リモート デスクトップ 接続 できない。 Windows 10 でリモートデスクトップ接続を許可したが接続ができない

リモートデスクトップが接続出来ない時にチェックする3つの設定項目【Windows10編】

リモート デスクトップ 接続 できない

認証エラーが発生しました。 要求された関数はサポートされていません リモート コンピューター: remotehostname 原因は CredSSP 暗号化オラクルの修復である可能性があります。 microsoft. リモートデスクトップの脆弱性に関わり、Windows Updateでは次のような動きがあった。 2018年3月のWindows Updateで、CredSSPの更新プログラムをリリース 但し、古いバージョンの利用はデフォルト許可とした状態でリリース• 2018年5月以後のWindows Updateで、 古いバージョンを切り捨て した Encryption Oracle Remediationの既定値をVulnerableからMitigateにした) クライアント、サーバともに最新のWindows Updateであれば問題は無い。 根本対処をするの適切。 ローカルグループポリシー エディター gpedit. 根本対処 クライアント側も、サーバ側も2018年5月以後のWindows Updateを実施する 影響範囲 リモートデスクトップを利用している環境で、Windows Updateを適用している環境ではほぼ影響を受ける。 画像は、2012にNLAを無効にした状態で接続したもの CredSSP Credential Security Support Provider NLAで利用される認証プロバイダー 暗号化Oracleの修復 Encryption Oracle Remediation ここでいうOracleは、RDBMSのOracleではなくって、ソフトウエア工学で用いるテストメカニズムの模様。 恐らく、この仕組みを利用した攻撃手法があり、CredSSPがその影響をうけるため、 その脆弱性に対するケアをどのレベルでやるかが、「暗号化Oracleの修復」という設定と思われる。 (自信がないので、詳しい方の指摘まち) ,.

次の

リモートデスクトップ接続ができない場合の10の対応方法

リモート デスクトップ 接続 できない

Chromeを起動します。 のページにアクセスします。 画面中央に表示される「使ってみる」をクリックします。 Googleアカウントでログインします。 下部にある「リモートアクセスの設定」をクリックします。 Chromeストアが開くので「Chrome Remote Desktop」をインストールします。 「接続時に使うPIN」を入力します。 Googleアカウントに「リモートのデバイス」として登録されます。 以上でリモートデスクトップの設定は完了です。 設定が完了したら別のPCからアクセスできるようになります。 リモートアクセスの手順 リモートデスクトップ接続を行うには、クライアントPCで次の手順で操作します。 Chromeが起動している場合は終了します。 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」をクリックします。 「appwiz. cpl」と入力して「OK」をクリックします。 一覧から「GoogleChrome」を右クリックて「アンインストール」を選択します。 画面の表示に従ってアンインストールを実行します。 アンインストールが完了したら、再度「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」をクリックします。 「Google」フォルダを開きます。 「Chrome」フォルダを右クリックして「削除」を選択します。 削除の確認がでたら「はい」をクリックします。 以上で、Chromeを完全にアンインストールすることができます。 アンインストールが完了したら、の公式ページからインストーラーをダウンロードして、再インストールして下さい。 再インストール後、リモートデスクトップが接続できないか確認します。 対処7: 接続する側とされる側で同じGoogleアカウントにログインする Chromeリモートデスクトップを利用するためには、接続する側とされる側で同じGoogleアカウントにログインする必要があります。 「リモートのデバイス」の一覧にリモート先のPCが表示されない場合、別のアカウントでログインしていることが考えられます。 接続される側のPCで紐付けしたGoogleアカウントでログインできているか確認して下さい。 別アカウントの場合でリモート接続したい場合は、再度の手順で再設定を行って下さい。 対処8: ハードウェア アクセラレーションを無効にする リモート接続時にエラーが出ずに画面が映らない場合は、Chromeのハードウェア アクセラレーション機能をオフにすることで改善する可能性があります。 次の手順で、リモート接続側のChromeのハードウェア アクセラレーションをオフにします。 関連: セキュリティソフトを無効にして接続できた場合は、セキュリティソフトが原因であると判断できます。 Chromeのリモートデスクトップの通信をファイアウォールで許可するように設定します。 今回は、Windows標準のWindowsセキュリティで許可設定する手順を紹介します。 許可の設定は、アプリかポートで設定を行って下さい。 方法1: リモートデスクトップのアプリを許可する Windowsのファイアウォールで、Chromeリモートデスクトップのアプリを許可設定するには、次の手順で操作します。 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を開きます。 「システムとセキュリティ」をクリックします。 左ペインで「Windowsセキュリティ」を選択して「Windowsセキュリティを開く」をクリックします。 左ペインで「ファイアウォールとネットワーク保護」をクリックします。 「ファイアウォールによるアプリケーションの許可」をクリックします。 「設定の変更」をクリックします。 「リモートアシスタント」の「プライベート」「パブリック」にチェックが入っているか確認します。 「別のアプリの許可」をクリックします。 パスで「参照」をクリックします。 次のフォルダへ移動します。 一番新しい数字のバージョンのフォルダを開きます。 例:「79. 3945. 10」など• 次のexeファイル選択して「開く」をクリックします。 exe」• exe」• exe」も追加してみて下さい。 「追加」をクリックします。 「プライベート」「パブリック」のチェックを入れて「OK」をクリックします。 Windowsセキュリティ以外の場合は、プロトコルと通信方向の設定が必要なケースがあります。 その場合は、加えて次のように設定して下さい。 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を開きます。 「システムとセキュリティ」をクリックします。 左ペインで「Windowsセキュリティ」を選択して「Windowsセキュリティを開く」をクリックします。 左ペインで「ファイアウォールとネットワーク保護」をクリックします。 「詳細設定」をクリックします。 ユーザーアカウント制御がでたら「はい」をクリックして下さい。 「受信の規則」をクリックします。 「新しい規則」をクリックします。 「ポート」にチェックを入れて次に進みます。 「TCP」にチェックを入れます。 特定のローカルポートの入力欄に「443,5222」と入力して次に進みます。 「接続を許可する」にチェックをつけて次に進みます。 「プライベート」「パブリック」にチェックをつけて次に進みます。 「名前」「説明」を任意で入力して「完了」をクリックします。 対処10: ルーターのファイアウォールも確認する ここまでの設定で解決しない場合、ルーターのファイアウォール機能がリモートデスクトップの通信を遮断しているケースが考えられます。 ルータ設定を確認して、Chromeリモートデスクトップで利用するポートの開放を設定してみて下さい。 ルーターで開放すべきポートは次の通りです。

