シャウエッセン。 徹底比較!!シャウエッセンVSアルトバイエルンどちらが美味い!?8月10日はシャウエッセンの日『今日というミライグラフ365』

シャウエッセン®

シャウエッセン

Contents• 僕がよく利用する激安スーパーの「カネスエ」を比較対象にします。 ありがたい。 また、コストコでは シャウエッセンが150円オフというクーポンが出ていました。 それも加味して比較します。 以下、比較表です。 販売価格 税込み 販売容量 1g当たりの 価格 コストコ 1,318円 980g 1. さすがです。 ただ、 コストコの場合、年会費がかかっていますし、近所にないので、 交通費もかかります。 車のガソリン代ですね。 カネスエは車で 5分。 コストコは車で 20分。 というアクセス。 年会費と交通費を加味すると同じくらい?いや、高い? これをどう捉えるかは人それぞれですね。 コストコのシャウエッセンが増量! 1袋980gで売られていたコストコのシャウエッセンが1020gに増量されました。 1月にコストコから届いたメールで知りました。 ということで、さっそく店舗で見てきました! 販売価格は税込み1,368円です。 この増量した1020g、1,368円も価格表に加えて比較してみます。 販売価格 税込み 販売容量 1g当たりの 価格 コストコ 1,318円 980g 1. 341円です。 増量前(980g)は1. 345円だったので、ほんの少し安くなりましたね。 カネスエの価格321円! ある期間、激安スーパーカネスエのシャウエッセンの販売価格が321円でした。 税込みだと346円。 1g当たり1. 36円です。 これは安い!! 上の表でコストコは1gあたり1. 345円ですから、かなり コストコに迫ってきました。 なぜこんなに安くしているか。 推測ですが、近くに別の激安スーパーが新規オープンしたので、その店舗との競争で安くしているんだと思います。 新規出店した激安スーパーがオープンしてしばらく経つと、価格はもとに戻っていました。 「コスモス」というドラッグストアでなんと… 298円!! これは安い! コストコ、カネスエと比較してみます。 販売価格 税込み 販売容量 1g当たりの 価格 コストコ 1,318円 980g 1. 173円! なんと コストコの150円オフを超える安さです、 オープニングセールの期間限定価格ではありますが、非常に安いです。 なぜこんなにドラッグストアが安く販売できるのか? については以下の記事に紹介しています。 気になる方はぜひご覧ください。 これまでは、ウインナーなんてシャウエッセンじゃなくていいと思っていました。 安いやつでいい。 どこも同じ。 どこも美味しい。 そう思っていました。 そんな僕が「シャウエッセン美味しい」「他と違う」と思うようになったのは妻の影響です。 妻はシャウエッセンが他のウインナー商品より美味しいことを知っていました。 シャウエッセンというより、日本ハムの商品が美味しいと言うのです。 僕はそもそも、 どこのウインナーが美味しいか?なんて意識して食べたことがなかったです。 妻の意見を聞いて、ウインナーを食べるときはシャウエッセンと比較して食べるようになりました。 すると、分かったのです。 シャウエッセンが美味しいと。 味だけではありません。 パリッとした食感!! この食感がたまりません。 パリッとした食感は茹でて食べたときが一番感じます。 もちろん、焼いても美味しいし、レンジでチンしても美味しいです。 シャウエッセンは他のウインナーより価格は高いですが、それだけの価値はあると思います。 ウインナーに限らず、ベーコンやハム、チャーシューなども 日本ハムの商品が美味しいです。 そんなこと今まで知らなかった〜って方は食べ比べをしてみてください。 袋に書いてあります。 冷蔵庫から出してそのまま食べる ……….

