肉じゃが 作り方。 美味しい肉じゃがの作り方

基本の肉じゃがの材料と作り方【動画あり】|お料理まとめ

肉じゃが 作り方

おふくろの味肉じゃがについて 肉じゃがといえば論争が起きるのが肉についてです。 実は地方によって肉の種類が変わるのはご存知でしたか? 関西は牛肉を使うのが一般的ですが、関東は豚肉が基本です。 また九州などその地方で名産のイノシシや馬を使った肉じゃがもあるほど。 色々なお肉を使って試してみるのも良いでしょう。 肉じゃがのカロリーは1人前(133g)だと170キロカロリーと中々ヘルシーです。 人気料理レシピサイト、クックパッドで検索すると、なんと9700レシピも出てくる人気ぶりです。 つくれぽ殿堂入りの人気の肉じゃがは8700越えなので、いかにご家庭で肉じゃがが作られているか分かります。 肉じゃがの基本的なつくり方(4人前) 材料は、 ・豚肉or牛肉(バラ肉が美味しい)200g ・じゃがいも4個 ・にんじん1本 ・玉ねぎ1個 ・きぬさや8枚 他にもしらたきを入れても美味しいです。 調味料は、 ・顆粒だし小さじ2 ・水3カップ ・A(みりん大さじ4、砂糖大さじ2、酒大さじ2) ・B(しょうゆ大さじ4、塩少々) ・サラダ油大さじ1 肉を1口代に切りましょう。 じゃがいもは大きめ2から4等分、にんじんは乱切りにし、玉ねぎはくし形に切りましょう。 油をひいた鍋にお肉と顆粒だし小さじ1を入れて炒めます。 次ににんじんと玉ねぎじゃがいもを入れてさらに炒めたら、水と残りの顆粒だし、Aを入れます。 煮立ったら中火で10分、Bを入れてさらに10分煮ます。 最後にきぬさやを散らして完成です。 裏技必見!肉じゃがの時短レシピもある 普段忙しかったり、時短で作りたい場合にはめんつゆがおすすめです。 材料を炒めた後、めんつゆを入れてあとは具材が柔らかくなるまで煮るだけです。 また、レシピでも人気になっているのが水なし肉じゃがです。 使う材料は一緒ですが、調理器具は蓋つきの鍋を使用します。 先に炒めるのは野菜類で、炒めたら上に肉やしらたきを乗せて調味料を入れて蓋をします。 ポイントは中火よりも少し弱い弱火で煮ること。 水分が野菜から出るまでは焦げ付きやすいので注意しましょう。 それ以外にも圧力鍋でも作ることができます。 圧力鍋は鍋に全ての材料と調味料を入れるだけの時短レシピです。 ポイントは圧力がかかるため、具材が小さくなるので切るときは大きめに切りましょう。 肉じゃがに合う献立 基本的に肉じゃがは和風のおかずです。 そのため献立も全体的に和風でまとめるのが一般的です。 ご飯とみそ汁は基本ですが、その他にも副菜を2品程度用意するのがおすすめです。 1品はおひたし系や酢の物、もう1品は根菜などの炊き合わせやサラダが人気です。 ボリュームが欲しい育ちざかりやパパには、1品を刺身にしたり、焼き魚、オムレツにするご家庭も多いようです。 和食にはお新香も忘れずに用意したいですね。 使える!肉じゃがアレンジ法 肉じゃがは大量に作ると味もしみこんで美味しいのですが、結構残ることが多いおかずでもあります。 そのため、次の日に使えるアレンジ法を知っておくと便利です。 材料が同じレシピなのはカレーライスです。 玉ねぎの甘味があるので、辛口でも美味しく食べられるアレンジ法。 また和風の味を生かしてシイタケやネギを入れて、さらにだしで煮込んだ和風カレーも人気です。 次にジャガイモを活かしてコロッケを作るのもおすすめです。 ジャガイモはしっかりとマッシュすれば味付けは不要なので、衣をつけて揚げるだけ。 何もつけずに美味しい肉じゃがコロッケができます。 また牛乳200ml、生クリーム100ml、にんにくを鍋に入れて火にかけたら、残りの肉じゃがを入れてとろみがつくまで煮ます。 それを耐熱容器に移し、上にチーズをかけてオーブンで焼けば肉じゃがグラタンの完成です。 材料費はポイントでかうのもおすすめ やはりこういったときに役に立つのは 楽天カードですね。 換金率が1%イベントによっては10%あるため 持っていると便利です。 換金率が1%イベントによっては10%あるため 持っていると勝手にポイント貯まります。 そのためしっかりと保存について知っておきましょう。 常温保存は基本的にできないので、冷蔵保存するのがベストな保存方法です。 持つ期間は1日から3日程度ですが、鍋のままではなくタッパーや密閉容器に入れて保存するのが適しています。 またそのままでは冷凍保存は向かないため、コロッケなどにアレンジしてから保存しましょう。 コロッケは揚げる前の場合フリーザーバッグに入れます。 揚げたものは1個ずつラップに包んで保存します。 どちらも保存期間は2週間から3週間程度です。 基本の作り方からアレンジまでいかがでしたか? 他にもにんにくを入れたり、トマトで煮たりとアレンジしやすいのも肉じゃがの特徴です。 じゃがいもは腐りやすいので、臭いが変だったりカビが生えているがどうか、しっかりチェックして食べて下さい。

