ネガティブ 類語。 ネガティブ表現はNG!ポジティブなライティングのコツ

「相まって」の意味は?使い方と類語を例文で分かりやすく解説

ネガティブ 類語

「相まって」の意味 まずは、「相まって」の意味から紹介します。 「相まって」の意味は「互いに影響しあって」 「相まって」という言葉には、「お互いに影響しあって」や「作用しあって」という意味があります。 「AとBが相まって」という風に、「2つ以上の事柄・要素が重なりあい影響しあったうえで、何かが起こる」という意味で使われます。 「相まって」の漢字は「相俟って」、「相待って」は誤用 「相まって」を漢字で書くと「相俟って」となります。 「相待って」という表記は誤用です。 「相俟って」の「相」には「互いに」という意味が、「俟って(俟つ)」には、「頼る」「必要とする」という意味があります。 そこから推測できるように、「相俟って」は「互いに必要としあって」というのが本来の意味です。 現代では、「互いに影響しあって」というニュアンスで使用されています。 「相まる」という言葉はない 「相まって」は、「相まつ(相俟つ)」という言葉から派生したもの(連用形)です。 そのため、「相まる」あるいは「相まう」などといった言葉は存在しません。 たとえば、「AとBが相まると良い結果が生まれるだろう」などという表現は誤りということになります。 「相まる」や「相まう」という表現を見聞きしても、真似しないようにしましょう。 「相まって」の使い方と例文 「相まって」という言葉はどういう風に使えばよいのでしょう。 具体的な使い方を例文とともに紹介します。 「相まって」は相乗効果が生まれた様子に使う 「相まって」は「(2つ以上の事柄が)互いに影響しあって」という意味だということは先述した通りです。 そのため、「相乗効果」が生まれた場合などによく使用されます。 たとえば、• 個人の努力とチームの団結力が相まって最高のプレゼンができた• 独特の風味と食感が相まってなんとも言えないおいしさだ などといった表現が可能です。 また、定型句「両々相まって」として使うこともでき、• プロジェクトリーダーとチーフ両々相まって、このチームをまとめてくれた といった使い方もできます。 「相まって」はネガティブな効果にも使える 「相まって」という表現は、「互いが影響しあってよい結果が生まれた」という場合に限らず、「悪い影響を及ぼした」という場合にも使うことが可能です。 たとえば、• 悪寒と高熱が相まって、起き上がることすらできない• 緊張とプレッシャーが相まって、口から心臓が飛び出そうだ とも使うことができます。 「相まっている」という表現は一般的ではない 「相まって」は「相まっている」という使い方はしません。 「互いに影響しあっている」というニュアンスで「相まっている」と使う人もいますが、あまり一般的な表現ではないようです。 「相まって」は「AとBが相まって~だ」と「AB相まって~」いう風な使い方が無難です。 「相まって」の類語 「相まって」と似た意味の言葉にはどのようなものがあるのでしょう。 似た語感の言葉「相成って」との違いも注目です。 「相まって」の類語は「相重なって」「重なり合って」 「相まって」の類語は、「相重なって」や「重なり合って」が挙げられます。 「相重なって」とは、「二つの事が組み合わさって」という意味です。 「重なり合って」も似た意味があり、「お互いが組み合わさって」という場合に使います。 他にも、「相乗効果(そうじょうこうか)」も「相まって」の類語として挙げられます。 「相乗効果」の「相乗」とは「互いに掛け合わせること」という意味で、それぞれの要素を単純に合わせた場合よりも大きな効果がみられる様を表します。 「互いに影響しあって」という意味の「相まって」と似た意味の言葉です。 ビジネスでは「シナジー」という表現も ビジネスシーンでは「シナジー」や「シナジー効果」という表現を耳にすることがありますが、この「シナジー」もまた、「相まって」の類語といえるでしょう。 「シナジー(synergy)」を日本語にすると、「相乗効果」や「共働作用」となります。 「相まって」とほぼ同じ意味で使うことができ、カタカナ語として定着しつつある表現です。 「相成って」は「なる」の意味で類語ではない 「相まって」と似た音の言葉に「相成って」という言葉がありますが、「相まって」と「相成って」は全く異なる意味の言葉です。 「相成って」は「相成る」という動詞で、「なる」の改まった表現として用いられます。 たとえば、「新事業を開始することと相成りました」とは「新事業を始めることになりました」という意味です。 「相成って」は、何かが変化してそうなった、実現した、という場合によく使われますが、「相まって」のように「影響しあって」というようなニュアンスはありません。 「相まって」と「伴って」はニュアンスが違う 「相まって」と似た表現として「伴って」が挙げられることがありますが、「相まって」と「伴って」は類語ではありません。 「伴って」は「伴う」から派生した表現ですが、この「伴う」には「一緒に行動する」「一方の変化に応じて他方も変動する」という意味です。 「AとBが伴って」というと、連鎖的にくっついてくるイメージですが、「AとBが相まって」とは「互いに作用しあって」という意味なのでニュアンスが異なるのです。 まとめ 「相まって」は「異なる事柄が互いに影響しあって」「作用しあって」という意味で使われる表現です。 一般には、良い結果が生まれた場合によく用いられますが、ネガティブな影響・結果に対して使っても誤りではありません。 幅広く使える表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。

