グラブル 試練。 【グラブル】もう素材には困らない!効率の良い『白竜鱗』の集め方

【グラブル】超越者称号取得!ルシファーH挑戦を振り返る

グラブル 試練

メイン武器として有用な四天刃を属性変更するたびに50枚、 十天衆の最終解放1人につき500枚と要求量が非常に多い割りに中々集まりにくい白竜鱗。 今回はこの白竜燐のできるだけ効率がよく、労力が少ない集め方を、実際に行った検証結果を提示しながら紹介していこうと思います。 周回するクエスト 極光の試練 素材クエストの1つ。 白竜鱗を効率よく集めることができ、副産物として光属性の他の素材もついでに集まります。 白竜鱗を集めるもう一つの手段である『キャンペーン限定クエスト』 後述 と違い、この「極光の試練」は常設されているため、いつでも周回することができるのは利点です。 周回方法 オート放置です。 何百周と周回しなければならないクエストを、ずっと画面を見ながらアビリティポチポチしながらやるのは肉体的にも精神的にも負担がすごい。 一方オート放置であればゲームの操作は最低限でよく、アニメや動画を見たりしながら周回できるので非常に楽です。 オート放置のデメリットとしては、アビポチしながらやる時と比べて• 時間効率が落ちる。 トレジャーハントのアビをうたない分、1戦当りの平均ドロップ数が落ちる。 ですが、 誰でも入手可能なある武器をメインに装備することによって、オート放置しながらトレハンをかけることができます。 それがこの『 お馴染みの銀箱御守り』 名前ふざけてますね。 しかし奥義効果でトレハン効果が発動するので性能はふざけてません。 ?回となってますが最低でもトレハン1以上は発動するので安心です。 入手方法 トレハンを通算100回成功させると貰える称号「トレハン教徒」 これを取得した時にオマケで貰えます。 気を付ける点 極光の試練は3ステージ構成ですが、白竜燐をドロップするのは3ステージ目の敵 のみです。 なので3ステージ目で主人公が奥義をうてるように、装備を大まかに調整する必要があります。 ステージ2までの敵にトレハンを入れる意味はありません。 編成例 主人公のジョブは槍が装備できればなんでもいいです。 キャラも誰でもいいですが、ケルベロスやウーフとレニー、シス等の連撃率の高いキャラがより良いでしょう。 これは私の編成ですがこれと同じにする必要は全くありません。 自分の持ってる中で強そうな武器を適当に放り込みましょう。 100戦やってみた 上記の編成+下記の条件下で100戦し、どれだけ白竜鱗がドロップしたか見てみます。 100回という試行回数は十分とは言えないので参考程度にどうぞ。 騎空団サポートのドロップ率アップ20%up• 雫効果2倍キャンペーン時のドロップ率up(20%)• サブに最終エッセル 開始前 147個 開始前 386個 増加量は239個。 1戦当り2. 4個弱という計算になります。 別の入手法 ショップでの交換 ショップから蒼光の輝石交換でも入手可能です。 輝石3つで鱗1枚と悪くないレートなので、こちらも合わせて利用するのも有効な手段です。 キャンペーン限定クエスト 半額キャンペーン時限定で開催されるクエスト。 白竜鱗を効率よく集めることができ、RankポイントやEXPの効率も良いです。 また、消費APも非常に少なく周回することができますので、こちらもおすすめです。 しかし、「白の書」や「光の宝珠」がドロップしないため、これらもついでに欲しい場合には注意しましょう。 以上、効率的な白竜鱗の入手方法でした。 guraburukouryakusinannjo.

次の

【グラブル】『竜の試練(どうして空は蒼いのか)』の倒し方。3ターン以内に倒すには?

グラブル 試練

両面ドロアップ石で極光の試練周回 両面ウサギカグヤのメイン闇オリバーでもこれぐらいの装備があればオートで問題なく周回できます。 少しでも速度を上げるために水着ゾーイを入れて開幕コンジャクを使っています。 ボス戦のトレハンは面倒なので入れていません。 メインオリバーなら奥義でトレハン1は入るのでそれでいいかなって感じw 極光の試練1時間周回データ(両面ドロ石) 白竜鱗ドロ数 出現回数 1個 0回 2個 20回 3個 21回 条件 ・メイン闇オリバー ・メイン石はウサギ ・フレ石は基本カグヤでそれが拾えない時のみウサギ ・サブ武器にD・ビィ ・サブメンにエッセル ・トレハンはオリバー奥義のみ ・雫サポート20% メインオリバーに石をウサギカグヤにして雫サポートをMAXまで入れると白竜鱗が一戦毎に最低2個ドロップするようになりました。 白竜鱗の一戦あたりの平均ドロップ数は 2. 51個 一戦毎のドロップ数が多いのでAP効率的には最適といえますね。 スポンサーリンク ドロアップ石を片面にして極光の試練周回 石が両面ドロアップ系だと火力が落ちてクリアするのに少し時間がかかるので石を片面にして周回速度とドロップにどれくらい変化が出るかも調べてみました。 極光の試練1時間周回データ(片面ドロ石) 白竜鱗ドロ数 出現回数 1個 10回 2個 36回 3個 12回 メイン石をウサギから4凸セレマグに変えた以外は全て条件です。 それ以外の違いは火力が上がったせいでオリバー奥義のトレハンが入る前にボスが溶けるのでトレハンが入ってないことですね。 結果を見ればすぐ分かりますけど、両面の時は常に鱗が最低2個落ちていたのに対して片面だと1個しか落ちないことが結構ありました。 白竜鱗の一戦あたりの平均ドロ数は 2. 03個 しかし1時間トータルでのドロップ数に関しては、 両面時が103個だったのに対して 片面時は118個と上回る結果になりました。 理由は言うまでもなく片面にすることで火力が上がって周回速度が速くなったからですね。 その代わり半汁の消費は 両面時が14個だったのに対して 片面時は20個。 半汁6個を代償に1時間あたりの鱗の入手数が15個増えた計算になります。 汁の消費を増やしてでも1時間当たりの入手数を増やすのがいいのか、多少時間当たりの入手数が減っても汁の消費効率を重視するべきか・・・ 個人的には15個程度の差なら半汁の消費を減らしたいかなって思うけど、汁に余裕があるなら1時間当たりの数を増やしたほうがいい気もするし、これはどっちがいいとかはちょっと言えないですね。 白竜鱗の所持数 2時間の周回でここまで貯まりました。 あと1時間頑張って周回します。

