血豆 の 治し 方。 舌に血豆ができる8つの原因とは?治療法や対処法を紹介!

舌に血豆が突然できたけど、治し方はあるの?血豆がよく出来るのは癌ってホント??

血豆 の 治し 方

会話をする際や、毎日の食事時に働く『舌』。 今回は、そんな非常に重要な役割を果たす『舌』に生じる『血豆』について、その種類や対処法、血豆が出来たときにNGな行為などをご紹介致します。 舌に出来る「血豆」これって一体何なの??放っておくと癌化する? 舌にできる「血豆」といっても、その種類は様々です。 一番多いのは、いわゆる「内出血」のことを指し、外傷、つまり舌を誤って噛んでしまった際などに生じる「血の固まり」です。 こちらの外傷によって生じる血豆は『口内血豆』や『外傷性血腫』といった呼び方がされるのですが、『血腫』という部分に何やら怖いイメージをもたれる方もいるかもしれません。 しかし、あくまで『外傷』によって生じる『内出血』でありますので、「腫」という漢字が含まれているからと言って、「血腫=癌」と単純に捉えられるものではありません。 とは言っても、体に生じる様々な病気の中には、症状は似ていても悪性度(=重大さ)が異なるものが多く存在します。 舌に生じる「血豆」も同様で、先程説明したいわゆる『内出血』といった自然治癒で治ってしまうものもあれば、例は少ないですが、もちろん非常に悪性度の高い(=重大な)『癌』と呼ばれる病変も存在します。 『血腫』=『血や細かい血管が豆状に固まったもの』と言う、おおまかな分類があり、その「血腫」と言う大きな括りの中に、先程ご紹介した外傷によって生じるの『良性(=癌などの悪性病変では無い。 )血腫』や、放っておくと生命に影響してしまう『悪性(=癌などが相当する。 )血腫』の2つが存在すると言う訳です。 ただの血豆だと思っていたものが、癌だったってこともある? 「最初はいつもの血豆と思っていたが、なかなか治らなくて後から癌であることが分かった。 」このような例は多くは無いですが、老若男女、誰しもに起こります。 先程も述べたように、舌に出来る血豆、つまり『血腫』の中には悪性の性質をもついわゆる『癌』も確実に存在します。 癌というものは、たった1つの原因によって発症する病気では無く、年齢や遺伝、食生活など様々な要因が折り重なって発症するものとされています。 舌に出来てしまう癌もこの通りで、その原因を1つに絞ることは決して出来ません。 舌への外傷が癌を生み出す1つの要因に。 口の中と言うのは、モノを食べたりしゃべったりと様々な運動をが長時間行われる環境ですので、『外からの物理的な刺激』というものが生じやすい臓器と言うことが出来ます。 『外からの物理的な刺激』というのは、例えば• 「食事中に誤って舌を噛んでしまった。 「入れ歯が擦れて傷が出来てしまった。 「転倒して口の中が切れてしまった」 など、口の中に生じる『外傷』全般のことを指します。 この『外傷』ですが、これも『癌』が生じる原因の重要な1つの要素とされています。 したがって、「舌を頻繁に傷つけるため、毎日のように舌に血豆が出来てしまう。 」といった状況に置かれている場合、最初はただの『血豆(=外傷によるの血腫)』であっても、血豆が出来る回数が増えるたび、つまり、『外からの物理的な刺激』を多く受ける度に、原則的に『癌化』のリスクは高まってゆくと言えるのです。 舌の血豆の対処法や治し方 舌に血豆が出来てしまった時の対処法は、原則的には「血豆部に刺激を与えないようにする。 」つまり、「安静」にすることになります。 舌に血豆が出来ている状況というのは、舌の表面の層が剥がれており(ですので、内側に詰まっている血管が破れてちがたまるのですね。 )、いわゆる「潰瘍(カイヨウ)」が生じている状況であります。 潰瘍が出来ている、つまり、本来は露出することのない刺激に敏感な部分が露になっているということですので、もちろん、普段は何ともなような刺激に対しても強い痛みを感じることとなります。 