次の

ネガティブ表現はNG!ポジティブなライティングのコツ

ネガティブ 類語

爆発的ヒット『感情類語辞典』の「性格版」が登場! 頑固、悲観的、わがまま……共感を呼び、応援したくなる「ネガティブ」キャラのすべて。 この辞典は、そんな創作の悩みを解決するだろう。 103」にてご紹介いただきました。 ーーーーーーーーー 悪役は主人公の鏡だ。 魅力的な悪役は、物語に深みを与え、ときに主人公の影を薄くしてしまうほどの強力な光を放つこともあります。 人は誰もがポジティブな要素だけで成り立っているのではありません。 むしろ、ネガティブな要素にこそ魅力が隠されています。 たとえば、不安定な心の変化や成長、葛藤などについて理解し、それらの考察によって登場人物を描写することで、より強度のあるストーリーが生まれるのです。 本書では、人間の「欠点」について考えられる要因や、関連する行動・態度・思考などを通して、キャラクターのネガティブな属性について学ぶことができます。 実際の文学や映画作品にみられる事例も豊富に紹介し、小説家や脚本家にとってはわかりやすく、創作者以外の方にとっても登場人物に照らし合わせて楽しむことができる内容です。 あえてキャラクターの暗い面に対して光を投げかける本書は、そのネガティブな面だけではなく、ポジティブな面も知ることで、魅力的な「欠点」づくりを目指す1冊です。 また、ネガティブな人物を鮮明に描くことで、ポジティブな人物をより輝かせることもできます。 物語を深みのあるものにするだけでなく、読者の日常生活においても自分自身の性格を見つめ直すことにおいて役立つでしょう。 魅力的なキャラクターとは 2. 欠点はこうして形成される 3. 心の成長における欠点の役割:旅路を複雑にするもの 4. 人間関係における欠点の役割:衝突を生みだすもの 5. ゼロからのキャラクター創作 6. 悪役と欠点 7. キャラクターの欠点における大事な要素 8. キャラクターの欠点を明かす方法 9.

