カテキン 取り すぎ。 ガレート型カテキンの副作用と効果!痩せる?カテキンは取りすぎても大丈夫?

カテキンの副作用と適切な摂取量は?過剰摂取による症状とは

カテキン 取り すぎ

茶カテキン飲料を飲み過ぎても大丈夫? 茶カテキン飲料を摂る際に注意しなければならない成分が含まれています。 コーヒーなどに多く含まれる「 カフェイン」、他に「 タンニン」、「 シュウ酸」です。 一つずつ詳細を説明していきます。 カフェインについて カフェインの一日の摂取量の上限は 300~400㎎と言われていて、一般的には1g以上を摂取することで副作用、中毒症状、体に異常を感じるとされています。 一般的な緑茶のカフェイン含有量は30㎎、花王ヘルシアのカフェイン含有量は80㎎とされているので参考にしてください。 カフェインには興奮作用があり、中枢神経や消化器などへの刺激となります。 そのため、手の震え、嘔気、動悸、焦燥感、不眠などの症状が現れ、酷い場合にはうつ病、精神錯乱、こむら返りなどが起きることもあります。 また女性の生理前の時期にはカフェインの摂取に注意が必要です。 ホルモンバランスが安定しない生理前にカフェインを摂り過ぎると、エストロゲン(卵胞ホルモン:子宮に作用する・女性らしい体を作る・自律神経の安定などの作用)が過剰分泌され、脳が子宮を守ろうとする指令を出し、生理痛が重くなってしまいます。 更に女性には肌への影響も気をつけたいところで、カフェインの持つ利尿作用から体に必要なミネラルやビタミンが排出されてしまうこと、覚醒作用による寝不足がターンオーバーを乱してしまうことで肌荒れを起こしてしまいます。 先程、不眠と言うワードを出しましたが、目を覚ますメカニズムは中枢神経にあるアデノシン(疲れや眠気の信号)を受ける部分にカフェインがくっつくことで成り立っています。 この部分にカフェインが長く留まることで眠れなくなるほか、興奮作用で血圧の上昇や動悸などの症状が起き、更に眠りが浅くなってしまいます。 他に「 カフェイン離脱症状」という継続してカフェインを摂取している人に起こりやす症状があげられます。 カフェインにはそれほど依存性はありませんが、依存症の様な症状が起きます。 これは継続してカフェインを摂取している人が一日摂取をやめようとすると起きる症状を指し、眠い、ボーっとする、頭痛、胃痛、嘔気、不安、注意力散漫などが見られます。 カフェイン離脱症状はカフェインを摂取すると治まります。 カフェインは一度に上限以上の過剰摂取することで起きる急性中毒と、過剰摂取を長く続けることで起きる慢性中毒がありますが、どちらの中毒症状も最悪死亡の恐れもあるので摂取には十分注意してください。 タンニンについて タンニンには一日の摂取量や上限が決められているわけではありませんし、体に悪い成分ではありません。 ですが、摂り方に注意が必要となります。 タンニンは体の中で鉄と結合しやすい性質を持っています。 鉄には肉類や卵黄などに含まれる「ヘム鉄」、ほうれん草や大豆などの植物性食品に含まれる「非ヘム鉄」がありますが、タンニンと結合しやすいのは「非ヘム鉄」です。 (ヘム鉄については影響なしと言われています。 ) 結合することで水に溶けにくくなる特徴を持ち、本来腸で吸収される鉄分がそのまま体外へ排出されてしまい、体に吸収することが難しくなってしまいます。 鉄分の吸収が阻害されてしまうと体に必要な鉄分が不足しがちになります。 血液と密接な関係がある鉄分ですから、不足することで貧血が引き起こされる可能性も出てきます。 また、葉酸の働きを弱めてしまう作用があります。 葉酸と言えばマタニティママやお腹の中の赤ちゃんの成長に欠かせない成分ですが、茶カテキン飲料はカフェインも含まれていることから赤ちゃんの成長に支障を来たす可能性もあり、茶カテキン飲料自体をマタニティママや授乳中のママにお勧めすることはできません。 他にタンニンは摂り過ぎることで便を固くする働きがあることから、便秘になりやすくなります。 タンニンには収れん作用があり、下痢止めにも使われる成分です。 血管が収縮することで腸への血液量が減少し、腸の蠕動運動が弱くなってしまい、便がスムーズに移動できなくなることでも便秘へとつながってしまいます。 シュウ酸について ほうれん草や山芋などにはシュウ酸が含まれていることは有名ですが、茶カテキン飲料や緑茶にも含まれています。 