メジャーリーグ 映画。 あなたはお笑い○○○世代?

メジャーリーグ3

メジャーリーグ 映画

解説 弱小チーム建て直しのために集められた落ちこぼれ選手たちの活躍を描く野球映画。 エグゼクティヴ・プロデューサーはマーク・ローゼンバーグ。 製作はクリス・チェサーとアービー・スミス、監督・脚本は本作品が日本公開第1作になるデイヴィッド・ワード。 撮影は「ルーカスの初恋メモリー」のレイナルド・ヴィラロボス、音楽は「熱き愛に時は流れて」のジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。 出演は「背信の日々」のトム・ベレンジャー、チャーリー・シーンほか。 1989年製作/アメリカ 原題:Major League ストーリー アメリカンリーグ、東地区クリーブランド・インディアンズは伝統こそあるが、ここ34年間優勝から遠ざかり、Aクラスすら叶わない有様である。 急死した夫の跡を継いで新オーナーとなったダンサー上がりのレイチェル・フェルプス(マーガレット・ウィットン)は、本拠地をマイアミに移すため、市の条約に従い、1年間の観客動員数60万人を下回らせようと企んでいた。 彼女はマネージャーのチャーリー・ドノヴァン(チャールズ・サイファース)に新チームのリストを渡し、監督のルー・ブラウン(ジェームズ・ギャモン)を始めとする一癖も二癖もある連中を集めさせた。 メキシカンリーグのキャッチャー、ジェイク・テーラー(トム・ベレンジャー)や刑務所から仮出所してきたピッチャーのリッキー・ボーン(チャーリー・シーン)たちは、憧れのメジャーリーグ入りに張り切るが、もとより実力のない彼らの戦いぶりは惨めで、連戦連敗を繰り返していた。 ある日ジェイクは、町で別れた妻リン(レネ・ルッソ)と出会った。 彼女には新しい婚約者がいたが、彼はリンへの断ち切れない愛のためにプレーにより熱がこもっていった。 そしてノーコンに悩むリッキーの、その原因が彼の近眼にあることがやがて判明し、メガネをかけて登板するや、見違えるようなピッチングを披露し、チームに勝利をもたらした。 が勝利に湧くロッカールームにレイチェルが現れ、悪態をついて出ていったことから、チャーリーたちは事の真相を知り、以後チームの結束は一段と強まり、士気はますます高まった。 一転してチームは連戦連勝の快進撃、ついにインディアンズは首位のヤンキーズに並び、優勝の行方は本拠地クリーブランド・ムニシバル・スタジアムでの最終戦に持ち込まれた。 そしてこの試合でチームを優勝に導く一撃をかっ飛ばしたジェイクは、リンとの愛も再び手にするのだった。

次の

あなたはお笑い○○○世代?

