インスタ アクション ブロック 解除 されない。 Instagramアクションブロック解除⸜(*ˊᵕˋ* )⸝

iPhoneインスタ画面に「機能の一時停止」が出る原因&解除方法

インスタ アクション ブロック 解除 されない

pexels. 普段何気無くやっている行為でも、やりすぎるとアカウントやその行為にロックがかかってしまう場合がありますので注意しましょう。 インスタのいいねが制限される!? インスタのいいねを短時間で多く押しすぎると、いいねできなくなる場合があります。 具体的にその制限数は 24時間で1,000以上。 時間間隔をとっていいねしても、1日累計で1,000以上してしまうとアウトです。 アウトの場合、一定期間それ以上のいいねができなくなります。 「さすがに1日1,000もいいね出来ないでしょ…」と思われるかもしれませんが、実際一般ユーザーでもロックされてしまっている方がいらっしゃいます。 「 機能の一時停止」というハッシュタグをつけたスクリーンショットの投稿が、実際にけっこうあったりします。 1時間換算にすれば約42いいねですので、出来ないこともないんですよね。 また、短時間で多くのいいね!を押してもストップがかかる場合があります。 機械的にバンバン押していくよりは、投稿のコメントもしっかり読んでからいいねを押すよう心がけたいものです。 加えて、コメントも連続で投稿するとスパム扱いされてしまいます。 1時間に数個、多くても10個程度にとどめておくのが無難でしょう。 さらに コメントは300文字以内、 ハッシュタグは4つまで、 urlを貼る場合はひとつだけという制限がありますので、あわせてご注意ください。 フォロー数の制限も 1時間に200フォロー以上すると制限がかかります。 インスタを始めたばかりの頃は連続フォローをしてしまいがちですが、アカウントの内容をしっかり吟味しつつフォローすれば引っかかりはしないはずです。 また、フォロワーを購入して大幅に増えた場合もアカウントにロックがかかってしまいます。 フォロワーやいいねの購入はすぐバレて信用を一気に失いますので、まずやらない方が無難です。 ハッシュタグの制限 もうすでにご存知の方も多いでしょうが、インスタのハッシュタグの設定は 1投稿30個までです。 それ以上つけて投稿すると、全文が自動的に消えて投稿されてしまいますので注意しましょう。 ハッシュタグは多い方がいいともよくいいますが、多ければ多いほどいい訳ではありません。 また、上述の通り コメントにつけるハッシュタグは4つまでにしましょう。 投稿の制限 複数のアカウントに同一の写真を投稿するとスパムと認識され、アカウントにロックがかかる場合があります。 これもスパムや無断転載に関する行為とみなされてしまう場合があるため、制限がかかるようになっています。 最初から別アカウントに同じ写真を載せない方が無難ですが、どうしても必要な時は写真をリツイートできるアプリを使ってリポストするか、別写真とのコラージュをするなどして別の画像に加工しましょう。 また、インスタのプロフィールを書き直しすぎてもアクションが制限される場合があります。 時間をおいてプロフィールを修正するか、全体を見直してから編集を確定するようにしましょう。 また、当然ですが個人情報の投稿もNGです。 特に書類や当選チケットなど文字が多いものを写す場合は気をつけて、個人情報の部分は写らないようにするか必ずモザイクや目隠しをするようにしましょう。 自分の情報でもロックがかかってしまう可能性がありますので注意してください。 友達に制限された! 他のユーザーの閲覧に制限がかかった場合は、そのユーザーがアカウントを削除したか、あなたのアカウントがブロックされた可能性が高いです。 あるいはあなたからブロックをしても相手のアカウントは閲覧できなくなります。 削除されたアカウントと、ブロックされたアカウントの画面表示は一見同じように見えます。 しかしブロックされた場合は、投稿数とフォロー&フォロワー数がわかるようになっているので判別できるようになっています。 ブロックの解除はアカウント運営者に頼むしかありませんが、相手が非公開アカウントでない場合、別アカウントを作成してしまえば閲覧は可能ではあります。 pexels. 基本は24時間待てばまた使えるようになりますが、問題の行動内容によっては1日以上かかってしまう場合もあります。 どうしても待機が出来ない場合は、 インスタに「わたしは機械ではありません」という旨を伝えて解除してもらう方法もあります。 この場合は、「機能の一時停止 この機能の使用ペースが早過ぎるため〜 以下略 」や「アクションはブロックされています」の画面が出た時に、「OK」ではなく、「問題を報告」や「ご意見ご感想」のボタンをタップしましょう。 そのあと、「自分はスパム・機械ではない」旨を記述しましょう。 ただし一度報告したからといって、今後はどんなに同じペースでアクションをしてもロックがかからないという訳ではありません。 今まで通りにアクションを続けていたら、再度ロックがかかってしまうことでしょう。 ロックがかからないようにアクションのペースを落としたりアクションの頻度を減らしたりすることが最善策ですので、問題の報告はあくまでも最終手段として捉えておきましょう。 pexels. ・閲覧に制限がある場合、何らかの問題ある行動が原因。 いいねは 24時間に1,000以上押すとストップがかかる。 フォローは 1時間に200アカウントまで。 ・ハッシュタグは 1投稿30個まで。 それ以上つけて投稿すると全文が自動的に抹消されて投稿されるので注意しよう。 ・コメントは 1時間に数個にとどめておくのがベター。 コメントは 300文字以内・ハッシュタグは 4つまで・urlを貼り付ける場合は 1つだけ、というルールがあるので事前に守るようにしよう。 ・特定のアカウントが閲覧できない場合は、削除されたかブロックされたorした可能性が高い。 ブロックを解除してもらうか、公開アカウントの場合は別アカウントを作って閲覧できる。 ・制限解除の方法としては、 24時間後 かそれ以上 の解除まで待つか 「機械ではありません」という旨をインスタに報告するかのいずれか。 ただし一度の問題報告でずっとロックがかからなくなる訳ではないので、今後はアクションのペースを落とすことが最善策。 特に「いいね!は何回しても相手も嬉しいだろうし問題ないんじゃないの?」と思いがちですが、むやみやたらに押すと話は別です。 スパム扱いされてアカウントが完全に停止・凍結されてしまわないように、全てのアクションをあまりやりすぎず、ある程度時間をかけてインスタを楽しみましょう。