次の

シャウエッセン®

シャウエッセン

記事によれば、食品や日用品など約265万品目の販売データ(日経POS情報)を分析したところ、全商品分野のなかで、平成の30年間で一番売れたのが「シャウエッセン ポークあらびきウインナー」だったという。 奥さん、ご存じでしょう? シャウエッセンです。 1位がウインナーで、2位がビール。 販売データの中に小さなドイツ。 確かに、シャウエッセンはずっと僕たちの身近にあった。 母が作るお弁当に入っていたし、成人してからはビールと共にあった。 でも改めて考えると、シャウエッセンのことをよく知らない。 例えば冒頭のネーミングの話だって、調べて初めてわかったことだ。 これは一度、ちゃんと聞いたほうがいいだろう。 日本ハムを訪ねた。 ご対応いただいたのは、日本ハム株式会社マーケティング推進部の比恵島(ひえじま)さん。 編集部から林さん、古賀さんも参加。 無類のウインナー好きが集結である。 会議室に通されると、シャウエッセンと関連商品が積まれた宝の山がスタンバイ。 しばらくうっとりと眺める時間があった。 誘惑に抗いながら、シャウエッセンの「そもそも」から聞いていこう。 35年前のこと。 当時のウインナーといえば、お弁当向けの赤いウインナー。 よくタコの形で入っていたあれだ。 そこに日本ハムは「本場ドイツに負けないウインナーを作ろう」と開発に着手する。 開発の背景に「成田空港の完成」もあった。 比恵島: 海外に行く人が増えて、食の本格化も進むだろうと。 ドイツに何度も開発メンバーを派遣して、本場のウインナーを研究したと聞いています。 ウインナーはヒツジの腸(羊腸)に肉を詰めるが、当時は人工の羊腸を用いたり、そもそも皮が無かったりした。 しかしドイツのウインナーに用いられているのは天然の羊腸。 そして調理はボイルするのが一般的だった。 これだ! ただ、ドイツのウインナーはビールのお供なので、ちょっと塩気がある。 日本はご飯のお供にしたい。 そこで味は日本向けにアレンジした。 そのひとつが「水あめ」。 比恵島: 日本人は甘みを旨味と感じるところがあるので、隠し味に粉末状の水あめを入れています。 味は発売以来35年間、全く変わっていません。 比恵島さんのストラップにもある「シャウエッセン」のロゴ、これも35年間変わっていないそう。 年月を経て味を調整しているのかと思ったら、昭和から平成をまたにかけ、令和に至る35年間ずっと変わっていなかった。 同時に我々も35年間「うまい〜」と食べ続けているわけで、開発者の先見の明のさることながら、我々の味覚も子どものころから変わっていないといえるだろう。 さて、こうして満を持して発売されたシャウエッセン。 だが、最初は全然売れなかったという。 「近くで見ていいですか?」という時間もありました。 お値段も若干お高めになってしまう。 スーパーに並べても「ウインナー」としか見てもらえないので、スルーされちゃう。 これはヤバい。 一回食べてもらえたらわかるのに。 そこで全面に押し出したのが「パリッ」とした歯ごたえ。 袋を止めるテープにも「パリッ!! 」って書いてある。 ちなみに2袋1セットで売っている理由は「品質を保つため小分けにしている」説と「過去にセットで売ったらすごく売れた」説があるそう。 天然の羊腸で作られたシャウエッセンは、ボイルすると皮が張り詰めて、噛んだときに「パリッ!」と音がする。 これを味わってもらいたい。 比恵島: 「美味なるものには音がある」というキャッチコピーを打ち出して、店頭の試食でシャウエッセンを丸々1本提供したんです。 