フル パワー ブースト。 フェニックスパワー BE5 BH5 BG5 BP5 BL5 BM BR レガシィチューニング情報

SP/PUR フルパワーボージャック 評価 ドラゴンボール レジェンズ 紫

フル パワー ブースト

5cm、25. 0cm、25. 5cm、26. 0cm、26. 5cm、27. 0cm、27. 5cm、28. 0cm ラスト EEE 重量 360g 25. 5cm 25. 0cm 25. 5cm 26. 0cm 26. 5cm 27. 0cm 27. 5cm 28.

次の

【楽天市場】アディダス WI926 パワーバンド ボア ブースト ワイド ゴルフシューズ 幅広3E 日本正規品 powerband Boa boost WD EEE adidas 特価:フルショット楽天市場店

フル パワー ブースト

タービン本体のインテーク&エキゾースト共に大型化して、高回転でのハイブーストも掛けられる仕様になっています。 以前のタービンキットよりもさらにパワーUP!! 低回転でのブーストはスムーズな立ち上がりで、3500rpmからフルブーストになり、高回転までブーストのたれが少なく、パワー感がついてきます。 今までのタービンキットでは物足りないユーザーやサーキットでタイムを出したいユーザー向けです。 ストリート中心の方はハイパワータービンキットがお勧め! ノーマルに対して パワー 50PS トルク 5. 0キロ 程度のアップが見込めます。 (当社比) オプションで社外品ブーストコントローラー追加でハイブースト仕様も可能になります。 (ハイブースト仕様には基本ECU現車合わせ+社外品ブーストコントローラーの装着が必要になります)• 1 ハイオクガソリン使用• 2 プラグ交換 NGK8番相当以上• 3 マフラー交換• 4 エアークリーナー交換(純正交換OK)• 5 タービンアウトレットキャタライザー(予算が有れば)• 出来る限り、詳細な仕様を記載して頂ければ幸いです。 必ず出る、保証されるものではありません。 使用する際は、法律・ルールを厳守の上、安全に注意し、使用者の責任のもとでお取扱いください。 予めご了承ください。 予めご了承ください。 5万キロ以上の車両は、適切なメンテナンスが必要です。 RRP ハイパワータービンキット for アルトワークス HA36S アルトワークスユーザー待望のハイパワータービンキットの発売開始です! R06Aエンジンを知り尽くしたアールズが開発した、抜群のレスポンスとパワー! ストリートでの扱いやすいトルク感を引き出しながら、 高回転ではパワー感がある、加速を体感出来ます! REVスピードスーパーバトル2017にて、筑波サーキットアルトワークス最速を出したノウハウがすべて投入したタービンキットです。 インテーク側のコンプレッサーハウジングを大型化して、絶対的な風量を稼いでパワーアップ!排気側はあえて変更せず、レスポンスの良さを追求しました! 専用設計データのスーパーロムECUに書き替える事により、更に性能向上しました。 装着はボルトオン!純正タービンと置き換えでアルトワークスを更なるステージへと突入します!タービン本体は信頼のIHI製を採用しました。 タービンA タービン仕様• 信頼のIHI製• インテーク側 スーパーハイフロータイプ ノーマル比 20%以上拡大• エキゾースト側 レスポンス重視はハイフロータイプ• 調整式ターボアクチュエーター採用• ボルトオン交換設計• キットにはタービンガスケットも同梱されています タービンB キットは大きく分けて2種類! 1 ハイパワータービンフルキット ハイブースト対応 1. 2キロ〜1. 3キロ タービン+スーパーロムECU+大容量インジェクター(3本) ハイパワータービンキットを最大限に引き出す、大容量インジェクターを標準装備したキットです。 2 ハイパワータービンキット ローブースト対応 0. 9〜1. 0キロ タービン+スーパーロムECU お手軽にタービンキットを楽しむ、ローコストのキットです。 最大限に引き出すにはフルセットがお勧めです。 安全に楽しんでもらう為の注意事項です。 ディーラーさん等で保証を受けれなくなる可能性が有ります。 予めご了承ください。 予めご了承ください。 水温や油温などの管理やオイル交換などの交換頻度も必要に応じて、必ず行って下さい。 個々での確認お願いします。 通常のローラー式測定個よりも小さく表示する事が有ります。 ノーマルと装着後の対比を見て頂ければと思います。 HA36S アルトワークス 5MT(ダイノパック表示) ノーマル 56PS (メーカー表示 64PS) ハイパワータービンキット 装着後 95PS (対比表記では110PS程度) E36-104A : RRP ハイパワータービンキット 209,000 円 注文数 個 キット内容 タービン(ガスケットセット)+スーパーロムECU E36-104B : RRP ハイパワータービンフルキット 264,000 円 注文数 個 キット内容 タービン(ガスケットセット) +スーパーロムECU+インジェクターキット E36-104C : RRP ハイパワータービンキット スーパーロムECUユーザー用 176,000 円 注文数 個 キット内容 タービン(ガスケットセット)+スーパーロムECU-仕様変更 E36-104D : RRP ハイパワータービンフルキット スーパーロムECUユーザー用 231,000円 注文数 個 キット内容 タービン(ガスケットセット)+インジェクターキット+スーパーロムECU-仕様変更 ECU書き換え時に ECUオーダーシートを記載して頂きたいと思います。 出来る限り、詳細な仕様を記載して頂ければ幸いです。 ECUオーダーシートはダウンロードしてください E36-104GK : RRP タービンガスケットセット 13955-56F00 ガスケット, インテークエアパイプ 2枚 13945-50R00 ガスケット, オイルドレーン 1枚 09161-10009 ワッシャ 10X15X1. 5 2個 09168-08016 ガスケット 8. 2X14X1 2個 14181-74P50 ガスケット, ターボチャージャ 1枚 14182-74P50 ガスケット,TC アウトレットパイプ 1枚 4,400円 注文数 個 E36-104BO : RRP タービンボルトセット 09135-08013 ボルト 2個 14118-70G50 ボルト,エキゾースト 2個 08316-1008A ナット 2個 09108-08297 スタッドボルト 4個 09159-08130 ナット 2個 交換時に折れる可能性が有るパーツ品番です。 参考にしてください。 純正部品の品番です。 変更が有る可能性が有ります。