次の

【インスタ】アクションブロックされた!機能の一時停止をされた時は

インスタ アクション ブロック 解除 されない

「アクションがブロックされています」の詳細 ブロックされています アクションがブロックされています。 後ほどもう一度実行してください。 コミュニティを守るため一部のコンテンツやアクションは禁止されています。 このブロックが何らかの間違いであると思われる場合はお知らせください。 2018年12月4日頃より、iOS版インスタアプリで「 ブロックされています」と表示されるユーザーが増えています。 さらに、2019年7月頃にもこの症状が再発し、多くのユーザーがインスタの様々な機能を使うことができなくなっていました。 一度このポップアップが表示されると、 他人のストーリーを開いたり、何らかのアクションを起こす度に繰り返し表示されるようです。 ちなみに、 2019年7月に発生しているアクションブロックのポップアップは、英語も使われて表示されています。 上記のアクションブロックと同じ不具合なので、「Tell us」と書かれている部分はそのまま「問題報告」のボタンだと捉えて構いません。 また、英語でも表記されていることから「この不具合が世界中で起こっている可能性」があることを示していて、実際に各国で同じような不具合が発生していました。 いいねやフォローもできない?「アクション」とは ストーリーを開いて「ブロックされています」が表示される状態では、 いいねやフォローができなくなります。 また写真を投稿することはできますが、 文章やハッシュタグをつけることはできず、「ブロックされています」が表示されて先に進めなくなるようです。 この状態だとインスタの投稿を眺めることくらいしかできなくなるので、インスタの機能の大半が使えなくなったと考えて構いません。 インスタの不具合が原因か 今回の「ブロックされています」はiPhoneユーザーの間でのみ発生しているため、 iOS版インスタアプリのエラーで表示されているものと思われます。 ちなみに、2018年12月に発生したものもiOS版のみ発生していたので、似たような症状が再発していると考えることができます。 機能制限を掛けられるようなことをしていない場合も表示されるので、特に心配する必要はありません。 「機能の一時停止」や「一時的にブロックされています」の詳細 機能の一時停止 この機能の使用ペースが早過ぎるため、機能の使用が一時的にブロックされました。 コミュニティを守るため一部のコンテンツやアクションは禁止されています。 このブロックが何らかの間違いであると思われる場合はお知らせください。 似たような現象としては、「 機能の一時停止」や「 一時的にブロックされています」と表示される場合もあります。 どちらも表示される内容は一緒で、解除されるまでは原因となったアクションができなくなります。 「機能の一時停止」が表示される原因 「機能の一時停止」、もしくは「ブロックされています」が表示されるのは、 一気に数百のアクションを行うことで、インスタにスパム(迷惑)アカウントとして認識されるためです。 表示されると暫くの間原因となったアクションを行えなくなり、以下のアクションが原因となります。 いいね• フォロー• いいねやフォローの解除• コメント• アカウント作成• IPの変更 しかし、 現在 多くのユーザーの間で発生している現象は、このようなアクションを繰り返していないアカウントでも表示されているため、スパム判定とは関係がないようです。 ブロックとは違う? いいねやフォローがでできなくなることから、ブロックされているのではと心配するユーザーもいるようです。 しかし「ブロックされています」の表示は、 アカウントを個別にブロックする機能とは異なります。 ブロックされた場合は相手のアカウント情報そのものを見ることができなくなります。 「アクションがブロックされています」と表示された場合の対処法 「アクションがブロックされています」と表示された場合の対処法について解説します。 このままではインスタを快適に利用することができないので、なんらかの対処を施した方がいいです。 具体的にどうすればいいのか見ていきましょう。 インスタをログアウトさせる インスタをログアウトさせるのが、現時点で一番有効です。 