松本人志 肉体改造。 松本人志の筋トレメニューと食生活!食事制限なしのマツザップ

【悲報】松本人志の筋肉がバランス悪すぎとネットがざわつく

松本人志 肉体改造

松本さんの体が話題になったきっかけは、NMB48の渡辺美優紀さんが2013年12月5日にGoogle+に投稿した写真だ。 渡辺さんはこの日バラエティー番組「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)の収録に参加し、松本さんと2ショット写真を撮影した。 ピースする渡辺さんの隣に写っている松本さんは、とぼけた表情とは裏腹に、ピタっとしたTシャツから大胸筋は盛り上がり、袖からはムキムキの腕がのぞいている。 渡辺さんもこの体には驚いたようで、「筋肉もすごいです」とコメント。 ファンからも、「胸筋凄いな!!」「めっちゃむきむきやな!」「こんな筋肉あるの??」といった感想が寄せられた。 さらにこの写真がネット上で拡散され、「想像以上でわろた」「鍛えすぎだろwww何を目指してんだ」「これもうおっぱいやで」など、驚きの声が多く上がっている。 44歳の時に体年齢「21歳」と診断された 今回の渡辺さんの投稿で一気に広まった感があるが、松本さんの「肉体改造」の話は11年前まで遡る。 02年10月放送のラジオ番組「放送室」(JFN系)で、同月から放送されたスポーツドキュメンタリー番組「サイボーグ魂」(TBS系)で体力テストをしたことについて「もうホンマに(体力)落ちてるよね。 下半身なんかムチャクチャや」とがっかりした様子で話し、「俺頑張るわ。 鍛えるわ。 俺は生まれ変わるからな」と決意表明していたのだ。 08年8月放送の「放送室」では、体組成計で測定したところ、体脂肪率は15%、内臓脂肪もほとんどなく、筋量も適切。 当時松本さんは44歳だったが、体年齢は何と「21歳」と診断されたと自慢げに語った。 11年7月放送の「FNS27時間テレビ」内「アカン警察」のコーナーでは、「松本人志ムキムキになってる事件」として取り上げられ、ジムの中で裸の上半身を晒しトレーニングに励む映像が流された。 後輩芸人「水玉れっぷう隊」の荒木良明さんの証言によると、「以前からボクシングジムに通っているが、11年3月頃からトレーニングの激しさが増した」そうだ。 13年7月に放送された音楽番組「HEY! HEY! HEY! 」でも、ゲストのSMAPから「隠れマッチョ」をイジられた。 中居正広さんが「何でそんなにやってるんですか?って聞いたら、結婚してからですよ。 もし家に誰かが来た時に守らなきゃいけないものが俺にはできたから」と暴露され照れつつ、10年6月に「左股関節唇損傷」と診断され、手術を受けた後にリハビリでジムに通い出したのもきっかけになったと明かした。 「基本的にあんま嫌いじゃないのよね。 下半身はしんどいから面白くないねんけど上半身何か面白くなってきて」と、鍛えるのが趣味のようになったという。 驚くことに、この時点でベンチプレスは100キログラム上げられると話していた。

次の

松本人志は毎日プロテインを飲んでるって本当?