メジャーリーグ 映画

映画『メジャーリーグ』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。 各サービスには 2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。 配信状況により無料ではない場合があります。 メジャーリーグの登場人物(キャスト) ジェイク・テイラー(トム・ベレンジャー) インディアンスの捕手。 オールスター選手だったが、膝を痛めてメキシコ・リーグに落ちていた。 昔は多くの女性と浮名を流していた、プレイボーイ。 リッキー・ボーン(チャーリー・シーン) インディアンスの投手。 刑務所に入っていたが、出所後インディアンスのチームに加入する。 剛速球は投げられるが、コントロールが最悪だった。 視力が悪いことが判明し、眼鏡を掛けてからコントロールが改善された。 ロジャー・ドーン(コービン・バーンセン) インディアンスの選手。 3年前にFA権を取ってから、怪我をしないように試合で手を抜くようになる。 レイチェル・フェルプス(マーガレット・ウィットン) 夫の死後、インディアンスのオーナー座を引き継ぐ。 元ショーガール。 マイアミに移住したいがために、インディアンスを潰そうと画策する。 ルー・ブラウン(ジェームズ・ギャモン) インディアンスの新監督。 タイヤ工場を経営している。 リン・ウェルズ(レネ・ルッソ) ジェイクの元恋人。 元水泳選手。 現在は図書館で働き、婚約者もいる。 ウィリー・メイズ・ヘイズ(ウェズリー・スナイプス) インディアンスの選手。 足はとにかく速いが、打撃は不得意。 チャーリー・ドノヴァン(チャールズ・サイファース) インディアンスの元監督。 レイチェルの指示でフロントに入ることになる。 インディアンスのチームを愛しており、レイチェルの酷い仕打ちに心を痛める。 ペドロ・セラノ(デニス・ヘイスバート) インディアンスの選手。 信仰の自由を求めてキューバから亡命してきた。 ブードゥー教を信仰している。 ストレートの球なら打てるが、変化球は打てない。 メジャーリーグのネタバレあらすじ(ストーリー解説) 映画『メジャーリーグ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。 この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。 メジャーリーグのあらすじ【起】 レイチェルは夫の死後、「インディアンス」という野球チームを引き継ぎ、新しくオーナーに就任した。 インディアンスは35年間も優勝経験がなく、最高でも4位という弱小チームだった。 レイチェルは大きな改革をするために、新たな選手リストを作成した。 だが、そのリストには既に亡くなっている者や聞いたことがないような者の名前しかなく、勝利を掴む気があるとは思えなかった。 インディアンスの監督のチャーリーはレイチェルに指示され、フロントに入ることになった。 新たな監督は万年最下位のチームから、ルー・ブラウンが引き抜かれてくることになった。 レイチェルはチームをマイアミに移したいがために、インディアンスの人気を落とし、球場への入場者数を80万人以下にして市との契約を破棄させようとしていた。 インディアンスの新たな仲間達が球場へと集まった。 ルーは監督の傍ら、タイヤ工場を経営していた。 ジェイクはオールスター選手だったが、膝を痛めてメキシコ・リーグに落ちていた。 セラノは信仰の自由を求めてキューバから亡命してきた男だった。 そして、3年前にFA権を取って金回りが良いロジャーは、守備が最悪だった。 