初手ダイマックス。 【ポケモン剣盾】ダイマックス対策で順位を上げる方法【徹底解説】

【ポケモン剣盾】「初手ダイマックス」って使う奴多いけど損しないか? 全抜きやスイーパーで掃除できるならともかく…

初手ダイマックス

2シーズンの間ドラパルト++の並びを使い満足したので記事を書きます。 S4とS5の構築まとめて書くので長いかもしれませんがよければ両方見ていってください。 【S4使用構築】 【構築経緯】 FFの方が使われていた+の並びが非常に強そうだった 詳しくは個体説明で)のでこの2体を軸にして構築を組むことにした。 球逆鱗の火力は癖になる。 ドラパルトの呪いからの身代わり連打、コットン身代わりでの詰ませ、と勝ち方がいっぱいある。 特殊すり抜けドラパルトが課題なのでドラパルトが後出しされたら一回に絶対引くようにしていた。 とかがいても物理起点にして身代わりさえ残してしまえば勝てる。 ドラパルトで呪いを入れてから繋げば大体相手は引いてくれるので一気にハメに行きやすい。 タイプ相性とか気にせずにほぼ全試合選出した。 との相性が良く、ドラパルトに対し積極的に後投げした。 こいつを始点にしてやに繋ぐ。 技構成は特殊型にしている。 火炎放射は連打できるが火力がカスだった、やオーバーヒートなどでもいいかもしれない。 バークアウトは身代わりドラパルト相手に非常に有利だった。 この型のにおいてはバークアウトはよりも強いと考えている。 シェルアーマーにしている理由は強運キッスにぐちゃぐちゃにされないようにするため。 耐久は申し分ないが火力がカスなのであんまり信頼していない。 ックスしなくてもそこそこ強いのはよかった。 技構成は10万を氷のつぶてに変えたかったが相手のをさっさと処理したいので仕方なく入れた。 全く急所に当てなかったが都合いい感じに当ててくれる場面もあってよかった。 こいつを初手に出して荒らした後にエルフガエンで詰める動きが強かった。 入りや受け構築、初手キッスに強くて蜻蛉でサイクルも出来るので構築にハマっていたと思う。 耐久に振る意味をあまり感じられなかったのでas252でよかったと思う。 しかし、軸で重いや+のサイクルが環境に増えたことで非常に戦いにくくなってしまった。 他にもが重いことや、に安定した詰め筋が無いといった課題も残っていたためなんとか解決しようとした。 こちらも型を変えずにそのまま採用• 主に特殊ドラパルトに対してのクッションになって欲しかったため前期と型を変え特殊耐久に厚くして採用• ドラパエルフガエンの選出では相手のやの相手がしんどすぎるので確実に呪いができてに繋げられると考えた• 結果として特殊相手への安定度が増し、前期よりも信頼できるクッションになってくれた。 宿り木を入れた3ターン残ったにバークアウト連打で勝てたときはビビった。 の相棒としては生意気型で正解だったと思う。 身代わりを連打するので勝手にチイラの実との相性も良く最低限の殴りもできる。 気づけばドラパミミエルフの選出が一番多くなっていたくらいには信頼していた。 ただ、やが環境に多いので通りは良くない。 それでも後述すると合わせて選出することで出せる試合が多くなったと思う。 相手が絶対に警戒してくるので選出がとても分かりやすくなる。 ドラパナットガエンやナットガエンウオノラゴンという選出をよくした。 炎技を半減することよりもHPが欲しい場面のほうが多かったので混乱実のほうがよかったかも s5最終日は上記のものと下の構築を使用。 こちらは初手ックス+or+の選出をした。 をアーマーガアに強めなに変えるべきだったと思う。 【結果】 TN れな 最終201位 TN 酸欠少女 最終102位 【きつい】 毒びし @アッキの実で朝の陽ざしを持ってるやつ +眼鏡 初手ックスしてくる 【感想など】 8世代で使った構築で一番感触が良く、安定感もありましたが思考が固まって構築がうまく組めなくなった。 キョダイ+とか強そうだなと思っているので気が向けば考えたい。 少なくとも追加が来るまでは強い軸だと思う。。 なにかあればまで amaniiii.

次の

【剣盾S5】初手ダイマックスについて

初手ダイマックス

【概要】 リベロエースバーンの影響で環境に硬めの水と地面が増加したことにより、初手の見えにくい草打点が強力であると考え、構築を組み始めた。 対エースバーン性能にはあまり期待していなかったがこちらのエースバーンが苦手なドヒドイデやカバルドンに強く出れた。 エースバーン@きあいのタスキ ようき リベロ 155-168 252 -95-x-96 4 -188 252 とびひざげり アイアンヘッド ふいうち カウンター 相手のダイマエースバーンに強い。 カウンターという受け身の技を採用しながらも襷枠として高性能であり、使い勝手が良かった。 ドリュウズ@じゃくてんほけん いじっぱり すなかき 185-187 116 -107 212 -x-85-131 180 じしん アイアンヘッド ロックブラスト つるぎのまい 前期構築記事参照。 トゲキッスの初手ダイマ一辺倒だと芸がないため、トゲキッスを選出しない場合の後発ダイマ枠として採用。 ドラパルトの鬼火辺りから展開する。 ミミッキュ@チイラのみ ようき ばけのかわ 132 12 -141 244 -100-x-125-162 252 じゃれつく かげうち のろい みがわり ダイマしないミミッキュに剣舞を持たせてもエースバーンですぐ止まってしまうため、呪いみがわりを採用した。 トゲキッス@いのちのたま ひかえめ きょううん 161 4 -x-122 52 -187 236 -136 4 -127 212 エアスラッシュ マジカルシャイン ソーラービーム だいもんじ 主軸。 初見殺し要素が強く、初手に投げて大雑把に削る。 流行の水ロトムやカバルドンに強く、エースバーンを意識した相手の選出に刺さった。 カビゴン@とつげきチョッキ いじっぱり あついしぼう 235-178 252 -117 252 -x-131 4 -50 すてみタックル からげんき ヒートスタンプ ヘビーボンバー 相手の初手にダイマを切らせにくくするための置物。 エースバーンに弱い。 DLCが出る前の供養。 途中15連勝で20位台まで上がれた構築でした。