ですので、コロっとした感触の血豆が気になったとしても、何かでそれをいじること無く、生じた血豆を「安静」な状態に保つことが、自分自身で出来る最善の対処法であると言えるのです。 舌の血豆は経過観察が基本 舌に出来る血豆の中で、一番多いものが先程述べた「外傷」によって生じるいわゆる「内出血」。 舌以外の部分に生じる内出血が自然に治癒していくのと同様に、舌に生じる口内血豆も、基本的には経過観察のみで自然治癒することとなります。 一般的には数日から一週間以内で治ることがほとんどです。 舌に血豆ができた時は病院にいくべき? 「血豆が出来てしまったときには病院に行くべきか?」という問いには様々なこたえが存在します。 これまでに述べたように、血豆の多くはただの「内出血」であるため、数日から一週間以内で治るものがほとんどです。 しかし、「血豆がなかなか治らない。 」「血豆がどんどん大きくなってゆく。 」「すぐに治るが何度も頻繁に血豆が出来てしまう。 」といった気になる症状がある場合は、すぐに医療機関の診察を受けるべきです。 血豆が気になるようであればすぐにでも医療機関に行くこと 一口に『舌に出来る血豆』と言っても、良性から悪性、良性の中でも自然治癒するものから投薬が必要なものまで、と、可能性のある病変の数は多く存在します。 舌自体に根本的な原因が無くとも、舌の血豆をきっかけにその他の全身疾患の発見に繋がるケースもありますので、ただの血豆と言ってもあなどるなかれ。 少しでも気になる症状を感じたら、すぐにでも医療機関へ行きましょう。 舌の血豆を予防する方法 舌の血豆を予防するためには、一般的に以下の2つの方法が考えられます。 1つ目は、「舌に過度の物理的刺激が加わる機会を少なくする。 」です。 ここまでで何度かご説明した通り、舌に生じる血豆の原因の多くは、外傷による内出血です。 食事をする際にゆっくりと噛むようにする。 などといったことに気をつけるだけで、舌に過度な刺激が加わる、つまり舌を誤って噛んでしまう、よいったリスクはうんと下がります。 2つ目の予防策は、「普段の栄養管理をしっかりと行なう。 」ことになります。 例えば、舌を誤って噛んでしまった、栄養バランスのしっかりとれたAさんと、偏った食生活ばかりで栄養バタンスの崩れたBさんの二人がいるとします。 舌に対して、同じ強さの「物理的刺激」が加わった場合、AさんとBさんでは、栄養の偏ったBさんの方が比較的血豆が出来易いと言えるのです。 また、血豆が出来てから自然治癒するまでの期間も、栄養が不足していると当然長くなってしまいますので、普段から「栄養バランス」にはしっかり気をつけましょう。 ちなみに、血豆の予防には『ビタミンA』の、必要量の接種がとても重要と言われています。 舌の血豆は潰してもいい? 「舌の血豆はつぶしてもいいのか?」という問いに対する答えは、「NO」です。 潰してしまったら一生治らなくなる、といった意味での「NO」ではなく、「潰しても何も良いことはない。 」という意味での回答になります。 血豆が出来る=治っている証拠 血豆、つまり舌に出来た「内出血」というのは、外傷によって生じた潰瘍を修復してゆくうえで起きる、自然な現象であるとも言えます。 血豆が出来るたびにすぐ潰してしまうと、それだけ治りが遅くなってしまいますし、加えて『感染』の可能性も高くなってしまいます。 癌だった場合は潰すと致命傷 舌に出来た血豆が『悪性』つまり『癌』であった場合はなおさらで、悪性の血豆を不用意に潰してしまうことで、その後の治療が困難になってしまうケースも考えられます。 「舌の血豆は故意に潰してはだめ。 」というのが一番安心な考え方ですので、舌に血豆が出来てしまったときは、安静&清潔にして自然治癒を待つか、症状が気になる場合には医療機関にて指示をあおぐように気をつけましょう。 舌の血豆は火傷が原因?そういえば、あの時熱いもの食べたなと思い当たるフシがあるアナタはこちらの記事をチェック!• 関連カテゴリ• この記事に関連した診療•