次の

グラブル四象の試練「朱雀」攻略法!編成はどうする?

グラブル 試練

ルシファーHLを 特定の条件でクリアすると称号『終末を凌駕せし〇〇の翼』を獲得できる。 称号は6属性分あり1つ獲得ごとに、報酬として至極の指輪を1つ入手可能。 カウント0で特殊技「ジ・エンド」が発動し、参戦者全員が全滅する流れとなる。 Lvが上がると敵の火力上昇に加えて特殊技の対処も難しくなるため、定期的にディスペルでLvを下げながら立ち回る必要がある。 ライターA 赫刃Lvが上がったまま立ち回るのは非常に危険です。 強力な特殊技が多いほか、OD中に同じタイミングでCTが最大になると「パラダイス・ロスト」を発動するため、 特殊技遅延やCT調整目的で必ず用意したい。 同種族が居なければダメージを受けないため、キャラ編成時には種族被りにも注意が必要。 ライターA 主人公は種族不明扱いになっていますが、主人公の種族はカウントされない扱いため、種族不明キャラは1体まで編成可能です。 ユリウスが弱体役として重要 ルシファーと黒き羽どちらも特殊行動で敵に付与した弱体効果がリセットされるため、奥義ゲージさえあれば累積攻防DOWNを付与できるユリウスが活躍する。 弱体リセット後すぐに下限まで弱体を入れられるように奥義ゲージの調整が重要。 挑戦前にどの属性がどの試練を解除していくのか事前に決めておく必要がある。 ライターA 共闘の場合は「火1,9,10」といった感じで、自分が担当する属性と解除する試練の番号を提示し、まずはじめに役割分担を決めましょう。 解除まではファランクスが機能しないため、 まず最優先でオーバーチェインの条件を達成しよう。 担当以外は試練8解除を目視で確認するまで無駄に動かないことも重要となる。 ただし確率に左右されるため、安定して狙いやすい火パがおすすめですね。 弱体の数が足りない場合は、風属性がユリウスの1アビで数を稼いで突破するのも選択肢になります。 また風属性など堅守入りであれば素受けで耐えることも可能。 CT調整が重要となるため、他参戦者がグラビティを使う場合は事前に確認しておきましょう。 ただし 200万以上無属性ダメージを出すには10T経過している必要があるため、試練までのターン回しに注意。 素早く羽を討伐したあとは、ターン回しや召喚石等で奥義ゲージを整えて各属性の試練による1000万ダメージ達成を目指そう。 また開幕の「パラダイスロスト」で福音の赫刃がつくため、 受けた後は必ずルシファー本体へディスペルを使っておこう。 グラビティは使用タイミングを確認 グラビティはルシファーや黒き羽の特殊を遅らせられるので有効な弱体だが、 「福音の黒翼」解除や試練解除用にCT調整を行っている場合があるため、開始前に参戦者へ使用タイミングの確認しよう。 通常時の特殊技は100カットや幻影 羽試練開始までのルシファー通常時特殊技『ポースポロス』は攻撃力が一番高いキャラに高威力の単体ダメージ。 羽の特殊技を受けて「福音の黒翼」解除 開幕でルシファーに付与される福音の黒翼は、羽の特殊技「マルス」を受けることで解除される仕様。 解除まではルシファーへのダメージが制限されるため、 素早く羽の特殊技を受けて解除しておこう。 OD時に同時CT最大で「パラダイス・ロスト」 ルシファーのOD時に黒き羽と同時CT最大の際は特殊行動「パラダイス・ロスト」を行う。 HP特殊行動よりも優先して行うので、 OD時に同時CTMAXの際はスロウなどで調整が必要となる。 以降参戦者で合計6人以上ルシファーに倒されると、「ジ・エンド」が発動し強制的に全滅させられてしまう。 アンデットは参戦者からのクリアで解除 フィークス後、 自分のクリアでアンデットを解除すると「生命の果実」の効果で先に回復が入りダメージを受けるため注意。 アンデットは必ず他の参戦者からクリアをもらい解除しよう。 ルシファーの福音Lvが上がりづらくなるので、ディスペルの少ない火属性に通過させてあげると討伐が楽になります。 ルシファーのHP特殊行動に注意 もし試練開始後に本体のHPを削りすぎた場合、ルシファーのHPトリガー特殊にも注意が必要。 追加効果の恩恵を得るために試練開始までにターン回しが重要。 他属性で解除を狙う場合は黒麒麟などを活用するのも有効。 羽討伐完了後、それぞれの奥義ゲージ等を調整して属性試練の達成を狙おう。 この区間をはじめに理解しておけば、 どうしても対処手段が用意できない場合に発動しないHPまで待つといった立ち回りも選択肢として使える様になる。 その場合はウーノ3アビなどキャラのダメカで動ける属性でターンを回し、カット手段を用意してあげよう。 OD時の特殊技であればファラのみでも問題なく受けられる。

次の