シュウ酸はカルシウムと結合することで結石を作り出してしまい尿路結石などを招いてしまいます。 通常シュウ酸は腸内でカルシウムと結合して便として体外へ排出されるのですが、摂り過ぎて余ってしまったシュウ酸は尿から体外へ排出されます。 その時に尿の中でカルシウムと結合してしまうと石のようなかたまりとなって、腎臓や尿管に影響を及ぼしてしまうのです。 シュウ酸の過剰摂取だけではなく、カルシウムの過剰摂取からも尿路結石へとつながってしまうことがあるので、バランスよく摂取していくことが大切になります。 肝機能障害が起きるのはホント? 海外で茶カテキンのサプリメントを摂取したことによって、肝機能障害を発症した例があり、健康に被害を及ぼす可能性があると一部の国では高濃度茶カテキン飲料は販売されていません。 メーカーの説明として通常のお茶の抽出方法、サプリメントとして摂取したことが原因となっているとして、安全性に問題はないとしています。 普通にお茶として飲む分には問題はないようですが、サプリメントとして摂ること、お茶の抽出方法の安全が確保されていないものは控えた方が良さそうです。 【スポンサーリンク】 茶カテキン飲料から得られる効果 体への害について説明してきましたが、トクホというだけあって茶カテキン飲料には当然いいところもあります。 花王からは「ヘルシア」、伊藤園からは「カテキン緑茶」がトクホとして発売されています。 抗酸化作用とは? 茶カテキンはビタミンEの抗酸化作用の約50倍もの力を持っているとされています。 ストレスや普段の生活から活性酸素は発生してしまいますが、強い抗酸化作用を持つので活性酸素の除去、細胞の老化防止などの期待ができます。 抗菌作用について 茶カテキンは強い抗菌作用を持ち、胃がんや胃潰瘍の原因となるヘリコバクターピロリ菌や赤痢菌、コレラ菌、O-157などの食中毒の原因となる菌を増殖抑制作用があります。 実際に少量のカテキンでブドウ球菌、腸炎ビブリオ菌、ボツリヌス菌、O-157などほとんどの食中毒の菌が死滅するというデータが出ています。 またお茶でうがいすることによって茶カテキンが抗菌作用を働かせます。 ミュータンス菌が酸を作り出すことが虫歯の原因の一つとなるのですが、茶カテキンはミュータンス菌の増殖抑制、歯垢や歯石の形成も抑制するため、虫歯予防に期待ができます。 ダイエット効果はあるの? 茶カテキンには脂肪を分解する酵素を助けて働く役割があり、運動をする前に摂取することでダイエットに役立ってくれます。 また、先程紹介したタンニンにも茶カテキンと同じ役割(脂肪を分解する酵素を助ける)があるため、油っぽいものを食べた後に摂取しても、運動前、食事前に摂取しても効果的にダイエットを進めることができます。 生活習慣病の予防について 茶カテキンには胆汁酸を排泄しやすくする働きを持ち、血中コレステロールが高くなることを抑制する作用があるので、食事を食べ過ぎたというときにも飲んでおくとよい飲料です。 悪玉コレステロールの増殖も防ぐ作用があるので、動脈硬化が原因で引き起こされる心疾患、脳血管疾患などの予防になります。 茶カテキンは血圧を安定させる作用があるので高血圧の予防・改善に期待ができます。 お茶にはテアニンというリラックス作用のある成分も含まれているので脳の興奮を抑え、血圧の上昇を防ぎ、血圧を下げる働きもあることから相乗効果が得られるでしょう。 糖質を分解する酵素の働きを抑制し、糖質の吸収を穏やかにして血糖値の急激な上昇を防ぐ働きがあるので、糖尿病の予防にも期待ができます。 一日あたりのカテキンの摂取量について明確なものはデータとしてありませんが、 1000㎎を摂取すると良いと言われています。 ちなみにヘルシアの花王は一日一本540㎎を目安量としています。 茶カテキン飲料の飲み過ぎと効果に関するまとめ 茶カテキン飲料には注意すべき成分が含まれていました。 カフェイン:興奮作用、中枢神経の刺激、消化器の刺激 タンニン:鉄分吸収の阻害、葉酸の働きを弱める、便秘 シュウ酸:尿路結石 これらの作用で健康に被害が及ぶ可能性もあります。 飲み過ぎることがなければ、生活習慣病の予防、抗酸化作用、抗菌作用、ダイエット効果などが幅広く期待できる飲み物です。 飲み過ぎには注意が必要ですが、茶カテキン飲料の効果を是非実感してみてくださいね。

