一見 類語。 「一見さん」とは?意味や使い方を解説

百聞は一見にしかずの意味とは?由来や続き、類語、英語表現まで

一見 類語

「一見さんお断り」の意味とは? 「一見さん」とは? 「一見さんお断り」の理由• 「一見さんお断り」の店に入る方法• 「一見さんお断り」の店はどんな店• 「一見さんお断り」の言い換え 「一見さんお断り」の意味とは? 「紹介のない、はじめてのお客様は利用できません」というお店を指して、 「一見さんお断り」といいます。 とりあえず予約なら受けてくれそうなものですが、 「一見さんお断り」を掲げているお店では、紹介者がいなければ電話予約さえ受け付けてもらえません。 ましてや、一般的なお店のようにいきなり訪れても、 「こちらは一見さんはお断りさせて頂いていますので…。 」と利用を断られてしまうでしょう。 京都の舞妓さん、芸姑さんを呼べるようなお茶屋というところの場合、かなりの確率で 「一見さんお断り」です。 また、隠れ家的な予約必須の料理屋でも、 「一見さんお断り」の経営スタイルを取るケースがあります。 「格式あるお茶屋さんは後払い」 まず、芸姑さんを呼べるようなお茶屋さんでは、財布を持たずに遊べるシステムになっています。 次のお店に移動するタクシー代さえも、はじめに訪れた店の 「ツケ払い」になっていて、あとからまとめて請求される方式になっています。 カード払いが浸透した現在では、お客さんとお店の間に個人的な信用関係がなくてもあとからまとめて支払うということが可能になっていますが、カードのない時代には信頼できる上客が常連客として出入りが許されていたのです。 新規の利用は、常連客からの紹介が必要で、もし、紹介したお客が代金が払えなかったり、支払いを渋るようなことがあれば、責任を持って肩代わりするといったことが起こります。 後払いでまとめて支払いをするので、紹介者は保証人としての意味合いも持っているのです。 「一見さんお断り」の店はどんな店 一見さんお断りの店とは京都などに残る 「お茶屋」さん、格式ある料亭などが多いものです。 お高くとまっているというより、信頼関係を大事にしているということなのです。 その分スマートに支払いを一括で請求できるようになっています。 トラブル回避という点からいうと、 「一見さんお断り」を掲げておくことで、他のお客様に迷惑がかかる事態を避ける、お店の考えに合わないお客さまをお断りしやすくなると言ったメリットがあります。 また、お茶屋さんほど歴史が長くなくても、丁寧なおもてなしを信条とするお料理屋さんの中には、料理人一人が向き合える人数しかお客さんを取らないポリシーの場合があります。

次の

【一見】の例文や意味・使い方

一見 類語

「習うより慣れろ」の類語 「習うより慣れろ」には、以下のような類語があります。 「百聞は一見にしかず」 「百聞は一見にしかず」は、 百回聞くより、たった一回だけでも、直接、自分の目で見る方が確実だという意味です。 百回聞くことは、「習うより慣れろ」の「習う」に該当しますし、一見することは「慣れる」と近い意味がありますね。 ただ、「百聞は一見にしかず」は一回見るだけで十分だという時に使いますが、「習うより慣れろ」では、ある一定期間、慣れることの大切さを伝える時に使うので、用途は異なるケースが多いです。 「亀の甲より年の功」 「亀の甲より年の功」とは、 年長者の経験から得た知識や技術は非常にありがたいものだという意味です。 経験の大切さを強調しているという点で、「習うより慣れろ」と共通した意味を持っています。 「学問なき経験は、経験なき学問に勝る」 「学問なき経験は、経験なき学問に勝る」は、イギリスのことわざです。 何かを習得していく上で、学問も経験も大切ですが、ここでは、「学問なき経験」と「経験なき学問」と非常に極端な例を比較しています。 ただ、そこで より大切なのは、「学問なき経験」だと言っているので、その点では「習うより慣れろ」と同じ意味です。 「習うより慣れろ」を英語で言うと? 「習うより慣れろ」という概念は英語圏でもあります。 英語で表現する時は、以下のような表現があります。 「習うより慣れろ」の対義語・反対語はある? では、「習うより慣れろ」の対義語や反対語はあるのでしょうか? 実際、経験よりも知識が大切だということわざや慣用句を探してみると分かりますが、 該当する対義語や反対語はありません。 ただ、「習うより慣れろ」に反対意見を唱える人はチラホラといらっしゃいます。 といっても、それは知識の方がより大切だと主張するよりは、「習うより慣れろ」を強調し過ぎると、 「習う」ことを軽視してしまう傾向があるので、それに対して反対するという感じです。 「習う」ことと「慣れる」ことの関係性 「習う」ことと「慣れる」ことの関係性について考えてみた時、やはり、バランスが重要だと思います。 なぜなら、習うことをせずに、慣れることだけを行うと 自己流になって、いつしか限界を迎えてしまうことがあるからです。 例えば、海外に移住すると、その国の言葉を自然と話せるようになりますが、学校で学ばないと、文章をなかなか書けなかったりするものです。 逆に、語学学校にも通った上で、海外生活をすれば、かなり完璧に外国語を話せるようになります。 「習う」ことは、 方向性を決めるための羅針盤のようなものです。 また、「習う」ことによって、より効率的な方法を知ることが出来ます。 ただ、方向性や方法を知っただけでは、具体的には何も始まらないので、あとは「慣れる」、つまり実践することが大切になってくる訳です。 そういったインプットとアウトプットのバランスをうまく取りながら、より早く成長をしていくことが出来ればいいですよね。

