ラップ ランド アーク ナイツ。 アークナイツ コミックアンソロジー(1) 各作品あらすじ&レビュー

【アークナイツ】ラップランドの評価とスキル

ラップ ランド アーク ナイツ

どうも、ryuseimh です。 アークナイツ、めちゃくちゃ面白いですね! ゲーム性も育成も本当に楽しい、久しぶりにハマれるスマホゲーに出会えたと思います。 アークナイツは シリアス展開のストーリーも魅力の一種ですが、その中では様々な組織が絡んできます。 全国家・組織を合わせると大量に存在するため、今回は 作中の図鑑でカテゴライズされている、主だった各団体・組織について解説していきたいと思います。 精査を行い確実性を高めるよう努力いたしますが、不確実である場合はコメントやTwitterのDMなどで教えていただければ幸いです。 ロドスが 世界平和のために鉱石病への問題に着手することを目的としているのに対し、レユニオンは 「感染者は自らの立場に誇りを持ち、積極的に力をつけ、そしてそれを行使すべきだ」という宣言のもと、 感染者の権利回復運動もとい非感染者から受けた様々な迫害に対する復讐を目的としている。 よってその行動もかなり大胆かつ攻撃的であり、ストーリー序盤ではかつての居住区であったチェルノボーグを侵略し、破壊の限りを尽くした。 どこから調達したのか、 軍事力もロドス、龍門近衛局等の勢力に並ぶかそれ以上のものである。 所属: タルラ、 メフィスト、 スカルシュレッダー等敵サイドほぼ全般 ペンギン急便 みんな大好きペンギン急便。 僕も一番好き。 ストーリーでは2章から登場。 ロドスの取引先の運送会社。 「我々の仕事は、生と死を運ぶことだ。 」 その名前からは想像もできないほど不穏なコメントである。 その活躍の舞台は主に戦場で、 安全ルートの確保や 敵の早期殲滅、 物資運搬を通じて雇い主を助ける、正真正銘の戦闘エキスパートであり、作中でもロドスを懸命に支えている。 ちなみに社長がペンギンだからペンギン急便らしい。 真偽は神のみぞ知る。 戦場に響くアップルパイ、大天使エクシアの所属する組織。 所属: テキサス、 エクシア、 ソラ、 クロワッサン等 その他組織 ライン生命 医療設備の開発や研究を行う機関。 作中に登場するオペレーター達は全員鉱石病を研究する 「ライン生命医科学研究所」源石関連項目の研究員だった過去を持ち おそらく今はない 、医療系のスキルを所持している。 表向きはロドスと同じく鉱石病に侵される世界を医療によって救おうとしており、ロドスに戦地医療や救護支援を提供している。 公式曰く、 医療分野において目立った功績を残した彼らであるが、その裏では…とのこと。 個人的にはライン生命には医療技術の発展という名目のもと源石(オリジニウム)を収集し、巨大なエネルギーを把持することで成し遂げたい目的があるのだと思っています。 所属: サリア、 サイレンス、 イフリータ、 フィリオプシス等 ウルサス学生自治会 物語序盤で破壊された チェルノボーグからの生存者たちによって構成される組織。 この組織に所属するオペレーターは城内の高校に通っていたようだが、チェルノボーグ事変以後の荒廃した環境を生き抜くために イースチナの提言により設立された。 ウルサスは元々感染者たちをひどく迫害していた国家だったため、レユニオンから最も目の敵にされている。 己の身を守るためか、レユニオンへの復讐の為か、ロドスへの情報提供や軍事協力を行っている。 所属: ズィマー、 イースチナ、 グム等 使徒 ストーリーや図鑑でもその存在がほぼ語られていない、 感染者援助団体。 鉱石病の影響によりカジミエーシュから離れざるを得なくなった ニアールがサルカズの医者、 ナイチンゲールと シャイニングに偶然出会ったことにより創設。 ロドスとは鉱石病の治療を受ける代わりに軍事提供をおこなっているようだ。 使徒も例に漏れず所属者は全員 鉱石病に感染しているが、ナイチンゲールは鉱山病によるものだけではなく、明らかに人為的な薬物投与などによる記憶喪失などの症状も見られる。 所属: ニアール、 ナイチンゲール、 シャイニング等 グラスゴー シージをリーダーとする、 ストリートギャングの集団。 そこまで多くの情報が出ていないため、その実態は謎であるが、ストリートギャングという暴力的な団体ということもあってか、 シージやインドラなど攻撃的なオペレーターが多い。 所属: シージ、 インドラ等 アビサル まがまがしい 10本足のタコのロゴを掲げる宗教団体。 おそらく邪神崇拝の集団とその構成員だと考察。 所属者はスペクター、スカジなどであるが、前者は 亡霊、後者は 損害・危害・死といった意味である。 他の所属員であるディピカも見た目にそぐわず 触手を呼び出すスキルを持っていたりと、何かと物騒な要素がてんこ盛りの団体。 しかしロドスの戦闘員として普通にいるので敵では…ない? 所属: スペクター、スカジ、ディピカ等 まとめ 図鑑でまとめられている団体は以上となります。 登場する団体が宗教チックなところも多いのが海外発祥のゲームっぽくていいですね! 現時点では 各キャラの信頼度などがまだまだ未開放のため、図鑑を眺めながら気になったところがあれば 適宜解説、考察を追加していきたいと思います。 もし間違ってたりこんな情報も出てるよ!とかあったりしたらコメント、Twitterなどで教えていただければと思います!.

