武装彼女 前世。 氷室鐘

ダイヤモンド・アイ

武装彼女 前世

第13話「支配者と調停者」あらすじ 《セントラル・カセドラル》の大図書室に隠遁する少女カーディナルに助けられたキリトとユージオ。 彼女の正体は仮想世界《アンダーワールド》の秩序の維持を司る自律型プログラムだった。 アドミニストレータの過去をはじめ、《公理教会》や《禁忌目録》の成り立ちをキリトに語り始めるカーディナル。 感想「新章スタート!100階の塔の最上階を目指せ!」 今回は予想通りカーディナルからクィネラことアドミニストレータの説明の続きと、どうしてカーディナルが誕生したのかが明かされることとなりました。 正直カーディナルのCVが丹下桜さんということもあり、更に「のじゃ」口調ですので完全にネロでしたね。 しかし作品はSAOですので切り替えていきましょう! 年末でのCMで「新章突入!」と謳われていましたのでこれからの物語の展開に期待しています。 これまでは辺境の地から公理教会をひたすら目指していたキリトとユージオでしたが、 これからは整合騎士が待ち受ける100階層のタワーバトルへと突入します。 声の主のシャーロットについて これまでキリトを陰ながらサポートしていた存在が第13話の作中で明らかになりました。 正体はキリトの髪に潜んでいた蜘蛛で、名前は「シャーロット」。 カーディナルの使い魔の一匹としてルーリッドの村からずっとキリトを見守り、時にはサポートもしたそうですね。 アニメの演出だとゼフィリアの花を励ましていた声の主もシャーロットだったということでいいのかなと思います。 [ad] 最終負荷実験とは カーディナルがキリトに語っていた「何故この世界を創った外界の神達は偽りの神、アドミニストレータの専横を放置しているのか」と語っていたシーンで、カーディナルが負荷実験の最終フェーズについて言及していました。 あくまでユージオの目的はアリスを公理教会から助け出すことですし、キリトはユージオの目的を手伝う一方で、アニメでは描写がありませんが外部と連絡をとるシステムコンソールを探しています。 原作小説ではシステム権限が高いと予想されるシステムコンソールはアドミニストレータの近くにあるのではないかとキリトは考えています。 ただしこのカーディナルの言葉によって公理教会のトップであるアドミニストレータを倒した後に待ち受けている出来事がわかります。 それが 人界と暗黒界(ダークテリトリー)の全面戦争です。 カーディナルの説明ではわかりづらかったかなと思ったので捕捉をしておくと、本来ならば人界側もその決戦に対抗できるように措置がされていました。 キリトとユージオが果ての山脈でゴブリンと遭遇し戦闘をしたように、 人界に住む人々は度々迷い込む暗黒界の住人を退け レベルアップをするはずだったのです。 しかしアドミニストレータの支配によって、彼女以上のシステム権限を持たないように人界に住むフラクトライト達が管理されてしまっているために人界側の戦力は整合騎士しかいません。 エルドリエ・シンセシス・サーティワンが先月召喚されたと自身で言っていたこともあり、整合騎士の人数は30人です。 暗黒界にはアドミニストレータの支配は及ばず、あちら側に住む住人達はラースが元々意図していたように戦力を蓄えている状態です。 そのことから カーディナルは「絶対数が足りない」と指摘しています。 アリスを助け出す方法「敬神 パイエテイモジュール 」とは カーディナルからアリスをシンセサイズの秘儀から解放する方法が明らかになりました。 キリトとユージオがエルドリエ・シンセシス・サーティワンに行ったように消去された記憶を鮮明に想起させて、整合騎士の額に埋め込まれた『 敬神(パイエテイ)モジュール』を取り出す必要があります。 更にそれだけではシンセサイズの秘儀を解くには『 整合騎士にとていちばん大切な記憶の欠片』を取り戻す必要があります。 カーディナルによると最も大切な記憶の欠片はセントラル・カセドラルの最上階に保管されているとのことで、どうあってもキリトとユージオはアドミニストレータと相対することは避けられません。 セントラル・カセドラルの階層は約100階とされており、キリトの黒剣とユージオの青薔薇の剣が保管されているのはセントラル・カセドラルの武器庫ですので3階からのスタートです。 なんだか『階層を上る』なんて言葉を聞いていると『浮遊城アインクラッド』を思い出してしまいますね。 武装完全支配術とは 完全支配術は神器級の『 武器の記憶』を全開放し、超攻撃力を発揮するという必殺技です。 カーディナルから渡されたスクロールにシステム・コマンドが書いてあり、それをシステムコールの後に唱えることで発動します。 キリトとユージオはこの武装完全支配術を使いこなせれば整合騎士とも互角に戦えるようになります。 修行というわけではありませんが、 カーディナルから必殺技を伝授されたということになります。 第13話の感想は以上です。