インスタをログアウトする際に「後で」「保存」という、下書きに関するポップアップが表示されますが 「保存」を押して再ログインしたらアクションブロックも解消されます。 ただし、このポップアップに関しては「出る場合と出ない場合」の2パターンあり、出なかった場合は普通にログアウトして再ログインしたら元に戻っていることが多いです。 また、1回目のログアウトで元に戻らなかった場合は 「何度もログアウトさせる」ことで問題が解決したケースもありました。 ブラウザ版インスタを使ってみる アクションがブロックされる不具合はiPhone版のインスタで主に発生しているので、 「ブラウザ版のインスタ」を使ってみてはいかがでしょうか。 ブラウザ版では不具合なく快適にインスタを使うことができるかもしれません。 もしブラウザ版でもアクションブロックのような機能制限に関するポップアップが出ていた場合、本当に機能制限にかかっている可能性があります。 24時間待つ 機能制限は通常 24時間経つと解除される場合は多いですが、 今回は不具合で表示されているため、修正されるまでさらに時間がかかる可能性があります。 インスタにより対策されることを待ちましょう。 万が一機能制限だった場合は24時間経過すれば元に戻っているはずなので、まずは24時間経過するのを待ってみて、直らなかった場合は他の対処法を試しましょう。 「問題を報告」を選択する ポップアップの 「問題を報告」をタップしてインスタに報告すると、解除が早まる場合があります。 インスタ側もアクションブロックが出ている不具合に関して認知している可能性が高いので、個別対処が遅れるようなことがなければ、対処してくれる可能性は高いです。 報告はボタンをタップすると即完了します。 インスタの公式お知らせをチェックする 今回の不具合は世界中で発生しているので、 インスタが直接不具合に関する告知をしてくれる可能性が高いです。 「復旧しています」という情報だけの場合もありますし、なんらかの対処法を記載してくれている場合もあります。 世界規模で発生している場合は、英語版のインスタTwitterから翻訳してチェックしてください(アカウントはです)。 インスタを再起動する インスタアプリを タスクキルして再起動してみましょう。 万が一自分のスマホ端末が原因でインスタに不具合が起こっている場合に有効です。 スマホを再起動する アプリの再起動で解決しない場合は、 スマホを再起動してみましょう。 スマホを再起動させることによって、スマホ本体になんらかの不具合が起こっている場合に対処することができるかもしれません。 例えば、スマホ全体が重たくなったせいでアクションブロック等の不具合が起こっていた場合に有効です。 インスタのバージョンをアップデートする インスタのバージョンをアップデートさせるようにしてください。 インスタを最新バージョンにすることで、インスタ機能を全て標準通り使うことができます。 例えば「古いバージョンだから不具合が出ている」場合に対処することができるでしょう。 最新版のアプリをインストールする App StoreやGooglePlayで 最新版のインスタアプリが配信されている場合はインストールしましょう。 インスタは「最新版での利用」を推奨しているので、アプリを更新させることで古いバージョンでしかでない不具合が解消される場合があります。 パスワードの変更 インスタで利用しているパスワードを変更すると、アクションのブロックが無くなるといった可能性があります。 自分のプロフィール画面右上から、メニューを開き、「設定」をタップします。 「セキュリティ」をタップし、「パスワード」を選択します。 ここで現在利用しているパスワードと、新しいパスワードを2回入力すればパスワードの変更完了です。 一見関係ないように思えますが、インスタでアクションブロックされる場合、不正ログインを検知されている可能性があります。 その場合に有効な手段となるので、一度試してみましょう。 インスタに問い合わせる方法 上記の方法で問題が解決しない場合は、 インスタに問い合わせることもできます。 問い合わせを行うには、インスタアプリのプロフィール画面右上のメニューを開き、「設定」をタップしましょう。 エラーの内容を入力し、右上のチェックマークをタップしましょう。 今回の場合は「アクションブロックが解除されない」ことを記載して、具体的にいつ頃からこの不具合に直面しているか提出するといいでしょう。

