ゴーストタイプ ジムリーダー。 【ポケモン剣盾】ジムリーダー考察【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】ジムリーダー考察【ソードシールド】

ゴーストタイプ ジムリーダー

【公式プロフィール】 100年の歴史を誇るガラルカラテの申し子でもある、かくとうタイプの使い手。 非常にストイックな性格で、感情を表に出すことはあまりない。 ピンチに陥っても動じない、正確無比なバトルを繰り広げるようだ。 格闘家のようなデザインの衣装に強気な表情が特徴的なかくとうタイプのジムリーダー。 ポーカーフェイスで正確無比なバトルを繰り広げるトレーナーとのことで、攻撃的な戦い方をしてきそうです。 また、サイトウは ポケモンソードでのみ挑戦することになるジムリーダーです。 サイトウは韓国人? サイトウが握手をする際、韓国式であると話題になっています。 (韓国式は握手は右手で行い、左手は右手の肘に軽く添える) さらに日本公式サイトでは「 ガラルカラテの申し子」と紹介されているサイトウですが、韓国公式サイトでは「 ガラルテコンドーの申し子」と表記されています。 しかし、見た目や挨拶の仕方などは韓国とは言えないため、アジア圏のスポーツ文化をまぜた架空の人物ではないかと思われます。 タイプはかくとうのみなので、ひこうやエスパーで弱点を突いて突破したいところです。 新ポケでひこうタイプのアーマーガアが大活躍するかもしれませんね。 オニオン 【公式プロフィール】 ゴーストタイプのポケモンを使いこなし、幼くして、ジムリーダーをつとめる優秀なトレーナー。 極端に内気で臆病な性格のため、人目を恐れて、常に顔をマスクで隠している。 普段は人前に姿を見せず、遺跡や墓場に一人でいるようだ。 幼い身なりにぶきみなマスクが特徴的なゴーストタイプのジムリーダー。 臆病な性格とありますが、幼くしてジムリーダーになっている点からも気は抜けない相手になりそうです。 また、オニオンは ポケモンシールドでのみ挑戦することになるジムリーダーです。 対戦ポケモン オニオンが使用するポケモンで判明しているのは、前々作のサンムーンから登場した「ミミッキュ」です。 ダメージを1度無効化する特性「ばけのかわ」が非常に強力なため、特性「かたやぶり」や連続攻撃技を覚えるポケモンでの対策が重要になりそうです。 判明しているジムリーダーと対戦ポケモン ポケモンダイレクトや任天堂ダイレクトで判明したジムリーダーと対戦ポケモンを紹介します。 ルリナ 【公式プロフィール】 ジムリーダーとして主人公の前に立ちはだかる、みずタイプのポケモンの使い手、ルリナ。 負けん気の強い性格で、一見口調は穏やかだが、秘めたる闘争心を持っている。 バトルでは、相手のポケモンに強力なみずタイプの技を浴びせて、圧倒するぞ! 日焼けした姿とスポーティーな衣装が特徴的なみずタイプのジムリーダー。 一見クールな見た目をしていますが、負けん気の強く闘争心あふれた情熱的なトレーナーのようです。 カジリガメ ルリナはみず・いわタイプの新ポケモン「カジリガメ」をメインポケモンとして選出してきます。 カジリガメは非常に凶暴な性格をしており、優れたトレーナーしか扱えないという設定となっているので、カジリガメを扱うルリナは優れたトレーナーといえるでしょう。 草タイプのポケモンであれば4倍の弱点を突けるので、サルノリを最初に選択した方は楽に突破できそうです。 ヤロー 【公式プロフィール】 ガラル地方に点在するポケモンジムの、ジムリーダーの一人。 心優しい性格で、ジムトレーナーたちからも慕われている。 「勝負を楽しむ」をモットーに、くさタイプのポケモンを主力とした、粘り強いバトルを展開するぞ! ガッチリとした体形と優しそうな外見が特徴的なくさタイプのジムリーダー。 勝負を楽しむことをモットーに粘り強いバトルを展開してくるようで、防御よりの戦法を使ってきそうです。 ワタシラガ ヤローはポケモンソードシールドで初登場するワタシラガを対戦ポケモンとして選出してきます。 ワタシラガは新特性「わたげ」を持っており、こちらの攻撃を軽減できるので長期戦による戦いになるでしょう。 相手はくさタイプなので、ヒバニーを選んだ方は楽に突破できそうです。 ジムリーダーの数字の考察 【翻訳】 ポケモンソードシールドには、ガラル地方のジムが今までになく大きくなっているようです。 どのようなタイプのジムマスターがあなたの挑戦を待っているのでしょうか?あなたとあなたの新しいパートナーポケモンは一生懸命訓練して、見つけ出す必要があるでしょう! 「Gym Masters(ジムマスター)」という見慣れない単語がツイートされており、一瞬で該当のツイートが削除されたことから、ポケモンソードシールドではジムリーダーではなく「ジムマスター」が登場するという情報を公式がフライング、リークしてしまったのではないかと話題になりました。 ただ、ポケモンダイレクトで普通にジムリーダーとして紹介されていたので、ガセ情報またはただの誤字であった可能性が高いです。

