番手が有利。 通称「すりばちバンク」と言われ、全国でも屈指のカント(傾斜)のきつい走路で、先行選手が有利なバンク。 国内の333mバンクの中でも直線が長い為、400mバンクの感覚に近く、どんな戦法の選手にも不利はないクセのないバンク。 限りなく500mの性格を持つ400mバンクで、特に伸びるコースは無く、逃げが決まりずらく、捲りが決まりやすいバンク。 直線の長さは普通でカントはややきつく、日本一走りやすいと評判のバンク。 クセがなく先行・捲り・追い込みとどんな戦法の選手にも不利はないクセのないバンク。 直線が長く、カント(傾斜)はきついが、これといったクセはなく、先行・捲り・追い込みとどんな戦法の選手にも不利はないバンク。 クセのない標準的なバンクで、脚質に有利不利はほとんどないが、年間を通して伊吹おろしが吹く為、どんな戦法にも風の影響を受けるバンク。 直線が長く、カント(傾斜)が若干きついものの、基本的にはどんな脚質の選手でも走りやすいクセのないバンク。 逃げ・先行の選手に有利な小廻りバンクだが、カント(傾斜)がややきつく、風がバックストレッチで追い風となる為、逃げ・先行の選手だけでなく捲り中心の自力選手にも有利なバンク。 直線の長さは標準的だが、カント(傾斜)がややきつい為、捲りや追い込みが決まりやすく、逃げ・先行タイプの選手には不利なバンク。 クセのない標準的なバンクで直線が長く、走路の幅も広い為、捲り・追い込みが決まりやすい。 ただしバック側が海に面している為、風の影響を受けやすい。 日本競輪学校の400mバンクをモデルにして造られている為、クセがなく「逃げ」「差し」「まくり」が均等に決まるが、直線が比較的短い為、先行タイプの選手がやや有利なバンク。 極端にゴール前の直線が短いバンクで、スピードを維持しやすく又出しやすいので圧倒的に先行・捲りの選手が有利なバンク。 やや直線が短く、すり鉢状のバンクの為、僅かながら捲り選手が有利なバンク。 直線も比較的長い為、どの脚質の選手でもクセのない走りやすく、どの戦法にも有利不利はないバンク。 クセのない走りやすいバンクで直線も比較的長いため、脚質による有利不利は少ないバンク。 円に近い形でクセも少なく走りやすいバンク。 直線は短いが、風の影響のほうが強い為、必ずしも先行有利ということはない。 しかし、ミッドナイト開催時は、風の影響を受けることが少ない為、先行の選手が有利となるバンク。 クセのないバンクで直線も長い為、脚質による有利不利は少ないが、直線では中より外がよく伸びる傾向があるバンク。 直線はやや短めだがクセの少ないバンク。 走路改修により、捲りが打ちやすくなったが、競りはインが多少有利なバンク。 四方をスタンド等で囲まれているため風の影響を受けにくく、400mのバンクの中でも直線が長く、カント(傾斜)はきついがクセがないバンク。 直線の長さは標準的で、カント(傾斜)がやや緩いバンク。 全国の競輪場で最も海に近い立地となっている為、常に海風の影響には注意が必要。 直線は500mのバンクの中で最も短く、カント(傾斜)も緩いため、先行選手が有利なバンク。 戦法的には有利不利はないが、高速バンクの為、逃げ・先行・捲りなどの自力選手には有利なバンク。 しかし、近隣を川が流れているため、走路に風が入り込みやすく、風の影響を受けやすい。 ドームバンク。 豪快な捲りを決めやすいところはあるが、一概に逃げの選手が不利というわけでは無い。 ドームの為、風の影響はなく「逃げ」「差し」「まくり」はほぼ均等に決まる。 クセのない標準的なバンクで、脚質による有利不利は少ないバンク。 直線の長さは400mのバンクの中では大宮と並んで全国でも有数の長さの為、追い込み選手に有利なバンク。 かつて500mバンクだったものを改修して造られた為、カントが緩く、直線も400mバンクの中では最も短いバンク。 逃げ・先行タイプの選手が有利なバンク。 海が近い為、風の影響には注意が必要。 直線はやや長く、更に季節を問わず風が吹く為、追い込みが有利なバンク。 全国の競輪場で最も直線が長く、その特異なバンク構造から「滑走路」と言われる。 直線が極端といえるほど長い為、先行する選手には不利で、最後の直線だけで実力を発揮させるタイミングが重要なバンク。

次の