次の

Instagramアクションブロック解除⸜(*ˊᵕˋ* )⸝

インスタ アクション ブロック 解除 されない

今や殆どの人が利用してるインスタグラム(Instagram)。 しかし、フォロワーを増やそうと「いいね」や「フォロー」「フォローバック」を短期間にし過ぎると、インスタから利用制限が掛かってしまう場合もあります。 「インスタが見れない…」 ある日突然インスタが閲覧できなくなったとしたら、一時的な利用制限がかかっているのかもしれません。 そこで今回は、インスタの利用制限について考えて行きたいと思います。 制限されるのはどんなときなのか、また制限解除の方法はあるのでしょうか。 本記事を読んで頂くと、もしもあなたのインスタに利用制限がかかったとしても、冷静に対処していただけるでしょう。 今後のアップデートにより、画面が異なる可能性があります。 「機能の一時停止」の表示は利用制限の合図 インスタでフォロワーを増やす際、 様々なユーザーの画像を「いいね」したり、相手をフォローしたりして、「相手に興味を持ってもらって自分をフォローしてもらう」というやり方が一般的でしょう。 芸能人や、有名インスタグラマーでもない限り、「拡散」によってフォロワーを増やすのは、至難の業と言えます。 ゆえに、「いいね」や「フォロー」を一定時間に一定数以上したり、メッセージを送ったりすると、「インスタの利用制限」がかかり、一時停止することがあります(詳しくは2章で説明していきます)。 こんな感じに、多くの人がインスタの利用制限を受けた経験があって、「 機能の一時停止」というハッシュタグもあるほど。 制限をうけてしまうと、普通に画像を見る事はできますが、 「いいね」等のアクションが一時的にできなくなってしまいます。 また、「いいねが出来なくなる」といった、同じトラブルとして「アクションがブロックされています。 インスタの利用制限と一時停止の原因5つ では、インスタでどんなアクションを、どれくらいの数したら「利用制限」がかかり、一時停止が起こるのでしょうか? 2-1. 「いいね」は24時間で1,000以上 2-2. 「フォロー数」は1時間に200フォロー以上 2-3. 「ハッシュタグ」は1投稿30個以上 2-4. その他の禁止事項による一時停止 主に上記の5つのアクションに分類されます。 では見ていきましょう。 2-1. 「いいね」は24時間で1,000以上 インスタの「いいね」を短時間で多く押しすぎると、利用が制限されます。 その数は 24時間で1,000以上が目安となります。 時間間隔をとっていいねしても、 1日累計で1,000以上してしまうと利用制限がかかる確率が上がります。 「さすがに1日1,000もいいね出来ないでしょ…」と思われるかもしれませんが、1時間換算にすれば約42いいねですので、難しくはありませんね。 2-2. 「フォロー数」は1時間200フォロー以上 インスタの「フォロー」を短時間で多くしすぎると、利用が制限されます。 その制限数は 1時間に200フォロー以上が目安となります。 インスタを始めたばかりの頃は連続フォローをしてしまいがちですが、アカウントの内容をしっかり吟味しつつフォローすれば引っかかりはしないはずです。 がポイントとなります。 また、近年フォロワーを購入するアプリも蔓延していますが、これらを使いフォロワーを増やした場合も、高い確率でアカウントにロックがかかってしまいます。 