「ファーストパリッ」がやっぱり大事なので。 「美味なるものには音がある」、あったあった!CMで久保田利伸が陽気な仲間たちとパリッって食べてたっけ。 1本を大盤振る舞いした試食作戦は大成功。 シャウエッセンは初年度100億円を売り上げ、その年のヒット商品番付にも載る。 そうなったらこっちのものである。 全国の工場でわんさか生産だ。 ということは、どの工場で作ったシャウエッセンでも、あの「パリッ」を保たねばならない。 比恵島: 工場には「パリッ」を測定する機械があって、弾力をチェックしています。 温度や湿度によって日々条件が変わるため、実際に食べて品質を確かめる「官能検査」も毎日行われているんです。 「パリッ」は皮が固いだけではダメ。 中身がパンパンに詰まって、はじめてあの「パリッ」が生まれるという。 毎日シャウエッセンを食べる仕事なんてうらやましい!と、のんきなことを思ったが、大変な役割なのだ。 現在シャウエッセンは全国8ヵ所の工場で生産され、全国のお茶の間に届けられている。 さて、シャウエッセンは次の年に260億円を売り上げ、あとは35年間右肩上がりで売上が伸びていく。 不況の影響もなかった。 そんな景気のいい話があるのか。 ところが、直近では売り上げが伸び悩んでいたという。 原因のひとつは「ユーザの高齢化」。 発売当時からシャウエッセンを買い続けていた方々が、一緒に年を重ねていったのだ。 今やシャウエッセンユーザの約50%以上が50代以上だそう。 毎日お弁当を作るお母さんたちは、少しでも安いウインナーを買いがち。 となると本格派のシャウエッセンには不利だ。 まるで発売当初の課題をなぞるかのように。 公式に「レンジで加熱していいよ」と打ち出したのだ。 当時ネットニュースにもなったので、記憶にある人もいるだろう。 というか、それまで電子レンジによる加熱を推奨していなかったことに逆に驚く。 比恵島: 社内に「シャウエッセンはこういうもの」「ボイルがお勧めなんだから焼きはダメ」という声が根強くて、電子レンジ解禁にもかなり反発があったんです。 レンジにかけると皮が破れて肉汁が出てしまう、それでは「パリッ」が守れないと。 35年間トップブランドで走り続けたシャウエッセンである。 当時関わった人が偉くなったりするだろうし、「シャウエッセンはワシが育てた」みたいな人も多いだろう。 二次会あたりで「ドイツに視察に行った時はさぁ〜」みたいな昔話もするだろう。 でもやっぱり、単身世帯の増加とか、女性の社会進出とか、時代は移り変わっている。 忙しいなかでレンチンするニーズは確かにある。 古賀「確かに、シャウエッセンをレンチンするのっては、なんか背徳感があったんですよ!とはいえ、してたけど(笑)」 レンチン反対派の声を沈めるために、改革推進派はレンチンのテストを何百回も繰り返した。 シャウエッセンをレンジに入れたり出したりした。 そうして緻密な計算を経て、最適な時間を割り出した。 そうなったら反対派も「うむ」って言うしかない。 現行のパッケージには「電子レンジの場合」の表示がある。 「下町ロケット」か「ガイアの夜明け」か、みたいな展開を経てこれがある。 こうして2019年、シャウエッセンは「手のひらを返します」というキャッチコピーと共に、レンチンを解禁する。 社内の反応はどうだったのだろうか。 比恵島: 今ではもう、めっきりレンジです(笑) 「今までのはなんだったのかと(笑)それでも一番おすすめなのは、ボイルなんですけどね」 勢いに乗って、関連商品も生み出した。 発売以来初めてとなる新テイスト「ホットチリ味」「チェダー&カマンベール味」を発売。 