さらに、ウィリー・メイズ・ヘイズという男が車に乗ってきたのだが、名簿にない名前だった。 最後に、刑務所から出所してきたばかりのリッキーが現れた。 ウィリーは夜中の内に、警備員にベッドごと外に運び出された。 目を覚ますと、球場の外だった。 ウィリーは再び球場に侵入すると、練習している選手達と走った。 ルーはウィリーの速い走りを見て、チームに加えることを決める。 しかし、ウィリーのバッティングは最悪だった。 ルーはバントをして走るよう指示を出した。 投手のリッキーは、スピードは最高だったが、コントロールは最悪で指導の必要があった。 ロジャーは怪我を恐れるあまり、練習に身が入っていなかった。 セラノはストレートの球なら問題なく打つが、変化球になると打てない欠点を持っていた。 メジャーリーグのあらすじ【承】 インディアンスは試合を行うが、悲惨な結果に終わった。 試合終了後、リッキーがクビに怯えながらロッカーを開けると、赤紙(クビを意味する)が張ってあった。 ルーに抗議すると、赤紙を張っていないと言われる。 リッキーはすぐに先輩投手の仕業だと気づき、殴りかかった。 それを、ルーが一喝して止めた。 ジェイクは苛々しているリッキーに、喧嘩するよりも開幕の準備をしろと声を掛けた。 ジェイクはウィリーとリッキーの新しい選手人生を祝うため、高級レストランに連れて行った。 すると、別の席でリンと男性が仲良く談笑している姿を見かける。 リンはジェイクと結婚寸前までいき、破局した元恋人だった。 ジェイクは店員にリンを呼び出してもらい話をしようとするが、リンは一緒に来ていた男性を気にして迷惑そうな顔をした。 ジェイクはリンに未練があり、しつこく電話番号を聞いて何とか番号を教えてもらった。 開幕戦当日。 誰もがインディアンスの最下位を予想していた。 だが、ルーは予想をひっくり返してやろうと声を掛け、選手達を明るく送り出した。 ウィリーがバントでヒットを打ち、一塁へと進んだ。 初戦初回でのヒットは、何と15年ぶりの快挙だった。 しかし、相手側の策略に嵌り、ウィリーはアウトを取られてしまう。 6回の表。 ピッチャー交代でリッキーが投げることになるが、暴投を起こしてしまう。 しかも、バッターにボールを当ててしまい、審判から退場を言い渡される。 9対0でインディアンスは敗退した。 ジェイクがリンに電話を掛けると、知らない男性が出た。 嘘の番号を教えられたのだ。 リンが勤める図書館に行き、そのことを伝えた。 すると、会いたくないと言われる。 しかも、レストランで一緒にいた男性と結婚を決めていた。 ジェイクはリンに縋るが、リンは3年間も音信不通だったジェイクに愛想を尽かしていた。 リッキーも1イニングで4暴投を起こし、最低選手の仲間入りを果たす。 ジェイクはウィリーに唆され、リンにアプローチするために後をつけて家を訪ねた。 だが、そこはリンの婚約者の家で、婚約者の友人夫妻もいた。 気まずい思いをする中リンの婚約者は、一生野球はできないのだから引退したら何をするのだと、皮肉りながらジェイクに質問した。 ジェイクはハワイに移住して、子供を水泳のオリンピック選手に育てると答えた。 リンが水泳の選手だったのだ。 婚約者の友人夫妻はそのことを知り、その場の空気はさらに悪化した。 リッキーの暴投を直すため、ルーは一度マイナーリーグに行って経験を積んではどうかと提案した。 ライアンという名前の投手もそれで成功したのだ。 その時、リッキーは壁に張られているライアンの写真を、目を細めて見ようと頑張っていた。 ルーはそれを見て、リッキーの視力が悪いことに気づく。 ルーはリッキーに眼鏡を掛けるよう指示を出した。 リッキーは自分の趣味とは合わない眼鏡に不満を抱くが、我慢して試合に出場した。 インディアンスは3対2で勝利を収めた。 