ポケモン ゴツゴツ メット。 カバルドン : ゴツゴツメットカバルドン

【ポケモン剣盾】ウーラオス(れんげきのかた)の育成論と対策|おすすめ性格【鎧の孤島】|ゲームエイト

ポケモン ゴツゴツ メット

序論 カバルドン+ドリュウズ砂パのカバルドンについて、 ランダム対戦で多く見かける持ち物は、食べ残し、半減実などであり、 このサイトの育成論でも主流は食べ残しであるが、 当育成論では、カバルドン@ゴツゴツメットについて、 メリットを明らかにして新しい選択肢を提示したい ゴツゴツメットのメリットを挙げると、 ・接触技の蓄積ダメージで、後続の火力補助ができる 後続とは、ずばりドリュウズのことである ・怠けるで補える程度の火力の接触技を用いるポケモンに勝てる 具体例としては、火炎玉ローブシンである 特に二つ目のメリットがこの型のコンセプトであり、 対ローブシンがゴツゴツメットを持つ理由の大半であるといっても過言ではない 何故火炎玉ローブシンをそこまで意識しなければならないのか まず、火炎玉を持っているということは、カバルドンの欠伸ループが無効である 次に、ドレインパンチで砂ダメージや火傷ダメージを回復される 最後に、根性マッハパンチでドリュウズが乱数1発である 以上のことから、カバルドン、ドリュウズともに苦手なポケモンであるといえる しかし、ゴツゴツメットを持つことにより、砂ダメージ+火傷ダメージにさらにゴツゴツメットの定数ダメージが加わり、 カバルドン一体でローブシンを処理することが可能である 努力値振り H-D 行動回数確保のため、ラティオスのメガネ波乗り耐え H-B 残り 性格 攻撃技が地割れのみのため攻撃下降補正 運用方法としては物理受けに主眼を置くので防御上昇補正 よって図太いを採用する 攻撃技については後述するが、地震を採用する場合はこの限りではない 持ち物 ゴツゴツメット 利点は上記 技構成 ・怠ける 確定技 食べ残しがないことと、ゴツゴツメットの定数ダメージを与え続けることを考慮し必須 ・欠伸 確定技 1ターン前に欠伸を入れた相手に倒されるのが理想 ドリュウズの積む隙を作る ・地割れ Aに振っていないため優先度高め ・吹き飛ばし 積み起点防止に有用 ・ステルスロック 欠伸で強制的に流せるため、好相性 ダメージ計算 A252振り意地っ張りローブシン 根性発動 ドレインパンチ 40. 4〜47. 1〜36. 7〜43. 1〜100. 毒毒挑発持ち火炎玉ローブシンが無理なのはわかったんで。 「コイツで止まる」論は続けても切り無いですしね。 理由と推測される要因は前述しましたが、それで納得出来ないのでしたら実際に運用してみるしかないでしょうね。 この投稿者さんは当分出てきてませんし、いつになったらちゃんと管理してくれるんですかね? 投稿者にも都合がって仰る方もいるとは思いますが、それなら「遅くなります」の一言くらいあってもいいと思いますがね。 それもなく無言で居なくなるのは監督不行届と言われても仕方ないと思いますね。 もっともこれは他の大半の育成論にも言えることですが。 加えて、パーティ単位での具体的な立ち回りや考察も甘いと思います。 毒々・挑発持ちブシンの可能性や、33の方がおっしゃっている読み合いが発生することについての記述がなかったり、仮想敵 火炎玉ブシン に対する立ち回りの説明も少ないのでわかりづらいです。 また、PT構成についても、カバドリュラティという組み合わせはあまりに有名なので、それをただ示して「相性がいいです」って言われても、考察不足に感じます。 投げつけるやフルアタの構成も普通にありますよ。 あまりに短絡的すぎます。 短文、連投失礼しました。 帯ボルトに勝てるように調整されたDSガブをさらにメタったものがジュエルボルトですね。 この議論の場合だと「DSガブはジュエルボルトに勝てないから弱い」と言ってるようなものです。 確かにボルトに勝てなければDSガブの採用理由として成り立たないですが、それはDSガブの育成論で言うことでなく、かつ環境意識である以上そういったメタ相手に対して腐るのは当然のこと。 採用理由が無くなれば採用しなきゃいいってことですね。 そしてこのゴツメカバの場合。 ガブとボルトを例として挙げましたが、これだとゴツメカバがガブ側、ボルト側はローブシンになります。 火炎ブシンのメタとして出たゴツメカバ、さらにそれをメタった毒持ちブシン。