次の

【剣盾S5シングル】対面マンゲロ初手ダイマックス 【最終227位】

初手ダイマックス

こんにちは。 初めてレート2100行けたので、最終日に使った構築を記事にします。 レンタルコード下にあるのでよかったら使ってみてください。 以下常体 【コンセプト】 初手ックスで数的有利を取り行動保証と先制技で相手のをいなす。 補助技や範囲で崩しに簡単に加担できるで範囲がずれている組みをエースとすることで全対応する。 見た目で初手ックスだと悟らせない。 【構築経緯】 の投票機能でドラパミミカビキッスのうち、を軸に組むことに決まったので、こいつが強い軸になる 初手+チイラ 1を軸にすることにした。 1のでまず 襷ドラパルトを選択した。 見た目が強いのと、ノーマルかフェアリーのどちらかを初手で破壊したときに、馬鹿な対面性能になるから。 また、がでの呪いとがあるところも強い。 次に、ドラパを残すと数値受けやに勝てなかったので、も枯らせるヘビボン地割れあくび守るの技構成の残飯を入れた。 霊無効ということで見た目も強いのでこの枠は一択だった。 そして、エース まずはを選択した。 と合わせると選出誘導力があることと、技範囲の広さとエアスラ怯みの存在で相手にックスを温存させにくいため。 あとダイジェットを一致で打てるのが強い。 次に戦法的にミトムを選出されたくなかったので相性の良い2体のでどちらも見た目がミトムに強いということでパッチラゴン+を採用した。 このとき、はステロを補助技に選択することでのあくび地割れと合わせて受け崩しできること、パッチラゴンは火力と範囲でサイクルを崩せることとあくびで止まらないこと、この2つの意味でも採用した。 またエースは高火力であくびで止まらないようにした。 そのために珠をゲロゲに、ピントレンズをに持たせてパッチラゴンは自分が一番強いと思ってる弱保にした。 残りで対面性能が一番高くなる構成にした。 の間が枯らしにとても役に立った。 逆に襷残ってて負ける相手がフェアリーと数値受けくらい。 威嚇とダイドラグーンを意識してにした。 ギャラ入りに対して立ち回りの幅が広くなって良かった。 ドラパルトは襷が一番スペックを生かせてると前から思っていて、本当に強かった。 また、やに対して、火力の上昇でドラパと合わせて縛りやすい。 この構築においては最強のでした。 じゃれも外さなかったし、MVP。 身代わり採用の場合257にする意味は身代わりを残飯込みで5回連打できるようになる。 という意味で意味があるが、このの場合はなんでHP256じゃだめなのかわからないけど、周りの人達みんな257で使ってるのでそうしといた。 対枠兼受け崩し ステロあくびで飛行タイプにあくびを打ったタイミングで地割れを打つ。 またドラパよりの方が強いと思った場合に出す。 ピクシーやがいると出すことが多かった。 基本的にこいつを投げたい。 当たらなかったが、壁展開の対策になる。 馬鹿すぎて調子が良いときは超イーなのに、悪いときは持ち物無しでメンタル疲れた。 また鉢巻の攻撃を耐える唯一の枠でもある。 火力が意外とあって使いやすかった。 相手が先制技を打つためなどでダイウォールを打つタイミングでステロをまくムーブかなり強かった。 初手枠兼崩し あまり出さなかったが、刺さりそうなときと、受けに対してはよく出した。 選出誘導力がとても高く電気の一貫を切らせたり、ドラパダルマあたりの上から高打点を持つをめっちゃ誘うので選出を考えやすかった。 出すときはできるだけ前を見なくても即負けに繋がらない場合は裏読みすることを意識した。 【成績】 TNゆうき 92-41 2099 勝率0. 69 TNバンビー 90-45 2112 勝率0. 66 多分ゆうきロムの方は序盤から潜ってたからこんな感じになった。 【感想】 構築自体、爽快感あって楽しかったし、ちゃんと楽しめてよかった。 今期は自分がレート2100に行ったことが無かったので行きたかったのでラインを見定めて保存して行けて嬉しいです。 1ロムが21乗ってから2ロム目は一桁を目指してましたが全然時間足りなかったので、徐々に上げるべきだなとは思いました。 次からは、溶けるの覚悟でもっと上を目指します。 なんかあったら UwakkiPoke によろです ここまで読んでいただきありがとうございました mega-salamance.

次の