けら す 炎上。 ワイドナショー|けらえいこの発言がヤバい!「ズレてる」「イタイ」と炎上!

鉄道系YouTuberけらすさんの炎上は防いだり規模を縮小できたのか? (鉄オタじゃなくてもわかる鉄道系Youtuberのけらす炎上 鉄道初心者向け解説の修正版)

けら す 炎上

騒動の経緯 鉄道系ユーチューバーのけらすさんとスーツ交通さんがもめてます。 お二人ともいわゆる乗り鉄という分野ですね。 私はよくお二人の動画を見ているのですが、もめているということでちょっと残念な気持ちです。 いちいち私が経緯を説明するのもどうかと思いますのでまとめサイトを引用させていただきます。 ケラスさんが登録者数7万、スーツさんが60万で 小が大に喧嘩売っちゃったかんじですね。 でももともとスーツさんファンがけらすさんの動画に、普段からスーツさんのパクリだとケチつけいたとか。 そのタイミングでけらすさんの動画のあとにスーツさんが似たサムネの動画をあげたからけらすさんがキレたとも言われてます。 過激な視聴者もいるんですね。 鉄道ファンはもっと大人の人たちかと思っていましたが。 ちなみにスーツさんは若干22歳、いちおう現役大学生、あ、卒業されたんですかね。 語りが22歳とは思えませんが・・・ けらすさんの動画はスーツさんファンからの誹謗中傷のコメントで「死ねや~」など大荒れです。 私はけらすさんの動画が好き 私はどちらかというとけらすさんのスタイルの方が好きだったのですが・・複雑です。 彼は私の好きな近鉄など関西私鉄の動画をよくあげていましたしね。 けらすさんはイケメンボイスで顔出し無しだったんですね。 だからより鉄道の方に集中できて私は良かったのですが。 顔出ししていない分、スーツさんに噛みついても大丈夫だと思われたのでしょうか? 鉄道系Youtuberと言っても狭い世界です。 切り口やネタが似てくるのはやむを得ません。 最近だったらサフィール踊り子号の運用初日とか近鉄の名阪特急ひのとりとかみんなネタは似てきます。 そこでサムネが似ていたからといっても目くじら立てるようなものでもありませんが、やはり日ごろから不満がたまっていたのですかね。 まとめ 今回の騒動は両者にとってメリットがありませんので、早く和解してほしいですが、けらすさんは一度鞘から抜いてしまった刀をおさめるのは難しいかもしれませんね。 このままだと鉄道系ユーチューバーでやっていくのは難しいかもしれません。 私としてはどちらの方の動画を見ても騒動のことが頭をよぎるので楽しく見ることができません。 もめる発端となったそれぞれの動画 tamikiti67.

次の

鉄道系YouTuberけらすさんの炎上は防いだり規模を縮小できたのか? (鉄オタじゃなくてもわかる鉄道系Youtuberのけらす炎上 鉄道初心者向け解説の修正版)