次の

創世のアルケミスト~前世の記憶を持つ私は崩壊した日本で成り上がる~(止流うず)

武装彼女 前世

鳥人部隊が氷壁に帰ってきたのは翌朝のことだった。 一晩中オーガを追撃して回っていたらしい。 報告は何度か貰っていたが、きちんと無事な姿を見ると私も安心する。 「はい! 貰ってない人は! まだまだあるから遠慮なく言ってくれ!!」 熊族の兵たちが鍋を片手に、鳥人たちの間を歩き回っている。 長期の飛行で疲労困憊の彼らに温めたはちみつ酒が振る舞われているのだ。 ありがたいと、回復力を高めるバフのかかったはちみつ酒を飲む兵を見ながら、私はぶすっとした表情の炎魔様を出迎えた。 「おかえりなさい。 お疲れさまです。 炎魔様」 「ただいまユーリくん。 ごめん、敵のユニークを取り逃がした。 これは負けだよ……オーガってのも侮れないね」 「炎魔様は負けてませんよ。 勝てなかっただけです」 というよりかなりすごい。 ユニークを相手にしながらも一番オーガを殺していたのは炎魔様だ。 今日だけで約五百体。 相手が魔法防御の呪いで魔法への耐性を高めていたことを考えれば、破格の戦果である。 よく言うね、と炎魔様は鼻を鳴らしてから、傍にいた熊族の兵に「私にもあれを」とはちみつ酒を要求すれば、すでに用意していたのか、熊族の兵より温められたはちみつ酒が鉄製のカップに入れられて差し出される。 ありがとう、と炎魔様は受け取り、立ったままそれに口をつけた。 (もう少し詳しく報告を聞きたいが、本陣に戻ってからでいいか……) 私たちがここにいては兵もゆっくり休めないだろう。 私は炎魔様を促した。 「移動しましょうか。 報告は本陣でゆっくり聞きます。 今後のことも相談したいですし」 「相談、ね……ユーリくんの頭の中では全部決まってるんじゃないの?」 「全然ですよ。 むしろ今後のことを考えると頭が痛くなってきます。 だいぶマジックターミナルも失われましたしね」 「ざまぁみろ。 くすくす」 にやにやと笑う炎魔様と会話をしながら本陣に移動しようとすれば、部隊を兵に任せてきたバーディがやってくる。 報告だろう。 「ユーリ様……ご報告が」 「移動しながら聞きましょう。 はちみつ酒は飲みましたか? 耐寒スキルで寒さは防げますが、あれは暖かいわけではないですからね。 空は冷えたでしょう?」 はい、いただきました、とバーディが本陣へ移動しようとする私たちについてくる。 私はふと空を見上げる。 今日は雪は降っていない。 朝陽が眩しい。 暖かい光に心が落ち着く。 テントが乱雑に立ち並ぶ間を私たちは歩いていく。 まだ休んでいる兵も多いのか、テントの前に空間を作って休んでいる獣人たちの姿が見える。 私に気づいた彼らが手を振ってくるのに手を振り返しながら私はバーディの報告に耳を傾けた。 「ユーリ様、ご命令通りにオーガの民間人……と言っていいのかわかりませんが職人や呪術師、女子供は焼き払いました」 「お見事ですね、バーディ。 それで兵の方は?」 「流石に我々も疲労が濃く、 殿 しんがり として残ったオーガ千体ほどを焼いたぐらいです。 申し訳ありません」 「いえ、十分です……貴女たちが死なずに帰ってきてくれたことが一番ですので」 ありがとうございます、と嬉しそうにバーディが言う。 鳥人部隊の活躍は今後の戦争を大きく変えるだろう。 上空から一方的に敵を叩ける彼女たちの重要度は今後一層増していく。 (だからバーディはもちろん、論功行賞はきちんとドッグワンやベーアンを評しておかないとな……) バーディや炎魔様の活躍が大きいことは確かだ。 彼女たちはこの戦いの戦功第一でもある。 ただここで彼女たちの戦果のみを喧伝すると、あとの政治力の変化もだが、猪武者が増えてしまう。 敵を倒せばそれでいい、と考えるものが増えれば面倒だからだ。 (常に補給を万全にしてくれたベーアンと、壁の内部でしっかりと守備を固めてくれていたドッグワンにも勲章を与えなくてはな……) それにウルファンもよく守ってくれた。 シザース様の指揮も見事だった。 