次の

ネガティブな表現をポジティブな表現に変えて人を動かそう〜転換してみた事例10選

ネガティブ 類語

「相まって」の意味 まずは、「相まって」の意味から紹介します。 「相まって」の意味は「互いに影響しあって」 「相まって」という言葉には、「お互いに影響しあって」や「作用しあって」という意味があります。 「AとBが相まって」という風に、「2つ以上の事柄・要素が重なりあい影響しあったうえで、何かが起こる」という意味で使われます。 「相まって」の漢字は「相俟って」、「相待って」は誤用 「相まって」を漢字で書くと「相俟って」となります。 「相待って」という表記は誤用です。 「相俟って」の「相」には「互いに」という意味が、「俟って(俟つ)」には、「頼る」「必要とする」という意味があります。 そこから推測できるように、「相俟って」は「互いに必要としあって」というのが本来の意味です。 現代では、「互いに影響しあって」というニュアンスで使用されています。 「相まる」という言葉はない 「相まって」は、「相まつ(相俟つ)」という言葉から派生したもの(連用形)です。 そのため、「相まる」あるいは「相まう」などといった言葉は存在しません。 たとえば、「AとBが相まると良い結果が生まれるだろう」などという表現は誤りということになります。 「相まる」や「相まう」という表現を見聞きしても、真似しないようにしましょう。 「相まって」の使い方と例文 「相まって」という言葉はどういう風に使えばよいのでしょう。 具体的な使い方を例文とともに紹介します。 「相まって」は相乗効果が生まれた様子に使う 「相まって」は「(2つ以上の事柄が)互いに影響しあって」という意味だということは先述した通りです。 そのため、「相乗効果」が生まれた場合などによく使用されます。 たとえば、• 個人の努力とチームの団結力が相まって最高のプレゼンができた• 独特の風味と食感が相まってなんとも言えないおいしさだ などといった表現が可能です。 また、定型句「両々相まって」として使うこともでき、• プロジェクトリーダーとチーフ両々相まって、このチームをまとめてくれた といった使い方もできます。 「相まって」はネガティブな効果にも使える 「相まって」という表現は、「互いが影響しあってよい結果が生まれた」という場合に限らず、「悪い影響を及ぼした」という場合にも使うことが可能です。 たとえば、• 悪寒と高熱が相まって、起き上がることすらできない• 緊張とプレッシャーが相まって、口から心臓が飛び出そうだ とも使うことができます。 「相まっている」という表現は一般的ではない 「相まって」は「相まっている」という使い方はしません。 「互いに影響しあっている」というニュアンスで「相まっている」と使う人もいますが、あまり一般的な表現ではないようです。 「相まって」は「AとBが相まって~だ」と「AB相まって~」いう風な使い方が無難です。 「相まって」の類語 「相まって」と似た意味の言葉にはどのようなものがあるのでしょう。 似た語感の言葉「相成って」との違いも注目です。 「相まって」の類語は「相重なって」「重なり合って」 「相まって」の類語は、「相重なって」や「重なり合って」が挙げられます。 「相重なって」とは、「二つの事が組み合わさって」という意味です。 「重なり合って」も似た意味があり、「お互いが組み合わさって」という場合に使います。 他にも、「相乗効果(そうじょうこうか)」も「相まって」の類語として挙げられます。 「相乗効果」の「相乗」とは「互いに掛け合わせること」という意味で、それぞれの要素を単純に合わせた場合よりも大きな効果がみられる様を表します。 「互いに影響しあって」という意味の「相まって」と似た意味の言葉です。 ビジネスでは「シナジー」という表現も ビジネスシーンでは「シナジー」や「シナジー効果」という表現を耳にすることがありますが、この「シナジー」もまた、「相まって」の類語といえるでしょう。 「シナジー(synergy)」を日本語にすると、「相乗効果」や「共働作用」となります。 「相まって」とほぼ同じ意味で使うことができ、カタカナ語として定着しつつある表現です。 「相成って」は「なる」の意味で類語ではない 「相まって」と似た音の言葉に「相成って」という言葉がありますが、「相まって」と「相成って」は全く異なる意味の言葉です。 「相成って」は「相成る」という動詞で、「なる」の改まった表現として用いられます。 たとえば、「新事業を開始することと相成りました」とは「新事業を始めることになりました」という意味です。 「相成って」は、何かが変化してそうなった、実現した、という場合によく使われますが、「相まって」のように「影響しあって」というようなニュアンスはありません。 「相まって」と「伴って」はニュアンスが違う 「相まって」と似た表現として「伴って」が挙げられることがありますが、「相まって」と「伴って」は類語ではありません。 「伴って」は「伴う」から派生した表現ですが、この「伴う」には「一緒に行動する」「一方の変化に応じて他方も変動する」という意味です。 「AとBが伴って」というと、連鎖的にくっついてくるイメージですが、「AとBが相まって」とは「互いに作用しあって」という意味なのでニュアンスが異なるのです。 まとめ 「相まって」は「異なる事柄が互いに影響しあって」「作用しあって」という意味で使われる表現です。 一般には、良い結果が生まれた場合によく用いられますが、ネガティブな影響・結果に対して使っても誤りではありません。 幅広く使える表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。

次の