シャウエッセンの中身で作ったミートローフは、ネットで「悪魔の食べ物」とバズった。 ミートローフ。 シャウエッセンを料理の味の決め手として使うニーズがあったが、「パリッ」が建前なので、本来は皮を破ってほしくない。 それなら中身だけだそう、と開発したそう。 確かにおでんにシャウエッセン入れるとうまい。 シャウエッセンが乗ったピザも出ている。 「パリッ」どころか、既にめっちゃ切れてる。 あんなにこだわっていたのに。 さまざまな戦略が功を奏し、今年度は売り上げが700億円まで伸びる見込みだという。 ずっと右肩上がりだったのに、まだ伸びしろがある。 そんな景気のいい話があるのか(2回目) シャウエッセン本体から話を聞いているみたいな写真があったので置いておきます。 「の開設」だ。 実は昨年末、Twitterでシャウエッセンがちょっとバズった。 12月29日放送の『明石家さんまの爆笑!ご長寿グランプリ2019』(TBS系列)でのこと。 98歳のおばあちゃんが、玉音放送に泣く24歳の自分にビデオレターを送るというコーナーがあった。 おばあちゃんはカメラに向かって言う。 戦争で何もかも取り上げられ、ずっとお腹を空かせたまま、必死に耐えてきたのに。 悔しいねぇ。 でももう泣くのはお止めなさい。 終戦から40年経った1985年。 あなたを幸せにしてくれる食べ物と出会いますよ。 ……シャウエッセン。 楽しみに待ってなさ〜い 終戦とシャウエッセンのギャップに、スタジオは大爆笑。 動画のキャプチャがたくさんリツイートされ、シャウエッセン公式Twitterにも反響がきた。 比恵島: 放送は全く知らなかったんです。 オンタイムで見ていた部内のものから、「ちょっとこれ!」ってLINEが回ってきて。 Twitterにも「シャウエッセン送ってあげて!」みたいなリプライがすごく来て、ありがかったですね……。 動画を見せてもらいました。 おばあちゃんにはTBS経由でシャウエッセンを送られたそう。 よかったよかった。 ちなみにネットではYouTubeにもシャウエッセンの波が来てるという。 「パリッ」という音が心地良いと、ASMR(脳がゾワゾワする心地良い音)の動画があがっているのだ。 シャウエッセンができた35年前、ネットは普及していなかった。 なんだか時代が追いついてきた感じがある。 久保田利伸にも教えてあげたい。 日本ハムさんからいただいた「パリッ!! 」のオフィシャル画像。 もはや「パリッ!! 」を心の眼で見た状態。 純粋シャウエッセン空間である。 そして時は2020年である。 昨年の改革に引き続き、今年も仕掛けていくという。 取材の現場では比恵島さんが発売前のべーコロンを取り出し、我々は「スクープだ!」と沸きましたが、正式にリリースが出ていました。 林さんは「これでシャウエッセン巻きたいですね」って言ってた。 平成の30年間ずっと人気商品ってすごいですね、と聞きにきたら、令和になって劇的に変わるところだったシャウエッセン。 発売から35年ということは、シャウエッセンより若い社員が日本ハムに入ってきているはずだ。 シャウエッセンで育った「シャウエッセン・チルドレン」たちが、次世代を担うタイミングでもあるのだろう。 比恵島: 平成ナンバーワンと聞いたときも非常に盛り上がったんです。 発売当時の先輩たちが作り上げてきた結果であり、それを引き継いでいかないといけないね、と。 比恵島さんは「我々もこんなにやっちゃっていいのかなって」と笑いながら、「逆に今じゃなきゃできないなって」と言うのだった。