次の

パワーエフェクトコンピュータ フルスペックA | Tryforce company トライフォースカンパニー

フル パワー ブースト

お久しぶりです~ 今日はCBRのフルパワーについて書こうと思います。 以前の投稿で逆車フルパワーのカムシャフトを手に入れたと書いてましたが、お世話になっているバイク屋さんに見てもらったところ 「カジッてる。 オイル管理が悪い車両のだね。 管理人のバイクが可愛そうだから組むのは止しなさい。 いいカム持ってくるから。 」 とのお返事が・・・ ちなみにかじってるカムはオークションで15000円で買いました(笑) 授業料ですね。 (笑) で、そのバイク屋さんで新たにカムを注文と同時に愛機も入庫。 カム交換と出力チェックします。 それから2週間後・・・ 「きっちりパワー出てます!エンジン内部もとてもきれいでしたよ!」 の連絡が入って、受け取りに行きました! うーん、見た目変化ねぇな(当たり前だw ダイノジェットでの計測グラフを見ながら説明を受けました。 10000回転からグワッと力が盛り上がっていて、2stまでとは言わないもののパワーの出方が似ているのでパワーバンドは気を付けて下さい。 グラフ一番下 青線 :セミフルパワー/逆車純正マフラー:88馬力 グラフ中(赤線):セミフルパワー+モリワキスリップオンマフラー:93馬力 グラフ一番上(緑線):上記赤線仕様+逆車カム:107馬力 セミフルパワーとモリワキスリップオンでもだいぶパワーが出てたんですね! ありがとうございました!と伝えてお店を出る。 出るためにエンジン掛けてすぐ気付く。 アイドルの音が太い!野太い! 1000RRなどリッターバイクのアイドリングに似た音が出てます。 今までのサササ~と排気を流し出す音ではなくてド!ド!ド!って押し出す音です。 わ~、なんかパワーみなぎってるの分かるよCBR~ってなってるうちにサイドスタンド出しっぱなしでエンストこく(笑) 次は道路走り始めて気付くメカニカルノイズの音。 ミューンとギューンとちょっぴりゴリゴリを混ぜたような機械音が良く聞こえる。 このときのヘルメットはジェットヘルメットだったので「よう聞こえるだけかぁ」と思いましたが、5000回転までゆっくり引っ張ってみた瞬間「あ、これは気のせいではない!」と確信するw それからしばらくフルパワーCBRを走らせていて気に引っかかるマフラーの排気音。 詳しくは「モリワキスリップオン」の投稿をするつもりですが排気音がやや大きいような・・・(苦笑) ある休日、友人とツーリング行ったときのこと。 フルパワー化は言いましたが排気音が気になるとは伝えてませんが信号待ちで 「なんかこのモリワキ、音出てるよね!?あの純正オプションのモリワキだよね??」 ・・・あぁやっぱりなw と、確信した瞬間でありました(笑) そこで自分の感じるままを伝えたら大賛同をいただけました。 出だしのトルク感は変化無し。 1速においても2000~4000回転でスロットルを大きく開けて(開度50%ぐらい))加速しようとするとトルクが立ち上がりません。 グズついてるだけで全く加速しません。 エンジンの回転に合わせてジワリジワリとリニアに開けてやらないとこの回転域はグズります。 しかし4000回転からは怒涛のように回ります! 10000回転まではセミフルパワーと同じようなパワー感、回転の上昇具合です。 音はデカいです。 大きく変わるのはやはり10000回転から!! 今までは一定の加速度でレブリミットまで加速している感じでした。 いや違うな... もっとこうNAエンジンなりにも力強く... そしてパワーリフトしますw フロントタイヤ持ち上げます。 燃料の量、シートポジションによるところ大と思いますがw ですのでリッタークラスのようにポンポン持ち上がることもないですし、上がっても瞬間的だったりします。 初めてウイリーしたときは持ち上がるなんて思ってなかったので「わ!急に気持ち悪いハンドリングになった!」と思ったらストン!とハンドルに衝撃がきて、ようやくリフトしたことに気付きました。。。 他には水温の上昇が早いです。 どれほどの短い信号待ちでも冷却ファンが回り始めます。。。 セミフルパワーのときはこんなにファンが回ってなかった気がします。 走り出せば水温はすぐ下がるのですが、ファンモーターは死んだも同然なバッテリーに負担をかけ、増えた熱量は熱に弱いレギュレートレクチファイアへの影響が気になります。 燃費もガタ落ちしました。 航続距離も280kmぐらいから240kmぐらいへ短くなりました。 やはりフルパワー化したメリット・デメリットありますが、そんなことよりもCBRが本来の姿になれたことがホント嬉しいです。

次の