次の

カテキンの種類と効果と摂取量

カテキン 取り すぎ

このページの目次• ガレート型カテキンって何? カテキンとは 緑茶に多く含まれている成分のこと。 最近カテキンには体脂肪を少なくする効果があるとして、数々のメーカーがカテキンを含む商品を開発してきました。 代表的なのはヘルシアなどの高濃度茶カテキンですね。 ただしカテキンと一言にいっても、様々な種類があるんです。 カテキンは大きく分けて「ガレート型カテキン」と「遊離型カテキン」の2つに分類され、合計で8種類あります。 ガレート型カテキン ガレート型カテキンに分類されるカテキンは全部で4つ。 なかでもエピガロカテキンガレートは、カテキンの中でもっとも量が多く、カテキンの約半分を占めています。 エピガロカテキンガレート• エピカテキンガレート• カテキンガレート• ガロカテキンガレート 遊離型カテキン 遊離型カテキンに含まれるカテキンは全部で4つです。 エピガロカテキン• エピカテキン• カテキン• ガロカテキン ガレート型カテキンの取りすぎで副作用は出る? ガレート型カテキンに副作用があるか?というところが1番気になるところですよね。 実は ガレート型カテキンには副作用があります。 ガレート型カテキンを取りすぎると、 「肝機能障害が起こる」と言われているんです。 この副作用はマウスを使った実験で実証済みなので、間違いないでしょう。 ただしこのマウスの実験、1点だけ問題があります。 実は実験で使用された マウスには、通常ならば摂取できそうもない量のカテキンが与えられていました。 実験で使用されたカテキンの量は、体重1kgあたり1500mgです。 体重60kgの人間に換算すると、緑茶900杯分に相当します。 緑茶900杯は ヘルシアに換算するとペットボトル167本。 1日にこれほどの量の緑茶を飲む人なんていないですよね。 むしろガレート型カテキンに限らず、どんな食べ物でも摂取しすぎれば体に毒です。 異常な量の高濃度茶カテキンを飲めば副作用が起こりますが、 1日にペットボトル1〜3本程度なら問題ないでしょう。 ただし高濃度茶カテキンにはカフェインが含まれているので、 妊婦さんはあまり飲まないほうがいいかもしれません。 ガレート型カテキンの効果とは? ここまでガレート型カテキンの副作用をご紹介してきましたが、ガレート型カテキンにはうれしい効果もたくさんあります。 ガレート型カテキンの効果は主に4つです。 脂肪やコレステロールの吸収を抑える 脂肪やコレステロールの吸収を抑えるという効果から、ガレート型カテキンには 「痩せる」「体脂肪を減らしてくれる」などの効果も期待できます。 しかし、どうしてガレート型カテキンが脂肪をやコレステロールの吸収を抑えてくれるのでしょうか? この理由は、 ガレート型カテキンが脂肪を分解する消化酵素の働きを阻害するからです。 脂肪が体につくには、体内で分解されて吸収される工程が必要。 脂肪は分解されないと体内に吸収することはできないので、 脂肪を分解する消化酵素の働きを阻害することで、体に脂肪がつくのを防ぐことができます。 また、ガレート型カテキンには食後の血中中性脂肪濃度の上昇をおさえる効果や、糞便内に含まれる脂肪の割合を高める効果もあると実証されているのだそう。 脂肪を消化する酵素の働きをおさえることで、体に脂肪が吸収されにくくなるだけでなく、 体外に脂肪を排出してくれる効果もあるんです。 痩せたい方やダイエット中の方にはぴったりですね! 