次の

血豆ができる原因と治し方!痛みがないのはほくろ?

血豆 の 治し 方

この記事の目次• 血豆とは? まずは血豆とは何か、ということを確認しておきましょう。 血豆は指をドアなど固いものに挟んだ時、皮膚にもできますし、頬の内側や舌など口のなかにもできます。 口の中にできる血豆は「血腫(けっしゅ)」と呼ばれます。 血豆は一般的な呼び方で、血腫は専門的な呼び方です。 「血腫」つまり「血豆」とは「出血してその血液が1ヵ所にたまり、凝固したのち腫瘤状態になったもの」をいいます。 大きさは小豆程度かそれ以下の突起状のもので、赤黒く感触はぶよぶよしています。 舌だけではなく頬の内側や唇にもできることがあります。 また血豆は普通数日で治るものがほとんでどですが、血液疾患によるものや、癌である悪性血腫の場合があるので注意が必要です。 血豆と間違えやすいもの 血豆と間違えやすいものがあります。 ここでチェックをしておきましょう。 血管腫 血管腫は「血管に似た細胞が増殖してできた良性の腫瘍」です。 血管腫は全身にできるもので、口腔内にもできます。 口腔内で出来る場所は舌をはじめ、唇や頬の内側や口蓋(こうがい)などの粘膜にもできます。 色は淡い青みがかった色や紫がかった色で、指で押さえると色が薄くなるのが特徴です。 血管腫は「腫」とありますが腫瘍というより「血管の奇形」と考えられています。 治療は病理診断も兼ねて切除することが多くなります。 小さいものは経過観察という形をとります。 その他レーザー治療なども行われます。 血管腫は正常な組織との範囲がわかりにくいので、治療してもすべて取り切れておらず、再発することがあります。 血豆か血管腫かわからない時は口腔外科で相談するといいですね。 色素沈着 口の中に色素沈着がみられることがあります。 舌や頬の内側の粘膜、下唇などに見られます。 メラニン色素がたまって黒いシミのように見え「メラニン色素沈着症」と呼ばれます。 血豆や血管腫と異なって盛り上がりがありません。 とくに治療の必要はなく加齢とともにみられることがあります。 黒いほくろのようなものは「色素性母斑」といわれ、これはメラニン色素産生細胞の過誤腫によるものです。 過誤腫とは、組織や細胞の構成細胞の増殖が過剰になって、腫瘤を作ってしまうことです。 悪性の黒色腫や血管腫との鑑別は必要です。 色素性母斑の場合は特に専門医の受診をおすすめします。 舌に血豆!その原因とは? 舌に血豆ができる原因はどんなものがあるのでしょう。 考えられる原因をご紹介します。 ご自分の舌に血豆が出来たときの参考にしてくださいね。 舌を噛んだ! よくある原因が舌を噛んでしまったことによるものです。 食事の時に噛んでしまったことで血豆ができてしまうのです。 また、転びそうになった、転んだ、などちょっとしたアクシデントで舌を噛んでしまい血豆ができてしまうこともあります。 噛んだことにより、毛細血管から出血し血がたまったことで血豆となってしまうのです。 時々噛んでしまうことは誰にでもあることなので心配はいりませんが、噛む頻度が高い場合は舌、顔に麻痺などの疾患である恐れもあります。 舌だけではなく頬や唇もよく噛んでしまう人は特に注意が必要です。 こういった外傷性でできた血豆は「外傷性血腫」と呼ぶこともあります。 舌に物理的ないつも刺激がある いつも舌に何かが当たっている、その刺激で血豆ができてしまうことがあります。 例えば歯の矯正器具や入れ歯などがいつも舌に当たっていると血豆ができやすくなります。 また歯並びの関係で、いつも舌に歯が当たってしまうことでも血豆ができやすくなります。 例えばよく見られるのが親知らずで、思いがけない方向に生えてしまうことで常に舌に当たってしまうことがあります。 こういった物理的な刺激を「外圧(がいあつ)」と呼びます。 口内環境や栄養不良によるもの 歯磨きが不十分だったり、歯周病があることで血豆ができることがあります。 口の中の清潔が保たれていないことが原因です。 またビタミン不足も原因になります。 ビタミン不足は血豆だけではなく、口内炎の原因ともなるので十分気を付けましょう。 口内炎によるもの 口内炎が舌に出来て、それがなかなか治らず悪化して血豆になってしまうことがあります。 口内炎にどのようなものがあるのか、代表的なものをみてみましょう。 口内炎の「カタル性口内炎」は、矯正器具の刺激や、舌を噛んでしまって傷をつけたことで生じます。 子どもだとおもちゃなどを齧ったことでカタル性口内炎になってしまうことがあります。 粘膜が赤くはれ、痛みも生じます。 また「アフタ性口内炎」といって、痛みが強く、食べ物が染みる口内炎があります。 これは境界線がはっきりしていて表面が白っぽくみえる口内炎です。 「」が物理的刺激でできるのに対して、「アフタ性口内炎」は寝不足、ストレス、栄養の偏りなどで生じた免疫力の低下が原因といわれています。 