ジェイクはロッキーの家を訪ね、何故先日の試合で球を取りに行かなかったのか質問した。 下手をすれば、負けていた可能性もあったのだ。 だが、ロジャーは負けることを気にしている様子もなく、体を張って怪我をすることを何よりも恐れていた。 ジェイクはロジャーの話を聞いて、チームにとって迷惑だとはっきり伝えた。 そして、今回のようないい加減なプレーをすると、タマを切り取るぞと脅した。 メジャーリーグの結末・ラスト(ネタバレ) インディアンスは少しずつ勝利を収めるようになった。 ある日、リンがスタンドで試合を見ていることに気づいたジェイクは、後を追いかけ家を訪ねた。 ジェイクは復縁を迫るが、リンはジェイクのことが信じられなかった。 ジェイクはリンと付き合っていたとき、多くの女性と浮気をし、子供の認知をしろと裁判所から喚問状が届く事態になったことがあった。 結局ジェイクの子供ではなかったが、リンの心は深く傷ついていた。 しかし、体の相性が良かった2人は、リンの結婚式の話をしながら一夜を共にしてしまう。 チャーリーはルーの元を訪ね、レイチェルが優勝させないよう邪魔をしていることを打ち明けた。 ルーは選手達にそのことを話し、マイナーに落ちるかクビになるしか道が残されていないことを話した。 選手達が落ち込む中、ジェイクが立ち上がり、優勝すればいいのだと声を掛けた。 選手達はやる気を取り戻した。 ロジャーも体を張って球を取りに行くようになり、選手達の練習にも力が入っていた。 インディアンスは試合に勝ち続け、ヤンキースと同率首位になった。 ヤンキース戦の前日。 ルーはリッキーを呼び、先発投手にはベテラン選手を使うことを告げた。 リッキーはチームのためになるならと了承した。 だが、その表情は曇っていた。 ロジャーの妻はロジャーの浮気を知り、思い悩んでいる様子のリッキーに声を掛けて浮気をした。 リッキーは女性が誰だか知らないままベッドを共にしてしまったのだ。 試合当日。 ジェイクに忠告され、リッキーはロジャーに会わないように気をつけた。 多くの観客が見守る中、試合が開始された。 7回の表まで0対0のままだったが、ヤンキースの選手にホームランを打たれてしまう。 しかし、7回の裏でロジャーがヒットを打った。 次にセラノがバッターボックスに立つが、今日は絶不調で2度空振りしてしまう。 セラノは酒や供物を捧げたのに、報いてくれない神に腹を立て悪態を吐いた。 すると、見事にホームランを打ち、2対2の同点に持ち越した。 9回表。 ルーは投手を交代させることを決める。 リッキーがジェイクにボールを投げて肩を温めていると、ロジャーが近づいてきて、ヤンキースの選手を討ち取れと声を掛けて去っていった。 リッキーはロジャーの心意気を受け、笑顔になった。 リッキーは161キロの剛速球を投げ、三振を取った。 ジェイクはホームラン宣言をして打つが、実際にはバントを行った。 その間にウィリーがホームへと戻り、インディアンスは見事優勝を果たす。 レイチェルが呆然とする中、観客とインディアンスの選手達は騒いで喜んだ。 ジェイクはスタンドにリンの姿があることに気づく。 リンの手からは婚約指輪がなくなっていた。 ジェイクはリンの元に行き、キスをした。 メジャーリーグの感想・評価・レビュー 野球が下手な野球チームが、新しいコーチを迎えて強くなりメジャーリーを目標にして進んでいくお話です。 あまり、スポーツ系の映画は観ないんですがこれは別です。 笑いあり努力あり観ていて飽きない映画で、スポーツに興味がない人も楽しめます。 続編がありますが、私個人としては最初が1番面白いです。 野球のルールは、この映画で覚えたと言っても過言ではありません。 (女性 30代) 関連作品 次作.