次の

【ポケモン剣盾】ジムリーダー考察【ソードシールド】

ゴーストタイプ ジムリーダー

ジムリーダーのサイトウ 使用ポケモン 技一覧 弱点 Lv. 34 カポエラー• カウンター• でんこうせっか• トリプルキック• リベンジ• エスパー• ひこう• フェアリー Lv. 35 ゴロンダ• つじぎり• ともえなげ• バレットパンチ• ふるいたてる• かくとう• ひこう• フェアリー Lv. 35 ネギガナイト• つるぎのまい• みきり• ぶんまわす• リベンジ• エスパー• ひこう• フェアリー Lv. 36 カイリキー• こわいかお• かいりき• はたきおとす• リベンジ• エスパー• ひこう• フェアリー 報酬:賞金5,760円 ジムリーダー オニオンの攻略法 シールドバージョンの4人目のジムリーダーはゴースト使いの「オニオン」! 基本的には「かみくだく」などの「あくタイプ」の技で攻めるのが良いが、 ミミッキュだけは弱点がゴーストとはがねなので厄介。 サイトウよりも若干難易度が高いのでワイルドエリアなどで十分にレベルを上げて挑むと良い。

次の

サトシのゴースト (さとしのごおすと)とは【ピクシブ百科事典】

ゴーストタイプ ジムリーダー

「キョダイゲンエイ…… かげふみだよ 逃げられない…… 逃がさない……!」 概要 『』に登場する、の一人。 キャッチコピーは 「サイレントボーイ」。 背番号は「291」で、憎い(にくい)と掛けていると思われる。 海外版の名前は Allister。 のジムリーダーで、の使い手。 『シールド』版でのみ挑戦できるジムリーダーで、『ソード』版のみで挑戦できるのジムリーダー・とは対になっている。 『』のとのように、バージョンによって異なるジムリーダーの前例はあったが、使用タイプまで異なるのは今作が初となる。 幼くしてジムリーダーをつとめる優秀なトレーナーだが、かなり内気なため、人目を恐れ顔をで隠している。 いつどこで仮面が外れても大丈夫なように、同じ仮面のストックを100個は用意しているらしい。 人前では絶対に仮面を外さない彼だが、 性格のためか口数が少なく、のように常にふらふらとした独特な挙動をしている。 ほとんどのトレーナーが片手で投げるも、彼の場合は両手で掬い上げるように投げる。 と同じように左右の腰にモンスターボールを提げているが、手持ちのポケモンを繰り出す際はを使用する。 と同様グローブとダイマックスバンドを左手側に装着しているのを確認でき、設定画でであることが明言されている(握手を交わす時は右手で行っている)。 リーグカードによると、4歳の頃に事故に遭い、生死を彷徨うほどの状態になったことをきっかけに、死んだゴーストタイプのポケモンも視えるようになったとインタビューで答えたようだが、本当かどうかは謎であるという。 設定画では、頭のはらしい。 公式サイトによると、普段は遺跡や墓場に一人でいるという。 また、前髪に隠れた仮面の上部分にはと同じ模様があり、彼らが進化する際遺される殻から作られている可能性が高い。 背中もよく見ると、着用しているサスペンダーがをイメージしたものになっているのが分かる。 ジムチャレンジ 彼のジムチャレンジはピンボールのような構造になっており、玉に見立てた遊園地のコーヒーカップのような乗り物に自分が乗り込み、Rスティックを操作して傾斜を下っていく必要がある(これは『ソード』版のサイトウの場合も同様)。 この操作はRスティックを「右回りにぐるぐる回す」と右方向に、左に回すと左方向に進むのだが、説明を聞き逃して普通に操作しようとしてもRスティックを倒すだけでは何も起こらないため注意。 