淡路島 出身 女優。 兵庫県出身の著名人−歌手・俳優・タレント

島出身

淡路島 出身 女優

福岡県福岡市(志賀島) 2000. 05 長崎県(五島列島) 1998. 04 明生力 鹿児島県瀬戸内町(奄美大島) 1995. 24 兵庫県洲本市(淡路島) 1993. 06 長崎県五島市(福江島) 1995. 10 照強翔輝 兵庫県南あわじ市(淡路島) 1995. 17 新城幸也 沖縄県石垣市(石垣島) 1984. 22 兵庫県洲本市(淡路島) 1984. 02 岡山県笠岡市(北木島) 1980. 25 鹿児島県大島郡瀬戸内町(奄美大島) 1979. 05 大溝清人(バッドボーイズ) 福岡県・志賀島 1978. 03 長崎県(対馬) 1978. 07 広島県因島市(因島) 1974. 15 広島県因島市(因島) 1974. 20 湊かなえ 広島県因島市中庄町(因島) 1973. 山口県下関市(彦島) 1973. 04 沖縄県石垣市(石垣島) 1973. 09 比嘉栄昇 沖縄県石垣市(石垣島) 1968. 15 山口県下関市(彦島) 1964. 13 兵庫県洲本市(淡路島) 1961. 15 立木文彦 長崎県五島市(五島列島) 1961. 29 広島県因島市(因島) 1960. 05 島根県知夫郡西ノ島町(隠岐諸島) 1959. 11 鹿児島県熊毛郡中種子町(種子島) 1957. 12 愛媛県松山市(興居島) 1956. 27 兵庫県洲本市(淡路島) 1956. 05 沖縄県石垣市(石垣島) 1955. 26 兵庫県三原郡南淡町(淡路島) 1955. 13 兵庫県津名郡一宮町(淡路島) 1948. 22 香川県小豆郡内海町(小豆島) 1946. 16 兵庫県淡路市(淡路島) 1944. 28 - 2017. 14(享年72) 兵庫県淡路市(淡路島) 1941.

次の

アスリート系美女・淡路島出身の21歳、朝比奈彩が14代目三愛水着イメージガールに

淡路島 出身 女優

2015年三愛水着イメージガールの発表記者会見が開催され、14代目となるイメージガールとして、兵庫県・淡路島出身の21歳、朝比奈彩がお披露目された。 三愛水着ガールは、初代の山本梓(02年)を筆頭に、杉本有美(06年)、木下優樹菜(07年)、宮田聡子(08年)、菜々緒(10年)らが輩出した、スターの登竜門的なキャンペーンモデル。 2014年度のも、グラビアやバラエティだけでなく、ドラマにも進出し活躍している。 そして14代目となる『2015年三愛水着イメージガール』に選ばれたのは、兵庫県・淡路島出身の21歳、朝比奈彩。 身長170cmの長身に、すらっとした美脚が伸びるスレンダー美女だ。 均整のとれたスタイルは、小学校3年〜高校3年まで約10年続けた陸上競技の賜物。 100m走は12. 8秒、幅跳びは5m30cmの記録を持ち、県大会の常連だったという。 「淡路島ではナンバーワンでした。 毎年水着で近くの海に行っていましたし、陸上競技のトレーニングで、ランニングウェアの形に日焼けして、常に真っ黒でした」と陸上少女時代を振り返る。 モデルの夢を抱いて、昨年の9月に上京してからついにつかんだ大きなチャンス。 娘の一人暮らしを心配してなかなか島を出ることを許さなかった両親も今では一番の理解者だ。 「何かあったら親に打ち明けています。 私よりお母さんのほうが脚が細いので、ちょっと複雑ですね(笑)」 将来はモデルだけでなく、テレビバラエティや演技でも活躍できる女性になることが目標だ。 「モデルから女優に活躍の場を広げている北川景子さんを目標に頑張っています。 バラエティにも興味があって、関西出身なので笑いを取りにいきたいと思いつつ、話にオチがないんですよね」と嘆いていた。