殺菌効果 カテキンによる殺菌作用は、昔からよく知られている効能のひとつ! この殺菌作用は、 虫歯予防にも効果があるとされています。 実はお寿司屋さんで緑茶が出されるのも、この殺菌作用があるからなのだそう。 生の魚を提供するお寿司屋さんですから、少しでも食中毒のリスクを下げるために緑茶を出しているのでしょう。 それだけ、カテキンには強い殺菌効果があるのですね! 抗酸化作用 殺菌効果と並んで有名なのが、抗酸化作用。 抗酸化作用は、なんとビタミンEの50倍とも言われているんですよ。 私たちの体内には、毎日どんどんと活性酸素が溜まっていきます。 この活性酸素が増えていくと、様々な病気のリスクが上がってしまうのだとか。 また、活性酸素は老化の原因とも言われています。 ガレート型カテキンを摂取することで、健康維持や老化防止、生活習慣病の予防などの効果も期待できますよ。 美肌効果 ガレート型カテキンによる美肌効果は、主に抗酸化作用によるものです。 活性酸素を抑制してくれるので、 シワやシミも予防してくれます。 ガレート型カテキンを摂取して、いつまでも若々しい肌を保ちたいですよね! 花粉症を改善する効果も! カテキンにはなんと、花粉症を改善する効果もあるんです! カテキンにはアレルギーを抑制する効果があり、 かゆみや鼻づまりなどを引き起こすヒスタミンの放出を抑制する力があるのだそう。 季節の変わり目に花粉症で苦しんでいる方は、カテキンが入ったお茶を飲むことで花粉症の症状をやわらげることができるでしょう。 ガレート型カテキンを含むお茶とは?おすすめ3選! 健康維持にも美容にも効果を発揮する、ガレート型カテキン。 緑茶に多く含まれる成分ですが、毎日急須で緑茶を入れるのは一苦労ですよね。 ガレート型カテキンを毎日の生活に取り入れるなら、手軽に落とせるお茶がおすすめです! ここでは、ガレート型カテキンを簡単に摂取できる3つのおすすめ商品をご紹介します。 白井田七。 茶 1つ目にご紹介するのは、 「白井田七。 こちらの緑茶はティーバッグや茶葉ではなく、粉末をお湯で溶かして飲む緑茶です。 完全無農薬で栽培された茶葉が使用されているので、粉末で茶葉をまるごと摂取しても安全な点が魅力! なんと、 有機JAS認定も受けている緑茶なんです。 茶葉をまるごと粉末状にしているので、急須で入れた緑茶よりも栄養が凝縮されています。 「白井田七。 茶」にはカテキンはもちろん、他にも茶葉に含まれる栄養素がたくさん入っています。 「白井田七。 茶」はこんな方に向いています。 ホコリやダニ、花粉などのアレルギーに苦しんでいる• 体脂肪やコレステロールが気になる• 体が重くてなんだかどんよりする• 口臭が気になる• いびきがひどい カテキンがたくさん入っているので、花粉などのアレルギー反応、体脂肪、口臭などにも効果が期待できます。 健康志向で安心安全にカテキンを摂取したい方は、無農薬栽培の「白井田七。 茶」がおすすめです。 公式サイトから購入すると、「白井田七。 公式サイトにはこちらから飛べます。 「白井田七。 茶」の口コミ評判はいいの? SNSで「白井田七。 茶」の口コミを調査してみました。 「白井田七。 茶」の口コミで「まずい」「全然効果がなかった」などの悪い口コミは見つかりませんでした。 むしろ、「抹茶のように飲みやすい」「花粉症に即効性があって驚いた」などの口コミが多数ありました。 うどんMAP観ると、うどん食べたくなります 笑 取り敢えず材木の交換は終わりました。 