けら す 炎上

ソーシャルメディアの拡散性や即時性が企業のPRにも効果的であるとして、企業のSNSアカウント運用が普及しています。 一方非難や誹謗中傷が殺到するしています。 本記事では自社のアカウントを炎上させないために、ソーシャルメディア運用担当者ができることと、もし炎上してしまったらどう対処するべきかを解説していきます。 本記事の内容をまとめた、お役立ち資料はこちら! SNSにおける炎上の基本 企業の担当者だけで対応できる炎上と、対応できない炎上が存在する SNS上で起きる炎上にはソーシャルメディア運用担当者だけで対応できるものと、対応しきれないものがあります。 前者は、たとえば操作ミスや配慮を欠いた投稿内容に、ユーザーからの不満が殺到する場合を指します。 後者は、たとえばレストラン従業員が仕事場の冷凍庫に入って遊んでいるところをSNSに投稿して企業アカウントを炎上させてしまうケースのように、SNS運用担当者とは直接関係がないところに火種があった場合を指します。 ソーシャルメディアは生きたユーザーが集まるコミュニティであるため、どんな情報がネガティブな反応につながるのか予測が難しく、完全に管理することができません。 そのため、ソーシャルメディア運用担当者は日ごろから炎上を未然に防ぐための努力をしつつ、リスクが発生したとき最小限に抑える術を学んでおく必要があります。 企業のSNS炎上を防ぐ 4つの対策 本項ではSNSの炎上を未然に防ぐ対策として、運用担当者が守るべき基本ルールを書きにまとめました。 もし企業アカウントのせいで情報が漏えいした場合、担当者の解雇だけでなく、損害賠償に発展する可能性もあります。 SNSでやりとりする情報は、基本的には「すべて公になってしまう」と考えましょう。 また、ある時点までは正しいと考えられていたけれど「最新の情報では違う見方もある」ケースも十分あります。 事実は思った以上に不確かなものであると認識しておきましょう。 「だれかをどこかで見た」という情報も他人のプライバシーに触れる情報になるので避けるべきです。 また、重要な情報を送る相手の確認も決して怠れません。 たとえばDM(ダイレクトメール)など普段公開されないやりとりでの送信先のミスや、相手がなりすましアカウントである危険性も考えられるためです。 会社公式のアカウントであり、ソーシャルメディア運用担当者の個人アカウントではないことを認識して、投稿の内容が会社のマイナスになる可能性はないか重ねて吟味しましょう。 企業の炎上が起きた時の 3つの心構え 本項では「もし炎上が起きてしまったら」どういう風に動くべきなのか、心構えと想定されるフローを説明していきます。 焦りからひとたび判断を間違えると、一般ユーザーからますます怒りや不満を買ってしまう場合さえあるのです。 慌てて行った運用担当者の判断が「その場しのぎの取りつくろい」とユーザーから判断されてしまうと、あとで正しい対処や情報がわかったとしても、そのときには事態がより複雑化している場合があります。 他の心構えにもつながりますが、まずは冷静になることが大切です。 たしかに早めの対応は重要ですが、ほかの対応なしに投稿削除だけを先んじて行うと、SNSユーザーは「隠ぺい・ごまかし」と捉えることがあります。 そうなると、炎上が加速する恐れがあります。 というのも、対応や発言が二転三転してしまうと、「誠実でない・信憑性がない」とユーザーの猜疑心を掻き立ててしまうためです。 担当者は不用意な謝罪を控え、炎上を事実をすばやく関係部署間で周知し、会社全体で対応を考えましょう。 企業の理想的な炎上対応フローの例 すべての炎上ケースに当てはまるとはいえませんが、押さえておきたい基本的なポイントは下記です。 ソーシャルメディアの活動を停止する• 直属の上司、場合によっては広報や総務、法務、顧客窓口などに連絡• 弁明や謝罪、今後の対応策や発表は会社として方針が決まってから ソーシャルメディアの活動を停止する 炎上したアカウントは必要最低限な情報発信にとどめ、 解決の目途が立つまで一旦停止させましょう。 この場合の「停止」とはアカウントやコンテンツの「削除」ではなく、むやみな投稿をストップして様子を見ることをいいます。 直属の上司、場合によっては広報や総務、法務、顧客窓口などに連絡 直属の上司には炎上の火種や業務に関連した発言の有無などを 正直に報告し、報告を受けた上司は会社全体で対応するために 必要な部署に共有しましょう。 また、その際は 電話など最も速やかな連絡手段が望ましいでしょう。 また、事態の報告をするときは、火種となった投稿のURL、アカウント情報だけでなく、 炎上が発生した日時または炎上を発見した日時、担当者の氏名と連絡先など必要な情報をまとめましょう。 弁明や謝罪、今後の対応策や発表は会社として方針が決まってから 一貫した対応がユーザーの信頼につながります。 弁明や謝罪といった今後の対応策は担当者でなく、会社として判断し、対応しましょう。 途中経過として 「事実関係の調査」や「対応策の協議」の報告は随時行うべきですが、こちらも個人で進めようとせず、会社と相談するべきです。 まとめ 先述のとおり、万一炎上してしまった場合は会社全体として対処しなくてはいけません。 そのためソーシャルメディア運用を企業で行う際には、担当者はもちろん部署や管理職、会社のトップ含めてソーシャルメディアやSNSの基本的な理解が必要になります。 なかでもSNS運用担当者は最新の炎上の情報を定期的に収集し、そこから得た炎上になりやすい要素は排除するなどして、ふだんから炎上させないための努力が求められています。 記事に関連する動画をYouTubeで観る ガイアックス ソーシャルメディアラボではYouTubeチャンネルで動画コンテンツを配信しています。 より理解が深まりますので、併せてこちらもご視聴くださいませ。 企業の炎上対策なら、ガイアックスにお任せください!.