松本人志 肉体改造

このページは、ダウンタウンの松本人志さんが飲んでいるサプリについてお伝えしています。 松本人志さんが筋肉のために飲んでいるサプリとはいったいどんなものなのか。 そのことについてみていきます。 最近では、筋肉ムキムキになった松本人志さんも見慣れてきましたね。 しかし、松本人志さんはいつからこんなにムキムキになっていったのかなあと疑問に思うことがあります。 もともとは細い体つきであったため、今との差がすごくあるように感じます。 ただ、短期間で肉体改造を成功させてもテレビで見る回数が多いので、なんか体つきが大きくなったような!?くらいにしかこちらは変化を感じなかったのかもしれません。 服の上からは想像出来ないほどの筋肉でマスクをしていて、これが松本人志さんと分かって見ても疑いたくなるような程のものでした。 ここまでの筋肉を付けるにはただ単に筋トレを続けているだけでは、到底難しいレベルです。 なので、プロテインやサプリを取り入れていることは間違いないでしょう。 しかし、いろんな番組で筋肉をいじられることはあってもそのトレーニング法であったり、何を飲んでいるのかも本人の口からは聞いたことはありません。 サプリはビルドマッスルHMBの可能性が高い しかし、いろんな情報をみているとおそらく『ビルドマッスルHMB』を飲んでいると思われます。 飲むだけで筋肉がつく魔法のサプリと言われるほどの効果があるそうで、短期間で仕上げることが出来た裏にはこのサプリがあったからなのでしょうか。 ここまでレギュラー番組を抱えて特番やローカル番組の収録をこなす松本に毎日トレーニングをする時間もないでしょう。 この筋肉を維持することを思うと、サプリは松本にとっては必須アイテムとなっているのでしょう。 いかに効率よく筋肉に働きかけるかが重要です。 ある日の「松本家の休日」で、たむらけんじが体を鍛えてるとオープニングトークで話していました。 しかもその鍛え方は松本に教えてもらったやり方でやってますと言っていました。 『あー、マツザップ始めたぁ!』と松本はドヤ顔で答えていましたが、自分のトレーニング方法をマツザップと名付けてしまうほど、自信があり効率的に鍛えられる方法なのでしょう。 その具体的な内容は語られておりませんが、筋トレの1セット目、2セット目は何の意味もないことであり、3セット目からやっと筋肉に繋がるのだという。 さらに3セット目のカウントは自分を自分で騙しながらカウントを増やしていくというものでした。 この方法でやれば、けんじなんかすぐ筋肉つくんちゃう!?と言うほど、松本は筋肉に対しての知識も増えているように思います。 そしてたむらけんじに教えた筋肉知識の中にも当然プロテインやサプリも何が良いのか教えてあげていることでしょう。 筋トレするタイプでなかった松本少年 子供の頃から運動神経が良かった訳ではないために、どちらかと言うと筋トレなんて絶対するものか!そんなん年相応の体でえぇんちゃう!?なんていうタイプでした。 しかし、一度体を鍛え始めそれを楽しいと思ってしまったら、もう止まらなくなってしまいましたね。 まさかここまでムキムキになっているとは誰が想像したことでしょう。 「松本家の休日」でボルタリングに挑戦した時にも思った以上に楽しかったようで、これからのトレーニングメニューに追加されるのではないかと思うくらい、体を動かすこと、鍛えることに楽しさを感じているのが伝わって来ます。 結婚を機にここまでの肉体改造を成し遂げた松本人志さん。 守るものが出来たからという理由がここまで人を変える力があることにも驚きですよね。 いつまでもかっこいいお父さんで居られるように努力しているのかな? そんな松本人志さんには、ずっとキレキレの笑いを続けるためにもこの筋肉美を保って欲しいと思います。 映画もそろそろみたいななんて個人的に思っていますが、どうなんでしょうね。 あなたにおススメのページ.

次の

松本人志の筋トレメニューとプロテインを紹介!筋肉バランスの評判は!?