次の

シャウエッセン入門 :: デイリーポータルZ

シャウエッセン

シャウエッセンVSアルトバイエルンの外観比較!! (生) 徹底比較!! シャウエッセンVSアルトバイエルンどちらが美味い!? 8月10日はシャウエッセンの日『今日というミライグラフ365』左がシャウエッセン 右がアルトバイエルン それでは、この二つを比較表で比較していきましょう!! 上の写真では、 左がシャウエッセン 右がアルトバイエルンです。 若干、賞味期限的に短くなってしまってシワがありますが、アルトバイエルンの方が、 皮がしなってる感じです。 ただ、色は アルトバイエルンの方が肉っぽい濃い色ですね。 シャウエッセンは、 皮が温める前でもハリがある感じですかね。 ほぼほぼ、見た目は変わりませんね。 シャッフルされると、もはや、わからん・・・という外観です。 それでは、次に茹でてみて比較してみましょう!! シャウエッセンVSアルトバイエルンの外観比較!! (茹で) 左がシャウエッセン 右がアルトバイエルン さすがに、 どちらも皮ががパリッと張っていて、もう弾けんばかりですね。 先ほど書いた通り、 シャウエッセンが少し色が薄く、アルトバイエルンが少し濃いですね。 皮の切れ目が、 シャウエッセンは羊の腸を使っているので、自然の食材っぽい、千切れ方ですね。 アルトバイエルンは、皮の切れ目は綺麗に詰め込んでいる感じがありますね。 ただ、どちらも茹でるとさらに区別がつきにくい感じがします。 シャウエッセン アルトバイエルン 会社 日本ハム 伊藤ハム 発売時期 1985年(昭和60年) 2月〜 『手造りウインナー・バイエルン』:1985年〜 『アルトバイエルン』:1998年〜 熱量 311kcal 341kcal たんぱく質 12. 1g 11. 6g 脂質 27. 8g 30. 8g 炭水化物 3. 0g 4. 4g 食塩相当量 2. 1g 1. アレルギー情報 豚肉 豚肉 製造工場 日本国内工場 日本 原料原産地 豚肉(アメリカ、カナダ、デンマーク、チリ、メキシコ、ポーランド、日本、ハンガリー、ドイツ、イタリア、スペイン、フィンランド、ブラジル) 豚脂肪(カナダ、アメリカ、日本、メキシコ、ドイツ、スペイン、チリ、フランス、イタリア、オーストリア、デンマーク) 米国、カナダ、日本、デンマーク、メキシコ 発売時期としては、シャウエッセンも、アルトバイエルンも1985年のようですが、『手造りウインナー・バイエルン』から、なんどかリニューアルして現在に至っているようです。 栄養成分としては 、アルトバイエルンの方が、カロリーも脂質も炭水化物量も多いようですね。 ジューシーさとしては、アルトバイエルンの方が脂っぽさがあるのでしょうかね。 シャウエッセンVSアルトバイエルン 食べレポ シャウエッセンは、さすが、羊の腸を使っていることもあり、『美味なる者には音がある』と言う通り、『パリッ』と感がかなり感じられますね。 アルトバイエルンは、先ほども言った通り、燻製感とジューシー感と、より肉っぽさを追求している感じがします。 味の好みなのかなと思うところです。 個人的には、シャウエッセンは、パリポリ感と自然なソーセージの旨みがある感じで、ごはんにもビールにもあう感じですね。 アルトバイエルンは、よりジューシーな感じで、味が濃く、燻製の薫りが強いので、さらにビールに合う感じでしょうか。 価格は、両方とも同量サイズでの販売のため、だいたいは同じ価格に合わせられているか、または、それぞれのスーパーマーケットのメーカごとの強い弱いがあるので片側が少し安かったりします。 どちらかが、二袋セットで、片側は一袋売りなんてところもあります。 シャウエッセンVSアルトバイエルンこだわりポインツ!! ︎ シャウエッセンと、アルトバイエルンそれぞれのこだわりポイントで比較していきましょう!! テレビCMでは「パリッ!」という音とともに 「美味なる物には音がある!」で話題に。 記載などなし 人口の皮? パリッと感についての記載はあり。 国産山桜によるスモーク こだわりのポイントを、それぞれのホームページ上の工程から抜粋しました。 ちょっと、シャウエッセンの歴史が長いことのせいか、アルトバイエルンの内容が、 伝承72時間熟成を押し過ぎていて・・というところでした。 やっぱり、 シャウエッセンのソーセージの肉の皮は、羊の腸を使っていることが押されており、まさに、『パリッと』を守っていますね。 アルトバイエルンは腸詰めに関しては、記載がなく、熟成された肉の旨み成分にこだわったというところでしょうか。 ただ、両社とも、パリッとジューシーは変わらずで、どちらも切磋琢磨して頂きたいというところですね!! 今日のミライポインツ!! ︎ 今日は、シャウエッセンの日ということで、アルトバイエルンの比較についてのコラムでした。 どちらも、たまーに、『美味しいけど、高い』というイメージがある方も、いらっしゃいますが、実は、シャウエッセンもアルトバイエルンも一袋の量で考えると、中途半端に安くて量だけ少ない、ソーセージの方が高い場合が、最近では多いんではないでしょうか!? 食べるなら、当然、美味しいものを選びたいのが当然ですよね!! 量と価格をよく見て買うとお得になりますよ!? 私は一人暮らしなので、肉の代わりに、生肉よりも賞味期限が持つということで、シャウエッセンもアルトバイエルンのどちらも必須アイテムです。 ないともう料理に困ります!! しかし、ソーセージは料理においては、ビールのおつまみやオカズ、肉の代わりと何にでも使える肉なので本当に助かりますね〜!! 今日の毎日の記念日は何の日か、スピーチや、朝礼の話のネタなどにお使いください。 それではまた〜!! 新しい1日をミライグラフで!!

次の