次の

リモートデスクトップについて・wifiを使うと接続できません

リモート デスクトップ 接続 できない

Windows Server 2016 でリモートデスクトップ接続を有効化する方法を紹介します。 システムのプロパティが開いて 「リモート 」 タブが選択された状態になります。 このコンピューターへのリモート接続を許可する を選択します。 既定で Administrators グループのメンバーはリモートデスクトップに接続することができます。 他のユーザーにもリモートデスクトップ接続を許可する場合は ユーザーの選択... をクリックしてユーザーを追加します。 OK をクリックすると 、 リモートデスクトップ接続が Windows ファイアウォールの例外に追加された旨のメッセージが表示されます。 OK をクリックしてメッセージダイアログを閉じます。 リモート デスクトップ の表示が 有効 に変わっていることが確認できます。 リモートデスクトップ接続の有効化手順は以上です。 リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません リモートデスクトップ接続を有効にしているのに接続できずにエラーメッセージが表示されてしまうことがあります。 リモート デスクトップはリモートコンピューターに接続できません。 次のいずれかが原因です。 1 サーバーへのリモート アクセスが有効にされていない 2 リモート コンピューターの電源が入っていない 3 リモート コンピューターがネットワークで使用できない リモート コンピューターの電源が入っていること、ネットワークに接続されていること、リモート アクセスが有効になっていることを確認してください。 このメッセージが表示される場合 、 クライアントとサーバーの間でネットワーク疎通できていない可能性があります。 セキュリティが強化された Windows ファイアウォールの設定を見直す Windows Server 2016 では 、 パブリックプロファイルに対しても Windows ファイアウォールの例外設定が追加されるようになっていますので 、 Windows ファイアウォールが原因になることはないと思いますが念のため確認しておきましょう。 サーバー マネージャー の右上に表示されている ツール をクリックします。 セキュリティが強化された Windows ファイアウォール をクリックします。 セキュリティが強化された Windows ファイアウォールのウィンドウが表示されます。 左側の 受信の規則 をクリックします。 そうすると 、 右側に受信の規則が一覧表示されるので 、 スクロールさせて リモート デスクトップ に関する規則を探します。 ( グループ 列で並べ替えておくと探しやすいです。 プロファイルが すべて になっていることを確認します。 有効が はい になっていることを確認します。 操作が 許可 になっていることを確認します。 もし 、 このようになっていない場合は 、 行をダブルクリックして内容を編集してください。 ルーターやファイアウォールなどのネットワーク機器の設定を見直す ネットワーク機器の設定が原因でリモートデスクトップ接続ができないこともあります。 リモートデスクトップは TCP ポート 3389 を使用します。 このポート番号が疎通できるようにネットワーク機器が構成されているかどうか確認してみてだくさい。 ネットワークレベル認証 リモートデスクトップ接続を有効化するときに 、 ネットワークレベル認証に関連するチェックボックスがあったことに気が付きましたか? ネットワークレベル認証が有効になっていると 、 リモートデスクトップ接続ができないことがあります。 このチェックボックスを外すことでリモートデスクトップ接続ができるようになるか確認してみてださい。 ネットワークレベル認証を使用するためにはクライアント PC が以下の要件を満たしている必要があります。 リモートデスクトップクライアント 6. 0 以上• Credential Security Support Provider (Cred SSP ) プロトコルサポート 更新がおこなわれていない Windows XP や Windows 7 では 、 これらの要件を満たさずネットワークレベル認証が使用できないことがあります。

次の