次の

10失点の大炎上から学んだ中日2位・橋本が1回ピシャリ「きょうは低めを意識してしっかり投げられました」

けら す 炎上

第1世代のトップYouTuber、マックスむらい氏。 自身が設立したAppBankの事業の一環としてYouTubeに動画投稿を始める。 チャンネル登録者数は約150万人。 撮影:西山里緒 YouTuberという生き方を最もよく知るのは、YouTuber本人しかいない。 今回、日本のYouTuber第1世代でトップYouTuberの世界を知る人物として、マックスむらい氏が「自身の経験範囲内でよければ」という前提でインタビューに応じた。 ネット上では有名な話だが、マックスむらい氏も2016年2月、自身が創業したAppBank社の元役員が起こした横領事件に関連して、「風評被害」から炎上騒ぎになったことがある。 事件の後マックスむらいチャンネルには低評価が殺到し、チャンネル登録者数は激減した(2017年2月、同元役員は詐欺罪での実刑判決が確定している)。 取材に対してマックスむらい氏は「2016年度、 人生で初めて会社が赤字を計上した。 正直ショックでした」と言い、炎上事件の影響は自分のコントロールできる範囲を超えている、と率直に語った。 「 (炎上は)何をしても止められません。 正直、休止する、以外にやれることはない。 私の場合はいろいろな理由で続けていましたが、罵倒の声は止まらず、周りからは人もサーッと離れていく。 自分では、本当にどうしようもなかった」 月7000万回再生なら1500万円以上の月収も 職業としてのYouTuberを語る上で必ずクローズアップされるのが、その年収だ。 トップYouTuberの一般的な収入の内訳は、一体どうなっているのか。 マックスむらい氏はBusiness Insider Japanの質問に、「 YouTuberの一般的な収支、というものを説明することはほぼ不可能ですよ。 YouTuberがグーグルから受け取る収益は再生回数で一概に計算できるものではないですから」と説明する。 YouTuberがグーグルから受け取る収益はAdSenseやDoubleClickといったさまざまな広告によるものがあり、その種類や動画に表示する広告の価格など多様な要素に左右される。 グーグル広報もこうした背景から「一概にお答えすることはできません」と回答する。 あるYouTuber関係者によると、 7000-8000万回再生で月に約1500万円以上の広告収入がある例もあるという。 換算すると、1PVあたり0. 2円近い数字だ。 その一方で、「1PVあたりの収益率が0. 1円未満のYouTuberも少なくない」と前出の関係者は語る。 もう1つの疑問である年収について。 トップYouTuberに限るとしても、年収2億や3億という数字はどこまで現実的なのだろうか? これについてマックスむらい氏は「 全然いけると思う」と即答する。 ただし、内訳は人によって違い、広告の繁忙期(12月や3月)と閑散期で収益が変動するため、x12カ月のような単純計算にはならない。 炎上でスポンサー企業は? ここまではYouTubeからの収益だが、インフルエンサーとして影響力が大きくなれば、企業からタイアップ動画のオファーも舞い込む。 YouTube上に「チャンネル」という独自のメディアを持つYouTuber。 芸能人であればスキャンダルが起きれば、テレビ番組の出演見合わせ、場合により降板になるが、YouTuberは自身が活動の中止や続行を決められる。 だが、スポンサー企業が広告を「降りる」ケースもあるのだろうか? Bizcast社の渡邉拓氏。 企業にとって不安が残りやすいYouTuberのマネジメントに強みがあり、タイアップ広告案件を多く手がける。 「大したことがない事件であれば問題視しないスポンサーもいますが、やはり 炎上の程度によっては、影響がないとは言いきれませんね」 YouTuberと企業のコラボレーションプラットフォーム「BitStar」を運営する株式会社BizcastCEOの渡邉拓氏はそう語る。 出演自体に対価が支払われるCMなどのマスメディア広告と違い、YouTuberのタイアップ動画は主に成果報酬型だ。 最近は、動画の再生回数の結果(CPV=Cost Per View)に応じて支払われるものが主流になっている。 近年急速に広まっている企業とYouTuberのタイアップ広告。 テレビと違い、「こういう事態が起きたら、広告打ち切り」といった業界慣習がまだ整備されていないため、トラブルとそうでないことの線引きもまだ難しいのが現状だ。 それでも、スポンサー企業にとって炎上のリスクは大きい。 タイアップ広告は1案件1500万円になることも タイアップ動画の収益は、YouTuberやスポンサー企業により異なるが、「ゲームなどジャンル特化型のYouTuberであれば 1PVあたり数円代後半から10円代。 さまざまなジャンルの動画を投稿するYouTuberであれば、 数円代前半から後半になる」と渡邉氏。 さらに、こう話す。 「YouTuberにタイアップ動画案件を出す主な業界は、 ゲーム会社と美容系企業。 この2つの業界はすでにタイアップ動画の『型』もできてきている」 YouTuber人気に伴い、ここ最近は旅行関連企業や飲食系などより広い業界の企業が案件を依頼するようになってきているという。 ソフトバンクが人気YouTuber、Fischer's-フィッシャーズ-とタイアップした広告の例。 動画:Fischer's-フィッシャーズ- 「いま、月に予算数千万円を出すクライアントもいる。 動画経由で(企業の)ウェブサイトに来るユーザーはそうでないユーザーと比べてページの滞在時間が3倍長いなど、数字に現れる効果も出ている。 他の業界に広がっていくのも時間の問題だと思います」(渡邉氏) ある業界関係者によると、トップレベルのYouTuberでは、1つのタイアップ動画での広告収入が1500万円ほどになることもあるという。 ここにYouTubeからの収入も入るのであれば、全盛期のヒカル氏なら「年収5億円」が見える世界になったとしても不思議ではない。 ヒカルさんには感謝しかない 奇しくも、VALU炎上騒動の1週間前にヒカル氏と「コラボ動画」を出していたマックスむらい氏。 動画では、AppBankの横領事件の詳細と以降の生活について語っていた。

次の