次の

【アークナイツ】国家「イェラグ」の概要や所属している人物について

ラップ ランド アーク ナイツ

アークナイツで現在開催中のマゼラン・ピックアップガチャにて、単発3回目で一番欲しかったマゼランを引けたので、かなり気分が良かったのですが、公開求人をみてみると、久々に上級エリートタグが表示されていたので???となったんですが、相当運がよいのか?、アークナイツを初めてから2回目の上級エリートタグですから、念の為、他のタグも確認してみました。 2回目の上級エリートタグでシルバーアッシュが引けた! 今回で2回目になる上級エリートタグ+支援では、大当たりのシルバーアッシュが引けるのは確率で言えば4分の1、所持していないナイチンゲールが出ればちょっと嬉しい、所持しているサリア、シャイニングだとコストが1下がるだけなので、現状ではまあ、いいかな?って感じなので、この4分の1でシルバーアッシュが引ける確率にかけて、公開求人をやってみたところ・・。 なんと、4分の1の確率に勝利して無事にシルバーアッシュが引けましたので、これでアークナイツ最強と言われている超火力オペレーターを入手できましたから、今後開催されるであろう、危機契約迄に十分な育成をしていき、活躍をしていただく予定にしているんですけど、マゼランが引けたばかりで、更にはシルバーアッシュまで引けた訳ですから、かなり気分がよいです。 まさか、一日で一番欲しかったマゼラン、最強火力のシルバーアッシュが引けるとは思わなかったので、これで、次回の危機契約が開催されても、フレンドからシルバーアッシュを借りなくても良くなりますし、マゼランとシルバーアッシュが主力メンバーに入ると、もはやクリアできないステージは無く、完全に今後の危機契約で等級を18以上にしたステージもいけそうです。 シルバーアッシュが引けたものの素材もお金もすっからかん状態。 しかし、無課金だと、連続で星6が引けるのは嬉しいんですけど、引けても育成が全く追いつかないという問題が発生することや、星6を昇進2のレベル40にする場合、育成素材を集めるのも大変ですが、龍門弊(お金)と経験値カード(ビデオ)を集めるほうが相当大変で、特にお金を集める為だけに、相当な貨物輸送の周回が必要になるので、2体同時に育成は無理なのです。 なんとかマゼランとシルバーアッシュの昇進1レベル40育成が完了。 なけなしの育成とお金、経験値カードを使って、なんとかマゼランとシルバーアッシュを昇進1のレベル40まで育成が出来ましたので、これで通常のステージであれば編成に参加させる事ができるようになったので、慢性的なお金不足、経験値カード不足による、時間がかかりそうな昇進2にする前に昇進1のレベル40で信頼度を上げていけば、来月には育成2ができそうです。 既に育成2のレベル40、スキル特化3が進んでいる、他の主力オペレーターだけでも強力な編成ができるようになっているんですけど、これで更に、シルバーアッシュ、マゼランが利用できるようになると、これ以上は追加のオペレーターは必要ないかな?って感じですけど、アークナイツは新しいイベント、ステージが追加される度に、ギリギリの接戦になるのが凄いところ。 よろしくお願い致します。 表示数• - 326,523 views• - 123,453 views• - 103,566 views• - 102,395 views• - 83,124 views• - 83,050 views カテゴリー• 128• 224• 193• 300• 133• 179• 143• 303• 200• 126• 149• 198• 192• 170• 154• 113• 133• 1,396 メタ情報• Proudly powered by Theme: Yoko by.