次の

「兵庫県」出身の有名人まとめ(タレント・芸能人・歌手・スポーツ選手など)

淡路島 出身 女優

>兵庫県立洲本高等学校出身の有名人 このサイトに登録されている有名人の数:56,644人 このサイトに登録されている「兵庫県立洲本高等学校」出身の有名人の数:58人 スポンサーリンク 兵庫県立洲本高等学校の出身者 1 宮地真緒 洲本市の出身 宮地 真緒(みやじ まお、1984年2月2日 - )は、日本の女優である。 兵庫県洲本市出身。 兵庫県立洲本高等学校卒業[要出典]。 所属事務所はホリエージェンシー。 2 興津和幸 淡路島の出身 大阪芸術大学へ進学 興津 和幸(おきつ かずゆき、1980年3月8日 - )は、日本の男性声優。 ケッケコーポレーション所属。 3 竹内良輔 淡路市の出身 早稲田大学へ進学 竹内 良輔(たけうち りょうすけ、1980年11月20日 - )は、日本の漫画家、漫画原作者。 兵庫県淡路島出身、兵庫県立洲本高等学校、関西学院大学卒業。 父親は洲本市長の竹内通弘。 4 清川あさみ 清川あさみ(きよかわ あさみ、1979年9月15日 - )は、日本のアーティスト、美術家。 5 藤堂裕 洲本市の出身 東京工芸大学へ進学 藤堂 裕(とうどう ゆたか、1979年11月18日 - )は、日本の漫画家。 兵庫県洲本市由良出身。 株式会社由良2丁目代表。 6 横健介 横 健介(よこ けんすけ、1979年4月13日 - )は、日本の作詞家、作曲家、編曲家。 兵庫県淡路島出身。 ソニー・ミュージックパブリッシング所属。 アコースティックバンドSunny4Restの元メンバー。 7 川畑泰博 川畑 泰博(かわばた やすひろ、1966年7月27日 - )は兵庫県洲本市出身の元プロ野球選手(投手)。 8 キムラ緑子 同志社女子大学へ進学 キムラ 緑子(キムラ みどりこ、本名:牧野 緑子(旧姓:木村)、1961年10月15日 - )は、日本の女優。 兵庫県洲本市出身。 シス・カンパニー所属。 夫は俳優で劇作家、脚本家、演出家のマキノノゾミ。 9 堀井雄二 洲本市の出身 早稲田大学へ進学 堀井 雄二(ほりい ゆうじ、1954年1月6日 - )は、兵庫県洲本市出身のゲームデザイナー、作家、アーマープロジェクト代表取締役。 早稲田大学第一文学部卒業。 『ドラゴンクエストシリーズ』の生みの親である。 愛称は「ゆうてい(ゆう帝)」。 10 渡辺秀一 洲本市の出身 法政大学へ進学 渡辺 秀一(わたなべ しゅういち、1952年(昭和27年)4月11日 - )は、日本の実業家。 メディパルホールディングス社長・メディセオ会長。 11 笹野高史 淡路市(旧津名郡一宮町)の出身 日本大学へ進学 笹野 高史(ささの たかし、1948年6月22日 - )は、日本の俳優。 12 竹内通弘 大阪経済大学へ進学 竹内 通弘(たけうち みちひろ、1946年2月22日 - )は、日本の政治家。 兵庫県洲本市長(2期)。 元洲本市議会議員(2期) 13 松本正義 一橋大学へ進学 松本 正義(まつもと まさよし、1944年9月18日 - )は、日本の実業家。 住友電気工業代表取締役社長。 関西経済連合会副会長、社団法人日本電線工業会会長、社団法人中央電気倶楽部理事長等を歴任。 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事。 14 島野雅亘 島野 雅亘(しまの まさのぶ、1940年1月2日 - )は、兵庫県出身の元プロ野球選手。 ポジションは捕手。 