ベーチェット病といった全身の疾患が原因となることもあります。 いずれの口内炎も、口内環境が不潔になると治りずらくひどくなって血豆になることもあります。 酷い場合は口内炎レーザー治療を行うことがあります。 ストレスによるもの 日頃からのストレスが溜まっていることも、原因となることがあります。 噛んだ覚えもないのに血豆が出来たときは、ストレスが溜まっていないか思い起こしてみてください。 ストレスの解消を試みても、血豆が頻繁にできる、という場合は一度専門医に相談してみましょう。 アレルギーによるもの アレルギーも舌に血豆のできる原因になります。 食べ物アレルギーのある人が、アレルギーのもとになる食品をうっかり口にしてしまったときに、血豆や口内炎ができることがあります。 またラテックスアレルギーといって、「ゴム」に対してアレルギーがある人も要注意です。 歯科治療の際に医師が着用するゴム手袋で、血豆ができてしまう可能性があります。 ラテックスアレルギーの人は、医療機関ではあらかじめ伝えることが大切です。 病気(血液疾患や癌) 血液疾患でや癌が原因で血豆ができてしまうことがあります。 血液疾患では「特発性血小板減少性紫斑病(とくはつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)」「再生不良貧血」などが挙げられます。 また癌が原因で血豆ができることがあります。 どのような病気なのかは次で説明しますね。 舌に血豆ができたとき考えられる病気 舌に血豆ができたとき、病気が原因であることがあります。 どんな病気が考えられるのか、具体的に説明します。 特発性血小板減少性紫斑病 怪我をしたときなど出血時に止血をする役目の「血小板」という血液成分があります。 この血小板に対して、自分の体のなかで抗体ができてしまうのがこの「特発性血小板減少性紫斑病」という病気です。 国の難病に指定されています。 免疫が関わっているので、「」とも呼びます。 時々突発性血小板減少性紫斑病と表記されることがあります。 原因は、急性の場合は子どもに多くウイルス感染や予防接種をきっかけで発病することが多くみられます。 急性の場合は6ヵ月以内に回復します。 6ヵ月以上治らず血小板減少が持続してしまう場合は慢性型となります。 自分の血小板を自分で攻撃して脾臓で破壊してしまうので、血小板をいくら作っても減っていってしまいます。 症状としては、「ぶつけてもいないのに体にあざができる」「鼻血がとまらない」「歯ぐきからの出血がとまらない」「女性では生理の出血が大量でとまらない」など出血傾向がみられます。 これら症状がすべて見られるわけではなくいずれかの症状だけのこともあります。 重症になると胃腸など消化器からの出血や、脳出血も生じることがあります。 再生不良貧血 「再生不良貧血」は血小板だけでなく血液中の白血球・赤血球も減少してしまう病気で、この病気も国の難病に指定されています。 再生不良性貧血は遺伝子のうまれつきの異常で起こる「先天性」の場合と後天的疾患で起こる場合がありますが、ほとんどが後天的です。 原因はとしてはほとんどが原因不明です。 大多数は自分の細胞を攻撃してしまうという自己免疫疾患と考えられています。 骨髄での血球の形成が不良で、血小板が減少することで特発性血小板減少性紫斑病と同じく出血傾向が見られます。 その一つの症状として血豆も見られるのです。 ほかに貧血症状として動悸・息切れ・めまい・顔色の不良などがみられます。 また白血球の減少で感染しやすくなり発熱を伴うことがあります。 そのほか血友病など血液凝固因子の減少などで出血傾向がみられる場合、舌に血豆ができるなどの症状がでることがあります。 舌癌 は、口腔癌のひとつです。 口腔癌の半数を舌癌が占めているといわれています。 舌という敏感なところで、目につきやすいにも関わらず異変に気付いたときは癌が進行しているというところに特徴があります。 舌癌は、神経が損傷されてしまうため知覚が鈍ってしまうので痛みをあまり感じなくなってしまうのです。 良性の血豆とは異なり、舌癌の血豆は周囲が硬くなるという特徴があります。 とはいえ自分ではなかなか見分けることも難しいので、血豆が舌の同じところにできる、なかなか治らないというときはまずは歯科口腔外科を受診しましょう。 ほかの症状としては• 味がわかりづらくなる• 舌が動かしにくくくなる• すっぱいものや辛いものなどの刺激で痛む• 舌に食べ物や歯が当たったときに違和感がある• 舌がただれていたり口内炎に似た潰瘍ができる• しこりがある• 出血する などの症状が見られます。 早期発見が大事な癌なので、血豆ができるなど舌に異変を覚えたり、少しでも違和感があったら病院へ行きましょう。 舌に血豆ができたときの対処法は? 舌に血豆ができたときは、どうしたらいいのでしょう。 