次の

ラップランド(アークナイツ)とは (ラップランドとは) [単語記事]

ラップ ランド アーク ナイツ

アークナイツ コミックアンソロジーVol. 1 各話あらすじ 狂zip 「サルカズの幽き寧静(かそけきねいせい)」 スタートを飾るのは狂Zip(きょうジップ)さんの作品。 メテオリーテが主人公のサルカズのお話です。 サルカズ組の協調性の低さを危惧したドクターの提案で一緒の宿舎に入れられてしまった、 メテオリーテ、ヴィグナ、ナイチンゲール、シャイニング、イフリータの5人。 なんとか仲良くできるアピールをドクターにしなくてはと5人で共同作業することを提案します。 イフリータがいる時点でオチの見える話ですが、個人的にはナイチンゲールの作画がとても可愛くてGOOD。 DNAメディアコミックの公式Twitterで一部見れるようになっています。 【6月25日発売🔥】アークナイツ コミックアンソロジー VOL. — DNAメディアコミックス DNAmc2012 ヤマグチ 「I dreamed IDOL」 続いては クロワッサンが主人公のペンギン急便のお話。 いつもの通りお金に困っているクロワッサンが エクシアとテキサスに「アイドルをやろう」と提案します。 現役アイドルの ソラちゃんからのアドバイスや、大御所ラッパーであるボス「 皇帝」がプロデュースしてくれるということで、これはイケる!と思ったクロワッサンですが… 一迅社様より6月25日に発売される「アークナイツコミックアンソロジーvol. ムースのうっかりでマタタビを被ってしまったドクター。 そんな状態でフェリーン族(ネコ の ジェシカ、スワイヤー、スカイフレアと遭遇してしまい… 【宣伝】一迅社様から本日6月25日発売の「アークナイツ コミックアンソロジー VOL. シルバーアッシュが プラマニクス、クリフハートと兄弟仲良くするハートフルストーリーで、見守る クーリエとマッターホルンというほっこりする内容です。 一迅社様より6月25日発売の『アークナイツ コミックアンソロジー VOL. 1』にシルバーアッシュ家のお話で参加しております。 迫力のある戦闘シーンが描かれるギャグなしのかっこいい作品です。 こちらも公式Twitterで一部見れるようになっています。 何とか危機を脱したかと思われたエクシアたちだが…? 難敵・クラッシャーの強襲を切り抜け、任務遂行なるか!? — DNAメディアコミックス DNAmc2012 ぎんもく 「トゥモロウ・プランニング」 プロヴァンスが主人公の1ページ読み切りの4コマ漫画チックな構成。 アーミヤとプロヴァンスのやり取りの他に ヴァーミルやエフイーターも登場します。 プロヴァンスのもふもふ尻尾が可愛いです。 6月25日発売の『アークナイツ コミックアンソロジー』に漫画で参加させていただきましたのでよろしくお願いします!プロヴァンスとアーミヤのほのぼの系トークです。 妹たちと仲良くしたいシルバーアッシュですが、なぜか プラマニクスにもクリフハートにも避けられる…? 4コマ漫画構成なのですが、ラストコマで描かれれるデフォルメ絵が秀逸でめちゃくちゃ可愛いです! もちろん クーリエとマッターホルンも登場するハートフルな内容です。 喧嘩しながらも実は息のあった組み合わせなのでは?と冷静に分析する ホシグマ。 無事に敵を殲滅したのはいいものの、この采配をしたドクターに物申したげなチェンとスワイヤー。 