フォロワーやいいねの購入は信用を一気に失いますので、やるべきではありません。 2-3. 「ハッシュタグ」は1投稿30個以上 インスタのハッシュタグの設定は 1投稿30個までです。 それ以上つけて投稿すると、全文が自動的に消えて投稿されてしまいますので注意しましょう。 ハッシュタグは多い方がいいともよくいいますが、多ければ多いほどいい訳ではありません。 2-4. 「コメント」は1時間15個以上 インスタの「フォロー」を短時間で多くしすぎると、利用が制限されます。 その制限は 1時間で12〜14コメントまでが目安となります。 2-5. 特に、「商標の無断使用」や「ステマ目的」「ポルノ違反」は、退会処分などを受ける場合もあります。 ブロックされて閲覧制限される場合もある 他のユーザーの閲覧に制限がかかった場合は、 あなたのアカウントがブロックされた可能性が高いです。 あるいはあなたからブロックをしても相手のアカウントは閲覧できなくなります。 削除されたアカウントと、ブロックされたアカウントの画面表示は一見同じように見えます。 しかしブロックされた場合は、投稿数とフォロー&フォロワー数がわかるようになっているので判別できるようになっています。 ブロックの解除はアカウント運営者に頼むしかありませんが、相手が非公開アカウントでない場合、別アカウントを作成してしまえば閲覧は可能ではあります。 インスタが一時停止した場合の解除方法 では、もしも利用制限がかかってしまった場合、どうすれば制限を解除することが出来るのでしょうか。 3-1. 解除されるまで待機 3-2. インスタにメッセージを送る の2つに分類することが可能です。 では見ていきましょう。 4-1. 解除されるまで待機 解除されるまで待機するのがベストです。 基本的には24時間経過した後で解除されます。 (一部、24時間以上の制限がかかる例もあります) 最悪の違反行為 わいせつ画像投稿や では、最大5日間のロックや退会処分を受けることになります。 4-2. インスタにメッセージを送る インスタに 「わたしは機械ではありません」という旨を伝えて解除してもらう方法があります。 この場合 「機能の一時停止 この機能の使用ペースが早過ぎるため〜 以下略 」や「アクションはブロックされています」の画面が出た時に、「OK」ではなく、「問題を報告」や「ご意見ご感想」のボタンをタップしましょう。 そのあと、「自分はスパム・機械ではない」旨を記述し、送信します。 ただし一度報告したからといって、今後はどんなに同じペースでアクションをしてもロックがかからないという訳ではありません。 今まで通りにアクションを続けていたら、再度ロックがかかってしまうことでしょう。 自分の「フォロワー」も増えてくる迄は、「いいね」や「フォロー」のペース(回数)を見直してみて、減らすようにした方が無難と言えそうです。 …のように、自分がスパムではない事をアピールするようにしてみて下さい。 まとめ 今回は、インスタの利用制限による一時停止ついて、一時停止が起こるののはどんなときなのか、また制限解除の方法はあるかについて考えてきました。 をポイントに抑えておくと、インスタの利用制限にかかるリスクを、最小限に抑えることが出来るでしょう。 スパム扱いされてアカウントが完全に停止・凍結されてしまわないように、全てのアクションをあまりやりすぎず、ある程度時間をかけてインスタを楽しむことがとても重要ですね。

次の