戻ったら『旧茨城領域征伐勲章』を作って参加した兵全員に授与すべきだろう。 戦争はするものじゃないな) 戦争のために準備をすればするほど金が飛んでいく気がする。 処女宮 ヴァルゴ 様が交渉だけでニャンタジーランドを落としたことを私は思い出した。 あれは 楽だった ・・・・。 くじら王国が散々にニャンタジーランドを弱らせたあとだったから、鯨波王の成果を横から奪っただけで神国からの出費はほとんどなかった。 「やっぱり戦争はするものではないですね……」 「突然どうしたのさ? っていうかユーリくんがそれを言うわけ?」 炎魔様が私の呟きに呆れたような顔をするのだった。 地下のゴブリンの処理に加え、シモウサ城塞の要衝に残った五百名ほどのオーガの兵の処理に手間取ったからだ。 シモウサ城塞の要衝にそれぞれ立てこもった五百名のオーガの戦士は、グレーターサイクロプスよりもずっと面倒だった。 「我々は防衛は得意でも城攻めはやはり得意ではありませんね。 かなり手間取りましたし」 「敵の主力が撤退してくれて助かりましたな。 五百名しか詰めていない城を落とすのがここまで面倒だったとは……」 広い城塞の各所に散ったわけではなく、いくつかの重要拠点を決死の覚悟で守り続けるオーガたちを倒すのはとても時間がかかった。 もちろんオーガどもを雷神スライムで一体一体暗殺して回ってもよかったが、これも良い機会だと雷神スライムや氷結蟹は地下のゴブリン退治に回し、私は立てこもったオーガたちの討伐を教区軍の人間だけに任せてみた。 攻城戦を経験するにはこういったシチュエーションは貴重だったからだ。 私は彼らに城攻めの経験を積ませ、そうしてこうして落城したシモウサ城塞に入城していた。 「それでここが玉座の間です。 百名ほどのオーガが最後まで抵抗していた場所ですな」 ドッグワンがシモウサ城塞の玉座に入った私の傍で解説をしている。 もちろん解説だけではない。 ドッグワンは護衛という名目で傍にいるのだ。 オーガの残党がもう残っていないことは確かだが、罠などの危険はあるし、万が一があるからだ。 レベルだけは高い私だが、近接戦闘力はオーガと比べればカスだ。 巨大な暴力の塊であるモンスターに迫られれば一撃で殺される子供の身体だった。 「諦めて吹き飛ばしてもよかったんですが……私も人間ですね。 時間の余裕があったので無理をさせてしまいました」 「いえ、この征伐にて、我らの武勇を振るう機会がまたあって嬉しく思います」 先頭に立って剣を振るったドッグワンがにやりと笑ってみせる。 私も勲章をきちんと与える機会をあげられてそこは嬉しかった。 そして、もう座るもののいない玉座を私は見上げた。 グレーターサイクロプスが座っていたのだろう。 樹齢千年とかそういった巨木か何かから削り出したのか、巨大な木製の玉座が玉座の間にどすんと置かれている。 このままこれは矢の材料なりなんなりにしてしまってもいいが……残しておけば旧茨城領域を完全に占領が終わって、平和になったときに観光名所化できるかもしれないな。 現代日本の記憶がある私としては、こういったものを残しておけば世界が平和になったあと、地方自治体が奇抜なゆるきゃらなどを生み出さなくとも観光資源が作れるのでは、という考えがあったが……。 (保全が面倒だな) 流石にシモウサ城塞はオーガの城だったためか、全てのスケールが大きすぎる。 人間が住むのに向いていない。 神国の人口が増えて、余裕ができたら解体して人間用の城に立て直すのが良いだろうか? (いや、城はいらないか……防衛用に城壁だけ残して、中の石材を組み替えて、人間用の街を作ったほうがいいな) 私がこの戦いのあとを考えている間にも犬族の兵がどやどやとやってくる。 「ユーリ様! 宝物庫がありました!!」 野外の探索が得意な狼族と違い、犬族は種族特性で屋内の探索にも優れている。 彼らにはオーガの生き残りの捜索の他に、城内の探索を任せていた。 「よくやりました。 よかった。 円環法で城を消し飛ばすこともできたが、それでは位置がわからない宝物を消し飛ばすことになる(また円環法のSP浸透で見つけることもできるが城塞内部全域を精査すると兵が疲れ切ってしまう)。 