次の

「一見」とは?意味や使い方をご紹介

一見 類語

「二律背反」の意味とは? 「二律背反」の意味とは「相反する命題の一対」 「二律背反(にりつはいはん)」とは、同一の根拠や前提から導き出された二つの判断が、矛盾して両立しないことを意味します。 「背反」とは「そむくこと」という意味です。 「相反する命題の一対」とも表現できます。 もともとは論理学の用語ですが、「矛盾」と同じ意味で一般的な会話やビジネスの場でも使われます。 たとえば経営においては、「利益を犠牲にせずに新商品を開発するという二律背反」などの使い方です。 「アンチノミー(Antinomie)」は、「二律背反」のドイツ語表現です。 たとえば、「世界は有限である(空間・時間的に始まりがある)」というテーゼに対して、「世界は無限である(空間・時間的に限りがない)」というアンチテーゼが置かれます。 カントの主著『純粋理性批判』『実践理性批判』において、この問題が展開されました。 「二律背反」の使い方と例文 「二律背反」は二つが相反して拮抗するジレンマを表すときに使う 「二律背反」は、一つの目的を達成するために用意された二つの項目が相反するときの、「矛盾」や「ジレンマ」を端的に表すときに使われます。 例えば、「軽くすることと強くすることという矛盾する課題」と言うよりも、「軽くすることと強くすることという二律背反の課題」と表現した方が、両者の力が互いに同等で張り合っているという、拮抗する状態のジレンマを伝えることができます。 ビジネスや一般的な対象における「二律背反」の例文 「二律背反」を使った例文を紹介します。 自律的な仕事の進め方が推奨されながらもマニュアルを押し付けられる二律背反の問題がある• 社会政策の課題は公平性と効率性との二律背反関係を解決することである• 人間は感情と理性がぶつかりあう二律背反の状態に陥りがちだ 「二律背反」の類語とは? 二律背反と意味の違いがわかりにくいカタカナ語の類語がいくつかあります。 それらの意味と、二律背反との違いについて解説します。 「ジレンマ」とは、二律背反の状態における板挟みの苦しみ 二律背反の関係に陥ることを「ジレンマ」と表現します。 ジレンマとは、二つの事柄について、一方を成立させるともう一方が不都合な結果になり、板挟みの苦しい状態を表します。 二律背反の事実においてジレンマの状態が発生します。 「パラドックス」とは「一見成り立ちそうだが矛盾する論理」のこと 「パラドックス(英語:paradox)」とは、一見成り立つように思える言説が、矛盾した内容をはらんでいて、論理的には成り立たないことを意味します。 たとえば「「貼紙禁止」と書かれた貼紙」などです。 広義の意味では、「一見矛盾しているような形で、ある事柄を表そうとする言説」という意味の「逆説」も含みます。 たとえば「急がば回れ」などです。 但し、一般的な意味においては、「二律背反」と「パラドックス」は先に示した例のように同じ意味で用いられますが、論理学(哲学)としての意味では両者は異なります。 「相互に矛盾する二つの命題がともに帰結すること」という意味が論理学(哲学)における「パラドックス」の意味です。 「二律背反」は「相反する命題の一対」であるため、パラドックスとは着地点が異なります。 一般的な意味でも使われます。 目的に向けて、一方を成立させればもう一方が成立しないといった、二つのあり方の関係を表す用語です。 「AかBかといったトレードオフの思考を転換する」などのように、「トレードオフ」には、どちらかを選択しなければならない状況であることを示唆する言葉合いが含まれています。 「アンビバレント」とは「相反する感情を持つこと」 「アンビバレント」は同じ対象や事柄に対して、一人の人が相反する感情を同時に抱くことです。 英語の形容詞「ambivalent」が語源で、名詞は「ambivalence」です。 「母親に対して愛情と憎悪のアンビバレントな感情を持つ」などと、正反対の感情を同時に抱くことを表現するときに使います。 「二律背反の感情を抱く」のがアンビバレントです。 まとめ 「二律背反」とは、同一の根拠や前提から導き出された二つの判断が、矛盾して両立しないことを意味します。 論理学や哲学では「相反する命題の一対」という意味を持ちます。 自分の思い通りにしたいことが二律背反の状態になったとき、「ジレンマに陥る」と表現します。 二律背反の関係のことは「トレードオフ」と言い、二律背反の感情を抱くことは「アンビバレント」という言葉で表現します。 二律背反や関連するカタカナ語は使いこなすのが難しいものもありますが、ビジネスシーンでは欠かせない言葉です。 どのように使われているのかは、身の回りの記事や本などでも確認できますので、積極的に語彙に取り入れてみましょう。

次の