次の

[ポケモン剣盾]レシピ集!?ウッウロボ

ポケモン ゴツゴツ メット

スポンサーリンク 求められているアイテム どのようなアイテムが求められているのでしょうか? 入手がもともと難しかったアイテムとしては火炎玉、どくどく玉 あやしいぱっち、アップグレード、飴細工などなど。。。 入手困難なものが作成できるみたいなので、分かり次第主要アイテム一覧に記載していきます。 1位:とくせいカプセル とくせいカプセル 通常の入手方法 BP50で交換可能 作り方[レシピ] ふしぎなアメ4つ 効果 ポケモンの特性を変更することができる 理由 バトルで使うポケモンの育成を簡単にするために何度も使用する可能性がある ふしぎなアメはすいせいのかけら4つで作成可能です。 すいせいのかけらを穴掘り兄弟から大量に入手[連射コンがあると良い] 大量のWは穴掘り兄弟のパパから入手! 2位:ヒートスタンプ ヒートスタンプ 通常の入手方法 レイドバトル、W交換 作り方[レシピ] クラボのみ4つ 効果 特に記述なし 理由 金策におそらく最適? 道場前の野菜売り場で、クラボのみを大量購入することができる 金策することで、エナジードリンク類を簡単に入手することができる 育成が楽になるのでオススメです。 40万W使い修練所の自動飯場機の拡張もお忘れずに! ここまでが主に普段から使うと良いオススメの使い道です。 あとはボングリ4つでオシャボ狙いでしょうか。。。 3位「おまけ」 BPアイテム・火炎玉などの入手困難アイテム 通常の入手方法 色々 作り方[レシピ] 主要アイテム一覧に記載します 効果 特に記述なし 理由 BPの節約にからぶりほけんなどを作成したり PTごとに火炎玉を持たせることで、PTを変える時楽になります そこまで必須ではないです。 火炎玉が複数必要な場合で付け替えるのがめんどくさい場合など利用しましょう。 主要アイテムの作成方法 アップグレード 1 モモンのみ モモンのみ すいせいの欠片 すいせいの欠片 2 かみなりのいし ねがいのかたまり ほのおのいし ポイントマックス 3 モモンのみ メタルコート メタルコート メタルコート 4 モモンのみ モモンのみ ポイントアップ ポイントアップ アヤシイパッチ 1 でんきだま ねがいのかたまり ねがいのかたまり ねがいのかたまり 2 モモンのみ すいせいのかけら すいせいのかけら すいせいのかけら かえんだま 1 クラボのみ けいけんアメL けいけんアメL けいけんアメL 2 クラボのみ ホズのみ けいけんアメL ぎんのこな 3 たいようのいし きあいのハチマキ ひかりのいし きんりょくのハネ 5 たいようのいし たいようのいし たいようのいし たいようのいし 6 たいようのいし みずのいし リーフのいし ひかりのいし 7 ほのおのいし ほのおのいし ほのおのいし ほのおのいし 8 ほのおのいし むしよけスプレー きせきのタネ ビアーのみ 9 フィラのみ ロメのみ けいけんアメM ほしのすな しんかのきせき 1 かわらずのいし ねがいのかたまり ねがいのかたまり ねがいのかたまり 2 ゴツゴツメット ゴツゴツメット ゴツゴツメット ゴツゴツメット どくどくのたま 1 タポルのみ けいけんアメL けいけんアメL けいけんアメL 2 タポルのみ けいけんアメM けいけんアメM けいけんアメM 3 タポルのみ ダイマックスアメ ダイマックスアメ ダイマックスアメ 4 タポルのみ タポルのみ タポルのみ タポルのみ 5 タポルのみ ほしのすな ほしのすな ノーマルジュエル 6 くろいヘドロ まじめミント むしよけスプレー むしよけスプレー ホイップホップ 飴細工を材料に作れるレシピもありますが、貴重なためレシピから除外しています。 1 ロゼルのみ かおるキノコ かおるキノコ かおるキノコ 2 においぶくろ においぶくろ においぶくろ においぶくろ おまけ においぶくろ 1 ロゼルのみ ふしぎなアメ けいけんアメL けいけんアメL 2 ロゼルのみ ふしぎなアメ けいけんアメM けいけんアメM 3 ロゼルのみ ふしぎなアメ ダイマックスアメ ダイマックスアメ 4 ロゼルのみ ふしぎなアメ マトマのみ マトマのみ 飴細工系 苺 1. ももぼんぐり ふしぎなアメ ふしぎなアメ ふしぎなアメ ベリー 1 ロゼルのみ ふしぎなアメ ふしぎなアメ けいけんアメL 2 ホイップポップ ホイップポップ においぶくろ においぶくろ ハート 1 ホイップホップ かおるキノコ かおるキノコ かおるキノコ よつば レシピ無し おはな レシピ無し ほし レシピ無し リボン 1 苺飴細工 苺飴細工 苺飴細工 苺飴細工 レシピが不十分です。 コメントお待ちしています.

次の

ラティアス : 【ラティクチ用】アタイの頭はゴッツゴツ!|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

ポケモン ゴツゴツ メット

BPショップでは販売していない ナックルシティ、シュートシティどちらのBPショップにも販売していない。 新たに入手しようとしても購入はできないため注意が必要。 ゴツゴツメットの効果・使い方 打撃技を受けた時相手にダメージ ゴツゴツメットは、持たせたポケモンが物理技を受けた時に相手にもダメージを与えるという効果を持つ。 物理を得意とするポケモンに対して対面で出したり、タスキを潰すという時に有効だ。 物理受けに持たせるのが基本 ゴツゴツメットは、物理技を受けた時に効果が発動するという特性上、基本的に技を受けることが条件となる。 物理耐久力と回復を備える「カバルドン」、特性でもダメージを与えられる「ナットレイ」などに持たせるのがおすすめ。 過去作の構築「ゴツメクレベース」 筆者が過去作で特に愛用していたのが、物理受けの型「ゴツメクレベース」。 非常に高い防御力を持ち物理への対策は万全で、特性「がんじょう」により苦手な特殊技も1回は受けきれる優秀な型だ。 当時はメガガルーラが猛威を奮っており、グロウパンチに対して有効打が無く無残にも散ってしまっていたのだが、今作ではどこまで活躍できるのだろうか。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の