対処の仕方を説明します。 自分で潰さない 血豆が舌にあると気になって潰したくなりますが、口の中は意外と細菌が多いもの。 化膿する危険性があります。 潰れると痛いものですしで無理に潰すことはおすすめしません。 なるべく刺激をあたえず、経過観察しておきましょう。 数日で治るのが一般的です。 自分で潰すつもりがなくても、歯や食べ物が当たってしまい血豆が潰れてしまうことはあります。 中にたまっていた血が出てきてしまうのでびっくりしますが爪や指で触らないようににしましょう。 落ち着いて口の中をきれいな水でゆすぎます。 なかなか血が止まらない場合や痛みが強い場合は医療機関に相談しましょう。 休息をとり、栄養をとる 舌や頬、唇をよく噛んでしまう人は、日ごろから疲れがたまっていることもあります。 休息や睡眠をしっかりとりましょう。 ストレスをため込んでいる人も生活や仕事を見直して、少しでもストレスを減らすようにしていきましょう。 散歩などの軽い運動もおすすめです。 同時に栄養バランスに気を付けることも大切です。 ビタミン類を意識してとるようにし、ファストフードなどが多くなっていないか食事を見直してみましょう。 急いで食べることも噛む原因となるので、ゆっくり食事をすることを心がけましょう。 歯医者さんで矯正器具や義歯をチェック 矯正器具が舌に当たってしまう場合は、矯正器具を被うワックスを使うと傷がつきにくくなります。 いずれにしても矯正器具が舌に当たって血豆ができてしまったときは、そのままにしないでおきましょう。 歯医者さんに早めに相談することが大切です。 歯並びや歯の生え方に問題があって舌に血豆ができてしまう場合も、自分だけでは治すことができないので歯科で相談して改善するようにします。 口の中を清潔に 口の中を清潔に保つように心がけることが大切です。 歯周病予防のためにも、歯磨きと洗口液などで日頃から口内洗浄を心がけましょう。 歯を磨くときに出血することがある、歯茎が腫れる、口臭があるという時は歯周病が進行している可能性があります。 歯科でチェックしてもらいましょう。 歯周病にかかっていることがわかったら、しっかり治療をします。 歯周病は血豆などだけでなく、さまざまな疾患の原因となるものですから、この機会にしっかり治しておくといいですね。 舌に血豆が出来たら受診するのは何科? 血豆は特に何もしなくても自然治癒するものです。 しかし血豆がなかなか治らなかったり、また頻繁にできてしまうときは受診することをおすすめします。 原因が矯正器具や歯である場合も受診をしましょう。 まずは歯科・口腔外科へ 血豆が出来た原因が歯や歯周病矯正器具である場合は、まず歯科医院か口腔外科に行きましょう。 また噛んでしまったことで血豆が出来た場合も、なかなか治らない時などは歯科か口腔外科で診てもらうと安心です。 レーザー治療で血豆や口内炎を治療したり、外用薬が処方されることがあります。 また歯並びの場合は矯正や、親知らずの不適切な生え方には抜歯などそれぞれの対応が考えられます、歯科医師とよく相談して治療を受けましょう。 歯周病の治療は、プラークをしっかり除去し歯茎の歯周ポケットの中もきれいにします。 血豆だけではなく、歯茎の腫れや歯のぐらつきのある人は早めに歯科に行くことをおすすめします。 舌癌の疑いや心配があるときも口腔外科を早めに受診しましょう。 内科・皮膚科 血豆は他に皮膚科や耳鼻咽喉科でも対応してくれます。 かかりつけなどがある場合はそこで相談するのもいいですね。 血豆という症状だけではなく「ぶつけてもいないのに体にあざがよくできる」「鼻血が頻繁に出る」などの他の出血症状がある、「貧血」や「息切れ」など全身的な症状がある、というときは内科を早めに受診します。 場合によっては血液内科のある大きな病院を紹介してもらう必要があります。 血液疾患の「特発性血小板減少性紫斑病」も「再生不良性貧血」もどちらも国の難病に指定されている病気です。 しっかり検査することが必要です。 まとめ 舌に血豆ができると誰でも驚き、不安になるものです。 また見た目で怖がってしまう人も多いようです。 舌に血豆が出来たときは、まずは無理に潰さず経過観察をします。 潰すと出血し、口の中の細菌で化膿してしまうこともあります。 潰れてしまったときは慌てずにうがいをして様子をみておきます。 この時血がなかなか止まらない、痛みがあるというときは歯科か口腔外科を受診しましょう。 舌にいつも矯正器具や歯の一部が当たってしまう場合は、早めに歯科を受診して対処、治療をお願いしましょう。 また血豆以外の出血症状や、息切れや貧血など全身の症状が出ているときも早めに受診することが大切です。 舌に血豆ができたときは、「体のメンテナンスが必要」というメッセージかもしれませんね。 関連記事として、 ・ ・ これらの記事も読んでおきましょう。