そしてジムトレーナーが、 オニオンとは対照的の老人ばかりであるのもまた個性的である。 手持ちポケモン ジムバトル• CV:。 月夜の墓場に一人でいたところを、入院中の親友・ジョンと喧嘩してしまったトミーから、仲直りのためにチャンピオン・の試合に招待して欲しいと懇願される。 試合への招待は断ったが「仲直りしたいなら直接言いに行けばいい」と提案し、病院への道中に同行する。 声をかける、手を差し出すといったトミーの行動にいちいち怯えてすくみ上るなど、臆病な面が強調されている。 反面、病院の警備員の前にゴーストを頭に乗せて現れて彼を絶叫させたり、いつの間にかアーマーガアタクシーの座席に乗り込み、驚く運転手の背後から手持ちのゴーストポケモンを近づかせてさらに追い打ちをかけたりと、 他人を驚かせることは好きなようである。 作中では、ゴース・ゴースト・ゲンガーの三匹を連れている。 彼らはオニオンの手持ちであると同時にボディガードのような役割を果たしているらしく、トミーを驚かせて追い返そうとしたり、なおもオニオンに近づこうとする彼の前に立ちはだかったりしている。 ただし、ジョンとの仲違いの話を聞いた時には悲しげな表情をしており、心優しい面もある。 第6話の主要キャラではあるが、作品のテーマがトミーとジョンの仲直りであるため、ストーリー上の立ち位置としては脇役といえるかもしれない。 余談 名前の由来はそのままの英名「」(Onion)。 ちなみに男性のゴーストタイプの使い手は『』の以来である。 彼に勝利すれば技マシンとトレーナーウェアを貰えるが、『剣』版ではショップで購入するしか入手出来ない。 同じく両バージョンで対となっている&が親子であることが判明しているのに対し、 サイトウとオニオンに関しては明確な関係性について特に語られておらず、両者がどういった関係にある存在なのかは不明となっている。 まで強化したニャースにキョダイコバンを3回撃たせれば1試合当たり99999円という大金ががっぽり手に入るため、これを使えなくなってしまうというのは資金集めの効率の面から見れば案外馬鹿にならないロスとなる。 もちろん、や等で無理やりノーマル技を通すという芸当もできなくはないが、ゴーストタイプのポケモンは耐久が低い者が多く、最悪の場合最大強化したニャースのキョダイコバン一発で即退場なんてことも珍しくないため、やはり現実的とは言えない。 このため、資金集めのためにトーナメントを周回しているの中には、オニオンが参加しないorこちらとマッチングしない組み合わせ(ホップやダンデ等 確実に勝ちあがってくるトレーナーに打ち負かしてもらえる組み合わせ)になるまでリセットを繰り返しているという者も少なくないようだ。 関連イラスト タグ付けの注意 pixivでは「オニオン」だけで検索すると「玉葱」や「」や「」などの作品まで引っかかるため、「ポケモンのキャラクターのオニオン」の作品にタグを付ける場合はなるべく「オニオン トレーナー 」と付けるのを推奨。 関連タグ• :よく似たデザインのマスクをつけている。 彼らがマスクをつける理由は「恥ずかしがり屋」だからであり、英語名は"Shy Guy"。 :やはりマスクがそっくり。 :イギリス出身の神秘学者・作家で、黒魔術師としても知られる。 海外版名の元ネタになったと思われる人物だが、こちらの名前の綴りは"Aleister"であり、若干異なる。 他のゴーストタイプの使い手 関連記事 親記事.

次の