「宝物庫……珍しいアイテムがあると良いですな」 ドッグワンが楽しげに言う。 彼も武人だ。 オーガの武具などに興味があるのかもしれないが、私としては本国向けに売却できるものならばなんでもよかった。 とにもかくにもニャンタジーランド教区は金がない。 本国とて余裕はないが、我々はもっと金がないのだ。 「地下にゴブリンがいましたから……宝物庫には宝石なんかがあると思うんですよね」 私がそう言えば、ドッグワンはなるほど、と楽しげに言葉を返す。 「さすがユーリ様だ。 それは確かに!」 ドッグワンの賞賛は、おべっかなのか本当に言っているのかわからないから微妙なんだよな……などと思いながらオーガ用の巨大な通路を我々は歩いていく。 オーガの城塞は九歳児の歩幅には辛い距離だ。 気分が急いているせいか、こうも長い通路を歩いていると絶対に人間向けの構造に改築しようという気分になってくる。 「宝石以外には骨か何かでしょうか? 金や水晶なんかもあるといいですね。 あれらは高度な施設に製造に必要ですので」 「楽しげですな、ユーリ様」 「それはもう……シモウサ城塞を無傷で手に入れた理由の二割ぐらいがこういった物資を損なわずに入手することでしたからね」 すでに武器庫は押収し、人間向きではないサイズの金属武器などは素材取り用として鋳潰すことも決まっている。 鉄素材を神国からの輸入に頼っていた教区としては嬉しい臨時収入だった。 またオーガたちが使っていた呪術の本なども手に入っている。 こういった珍品は磨羯宮様や炎魔様が良い値段で買い取ってくれるだろう。 夢のある話をドッグワンと話しながら我々は宝物庫前にたどり着く。 宝物庫の前には逃げずに踏みとどまっていたらしい宝物庫番らしきオーガの死体が転がっていた。 ドッグワンの部隊が殺したのだろう。 扉の前には犬族の兵が並んで周囲を警戒している。 「ユーリ様! ドッグワン様! こちらです。 扉を開けるのに難儀しましたが……何しろ我ら人のサイズではありませんからな」 犬族の兵が私とドッグワンに向かって敬礼をしてみせた。 彼らは開いたのか、巨大な門のような扉を備えた宝物庫の扉は大きく開かれていた。 中を見れば巨大な棚が並んでいる。 グレーターサイクロプス用の鎧や槍なども転がっている。 金属素材の山だな。 「罠などは?」 「兵が入って確認しました。 警報のようなものがありましたが、解除してあります」 ご苦労さまです、と頷き我々も宝物庫に入る。 「ほう……金銀財宝、といった感じですな」 金のインゴットや、宝石などが所狭しと並べてある。 管理していたオーガが几帳面だったのだろうか? きちんとアイテムの種別ごとに分けられている。 一通り見て回ってから私はほっと息を吐いた。 人間の骨で棚がびっしりと埋まっていたらどうしよう、という不安が払拭されたからだ。 「財宝は助かりますね。 教区軍も財政がピンチなので」 「最近それしか言いませんな、ユーリ様は」 「頭が痛いんですよ、春からはドッグワン、貴方もですが軍の人員を強化して、他の十二剣獣にも活躍の機会を与えるために装備を作らないといけませんからね」 今回連れてきた四人以外の十二剣獣にも実戦の機会を与え、大規模襲撃に備えなければならない。 実戦経験のない軍隊なぞ張子の虎だ。 全十二剣獣を戦えるようにしなくてはならない。 それに神国からの輸入でしか入手手段のないマジックターミナルに頼り切るのも問題だった。 あれは便利だが、あまり頼りすぎるとなんらかの手段で封じられたときが痛い。 (まぁ私が神国に対し弱みを見せられる、という意味ではマジックターミナルの輸入は政治的に正しいんだけどな……) とはいえマジックターミナルは高価すぎた。 だからマジックターミナル以外の武装も考えなければならないし、考えたら考えたでそれを全軍に配備できるようにラインを作らなくてはならない。 (……なんとか、無事に終わってよかった……) ちゃんとした宝物があって、本当によかった。