次の

唇にできた血豆の原因と治し方!癌もある?潰すのはNG?

血豆 の 治し 方

口の中を噛んでしまうと、 口の中に血豆ができてしまい痛いですよね。 痛くない血豆もあるんですが、私だけしょうか? 私はチョコラBBを疲れ防止のビタミン補給で飲むようにしています。 そのお蔭か口内炎や口の中の血豆は一年にあるかないかです。 しかし、 ネット上でもかなりの人が 口の中に血豆ができてつぶやいている人がいますね。 まって。 口の中に血豆みたいの出来てるねんけど。 これって口内炎? それともなに?— 優太 Sama365 皮膚にできる血豆と口の中の血豆の驚きと不安感って違いますよね。 私は口の中に血豆ができたほうが焦ります。 ここでは、 口の中に血豆が突然できた!原因について、ご説明していきます。 噛むことで出血してしまい、その 血が溜まってしまうことで血豆が発生してしまいます。 過度のストレス 過度のストレスがたまると無意識のうちに口の中を噛む自傷行為でストレスを発散させようとしています。 疲労の蓄積 疲労の蓄積により、食事などを行った際に、口の中が思い通りの動きができないために噛んでしまいます。 疲れている証拠なので、しっかり睡眠を摂るようにしましょう。 胃腸が弱っている 胃腸が弱っていると、食べ物から上手く栄養素を吸収できなくなります。 そうすると、体からビタミンB1が不足してしまい、神経に小さな障害が発生して、口の中の筋を上手く動かせなくなる時があります。 歯の噛み合わせの変化 歯の噛み合わせが変化したことにより、口の中を噛んでしまうという場合があります。 虫歯の治療などで、歯並びが変わると、頬の内側の部分を誤って噛んでしまいます。 頬のたるみ 頬のたるみは、一番の原因は、老化による筋肉の衰えですが、それ以外にも噛む回数が少なくなることで、口を動かすことが少なくなることで筋肉が衰えることも考えられます。 悪性の血腫の注意点 悪性の血腫は、 早期発見することで症状が悪化するのを防ぐことができます。 放置せずに口腔外科を受診しましょう。 ネット上で口の中に血豆ができた人の声 昨夜遅くに、舌の右横に血豆がいつの間にかできて、大きく膨らんでいるのを見付けた。 噛み合わせの邪魔になり、気になっていたが、どうも先ほど破裂したようで、膨らみの違和感がなくなっているのを頭の中で確認したが、口の中が血の味で満たされている。 このまま放っておけば、いつかは治るだろうか。 — ouro1008 ouro1008 口の中に血豆が出来てる!先週ふと、あれ?この黒い点なんだろ?って思って放置。 お昼のお弁当は揚げ物のおかずが大好きな子だったので、胃腸が弱っていたのと、栄養が偏っていてビタミンB2が不足していたのだと思います。 私は、揚げ物は止めてお野菜や煮物にしな!とよくアドバイスしていました。 最後に 口の中に血豆ができる原因は沢山あることがよく分かりましたね。 普通の血豆は数日間で自然治癒しますが、口の中が痛いのは、とても不快なので、 なかなか治らなかったら我慢せずに、早めに口腔外科を受診することをおすすめします。 医師から処方されたお薬を塗れば痛かったのがウソのように早く治ります。 また、ストレスや疲れをためないように、十分に睡眠を摂り、ビタミンB2を食事やサプリメントで摂取しましょう。

次の