15 鎌田実 南あわじ市の出身 鎌田 実(かまだ みのる、1939年3月8日 - )は、兵庫県三原郡広田村(現:南あわじ市)出身の元プロ野球選手(内野手)・コーチ、解説者・評論家。 16 蔦行雄 蔦 行雄(つた ゆきお、1938年7月5日 - 2007年7月6日 )は、兵庫県出身のプロ野球選手(投手)。 17 阿久悠 洲本市の出身 明治大学へ進学 阿久 悠(あく ゆう AKU YUU 、1937年2月7日 - 2007年8月1日)は、日本の放送作家、詩人、作詞家、小説家。 本名、深田 公之(ふかだ ひろゆき)。 淡路島(兵庫県津名郡鮎原村、現:洲本市五色町鮎原)出身。 第2回横溝正史ミステリ大賞、第45回菊池寛賞受賞。 紫綬褒章、旭日小綬章受章。 18 梅林宏道 洲本市の出身 東京大学へ進学 梅林 宏道(うめばやし ひろみち、1937年9月1日 - )は、平和運動家。 NPO法人ピースデポ代表。 工学博士。 兵庫県洲本市出身。 19 木曾好能 京都大学へ進学 木曾 好能(きそ よしのぶ、1937年1月10日 - 1994年10月3日)は、日本の哲学研究者、元京都大学教授。 20 加藤昌利 加藤 昌利(かとう まさとし、1935年5月10日 - 1985年5月9日)は兵庫県洲本市生まれの元プロ野球選手・審判員。 21 宮本一三 一橋大学へ進学 宮本 一三(みやもと いちぞう、1931年9月7日 - 2016年8月17日)は、日本の政治家。 元文部科学副大臣、自由民主党元衆議院議員。 22 榎本保郎 南あわじ市の出身 同志社大学へ進学 榎本 保郎(えのもと やすろう、1925年5月5日 - 1977年7月27日)は日本の牧師。 アシュラム運動の普及に貢献した。 「ちいろば牧師」の愛称で知られる。 三浦綾子の「ちいろば先生物語」で広く知られるようになった。 23 平野時男 洲本市の出身 拓殖大学へ進学 平野 時男(ひらの ときお、1922年8月6日 - 1993年7月27日)は、日本の柔道家(講道館8段)。 24 大内義一 早稲田大学へ進学 大内 義一(おおうち ぎいち、1912年1月11日 - 2011年8月14日)は、日本のアメリカ文学者、早稲田大学名誉教授。 25 柏木俊夫 東京藝術大学へ進学 柏木 俊夫(かしわぎ としお、1912年 - 1994年)は、日本の作曲家、音楽理論家。 東京学芸大学名誉教授。 兵庫県洲本市出身。 『和声 理論と実習』(芸大和声)の共著者として知られる。 26 中村幸彦 京都大学へ進学 中村 幸彦(なかむら ゆきひこ、1911年7月15日 - 1998年5月7日)は、日本の近世文学研究者。 27 原健三郎 淡路市(旧津名郡浅野村)の出身 早稲田大学へ進学 原 健三郎(はら けんざぶろう、1907年2月6日 - 2004年11月6日)は、日本の政治家。 28 直原玉青 赤磐郡山方村(旧吉井町、現・赤磐市)の出身 直原 玉青(じきはら ぎょくせい、1904年8月1日 - 2005年9月30日)は、日本の画家、禅僧、俳人。 29 村瀬直養 宇都宮市の出身 東京帝国大学へ進学 村瀬 直養(むらせ なおかい、1890年10月12日 - 1968年8月8日)は、日本の商工官僚、政治家、実業家。 商工次官、貴族院議員、法制局長官、綜合計画局長官。 30 大内兵衛 南あわじ市の出身 東京帝国大学へ進学 大内 兵衛(おおうち ひょうえ、1888年8月29日 - 1980年5月1日)は、大正・昭和期の日本のマルクス経済学者。 専攻は財政学。 日本学士院会員。 31 川路柳虹 美術工芸学校へ進学 川路 柳虹(かわじ りゅうこう、明治21年(1888年)7月9日 - 昭和34年(1959年)4月17日)は明治・大正・昭和期の詩人、評論家。 