次の

ダイヤモンド・アイ

武装彼女 前世

彼女達と文通している間に、あの「古代の奈良の夢」を見た。 すでに、それが「前世の夢」だと理解していた。 *文通をしていた彼女達のことは、「」や「」の回に。 懐かしい山々。 でも盆地に広がる巨大な湖が、今とは違う時代だと物語っていた。 広い高床式の神社のような建物の中に、歳の離れた弟といた。 ある日、唐突に船が現れた。 船は白く、とても巨大で、真っ白な帆が風をはらんでいた。 今までに見たことがないその異様な巨大さ。 その船が生駒山の頂上を越えてきた。 静かに、ゆっくりと。 その、生駒山の上を飛行する巨大な白い船。 あれは… <アマノトリフネ> 奈良側の麓に降りて来た、船に乗っていた人々とは、一時戦になった。 ほとんど一方的。 彼らは、白い衣を着て・・・ちょうど日本神話に出てくる神達のよう。 私達の里を攻めてきた。 その絶望的な状況を好転させた理由は、たった一つ。 彼らの長と私が出会ったこと。 彼は、リュウだった。 あの洞窟の夢に出てきた人。 お互い、一目見た瞬間に理解したよう。 船には、他の「前世の仲間」もいた。 彼らと私とで、この国を治めることになった。 同じ夢の中。 私も武装して、先頭に立った。 匍匐前進のまま進んで、その場所に来た時、金縛りのようなものにあった。 まったく動けない。 なんとか顔を上げると、赤く光る一つの目。 何体も現れて槍のようなもので、動けなくなった里の人達を刺していった。 だが、思い叶わず。 いくつもの腕に羽交い絞めにされて、引きずられていった。 私の周りにいた男達が、私の力の影響で金縛りから解けていたようだった。 「あなたまで死んだらどうするのですか!」 そんな悲痛な声が聞こえた。 動けず、生きながらに串刺しにされていく里の男達。 帰りを待ってるはずの、奥さんや子供達の顔が次々と浮かぶ。 何を叫んだか覚えていない。 涙が止まらなかった。 その後、手を振りほどいて、一人で突っ込んでいったよう。 船の時に、一緒に行った人たちの顔が見られた。 一人で怪物に立ち向かおうとした。 無茶ではあるけれど。 なりたい自分は、すでに自分の中にある。 きっと、そうなろうと思った時からなれる。 いつか、今の世も夢になる。 今の私を見て、夢を見た私がそう思えるように。 私も、何の力もないけれど、今の私がやれる精一杯のことをやろう。 この夢が私を変えたように思う。 それともう一つ。 (その時の)私の親の世代に、船の人たちと同じところから この地へ移り住んだらしい。 私自身、どちらで生まれたのかは分からないけれど、船の人達とは同族だった。 後に水樹和佳子さんの漫画「イティハーサ」を読んで、 その頃の背景によく似ていると思った。 ムーとの絡みとか。 もしかすると、あの船はムーから来たものだったとか? それは、私には分からない。

次の