次の

メジャーリーグ の レビュー・評価・クチコミ・感想

メジャーリーグ 映画

ストーリー [ ] MLBに属するは34年も優勝から遠ざかっている弱小球団。 亡き夫の跡を継いだ新オーナーのレイチェルは1年の観客動員数が80万人を下回れば本拠地の移転が認められることを利用してマイアミ移転を目論む。 そのために集められた選手は球速は滅法速いがコントロールが恐ろしく悪いムショ上がりのピッチャー、リッキー。 足の速さはチーム一だが打撃はさっぱりのお調子者、ウィリー。 ストレートは難なくホームランにするが変化球では空振りばかりのブードゥー教信者、セラノなどメジャーとは名ばかりの奇妙な選手たちばかりだった。 その一人、キャッチャーのジェイクは、シーズン直前、恋人だったリンに偶然出会う。 彼女は既に別の男性と婚約していたが、彼はなかなか諦めきれないでいた。 一方チームはシーズンが始まっても低空飛行を続けていた。 が、ある日、近眼を克服したリッキーの活躍で快勝し、チームに勢いがつき始める。 60勝61敗となった日、チームはレイチェルの企みを知る。 これに発奮した彼らは怒涛の快進撃を見せ、ついに同率で強豪とのワンゲーム・プレーオフに臨む。 スタッフ [ ]• 監督:• 脚本:デヴィッド・S・ウォード• 撮影:レイナルド・ヴィラロボス• 編集:デニス・M・ヒル• 音楽:• 美術:ジェフリー・ハワード 登場人物 [ ] インディアンスの選手 [ ] ジェイク・テイラー: からインディアンスに入団したベテラン選手。 右投右打でポジションは。 背番号は 7。 以前はオールスターに選出されたりMVPに輝いたこともあったが、ひざの故障でここ数年は成績が低迷していた。 当初は送球に難があったが、シーズンを消化して行くにつれて克服していく。 また相手打者に対してトラッシュトークも見せるなど、キャッチャーとしてのクレバーさも伺える。 ルーキーや若手の面倒見も良い、キャプテンシーを備えた扇の要。 かつての恋人リンへの想いを忘れられずにいる。 リッキー・ボーン: 恐喝や車の窃盗を犯して刑務所に服役していた元マイナーリーガー。 春季キャンプに招待され、出所したのちインディアンスに入団。 右投でポジションは。 タトゥーに後頭部をシェブロンのように刈り上げた髪型でキャンプに登場する。 は速いがコントロールが恐ろしく悪く、暴投に苦しんでいた。 しかし、ふとしたきっかけで実は近眼であることが判明。 眼鏡をかけたのを機に見違えるピッチングを披露し、一躍リーグを代表するピッチャーになる。 当初はユニフォームを勝手に改造したり、ドーンと殴り合いの大喧嘩を起こす等素行も悪かったが、経験を積むにつれて監督からの指示にも「チームのためなら」と素直に従う等人間としても大きな成長を見せる。 登板時のテーマソングはパンクバンドので、そのままリッキーの愛称でもある。 ロジャー・ドーン: ゴルフバッグを持ってキャンプに参加するなど、野球を金持ちの道楽のように考えているベテラン内野手。 右投右打でポジションは。 背番号は 24。 打撃は健在だが、守備ではかつて重傷を負ったこともあって怠慢な態度が目立つ。 ジェイク曰く「ルーキーいじめが趣味」で、特にリッキーに対しては事あるごとにいびるなどバカにした言動が目立つ。 シーズン終了後にFAになることから将来設計を理由に危険なプレーを避けていたが、ジェイクからの指摘、ハッパとレイチェルの陰謀発覚をきっかけに奮起し、ノックを熱心に受けるなど真剣にプレーに打ち込むようになる。 レギュラーシーズンの成績は打率. 271、86打点。 ウィリー・メイズ・ヘイズ: キャンプ初日にいきなり現れたお調子者。 のようにプレーし、のように足が速いと豪語するが、レイチェルの提示したリストに名前はなくインディアンスのキャンプに勝手に潜り込んだことが発覚。 キャンプ初日の夜に宿舎からベッドごと運び出されてしまい、気がついたときは次の日の朝で練習が始まっていた。 しかし、ダッシュの練習中にパジャマ姿のまま乱入、俊足を見せつけ入団が決定する。 正式に選手として練習に参加するも、今度は打撃がさっぱり。 随所でお調子者ぶりを発揮し、ルーやジェイクから諌められることもしばしば。 右投右打でポジションは。 背番号は 00。 の前半分をベンツに改造したという珍妙な自家用車を持つ。 レギュラーシーズンの打率は. 291。 盗塁を決めるたびに手袋を替え、使っていた手袋を自室の壁に釘で打ち付けて盗塁数を数えていた。 ペドロ・セラノ: 信仰の自由を求めてから亡命した巨体の主砲。 右投右打でポジションは。 背番号は 13。 熱心な信者で、ジョブーという名の偶像に祈りをささげ、ロッカーは供え物の葉巻やらラム酒やらでごったがえしている。 敬虔なキリスト教徒のハリスとは当初仲が悪かったが、後に和解。 彼曰く、「は好きだが、カーブがダメ」らしい。 苦手な変化球への対応は神頼みで、普段は筋トレをしたり、バットやスキンヘッドの手入れをしている。 