長女とうちは鼻の症状に悩まされており、長女が白井田七茶が効くと言うのを見かけたので買って飲んでいますが、500mlのお湯に溶かすだけで簡単だし、美味しいです! 効果があると良いな。 ぜひ一度お試しください。 身体にも、いいです。 こちらの緑茶は「メチル化カテキン」と呼ばれるカテキンが豊富に入っており、 花粉症やアレルギー性鼻炎に効果的! 粉末状の緑茶なので、お湯で溶かして簡単に飲めます。 先ほどご紹介した「白井田七。 茶」と比較すると、「白井田七。 茶」は様々な体の不調に効果が期待できるのに対して、「べにふうき緑茶」は 花粉症などのアレルギーに特化したお茶のようです。 1,500円程度で購入できるので、お値段的にも手軽にカテキンを摂取したいという方におすすめの商品です。 今ならキャンペーンで、 会員登録してレビューを投稿するだけで、初回1,000円で試すことができます。 ただし公式サイトからの購入限定なので、注意してくださいね! 公式サイトからの購入はこちらからできます。 べにふうき緑茶の口コミはいいの? べにふうき緑茶の口コミ評判をSNSで調査してみました。 特に悪い口コミは見当たりませんでしたが、「味は普通の緑茶」という口コミが多かったですね。 ただし、花粉症などのアレルギーには効果があるみたいです。 年明け頃から「べにふうき茶」を1日1杯以上飲み続けた結果、今年は花粉のアレルギー症状が『一切』出ていない。 嬉しい! まぁ今年は花粉の飛散量そのものが少ないらしいけどね…。 何でも試してみるもんだなぁと思う。 国産べにふうき茶・粉末・約160杯分・1000円前後・味は「普通の緑茶」です。 — 鍼灸師のおじさん thinQ4NOozi3 花粉症対策の続き お茶系で言うと、べにふうき茶や凍頂烏龍茶 メチル化カテキン 、ルイボス茶 ケルセチン 、緑茶 ストリクチニン 、甜茶などに抗アレルギー作用あり。 善玉菌なども効果的。 — 岡本一成 kazunari7799 超発酵ダイエット茶 3つ目にご紹介するのは、 「超発酵ダイエット茶」。 こちらの商品は緑茶ではなくプーアル茶ですが、 「重合カテキン」と呼ばれるカテキンがたくさん入っています。 重合カテキンは脂肪の吸収をおさえる効果が高いと言われています! プーアル茶は緑茶よりも発酵度が強く、カテキンが豊富に含まれているのだとか。 今までご紹介したお茶と違い、 「超発酵ダイエット茶」はダイエットに特化したお茶です。 しかも、なるべく農薬テストに合格した茶葉しか使っていないのだとか。 お値段もとってもお手頃で、 初回購入はなんと500円! 公式サイトで初回クーポンを使って、定期購入に申し込むだけです。 定期購入はいつでもやめることができるので、通常購入よりも定期購入にする方がおトクですよ! 初回500円でプーアル茶を購入するのは、こちらからできます。 まとめ ガレート型カテキンに副作用はありますが、それはガレート型カテキンを取りすぎた場合に限ります。 毎日数杯のカテキン茶を飲む程度なら、問題ありません。 むしろ、ガレート型カテキンは体脂肪の吸収をおさえる効果や花粉症などのアレルギーを抑制する効果など、たくさんの嬉しい効果があります。 積極的にとっていただきたい成分ですね!ただし毎日急須でお茶を入れるのは大変・・・。 手軽に毎日の生活に取り入れられて、 カテキンの効果を最大限感じられる「白井田七。 茶」がおすすめです。 「白井田七。 茶」なら、カテキンの痩せる効果やアレルギー抑制効果、口臭をおさえる効果など、様々な効果が期待できます。 茶」を試してみてくださいね!.