次の

フライパンで肉じゃがの作り方、安定して美味しく作るコツ

肉じゃが 作り方

和食の煮物の定番「肉じゃが」。 お家で作りやすいように牛肉と野菜の持ち味をいかして、だし汁を使わない作り方で紹介しています。 煮詰め具合などを動画でぜひ参考にしてみてください。 *白ごはん. comではおうちで作りやすい和食レシピが満載です! One of the most popular Japanese home cooking dish "Niku jaga". I am showing how to make this dish without Dashi process to make it easier to replicate at home! 500 g about 3 to 4 pieces Onion... 1 medium Beef thinly sliced chuck steak... 150 g Konnyaku... if not available you don't have to put it in 100 g Snow peas... 10 Vegetable oil... 3 tablespoons Recipe details are on sirogohan. Check out how much to cook and simmer on the video. com is full of Japanese recipes that are easy to make at home! English translation by Tomoe Terashima nihongohunters.

次の

肉じゃがの作り方(ためしてガッテン流)

肉じゃが 作り方

人参は皮をむいて乱切りに、玉ねぎは5ミリ幅に切ります。 豚肉は食べやすい大きさに切りましょう。 じゃがいもは一口大に切り面取をしておきます。 こうすることで、荷崩れを防ぐことができます。 ピーラーで優しくなぞると簡単に面取ができます。 じゃがいもはラップをかけレンジで温めましょう。 600wで4分程度がおすすめです• 深めのフライパンにごま油をひき豚肉を炒めます。 豚肉の色が変わったら人参と玉ねぎを加え玉ねぎがしなっとするまで炒めていきます。 じゃがいもを加え、その後水とめんつゆを加え蓋をし中弱火で煮込みます。 途中で様子を見ながらかき混ぜるのがポイントです。 煮汁が少なくなったら出来上がりです。 煮込む時間は味を見ながらお好みで調整しましょう。 玉葱は半分に切ってから縦1cm幅に切ります。 また、牛肉は長さを2~3つに切って、ほぐしておきましょう。 じゃが芋は皮をむいたら、切らずに丸ごと水に浸けます。 じゃがいもを大きめの一口大に切ります。 鍋にサラダ油を熱し、玉葱を強めの中火で熱々になるまで炒めます。 真ん中をあけて肉を置きます。 肉めがけてA(砂糖・みりん・醤油)の調味料を加えます。 肉をほぐしながら味をからめます。 全体にコテッと味がついたら、じゃが芋を加えてひと混ぜし、分量の水を注ぎましょう。 表面を平らにします。 強めの中火で蓋をして、10分位煮ます。 中で一度上下を返すように混ぜます。 蓋をして30~60秒ほどして、じゃが芋がやわらかくなったら火を止めます。 すこし蒸らすといい感じの仕上がりになります。 しらたきは熱湯で約2分茹で、粗熱が取れたら食べやすい大きさに切っておきます。 生姜は、みじん切りにするものと針生姜にするものをそれぞれ切っておきます。 人参は乱切り、玉ねぎはくし形、じゃがいもは一口大にそれぞれ切っておきます。 鍋にサラダ油大さじ2を入れて牛肉を炒めます。 肉を入れたら30秒〜1分は弱火でそのまま置くと肉が鍋にくっつくのを防げます。 1分ほど経って牛肉の色が変わるまで炒めたら牛肉をお皿に取り出しておきます 写真は取り出す直前の牛肉。 肉を取り出した鍋にサラダ油大さじ1を入れてなじませたら、生姜のみじん切りを入れて、香りが出てくるまで弱火で炒めます。 だし汁と調味料を加え、中火で約5分煮込みます。 このとき灰汁が出てくるのでその都度すくってください。 5分経ったら、取り出しておいた6の牛肉を入れ、さらに10分煮込みます。 このとき牛肉は上に乗せる感じで混ぜ合わせません。 火を止めて5分ほど味をなじませます。 その間にお好みでさやえんどうをサッと茹で矢羽根の形に飾り切りします。

次の