松本人志 肉体改造

名前:松本人志(まつもと ひとし) 出身地:兵庫県尼崎市 生年月日:1963年9月8日 身長:172cm デビュー:1981年 出身高校:県立尼崎工業高等学校 最終学歴:県立尼崎工業高等学校卒業 所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー 松本人志さんは、1982年に漫才コンビ「まさし・ひとし」としてデビューしました。 その後、現在の「 ダウンタウン」に改名。 数年間の下積み時代を送っていた1985年、先輩芸人の島田紳助さんがコンビ「紳助竜介」を解散。 解散会見での「阪神・巨人やサブロー・シロー、ダウンタウンには勝てない」との発言がきっかけとなり、無名だったダウンタウンは次第に名を知られる存在となっていきました。 1987年、毎日放送で「4時ですよーだ」が放送開始。 収録が行われた「心斎橋2丁目劇場」前の道路がファンで溢れかえったと言われるほどの爆発的な人気ぶりを獲得したダウンタウンは、1988年に「夢で逢えたら」で東京に進出することとなりました(本格的な東京進出は1989年の「4時ですよーだ」放送終了後以降)。 東京進出後、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」が放送開始。 現在でも大晦日の民放最高視聴率を記録するほどの人気番組となりました。 1991年12月8日、フジテレビ系の日曜夜8時台(通称:ゴールデンタイム)で「ダウンタウンのごっつええ感じ」が放送開始。 その後、松本人志さんによる著書「遺書」「松本」はそれぞれ250万部、200万部の大ベストセラーとなり、1995年度の芸能人長者番付では、松本人志さんが1位、相方の浜田雅功さんが2位を記録する偉業も成し遂げています。 その後もコンビとして、また、ソロとして数多くのバラエティ・ドラマ・映画などで活躍。 50代を迎えた現在もお笑い界の生ける伝説として多くの後輩芸人や芸能人たちから尊敬される存在となっています。 現在の松本人志さんの体重を75kgと仮定すると、BMIは25. 3(軽肥満)となりますが、実は、 筋力トレーニングで身体を鍛え上げている方にはBMIという指標は適さないため、25を超えているからといって肥満であると判定するのは適切ではありません。 脂肪よりも筋肉のほうが重さがあるので、鍛えれば鍛えるほど「体重は」重くなってしまいがちです。 ただ、見た目は引き締まりますし、筋力がつくので身体の重みで動きが重くなるということはないとされています。 goo. その起源にあるのは、さきほどもご紹介した2002年~2003年に放送されていた『サイボーグ魂』番組企画で松本人志さんが肉体改造にチャレンジした際に行った、 ボクシングジムによるハードなトレーニングだったそうです。 ただの筋力増強だけではなく、持久力を身につけるためのトレーニングだったそうですよ。 起き上がるのもきつくなるほど、激しく筋肉トレーニング、身体を休めてから、また筋肉トレーニング…その繰り返しと、食事療法を合わせたトレーニング方法を用いて、松本人志さんはあのマッチョな身体を手に入れたようです。 また、松本人志さんは番組収録などで忙しいということもあり、トレーナーの指導を仰ぎながら、ジムでトレーニングしていたという話もあります。 2セット目以降は10kgずつ増やすようで、具体的なセット数は紹介はありませんでしたが、3セット以上行うようです。 引用: この後、ラットプルダウンも行われていましたが、筋トレに詳しいトレーニーの方によると、松本人志さんのフォームはNGとされているようです。 また、これらの他にも上腕三頭筋のトレーニングや下半身のトレーニングを行う様子も放送されていましたが、プロの方が見ると、いずれも「動きが速すぎる」とのことで、 筋肥大で目に見える変化を得たいのであれば、もっとゆっくりとした動作で行うべきと忠告されていました。 プロテインはDNSの「PRO-X」(1本400円)を愛用 ・松本人志さんの身長は172cmで体重は75kg推定 ・松本人志さんのダイエット方法 「ボクシング」「ベンチプレス」「チェストプレス」「プロテインはDNSのPRO-X」 以上、松本人志さんのトレーニング方法についてまとめました。 松ザップという独自の筋力トレーニングメソッドを提唱している松本さんですが、過去のインタビューなどの発言からも、そのストイックな姿勢を垣間見ることができます。 松本さんが語るその独特なポイントは、本人曰く 「自分を騙さなあかんのよね。 ちゃんと3セット目 例えば 15回って決めて、13回目ぐらいまできた時に 自分に ウソよね~んてやってもう5回やるとか。 ほんだらもう自分にびっくりするねん!うお~ウソつかれてるって!お前15回って言ったやん!て。 」 引用:.

次の