ドクターの安否やいかに。 1」にて、漫画を描かせていただきました。 アンセルとフェンの行動予備隊の他にも プロヴァンス、レッド、フランカも登場します。 インドラとシージのグラスゴー組との絡みも面白いです。 最後に メイヤーが登場。 ということはオチは… 6月25日発売の「アークナイツ コミックアンソロジーvol. なかなかクリアできないアーミヤが フランカとリスカムコンビにプレイして欲しいと頼みます。 アーミヤに振り回されるジェシカが可愛いです。 今日発売の『アークナイツ コミックアンソロジーVOL. 1』に、8p程描かせていただきました。 よろしくお願いします。 ただミルラの作る薬の味が強烈すぎて… 薬の味見をしてくれる オペレーターの顔芸を楽しむ作品 笑 です。 最後に パフューマーお姉さんにアドバイスをもらうミルラ。 公式Twitterで一部見れますが、オペレーターの作画がとても良いです! 【6月25日発売🧪】アークナイツ コミックアンソロジー VOL. 薬の味を改良するため、みんなに意見をもらおうとするミルラ。 果たしておいしい薬は出来上がるのか…!? — DNAメディアコミックス DNAmc2012 まなろう 「とっても頼りになるヴィグナさん」 タイトル通り ヴィグナが主人公の作品。 とにかくヴィグナママがママしてる作品なので、ヴィグナファンは必見ですね。 一迅社様より昨日発売された『アークナイツ コミックアンソロジー VOL. 1』 左のカッコかわいいアーミヤ表紙が目印 に10p参加させていただきました。 ヴィグナとアーミヤを描いたよ。 」 ヴァーミルとイグゼキュターが主人公のお話。 戦地の逸話で2人の絡みが好きだったという人には嬉しい作品ですね。 4コマ漫画構成ですが、ギャグ要素は少なめでハートフルな内容になっています。 一迅社DNAメディアコミックス様 より6月25日 木 に発売される『アークナイツ コミックアンソロジー VOL. 1』に8p寄稿させて頂きました!ヴァーミルとイグゼキュターのお話です。 よろしくお願いいたします。 1は締めです。 サリア、サイレンス、イフリータの3人が主人公のお話。 というか3人しか出てきません。 アークナイツ内でも1,2を争う深い因縁のあるこの3人がただ旅行するだけのお話なのですが、正直泣けます。 同人作品でもよく使われている王道設定なのですが、やはり良いですね。 一迅社様より発売の「アークナイツ コミックアンソロジー VOL. 1()にて ライン生命の三人のお話を寄稿させていただきました。 本編の前日譚も今執筆中です。 そちらはTwitterなどで公開致しますので、宜しければご覧ください。 1 全体レビュー 以上でアークナイツ コミックアンソロジーVol. 1に掲載されている作品は全てになります。 やはり人気があって設定も組みやすい ペンギン急便やカランド貿易が他より少し多かったですね。 モスティマ、シュバルツ、ヘラグ、マゼラン、スカジといった新規オペレーターはともかく、初期組で人気のあるエイヤフィヤトラとアンジェリーナが登場しなかったのは残念に思われる方も多いかもしれません。 キャラの多い作品のアンソロジーにおける宿命ですね。 次回作に期待しましょう。 筆者はペンギン急便推しとして2作品もあったことに加えて、他のオペレーターたちも可愛く描かれていたので大満足の内容でした!.

次の