本名は誠。 32 儀我誠也 陸軍士官学校へ進学 儀我 誠也(ぎが せいや、1888年11月11日 - 1938年1月24日)は、日本の陸軍軍人。 最終階級は陸軍少将。 33 高木市之助 名古屋市の出身 東京帝国大学へ進学 高木 市之助 たかぎ いちのすけ、1888年(明治21年)2月5日 - 1974年(昭和49年)12月23日)は 、日本の国文学者である。 愛知県名古屋市出身。 34 高田蝶衣 早稲田大学へ進学 高田 蝶衣(たかだ ちょうい、1886年1月30日 - 1930年9月23日)は、兵庫県津名郡釜口村字里(現:淡路市釜口字里)出身の俳人。 旧制洲本中学校卒。 中学の教頭・大谷繞石の影響で俳句をはじめ「ホトトギス」に投句、同人誌「落葉」を主宰。 1904年、早稲田大学政経科入学。 1906年、高浜虚子の 「俳諧散心句会」に参加し指導を受ける。 同年、肋膜炎のため大学を中退し帰郷。 故郷で小学校の教諭となるが、病のため続かず俳句を主とし「ホトトギス」「懸葵」に投句した。 1908年に句集『島舟』(俳書堂)を出版。 河東碧梧桐門とも交流があった。 1917年に神戸湊川神社の主典となったが、やはり病の悪化のため1919年に帰郷している。 1930年、淡路島で死去。 46歳。 代表句に「この国の表裏をつくり山眠る」などがあり、清新な叙情性のある句風であった。 没後1933年に『蝶衣句稿 青垣山』、1941年に『蝶衣俳句全集』が刊行されている。 35 天野一夫 Wikipedia未登録 英語学者、元千葉大学教授・元大妻女子大学教授・元語学ラボラトリー学会会長 36 大歳寛 Wikipedia未登録 元TDK会長 37 大西実 Wikipedia未登録 元富士写真フィルム会長 38 奥野春雄 Wikipedia未登録 生物学者、元京都工芸繊維大学教授。 珪藻研究者 39 門口秀世 Wikipedia未登録 元プロ野球選手 40 川上いつゑ Wikipedia未登録 生物学者、広島大学教授 41 繁森英幸 Wikipedia未登録 天然物化学者、筑波大学教授 42 菅宏 Wikipedia未登録 物理学者、大阪大学名誉教授・元近畿大学教授 43 鈴木亮輔 Wikipedia未登録 工学者、北海道大学教授 44 高田康民 Wikipedia未登録 物理学者、東京大学教授 45 炬口勝弘 Wikipedia未登録 写真家・作家・将棋ペンクラブ 46 田中晋輔 Wikipedia未登録 X線工学者、大阪大学名誉教授・元関西大学教授 47 為後喜光 Wikipedia未登録 著名料理研究家、高7期 48 土井慶吉 Wikipedia未登録 元ホテルニューグランド総支配人 49 長丁光則 Wikipedia未登録 メディア・コンテンツ研究、東京大学特任教授 50 忍頂寺務 Wikipedia未登録 近世歌謡研究家 51 羽原俊祐 Wikipedia未登録 工学者、岩手大学教授 52 早瀬利雄 Wikipedia未登録 社会学者、横浜市立大学名誉教授・元帝京大学教授 53 福谷茂 Wikipedia未登録 哲学者、京都大学教授 54 松浦儀実 Wikipedia未登録 作家・漫画原作者 55 松谷雅生 Wikipedia未登録 脳神経外科学者、埼玉医科大学名誉教授 56 山田嘉一郎 Wikipedia未登録 画家・医師、文部科学大臣賞受賞 57 由井大三郎 Wikipedia未登録 ニッカウヰスキー元社長 58 若杉是俊 Wikipedia未登録 陸軍大尉、ミンドロ島の戦いで特攻により戦死.

次の