次の

カテキンの種類と効果と摂取量

カテキン 取り すぎ

カテキンの種類と効果と摂取量 公開日:2016年7月25日 03時00分 更新日:2019年2月 1日 17時39分 カテキン 1 カテキンはポリフェノールの一種で、主にお茶の苦渋味成分です。 カテキンの種類 ポリフェノールのフラボノイド系のフラバノール類にカテキンは分類されます。 緑茶中の主なカテキンの成分はエピカテキン、エピガロカテキン、エピカテキンガレート、エピガロカテキンガレートなどの約4種類が含まれています。 緑茶抽出液中の主なカテキンの割合はエピガロカテキンガレートが約59. カテキンの健康への効果 2• 抗酸化作用• 抗ウイルス作用• 抗ガン作用• コレステロールを下げる作用• 血糖の上昇を抑える作用• 殺菌作用・抗菌作用• 虫歯・口臭予防• 肥満予防 抗酸化作用 活性酸素は毒性があり、体内の細胞を酸化させ、老化や病気の原因になります。 抗酸化作用とは活性酸素を除去する働きで、老化や病気の予防に役立ちます。 カテキンには毒性のあるスーパーオキシドや一重項酸素と言われる活性酸素を無毒化します。 抗ウイルス作用 カテキンは細菌にもウイルスにも効果があります。 ウイルスは細胞の中で増殖します。 インフルエンザなどのウイルスは体内に入ると、決められた細胞につく働きがありますが、カテキンを取り入れるとウイルスが細胞につきにくい状態になるので、細胞内で増殖できないため、結果的に風邪予防に役立ちます。 抗ガン作用 3 カテキンには活性酸素除去作用やがん細胞の抗突然変異抑制作用があります。 さらにがん細胞の増殖を抑える働きもあるため、がん予防に役立ちます。 コレステロールを下げる作用 カテキン食事中のコレステロールの吸収を抑え排出を促す働きがあります。 コレステロールにはLDL 悪玉 コレステロールとHDL 善玉 コレステロールの2種類がありますが、動脈硬化を引き起こし心筋梗塞や脳梗塞の原因になるのはLDLコレステロールです。 カテキンを摂取することでLDLコレステロールのみが低下し、HDLコレステロールには影響しないので、動脈硬化の予防に役立ちます。 血糖の上昇を抑える作用 4 カテキンは食後、腸からの糖の吸収を抑える働きがあります。 血糖値はご飯やパン、麺類など糖質を多く含む食品や菓子類、果物などで上がります。 血糖値は食後に上昇するので、食前に取り入れることで、腸からの糖の吸収が緩やかになります。 殺菌作用・抗菌作用 カテキンには抗菌作用があるので食中毒の原因となるO-157 腸管出血性大腸菌 などの食中毒菌や胃潰瘍や胃がんの原因となるピロリ菌の増殖もおさえるので、食中毒予防や胃潰瘍予防に働きます。 虫歯・口臭予防 虫歯の原因はミュータンス菌が歯に付着し、酸をつくることで歯の表面のエナメル質が溶け、虫歯ができてしまいます。 カテキンはミュータンス菌の増殖を抑えるので、虫歯予防ができます。 肥満予防 5 一定量のカテキンを摂取し続けると、肝臓での脂質代謝が高まり、エネルギー消費が高まるため、体脂肪が減少します。 またカテキンを継続的に摂取し続けると、食事性脂肪の燃焼を上昇させ、食事誘発性体熱産生も上昇させます。 食事誘発性体熱産生とは食事後の消化、吸収によって消費エネルギーのことです。 内臓脂肪が多い人ほど、食事誘発体熱産生が低いので、カテキンの摂取により、消費エネルギーが増加し、肥満予防に役立ちます。 カテキンが多く含まれる食品 エピカテキンが含まれるもの りんご、ブラックベリー、ソラマメ、さくらんぼ、ぶどう、梨、きいちご、チョコレートなどに含まれています。 カテキンを含む食品 大豆、抹茶、小豆、ココアなどに含まれています。 カテキンの摂取量 日本人の食事摂取基準にはカテキンの摂取目標量は設定されていませんが、毎日カテキンを摂り続けることで健康や病気の予防に役立ちます。 無糖なので水分補給にオススメです。 茶カテキンの有効濃度は1日540mg以上を毎日摂り続けると脂肪燃焼に役立ちます。 カテキン540mgは緑茶で湯呑10杯程度に相当します。 カテキンはお茶の苦味渋み成分でもあるので、緑茶の茶葉から540mgを摂取するとかなり飲みにくい味です 6。 参考文献•

次の