エディー・ハリス: 右投でポジションは投手。 背番号は 10。 経験豊富なベテラン。 球威のなさを自覚しているのか身体の至る所に食用油脂やローションなどを塗っており、「どれも指先に塗るだけでカーブの落ちが7センチ違う」と豪語、(であるが、作品内で実際に行われたかは不明)驚くリッキーに「お前にはいらないさ、トシ食えばわかるよ」などと漏らしていた。 熱心なキリスト教徒のため、よくセラノと対立している。 また、セラノのお供えのラム酒を勝手に飲み「 たたりなし」と言ったがグラウンドに出た直後に打撃練習中の選手がスイングしてすっぽ抜けたバットが飛んできて痛い目を見てしまった。 後に、セラノとは和解し、ブルペンにジョブーの偶像を飾って練習した。 ルー・ブラウン: タイヤ工場を経営している傍らのチーム監督をしている。 ドノヴァンからチームの監督に招聘される。 背番号は 34。 インディアンスのフロント [ ] レイチェル・フェルプス: インディアンスの前オーナー婦人。 球団のオーナーであった夫の死後、新たにオーナーに就任した。 元ショーガールで野球の事は何一つわかっていなかったが、球団を自分の好きなに移転しようと企む。 そのため選手達に対しあの手この手の嫌がらせを行ってチームを負けさせようとする 遠征の飛行機をプロペラ機やバスに変えたり、ロッカーのシャワーの修理をしないなど。 チャーリー・ドノヴァン: インディアンスので前監督。 レイチェルによって監督からフロントに異動され、球団移転計画の補佐役にされるが、実はチームの勝利を何よりも願っている。 彼女のチームへの仕打ちに耐えきれず、計画をルーに密告したことがチームの起爆剤となった。 最後はレイチェルの発言を無視してチームの応援に徹した。 その他 [ ] リン・ウェルズ: ジェイクの元恋人。 200m個人メドレーでオリンピック候補にまでなった水泳選手でもあった。 現在は図書館で働いていて、既に婚約相手もいるが……。 なお、ジェイクが彼女に電話をかけたとき、なぜか「リン・ウェストランドさんいますか?」と問いかけている。 ハリー・ドイル: インディアンスの試合の実況アナウンサー。 愛ある毒舌家。 モンティ: ハリーのアシスタント。 共に実況をしている。 一応アナウンサー学校卒だが、実況はイマイチ。 クルー・ヘイウッド: 宿敵ヤンキースの一塁手で4番打者。 右投右打で背番号は 6。 前年のアメリカン・リーグ本塁打王。 劇中での打撃成績は打率. 341、48本塁打、121打点で、最終戦の時点で三冠王が確定している。 ハリーからは「名うてのインディアン・キラー」と言われ、リッキーからも2本塁打を放っているおりインディアンスをカモにしている。 演じたブコビッチは、映画公開の3年前までメジャーリーグで投手として活躍していた。 現実のインディアンス [ ] 現実のクリーブランド・インディアンスも頃から好調となり、にはアメリカンリーグ優勝を果たしている。 [ ] 未公開シーン [ ] この映画にはカットされた未公開シーンが存在する。 優勝を決定する最後の試合前に、オーナーであるレイチェルの元にルーが訪れる。 「クビになる前に辞任しに来た」と話すルーにレイチェルは「実は今までしてきた嫌がらせは全てチームを奮い立たせる為の計算で、死別した夫の残したチームを誰よりも愛していた」と話す。 訝しがるルーに「本当に負けてほしいなら、全員マイナー送りにすることも出来た。 あのメンバーをスカウトしたのは全部私よ。 ヘイズは例外だけど」と説明する。 拍子抜けするルーに「もし、このことをメンバーに話したらクビよ。 今夜頑張って」と励ますという内容。 試合中に応援するシーンまで撮影されたが、試写でのウケが乏しく「彼女には最後まで悪役に徹してもらった方が映画が盛り上がる」として最終的にカットされた。 テレビゲーム [ ]• メジャーリーグ(1989年・・)• 映画をモチーフにして制作しているが、選手・チーム・球場名などは、すべて架空の名称。 日本のをモデルにしたプロ野球チーム(1989年当時)6球団と、MLB所属球団をモデルにした4つのチームがリーグ戦を行う内容。 Iチーム(インディアンスがモデル)には、映画の登場人物である選手と、実在のインディアンス(1988年レギュラーシーズン終了当時)の選手をモデルにした選手が混在している。 なお、正式に映画の著作権のライセンス許可を得ているゲームにも関わらず、何故か映画の登場人物は実名ではない(ボーンが「ほおん」、テイラーが「てへらあ」という名前になっている、など)。 映画の影響 [ ] 現在、プロ野球ではホームチームの選手には入場曲があるが、米国のパンクバンド「」によるテーマソング「」は、ホームチームのクローザーの入場テーマとして、大きく流行った。 また、『』のメジャーリーグのコーナーや『』のハイライト・ダイジェスト映像でも使用されている。 脚注 [ ].

次の